回答 受付中

昔純生ビールってあったような?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9521181
  • 閲覧数55
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2

お礼率 0% (0/2)

昔生ビールは腐るから夏場に専門店でしか飲めなかった。
そのご純生ビールができて、ラガー、生、純生があったような?
生と純生とどうちがうの?
なぜ今は純生ビールないのかな?

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 31% (1033/3264)

生活・暮らし カテゴリマスター
サントリー純生
これは 酵母を濾過で取り除いて加熱していないという意味です。
瓶詰めした後も発酵が続いては品質が変わってきますから酵母を取り除くのです。
一般的な生は なにも加工しないそのまま。
だから早く消費してしまうことを前提に出荷します。
サントリー純生は 1982年に 純生から生に名前を変更して販売を続けています。
加熱していないビールしか生ビールとは名乗れない。
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (85/380)

「純生」はサントリーが発売していたビールの 商品名 でした。アサヒの「スーパードライ」やキリンの「一番搾り」が商品名であるのと同様です。

一方「生ビール」は、製造過程で「熱処理していないビール」であることを示す用語です。メーカーは関係ありません。

従って、

》 生と純生とどうちがうの?

生は一般用語、純生は特定メーカーの商品名です。

》 なぜ今は純生ビールないのかな?

サントリーが、現在は、「純生」の名称を使って商品を販売していないということです。
 
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ