• 締切済み
  • 困ってます

身弱か極身弱、どちらでしょうか?

書籍で調べたり、鑑定を受けたり、ネットで調べたりしましたが、身弱(財多身弱)か極身弱(従財格)かよく分かりません。 値段によるのかもしれませんが、実際に鑑定を受けても喜神・忌神は教えてもらっても格が何かまでは聞いたことがありませんでした。 どちらか、教えていただけないでしょうか? 1971年12月29日 午後12時32分 大阪府 で生まれました。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数355
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • 177019
  • ベストアンサー率30% (1037/3432)

「四柱推命」で将来を見極め、幸福な家庭を築いた人がどれだけいるでしょうか?むしろ振り回されたり周囲の人々を巻き込んで苦悩を増す結果となっているのが現状ではないでしょうか?やはり幸せな生活は占いなどのに頼らずに、正しい智慧をもって自分自身が築くものと知るべきです。その「智慧」という語は、「決断を智といい、簡択(かんたく)を慧という」(大漢和辞典)と解説されています。考えて見れば日常も人生も「簡択(選ぶ事)と決断(決める事)」の連続で、例えば朝の「パンを食べようかな、それともご飯にしようかな」から、大事な局面の「どの学校に進学しようか」「どの会社に就職しようか」まで、およそ簡択と決断を経てない事が無いと言っても良い、ただ、我々凡夫の智慧は煩悩によって汚されているので、善悪の選択と決断する事がとても難しい、今、最不必要なのが一人一人が正しい智慧を持って生きる事である。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 四柱推命 従殺格 用神等の運のめぐりについて。

    お世話になります。 四柱推命の勉強中です。 極身弱で従殺格と出ました。 正官が多いので 用神:官殺 喜神:財 忌神:印 仇神:比劫 閑神:食傷 だと思うのですが…。 このあと運の流れを読むとき 用神のある時(年など)をどう読めばいいのか分からず止まってしまいました。 読んでいる本には、例えば偏官のある年の「身強の人」と「身弱の人」の二択になっています。 「身弱」を選択して読むと、用神の出ている年であるにもかかわらず、内容が良くありません。 極身強、極身弱の運の流れ(吉凶)の読み方をどのようにしたら良いのか また、間違えている場合はどこから修正すべきかを教えていただけると幸いです。 よろしくお願いします。

  • 従旺格の忌財について。

    再びnaiuso様にご回答お願いいたします。 1972・9・21 AM4時 大阪市生まれ。 男性。 ◎○×○ 戊乙己壬  木1干1支   強 寅卯酉子  火0干1支   弱   (辛)   土2干0支   強         金0干0支(月)弱         水1干1支   強 従旺か従強か従財かで検討した結果、従旺格の水木喜神としました。 日主乙にとって、時干の戊は喜神となり、月干の己は濁壬の為忌神としました。 (1)戊乙=鮮花名瓶の戊と、己壬=己土濁壬の己は共に財です。   命中に忌神の財と喜神の財がある場合の解釈の仕方がわかりません。   「父との縁なし、成人して自己破産、結婚して離婚、頭非常に切れる、    金銭面では基本ケチですが、必要時は出す。」 (2)己の忌財は合去や弱められた時が吉。   戊の喜財は合去や弱められた時が凶。この考えでよいでしょうか! (3)行運の喜忌です。間違いあればご指摘下さい。      忌神=丁・戊・己・庚・辛。   喜神=甲・乙・丙。   壬と癸が行運の喜神に入るか悩んでいます。 どうかよろしくお願いいたします。                        

  • 四柱推命での鑑定をお願いできませんでしょうか?

    四柱推命での鑑定をお願いできませんでしょうか? 私は、1974年12月19日19時27分産まれです。(東京産まれ)  甲 甲 丙 甲 戌 午 子 寅 になるのですが、四柱推命の本(佐藤六龍さん、武田考玄さんなど)を何冊か読んだのですが自分の命式の格と用神・喜神・忌神がわかりません。 甲が3つで寅の根があるので従旺格なのでしょうか? でも、丙(火)が寅・午・戌(三合火局)の根があり相当強いみたいなのですが、甲が洩らしてしまうので甲は弱くなるのでしょうか・・・ 内格で庚が喜神だという方はいらっしゃいました。 最初は、あまりにここ10年くらい良い事がないので四柱推命の本を読んで調べてみたのですが、難しいです。 どなたかお解かりになる方、教えて下さいませんでしょうか? 大変恐縮ですが、私の格・用神・喜神・忌神だけでも構いませんので教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • 透派  両神成象格 

    naiuso様 にご教授いただきたく質問させていただきます。 いつも有難うございます。この間観ていただきました命式 2003年 4月10日 am9:45生 女児 丁癸丙癸   巳丑辰未    (乙) 火2干2支  水2干2支ですが、水が火を剋す為水の方が強くなるため、従旺格としました。 従旺格と取る原則に則りそう取リましたが、四柱推命活用秘儀 佐藤六竜著を読みますと、 通関用神を決める時、例えば上の命式のの場合ですと 火2干2支 水2干2支で ほぼ同じぐらいの強さになり両神成象格となり、水が火を剋す為水の方がわずかに強くなるために 通関用神として水を洩らして火を強める木行がとれる みたいな事が書いてありました。 どちらの格を取るかによっては喜神・忌神はまったく違ってきます。 質問1  これはどう理解すればよいのでしょうか?両神成象格が成立する条件・成立しない条件 ・両神成象格と従旺格を区別す基準を教えてください。 質問2  両神成象格の喜忌の取り方は、通関用神自体が喜神・忌神にもなると書いてありましたが、 それ以外で喜神・忌神は取れないのでしょうか?身強の内格的な取り方は出来ますか? 質問3  行運の巡りによって両神成象格のバランスはすぐに崩れてしまいそうに思いますが、 どのような場合破格するのでしょうか? どうかご教授よろしくお願いいたします。

  • 四柱推命活用秘義からの質問です。

    透派の子平推命を勉強しています。 「四柱推命活用秘義」の211頁~212頁の扶抑用神法のとり方 を例題を使って説明されている頁です。 私が揺らいでしまったのは、扶抑用神ではなく、 今まで教わった格局と喜忌です。 211頁の例題1. 己壬丙丁   酉寅午亥     (丁) 水が強、火が最強、土が弱、木金が最弱です。 「丁」が扶抑用神の干で「抑強」するとありますので、 火土は忌神になる例題です。 質問1、命式の強弱を出し、まず外格の条件にあてはめました。 財が最強なので従財格になりそうですが、日主が強なので、内格と しました。 教えの通りですと火土喜神になります。(従財格の喜忌と同じになります?) 日主が強の場合、最強の財と官殺に挟まれていても、火土喜神でよいですか? 212頁の例題2. 乙壬壬丙 巳申辰子   (乙) 水が最強、木が強、火が弱、土金が最弱です。 「乙」を「扶弱」とありますので、木火喜神としています。 ここでは内格ですが、従旺格で、金水喜神でよいですか? 212頁の例題3. 辛辛乙癸 卯酉丑丑   (己) これも内格水木喜神のようですが、従旺格で土金喜神でよいですか? 基本からやり直す気持で、やり始めたのですが、こんなよころで 揺らいでしまい、特に例題1が不安になりました。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 四柱推命について教えて下さい

    悩み事や不安なことが多く気になって調べ始めたのですが、難しくて分かりません。 喜神、忌神を知りたいと思ったのですが、命式は、 時 日 月 年 癸 乙 甲 癸 未 巳 子 丑 己 丙 癸 己 です。印星の水が多く財星の土と、あと食神、傷官の火が喜神かと思ったんですが合ってるか分かりません。 また日干は弱いんでしょうか?身弱なら木も喜神に・・・?、あと金もないし・・・とごちゃごちゃになっています。 どうかよろしくお願いします。

  • 四柱推命で造命の判断について質問です。

    以下の命式についての占断について考えています。  時 日 月 年  戊 辛 壬 己  戌 未 申 未  印   傷 偏  綬   官 印 地支をどのように見るかは種々方法がありますが、本気、中気、余気 への按分によるとします。 この命式は一見すると、多印かつ月支堤綱が秋気で月令を得ており、身弱ではなく身旺です。そして、支の蔵干を除けば、財、官ないか非常に弱く、その他1壬を見るのみなので、従強格に該当すると見れます。 問題は、従強格という格そのものが吉相なのかという問題はありますが、従旺格に準ずると考えれば、印、比劫が強められる限りは、非常に良い命式といえます。 一方、内格としてみた場合、月支蔵干が中気に透干しているため、傷官格、ないし月劫格がとれます。内格であれば、全体のバランスを考える必要が有るため、土多埋金、己土濁壬は凶であり、これら両方の軽減に役立つ甲が病薬用神ととれて、甲が回る大運、流年に運気は比較的好転し、それ以外については、火と土は忌神、金は閑神、水は喜神(ただ効果は薄い)となる。はっきり言えば、内格と見れば用神は取れるからマシではあるが、決して良い命式ではない。 この造命をどのように見るべきか、どなたかアドバイスください

  • 従格かどうか悩んでいます。

    「四柱推命の完全独習」などを参考にして、 四柱推命の勉強をはじめました。 年  丁巳 丙 月  己酉 辛 日  甲申 庚 時  己巳 丙 月令 0  身弱 -6  女命 正官格かと思っていたのですが 月令を得ていないし、比劫星、印星、根はない。 上記の本に身弱-6は従格との表もあり、 もしかしたら従児格なのかと悩んでいます。 マニアック四柱推命でもそうでました。 でも、従児格は傷食星のみで構成される格(仮でも官、財星2個まで)と書いてあるし、 ただの身弱命式なだけ?と なんだか袋小路に入ってしまっています。 内格と外格では大運の見方も全く真逆になる為 ぜひ四柱推命に詳しい方、命式の見方を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 四柱推命・再度大運変化について。

    申し訳ありませんが、naiuso様にご回答願います。 勝手を申しますが、今回、娘の友人ご夫妻の命式で先にご主人の 命式と、再度大運の変化での質問です。 自営、生活苦、心療内科通院中。妻に何も語らず。 S51.6.8 AM10時30分 京都生まれ。 ×○××  木1干2支    強 癸辛甲丙  火1干2支(月) 最強 巳卯午辰  土0干1支    最弱 ○×××  金1干1支    弱         水1干1支    弱 身弱の内格正官格としました。  喜神・戊己庚辛壬                      忌神・丙丁甲乙癸 (喜忌の間違いあれば、ご指摘下さい) 質問1     辛甲の干関係の悪さは、大凶ではありますが、時干の癸辛の干関係 は仮淘洗で辛を強めるか、弱めるか悩みました。 結果、辛にとって、戊壬丙が良いので癸を×にしましたが、△でしょうか? 質問2 大運40才~49才 戊戌運で、命中の癸と火の変化干合します。 一瞬、辛の両側が丁辛甲であっ!と思いましたが、従殺格になりました。 喜忌が木火となり、内格から従殺格への変化を吉運と判断してよろしいでしょうか! 質問3 もし吉なら、戊戌の10年を従殺格と見てよろしいでしょうか! それとも、干の5年間だけの判断となりますでしょうか! いつも長い質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  • 四柱推命・弱従旺格について。

    毎度申し訳ありませんがnaiuso様にご回答お願いいたします。 娘の友人です。(前回の奥様です) S51.7.29 AM2時10分 河内長野市生まれ。 ○○×× 辛壬乙丙   木1干1支   強 丑午未辰   火1干0支   弱 ○××▲   土0干2支(月)最弱          金1干1支   強          水1干2支   最強 日主と印強く、弱従旺格としました。 喜神・庚辛壬癸乙                       忌神・丙丁戊己甲 調候用神は忌む調候用神丙があります。 実家は裕福。音大卒業。現在ピアノ教え、パートにも 出ています。今の生活、辛く将来が不安といわれています。 17才 癸巳 27才 壬辰 37才 辛卯  現在37~41の辛の5年です。 47才 庚寅 大運は丙辛干合で財的には緩和されてると思うのですが、 22才で結婚して現在までが、凶な大運ではない気がします。 質問1 内格ではないかという迷いです。 お叱りをうけると思いますが下記の事がひっかかって います。 音大卒=喜神の傷官になるのでは?  実家裕福=親裕福の時に生まれているので、年干喜神ではないか?  大運丙辛干合=喜神丙の合去の為、現在財的困難ではないか? 以上です。 質問2 干関係が順の命式では、忌神の悪さは緩和されるでしょうか! 以上よろしくお願いいたします。