回答 受付中

永久差異の時の仕訳は無いのですか

  • 困ってます
  • 質問No.9518074
  • 閲覧数49
  • ありがとう数0
  • 気になる数1
  • 回答数0

お礼率 72% (358/493)

税効果会計についてなのですが、
「永久差異」には、税効果会計は適用されない と、テキストにあります。

永久差異には
「受取配当金の益金算入額」
「交際費・寄付金の損金不算入額」
などがある、とあります

実際の仕訳においては、これらは、どうするのでしょうか。
交際費などは、最初の段階では費用として通常仕訳されていると思います。

期末の決算時に損金計上されない分が明確になったうえで、法人税を細かく計算し、税引き前当期純利益から法人税を引いて、当期純利益を出す、というそれだけのことなのでしょうか。
現在回答を募集しています。
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ