回答 受付中

派遣の契約期間内に退職

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9517966
  • 閲覧数58
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数6

お礼率 4% (2/50)

はじめまして。
現在、派遣で営業事務をしながら正社員への転職活動を行なっています。
現在の派遣先で働いて10ヶ月程になります。


数日前、正社員への採用が決まりました。
採用していただいた会社には、現在 派遣で働いていることと8月末で契約期間が終わることを伝えました。
「入社については最長8月末まで待ちます」と言ってくださいました。
ですが、それは私の勘違いで実際は9月末までの契約でした。


派遣会社に正社員への採用が決まったので8月末で退職したいと伝えたのですが、契約期間が9月末なので出来ればそこまで続けてもらえないか?というような事を言わてしまいました。

一応、「派遣会社」と「派遣先の会社」で契約を交わしておりますので、、、とのことです。


自分勝手だとは感じておりますが、やはり正社員になれるチャンスを捨てたくないので契約満了前に退職したいです。
転職先には「最長で8月末まで待つ」と言われているので、正直、どうやってでも確実に退職したいです。
契約期間を言い間違えてしまった私が悪いのですが、、、
転職先に入社日延期の交渉は出来ない状態です。

やはり契約期間内での退職は難しいのでしょうか?
派遣で働きながら就活してる方はどのようにされてますでしょうか?

回答 (全6件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 30% (1856/5988)

派遣会社が「できれば」と言っているので、そのまま受け止め
「転職先に相談しましたが、8月末までしか待てないとのことで、申し訳ありませんが、契約途中で終了させてください」
で良いと思います。

強気には出ないことですが、派遣会社も状況わかった上で、自社の立場のため交渉しているだけですので、丁寧にわびて、自分も転職先に交渉したと伝えた上で(嘘でかまいません)
契約を終了してもらってください。
おそらく、契約期間中でもやむを得ない場合は、辞められるはずで、私も正社員の転職で2回途中で辞めたことがあり、いずれも1ヶ月は派遣先で働くようにしましたが、派遣先は意外に寛大ですよ。
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
  • 回答No.5

ベストアンサー率 28% (4530/15622)

他カテゴリのカテゴリマスター
ほぼケンカ別れに近い感じになりますが、「すいません、次の仕事が決まったんで8月末で辞めます」と言い切ってしまえば止める術はないですよ。
私も過去にやったことがあります。さすがに見返りとして有給消化は諦めましたけどね。「はあ?」みたいなことはいわれましたが、辞めてしまえばもう他人と「いやもう決まったものは決まっちゃったんで。すいません」とすげえ上から目線で強引に辞めました。

派遣なんて向こうが要らなくなったら使い捨てで捨てられちゃうんだから、こっちももっといいオファーがあったら辞めちゃっていいんですよ。30日前ノーティスは約束だと思いますけどね。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 42% (1081/2527)

雇用契約書や就業規則を確認されましたか?
契約期間途中でやめる旨の記述はありませんか?

原則、民法では病気などやむを得ない事由を除き、契約途中でやめることはできませんが、労働契約にはそのような記載があるはずです。概ね大手の会社なら特殊な仕事を除き、30日前までに申告するなどの記載があるので、まずをそれを確認し、派遣会社に相談してください。

派遣会社にとって契約途中で辞められるのは一番嫌がるので、辞めさせないようにそのような旨を自ら言わないことがあるので、あなたがまず就業規則などをよく読んでからの話になります。なければ派遣会社に確認してください。仮に30日前であれば、今申告すれば間に合いますよね?

ただ契約途中で辞めると、今後はこの会社からの仕事紹介は事実上なくなると考えてください。縁を切るつもりで交渉してください。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 28% (3501/12134)

他カテゴリのカテゴリマスター
原則としては契約が成立していますので履行する義務がある、つまりその期間働かなければなりません。しかし、雇用契約は特殊な契約であり、人間を強制的に拘束する事は憲法、労基法、ILO条約、その他もろもろで厳しく禁じられています。
ですから、破棄する事は可能です。もちろんていねいに頭を下げて。もちろんそれ以上の事をする必要もありません。菓子折ぐらい持って行ってもいいですけど。
派遣会社が損害賠償請求する事も理論的には可能ですが、その損害として認められるのはあくまで直接の実損害だけであって、他人を手配する経費などは認められません。それをするのが派遣会社の仕事なのであって、人間は病気したり怪我したり、突発的な状況に対処するのは会社の管理責任になります。そこは利益を得る会社が当然に背負う危険性であり、労働者が負うものではありません。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 27% (3105/11105)

他カテゴリのカテゴリマスター
あなたと派遣元との契約次第です。

派遣先は、有期契約であなたを間接的に雇っているので、期限まで働いてもらう権利があります。
その権利と、あなたの希望を両立させることができるのは、派遣元の会社だけです。あなたの代わりの人をつなぎ派遣すれば解決します。
このときのために、あなたは派遣元の担当者との信用の貯金をどれだけ積み立ててきたかが試されます。

もちろん、その貯金がない場合、あなたがそのかわりのものを派遣元の担当者に差し出せばいいんです。代わりにあなたと同等の能力を持つ友人や親類を短期の派遣の人身御供にすれば、担当者も無碍にはしないのではないでしょうか。
または、あなたの代わりの人を探し、派遣するのに必要な金額をあなたが負担するなど。

交渉の仕方はまだまだあると思いますが。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (3465/15424)

他カテゴリのカテゴリマスター
 
>契約期間内での退職は難しいのでしょうか?
はい、困難です。
交渉して退職を認めてもらうしかない。
法的に言えば契約期間内は働く義務があります、最悪は契約違反として損害賠償される可能性はある
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ