• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ダムの放流について

大雨や台風などで、ダムの貯水率が100%超えるとかになって、一気に下流に向けて放流しますが、これは放流しないといけないのですか?ダムから自然に水が溢れるのと、一気に下流に放流するのとでは、どちらが危険なんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数248
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

ダムには水以外の流木なども流れ込んでいます。通常放水はそれらをフェンスなどで塞き止めた状態で放水しますからダムへの負担は少ないですが溢れ出すまで放置しているとそれらを塞き止める術がなくダムに大きなダメージを与えながら流れ出しますので最悪の場合ダムの崩壊を招きます。 又、下流に流木なども一緒に流すことになりますので下流への影響は通常放水とは比べ物にならない破壊力となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。ダム放流は被害を抑えるためで、ある程度の流域住民の被害は仕方ないんですね。

関連するQ&A

  • 利根川水系のダムの配置について

    最近の水不足のニュースを見て以来、台風に期待しながらダムの貯水率を毎日チェックしています。 首都圏の水資源状況について http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000111.html 三大ダム(矢木沢ダム、奈良俣ダム、下久保ダム)のうちの2つ、矢木沢ダム、奈良俣ダムにぜんぜん水がたまりません。 位置を見ると、それらはかなり源流に近いところで雪解け水しか期待できないような気がします。これでは台風の大雨をためる防災は期待できないし、渇水対策を雨に期待すると言う意味でも効果が薄いです。 はっきり言って計画の段階からダムの配置を失敗している気がするのですが、どういうことでしょうか?

  • ダムを作れば洪水は無くなりますか?

    長野で熱いバトルが繰り広げられているダム問題なのですが、ちょっと疑問に思いましたので質問しますね。 そもそもダムっていうのは、川の水をせき止めているだけですよね? だとしたら大雨が降って水量が増し、ダムが一杯になったら結局は作る前と同じ水量の水が川を流れるはずですよね? それがどうして洪水対策になるんでしょうか? もしかしたらダムの貯水量って、1~2日くらいの集中豪雨だったら、増水した分を蓄えられるほど大きいのでしょうか?

  • 子どものGWの宿題です。。また、教え方がわかりませ

    ダムの貯水両が15%まで落ち込んだニュースがありました。 このまま降らないと20日間で干上がる予測があります。 一方で、ダムの上流で雨が降ると毎時20万トンの水が流れ込むため、 貯水率は1日で5%回復するそうです。このダムでは100万人分の水を供給しており、 直接、間接合計で1人、400リットルの生活用水を使用すると言います。 このダムが貯水率100%(満水)の時貯水量は何万トンあり何日分の貯水量があるでしょうか? という問題です。宜しくお願い致します。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
  • Osric
  • ベストアンサー率17% (276/1557)

ダムの設計上、放水しないと危険だからです。放っておいても、ダムを超えて水は流れますが、付帯設備に被害が出ますし、その時は大丈夫でもダム自体の補強など工事が発生します。以前避難勧告を受けていたのに、河原でキャンプをして流された人がいましたが、川の近くにいる時は、例え大した天候出なくても、放水などはありますので、注意が肝心です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

京都の日吉ダムの貯水量が300パーセントを越えました。 このままではダム損傷、崩壊の危険性が生じますから、放流します。 ダムの設計時に一生使用しないのでは、と言われた、「クレストゲート」を開放し放流ました。 クレストゲートとは、異常洪水時にダム天端からの越流を防ぐための非常用ゲートとして使用されます。 やはり、越流より放流の方が安全な事は確かです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • suiton
  • ベストアンサー率20% (925/4435)

放流というのは、放流口から水を流すことです。放流のための水路から流すので、流入量と同等の放流をしてもダムは基本的に安全です。 質問者さんの言われる自然に水が溢れるということは、ダムの堤体を越えて水が溢れるということでしょうか。そうであれば、上記と同じ水の量であっても、ダム上部は水が乗り越えることを想定していませんから、大変危険な状態になり、ダムが決壊して未曾有の大災害が発生することになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • KGS
  • ベストアンサー率24% (1259/5088)

ダムは貯水率が100%を超えるから、一気に放流するわけではありません。 必ずダムには安全率というものがあって、ダムの規模にもよるのかもしれませんが、今回、貯水率を見ていると150%とかのダムもありました。 通常は豪雨が予想される場合、事前に放流して容量を確保します。 そして、雨水が流入して水位が上がると同時に徐々に放流量を増加させます。 これで時間を稼ぎますが、今回は想定以上の雨量だったため満水になったダムは最終的に流入量と同じ量を放流します。 一気に放流することはありません。 また、自然にあふれるような想定以上の使い方をすることはありません。 決壊することは無いのかもしれませんが、危険を招く操作は天災でなく人災になりますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • oska2
  • ベストアンサー率43% (1479/3396)

>これは放流しないといけないのですか? 放流しないと、ダムが決壊します。 決壊すると、ダムの水は一気に下流に流れ出します。 >ダムから自然に水が溢れるのと、一気に下流に放流するのとでは、どちらが危険なんでしょうか? 質問者さまの言う「自然に水が漏れる」という意味が、色々解釈できますが・・・。 一般的な「自然排水路」からの排水と考えると、自然排水の方が危険は少ないです。 一気に放水すれば、鉄砲水となって下流流域を襲います。 例えば、風呂桶に蛇口から水を入れた状態で満水にしても放置する。 風呂桶からは、ゆっくり水が漏れますよね。 ところが、一気に下流に流すのは「満水になった風呂桶をひっくり返す」のと同じです。 そこで、各ダム管理者は「ダムが満水になるまでは、少量排水」を行います。 満水に近くなると、徐々に排水量を増やします。 が、決して一気に排水する事はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • tom900
  • ベストアンサー率49% (1136/2316)

基本的には貯水率が100%を超える前に放流しますが、今回の豪雨では雨量が記録的なモノだったので致し方無いでしょう。 ダムが溢れてしまうと、溢れ出る流水で周りの土砂が削られて尚更危険ですし、安全率は考慮してダムを建造していますが、最悪はダムが決壊する可能性もあるので、溢れさせるのは危険すぎますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ダムができると渡河が容易になる理由

    「ダム」Wikipediaの文中に、 「ダムができるとその地点での渡河が容易となるため、しばしば都市の形成へとつながった」 とあります。 ダムの完成直後とか、ダムが下流への放流を一時的に制限すれば、下流の水位が下がり渡河が容易になることは理解できます。 しかし流量が定常状態の場合、ダムの有無で下流の水位が変わることはないと思うのですが、間違っているのでしょうか。 それとも、ダムの堰堤上を橋代わりに使用することによって、渡河が容易になるということでしょうか。 例としている、アムステルダムやロッテルダムの場合、ダム建設でどうして渡河が容易になったのでしょうか。

  • 緊急保留はなぜ降った後にあるの?

    緊急放流について、いつもダムが満杯になってからやります。その時には川自体が大雨で水量が増しているので緊急放流によって堤防が決壊すると言うことになります。 既に大雨が降るのがわかっているのだから、大雨が降る前にダムの水を徐々に減らして事前にカラカラにしておけば、いくら大雨でもタップリと溜め込むことができるため、堤防の決壊も防げると思うんだけどね。 ご存知の方、教えて下さい。

  • ダムについて

    今、学校でダムについて調べています。日本のダムについて、詳しいホームページがあれば教えて下さい。特に、四国のダムについてですが、所在地などは分かるけれど、ダムの大きさや貯水量などがかいてあるものが知りたいです。

  • 岩手の御所湖というダムのバックウォーターでなぜかニジマスが釣れました。。

    ニジマスは北海道の一部の川でしか天然で繁殖していないと聞いたのですが、今日近所のダムに注いでいる川でニジマスが釣れました。 近くに釣堀もないし、ダムの下流からすごい落差で登れないし、釣り大会で放流したわけでもないのに、どうしてでしょうか? 天然で繁殖しているのでしょうか?

  • ダム

    ダムの管理者の不手際によって下流域の被害が拡大した場合、責任をとったり損害賠償をしたりしたことはあるのですか? 今年も大雨のときにそんな被害拡大の事例がいくつかありましたが。 自然災害だからしょうがないなんて言いつづけて誰も責任をとらないのなら、これからも同様な事態が繰り返されるのではないか。 本来ならできたはずの治水に失

  • 福岡県の江川ダムの貯水率について

    福岡県の朝倉に江川ダムという大きなダムがありますが、 よく貯水率の低さがとりだたされます。 確かに容量が大きいのは分かりますが、現に今日現在、ほかのダムはほぼ100%なのに対し、 江川ダムは64,59%です。 これって、供給(河川や雨水)に対し、ダムの容量が大きすぎるのではないでしょうか? そこで (1)ダムの大きさってどうやって決定されるのでしょう? (2)貯まることのない大きさのダムって、設計ミスでは? (3)1度でも100%になったことがあるのでしょうか? どれか一つだけの回答でも結構ですので、よろしくお願いいたします。

  • 浄水場がダムから直接取水する場合はどのような法令の制約があるのでしょうか

    浄水場で下請けをしています。コンプライアンスのために法令を集めています。 ダムが河川に放流した水を取水する場合は河川法による制約を受けると思うのですが、ダムに取水塔を設置している場合は、いったい何法の制約を受けるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 「脱ダム」宣言

    「脱ダム宣言」の賛成派と反対派では、どのような議論があったのかということについて調べたのですが、これって違いますか・・・? 賛成派→貯水と治水の面から長野のダムの必要性を説く。「9本の川はダムでなければ治水不可能だ」と言う。下諏訪ダムの例を挙げ、ダムを作った方が、川の土手を堤防にして水害を防ぐより、面積で比べると自然が残るとのことだ。下諏訪ダムの建設費は県民一人あたり約1万円になる計算で、負担はそう大きくないと考えている。 反対派→「ダムでなくても(治水は)出来る」と言う。遊水地を作ったり、各家庭で水を溜めたりするだけでも違うし、舗装も浸透性のあるものにする、との事だ。また、「浅川ダムは主に治水を目的にしているが、浅川の水害は、中流から流れ込む水による、都市型水害」と、上流に造る浅川ダムの必要性を否定する。まだ代替案がまとまっていないことについては「今は調査をし、計画作りの期間」とし、「どこの流域住民を対象とした世論調査でも、『ダムは止めてほしい』と言う人が多い。

  • ダムの放水に関して

    関西では先日 由良川と、桂川が、 氾濫しましたが どうもその時の、関連ダムの放水量について 知る限りでは、報じられていないので 気になりました。 勿論、 ダムの決壊などは、あってはならないことですし 上流のダムが じゃんじゃん放水したならば 下流ダムでの 放水の制限にも 当然、限度はあるでしょう。 また、 防災にかけるコストにも 受忍できる限度が ある訳ですし、 性急に「責任」等等と 口にするのは あまりに軽薄… 分かります。 たた、 報道で、 急激な水かさの上昇が あげられていたにも関わらず ダムについて 取材した内容が 耳に入りません。 ただただ 僕が無知なだけかも 知れませんが 気になります。 そこで  ・関連するダムの その時の運営状況  ・ダムから氾濫箇所まで、   その時、どれ位で 水が到達していたのか  ・両河川の 水位の変化 この3点について、存じてられる方、 お手数ですか、ご教示を お願いします。

  • アーチダム

    標記の件に関して、2点疑問があります。 黒四ダムがいい例かと思いますが、アーチダムは、鉛直断面的に見ると、なぜ上部ほど下流へせり出している=オーバーハングしているのですか? 感覚的には、下層部ほど水圧が大きくなるので、オーバーハングさせれば下層部の水量が少なくなり、上層との水圧の差異が軽減し堤体が安定するからなのかな、なんて考えられるのですが、どうなんでしょうか。 もう一点、たとえば同じ話を「水」ではなく「土」に適用して、もし仮に土をアーチダムのような形状の擁壁で抑えようとした場合は、いくらなんでもオーバーハングは(これまた感覚的に)ありえないと思うのです。 圧力を抑える機構を考えるとき、土と水で、なにか根本的な原理の違いみたいなことはあるのでしょうか? または、それは単なる施工の順序?つまり、「水」の場合は堤体が完成してから水を貯え始め、「土」の場合はあらかじめそこに土の塊があるところに擁壁を築いていく、というプロセスの違いの問題なのでしょうか? 言い換えれば、土の場合でも、まず最初に谷間にアーチダムをつくって、その中に土を充填させていくとするならば、水の場合と変わらず、オーバーハングさせるほうが有利なのでしょうか? どなたかご教授いただければ幸いです。

専門家に質問してみよう