解決済み

地下鉄住之江公園駅からオスカードリーム

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9508150
  • 閲覧数96
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 98% (98/100)

所用があり、年に数回ほど住之江公園駅を利用している者です。
地下鉄住之江公園駅から、駅の中を通ってオスカードリーム2階連絡通路に行きたいのですが経路がわかりません。

以前行った時に改札の人に聞いたら
「オスカーに行くには5番出口しかないです」と言われました。
別の人に聞いたら「ありますよ」と経路を教えて下さいました。しかし駅の構造がわからない私には理解出来ず、5番出口から地上に出ました。


地下鉄住之江公園駅から連絡通路に行く方法を知りたい理由は、資料の入った重いスーツケースを持って行くからです。
地上に出る階段を上るには厳しいです。
階段を使わず、エスカレーター、エレベーターでオスカードリームに行きたいと思っています。

「住之江公園駅に着いたら、先頭車両の近くにある階段かエスカレーターで上にあがる…」という説明は記憶しています。
ご回答よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 57% (1166/2043)

旅行・レジャー カテゴリマスター
住之江公園駅は地下鉄四つ橋線とニュートラムの2路線の駅があります。この2路線は中間に改札などがなく自由に行き来できます。
で、仰るオスカードリームへ直結する出口はニュートラムの駅の方にありますので、ニュートラムの乗り場に向かってから改札を出る必要があります。
まずは以下の案内図を確認してください。
http://www.osakametro.co.jp/station-guide/P/p18.html

四つ橋線電車進行方向中より(エレベーター利用なら前より)の階段を用いて1つ上の階のニュートラム連絡通路に向かいます。(現地でも大きく表示していたはずです)
そしてその連絡通路を進むと、まず長いエスカレーターがありますが、これは改札より上の階にあるホーム直結ですので使いません。次に見えるエスカレーターまたは階段で改札階へ上がります。(さらに先にエレベーターもあります)
そうして現れた改札は1か所しかありませんので、その改札を出て案内されている方(提示した地図では出口番号が明記されていませんが、他の地図類だと「3-2」と表示しているものがあります。但し、この番号が正しいかどうか確認できないので、現地の番号とともに明記してある目的地に「オスカードリーム」が明示してあることを再確認してください。)へ向かうとオスカードリームへ直結です。
この経路なら改札からオスカードリームまで段差なしのはずです。垂直移動にエレベーターが必須の場合も同様ですが、上述のように少し遠回り気味に歩くことになります。
お礼コメント
AKKUN-AETANE

お礼率 98% (98/100)

ご回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2018-06-14 12:28:35
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 21% (29/133)

あーっ、すみません。
ニュートラムの駅からの道順を案内してしまいました。
お礼コメント
AKKUN-AETANE

お礼率 98% (98/100)

ご回答ありがとうございます。
ニュートラムのホームからは案内があるので行けます。
地下鉄ホームからニュートラムのホームに上がって、降りることも考えましたが長いエスカレーターがネックです。
投稿日時 - 2018-06-14 15:42:57
  • 回答No.1

ベストアンサー率 21% (29/133)

改札を出て右へ行けば、突き当りに通路があります。
通路は左へ(オスカードリームの方向)へ伸びているので、改札から見ただけでは行きどまりに見えるかもしれませんが、気にせず行ってください。
お礼コメント
AKKUN-AETANE

お礼率 98% (98/100)

ご回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2018-06-14 12:25:58
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
ここは行って良かった!これは食べるべき!旅の経験を共有しよう!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
このQ&Aのテーマ

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ