• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

確率分布 不適合の発生確率

  • 質問No.9505618
  • 閲覧数493
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0
上限規格と下限規格 、平均と標準偏差がわかっている。
不適合の発生確率は、以下のように求められている。

P[X≧上限規格]+P[X≦下限規格]
=P[X-平均値/標準偏差≧上限規格-平均値/標準偏差]+P[X-平均値/標準偏差]≦下限規格-平均値/標準偏差]
=P[U≧2]+P[U≦-3]=答え

この式について、小学生にでもわかるような説明(専門的知識を使わずに行う説明)を求めています。

可能な方がいれば、宜しくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 44% (4442/9970)

他カテゴリのカテゴリマスター
X≧上限規格

X-平均値≧上限規格-平均値
(X-平均値)/標準偏差≧(上限規格-平均値)/標準偏差
と書き直しても、不等式を満たす条件は変わりません。同じ数値を引いて、同じ数値で割っただけですから。
下限の方も同じことで
X≦下限規格

(X-平均値)/標準偏差≧(下限規格-平均値)/標準偏差
に書き換えてもかまいません。
与えられた数値を使えば、
(上限規格-平均値)/標準偏差=2
(下限規格-平均値)/標準偏差=-3
であって、また、Uの定義から
(X-平均値)/標準偏差=U
です。以上のことから
P[X≧上限規格]+P[X≦下限規格]
=P[(X-平均値)/標準偏差≧(上限規格-平均値)/標準偏差]+P[(X-平均値)/標準偏差≧(下限規格-平均値)/標準偏差]
=P[U≧2]+P[U≦-3]
です。
補足コメント
noname#232710
先にお礼のみ失礼します。
投稿日時:2018/06/07 14:17
お礼コメント
noname#232710
有難うございます。
ご回答のおかげで、大分理解が進みました。

出し方は理解出来ました。

後は確率変数Uなるものが、Kpなるものと同値になる理由がわかれば、多分式を完全に理解できる…のかな
頑張ってきます。
投稿日時:2018/06/08 12:13
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ