解決済み

金属材料の損傷について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9499178
  • 閲覧数231
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 33% (1/3)

ある、国家試験で下記の問題が出題されました。
正解は(2)と記載されてましたが、なぜ(2)が適切でないのかと質問されたのですが、
説明出来ません。
自分は、(2)の文章は適切(正しい)と思ってます。
分かりやすい解説を宜しくお願いします。

-----------------------------------------

【問】金属材料の損傷などに関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。
(1)乱流を伴う高速流の腐食性流体中で、金属が機械的な摩滅作用と腐食作用を受け、
   局部的に大きな損耗を生じる損傷を、エロージョン・コロージョンという。
(2)腐食は、全面腐食と局部腐食に大別されるが、全面腐食は、局部腐食と比べて
   腐食減量が大きいため、機械や構造部材の健全性に与える影響が大きい。
(3)応力腐食割れは、材料特性、引っ張り応力の存在及び腐食環境の三つの要因が
   そろった場合に発生する。
(4)鋼では、一般に疲労限度が見られるが、アルミニウム合金などの非鉄金属は
   明確な疲労限度をもたない。
(5)金属材料に一定の加重を負荷し続けるとき、時間とともに変化が進行する
   現象をクリープという。
-----------------------------------------

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 53% (28/52)

局所腐食の場合、狭い範囲で深さ方向に進展します。その結果、応力集中が発生しやすくなります。
更に、影響が出るには全面腐食では大きな腐食量必要で時間がかかりますが、局所腐食では少ない腐食量でも、つまり短時間で応力集中での破壊が起きます。

更に全面腐食はその面積の大きさから発生を確認しやすいです。局所腐食では腐食量の少なさから外部露出が少なく、その他検査でも検出が難しいです。

よって、基本的には全面腐食より局所腐食の方が健全性に与える影響が大きいと扱われます。
お礼コメント
PrintScreen

お礼率 33% (1/3)

丁寧な解説有難う御座います。
冷静に考えればnowane4649さんの書かれた内容ズバリですよね。
投稿日時 - 2018-05-17 23:33:36
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 20% (1475/7316)

機械や、構造材の健全性について。
局部腐食、
全面腐食
この両者の影響を比べている問題ですね。

一つの機械、構造物は、ほんの一部に不具合が出ても、使うことができなくなり、修理が必要になります。
局部でも、全面でも、対等に影響があります。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 16% (67/401)

局部腐食は早い時間で破壊(そこに応力集中が発生する)が起こるが

全面腐食は早い時間で破壊は起こらない


まあ、どこぞのラグビーが選手をつぶそうとしたが
体全体を攻撃するより膝を集中して攻撃したほうが効果的
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ