解決済み

英文法の問いです。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9499047
  • 閲覧数48
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 94% (36/38)

A. のみ容認可能で、B.は容認不可能でしょうか。確か、3.のような動詞と構文を使った例文については、そうだ、と言う本を読んだことがあるのですが・・・。

1. A. I burned up the paper, but it did not burn up.
B. *I burned the paper up, but it did not burn up.

2. A. I woke up my father, but he did not wake up.
B. *I woke my father up, but he did not wake up.

3. A. I hauled/wound/drew up the rope, but it did not come (or get hauled/wound/drawn) up.
B. * I hauled/wound/drew the rope up, but it did not come (or get hauled/wound/drawn) up.
(巻き上げたのに、巻き上がらなかった。)

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 81% (5831/7193)

英語 カテゴリマスター
「補足コメント」を拝見しました。

>問いの趣旨・主眼・眼目は、切っても切れない、とか、起こしたのに起きなかった、とか、巻き上げたのに巻き上がらなかった(巻いたのに巻けなかった)とか、いう、ちょっと見には矛盾した語法が、英語にもあるか、ないか、が知りたい、ということなのです。
⇒あ、そうなんですね。はじめに「英文法の問いです」とあったものですから、思いっきり伝統文法の世界で考えてしまいました。失礼しました。

おっしゃるような「矛盾した語法」の類は、英語(だけでなくあらゆる言語に)あると思います。例文1, 2, 3は言うに及ばず、例えば、We lived but didn't live. やI love him because I love him. のような矛盾・齟齬・自家撞着を含むような文例がゴロゴロあります。ですから、この種の問題は「英語の語法」というよりむしろ、「言語論理、文章心理、意味論」などの領域の問題なのかも知れませんね。

>小詞(particles)でも、位置によって、意味が違ってくる、と書いてある英語学の本を、確かに見たのですが・・・。
⇒はい、それはあり得ると思います。

もともとupは、「すっかり、まったく、完全に、十分に」といったニュアンスを添える副詞ですので、これが本来の位置(動詞の直後)を離れて、独立的な扱いを受けるような位置に転位されたということは、その「意味の強調」に過ぎず、したがって、その事柄の実現を否定する後続節との意味的乖離がより大きい、という印象を与えます。
このことから、B.群の方がより大きな論理矛盾を犯している、つまり、現実に使われる可能性は(絶対ないとは言わないまでも)より小さい、と言えるでしょう。

以上、再伸まで。
お礼コメント
kimko_379

お礼率 94% (36/38)

又も御回答を有難う御座います。
投稿日時 - 2018-05-17 17:49:47

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 81% (5831/7193)

英語 カテゴリマスター
確かに、1.や2.は、Bのような言い方が可能ですね。それに対して、3.の、例えば、hauled the rope upのような言い方は不可能かも知れません。なぜか。burn upや wake upは、V+ upが一体になった動詞句を構成します。つまり、この場合のupは「動詞の一部」なんですね(この役をするupの類を「小詞」と呼ぶことにします)。

一方、haul upという慣用句はないと思います。すなわち、こちらのupは小詞でなく、haulを修飾する、単なる副詞です。このように、一見小詞のように見えてその実、そうでなく、実態は副詞や前置詞である場合がよくあります。この場合、当の小詞のような副詞または前置詞は、それぞれ動詞に直接するか名詞や代名詞の前に置くのが普通です。

ということで、I hauled the rope upのような配列は不自然、いや不可能ということになるものと思います。ただし、同じ3. でもwind up, draw up は動詞句になりますので、I wound/drew the rope upのような表現は可能かも知れませんね。
補足コメント
kimko_379

お礼率 94% (36/38)

いえ、問いの趣旨・主眼・眼目は、切っても切れない、とか、起こしたのに起きなかった、とか、巻き上げたのに巻き上がらなかった(巻いたのに巻けなかった)とか、いう、ちょっと見には矛盾した語法が、英語にもあるか、ないか、が知りたい、ということなのです。B.群のみペケということなら、英語にもある、ということになるのですが・・・。そして、小詞(particles)でも、位置によって、意味が違ってくる、と書いてある英語学の本を、確かに見たのですが・・・。
投稿日時 - 2018-05-17 11:31:44
お礼コメント
kimko_379

お礼率 94% (36/38)

有難う御座います。
投稿日時 - 2018-05-17 10:44:14
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ