• ベストアンサー
  • 困ってます

wouldの役割

(財布を置き忘れて泥棒に盗まれた、という文脈)I was also furious with the thief and ecstatic to find out that the coffee shop had cameras that the police could request to access (because Chicago detectives don’t have enough to do!). We could see footage of the perpetrator in action! We’d catch the thief! 最後の文のwouldはどのような役割でしょうか?よろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数4
  • 閲覧数89
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8896/10943)

>最後の文のwouldはどのような役割でしょうか? ⇒地の文が過去ですので、「時制の一致」があります。しかも、We could see footage of the perpetrator in action! We’d catch the thief! の部分は、いわゆる「描出話法」(中間話法)です。 ですので、これを直接話法で言えばこうなります。 "We can/are able to see footage of the perpetrator in action! We’ll catch the thief!" 「我々は、犯人の犯行場面を映像で見ることができる! (だから)我々は泥棒を捕まえるぞ!」。 また、間接話法で言えばこんな感じでしょう。 We thought that we could see footage of the perpetrator in action! We made up our mind that we’d catch the thief! 「我々は、犯人の犯行場面を映像で見ることができると思った! (それで)我々は泥棒を捕まえる決心をした!」。 ということで、ようやくお尋ねの件にお答えできます。 「最後の文のwould」は、意志を表すwill「~するつもりだ」で、それがが時制の一致の制約を受けて過去形wouldになったものである、ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

これは将来起こると言うwillを過去形にしただけです。と言うと身もふたもないですが話し手の思考、視点も過去に置いています。We could ...! We would ...! のビックリマークが過去の時点で自分が感じた興奮を表しているのでヒントになると思います。 We could see footage of the perpetrator in action! We’d catch the thief! 上の説明をもとに訳すと、 「(その時に私は思った) 私たちは犯人の犯行の映像を見る事ができるぞ!泥棒を捕まえるぞ!と。」 文法的には簡単なのですが、実はあまり使わない表現。過去に時点での未来の予測であれば、現在は結果が出ているか進捗があるはずで、We would have catch the thief! (But actually we couldn’t)とか, And then we caught the thief. と続きそうです。この文はおそらく犯人が捕まったかどうかでは無く、過去の時点で自分がそう思ったこと、感情の動きに重きが置かれていて、犯人が捕まったかどうかは二の次なのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます

  • 回答No.2

捕まえるだろうという可能性と 捕まえるという意思が混ざったような感覚だと思えばいいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます

  • 回答No.1

泥棒を捕まえよう! 捕まえられるかどうかは100%ではないのでwillではなくwould。 強い意思を表すのでshallではなくwouldぐらいの感じでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます

関連するQ&A

  • wouldの使い方

    It is a shame being in the city we don't get to see such things as fireflies, that would be nice. If you could live anywhere, would it be ●●? 上記の文章がペンパルが来たのですが最初のwouldと次のwouldの訳し方 が正しいかどうか教えていただけますか? 私の住む地域は蛍みたいなのは見られないんだけどとってもすてきですね。 もしあなた(私)がどこにでも住めるとしたら、●●(現在私が住んでいる田舎町)に 住みたい? でしょうか?なんとなくニュアンスはわかるのですが文法上での違いがわかり ません。前後の文章がないので意味不明でしたらすみません(^^;) ちなみに~したいと言う場合I'd like to~と使いますよね? このwouldと上記で使われているwouldとはどう違うのでしょうか?

  • couldとwouldについて

    次の文はmanned expedition to Marsについて書かれた科学エッセイのものです。 (A)We could build vehicles to carry humans to Mars now, but the journey would be like making a long trip by driving a very old car likely to break down immediately. (B)Thought Mars is quiet and seemingly unproductive, humans could change that in the next century. 1)まずこれらの文章で用いられているcouldですが、これらのニュアンスを考えた時に、 http://www.e-bunpou.net/jodousi-could.html こちらには仮定の能力「~しようと思えばできる」という項目があって、「作ろうと思えば作れる」という訳はぴったりです。 http://www.ravco.jp/cat/view.php?cat_id=4968 一方こちらでは仮定の能力という項目はなく、現在・未来における可能性「ひょっとしたら~かもしれない(可能性はmay>might>could)」というのがそれに近い解釈になっています。 他のHPを探しても後者の解釈が多く、前者はあまり書かれていないように感じました。実際には似たような概念なのかもしれませんが、少し違うように感じます。 I could make it.でも「もしかしたらできるかも」と「やろうと思えばやれる」では異なります。ここらへんはどうなっているのでしょうか? 2)(A)と(B)のcouldはそれぞれどう訳しますか? 3)(A)のwouldは推量willの弱い表現ですが、筆者がwillを使わないのは断定を避け、ある程度の客観性を保つためですか?willではなくwouldを使う気持ちはどういったものなのでしょうか? 参照したページにはwillは95-100%、wouldは90-95%とありました。推量willの婉曲ではあるにしても強めの表現のようですが。

  • would, couldは仮定法?

    先日、mightの用法について、以下の質問をさせていただいたものです。 http://okwave.jp/qa/q8405435.html ご回答者の方には、大変お世話になりました。mightは、仮定法過去であるかと思っていたのですが、この本文では、仮定法ではなく、推量の意味をもつのだと理解できました。 先日の質問の本文も含めて、その先の本文も載せます。高校教科書ポールスターIIからです。  Several years ago, interviewing candidates for a job, I grew tired of asking, “What experience do you have?” So I decided on a one-question quiz to find out how clever the candidate might be. Here it is:  You are on a yacht over the deepest point in the sea, the Mariana Trench, where you drop an iron ball over the side. How long will it take for the iron ball to reach the bottom of the ocean?  Before reading on, please try to solve this yourself ― paying special attention to how you might solve it.  Did you make a completely wild guess because “there wasn’t enough information”? Did you get lost in the details while trying to come up with “exactly the right answer”? Or did you focus on the two most important problems ― how deep the Mariana Trench is and how fast an iron ball might fall through the water ― then make a guess?  What does this have to do with business or creativity? A great deal. In the real world, we often have to make decisions without having all the information we need.  Suppose, for example, you have been asked to make a marketing plan for a new kind of telephone. You would like to know the number of phone stores in the U.S. Unfortunately, you do not have this figure. What do you do?  One solution [*1would] be to turn to the Yellow Pages of a large city. You [*2could] find the number of stores per 100,000 people in that city, and you could then guess how many stores there were in the whole country.  The question about phone stores is called a Fermi problem, named after Enrico Fermi, who was a Nobel Prize-winning physicist. Fermi used problems such as this to teach his students how to think for themselves. A Fermi problem does not contain all the information you need to solve it completely.   ここで、[*1would]と、[*2could]について質問があります。 私は、*1wouldも、*2couldも、仮定法過去の用法だと思うのですが、いかがでしょうか。 つまり、*1wouldについては、 (If you were give this question,) one solution would be to turn to the Yellow Pages of a large city. というふうに、かっこのif節が省略されていると考えることができると思うのです。 もちろん、本文には、かっこの内容は書かれていません。 次に*2couldについては、同じく (If you turned to the Yellow Pages of a large city, ) you could find the number of stores per 100, 000 people in that city, ~ というふうに、かっこのif節が省略されていると考えることができると思います。 本文には、かっこの内容は書かれていません。 would, couldについて、このような解釈でよいでしょうか。ご意見をいただければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 和訳をお願いします。

    和訳をお願いします。 1.the doctors believed that the patiemt had been poisoned. 2.they showed us many kidness during this six-month visit to chicago. 3.we found it impossible to solve that question.

  • I tried to assure the client that w

    I tried to assure the client that we would do everything we could.の文法的解釈を教えて頂きたいです。宜しくお願いいたします。

  • We humans have been...

    We humans have been able to live on this planet for millions of years because there has been an enviroment that we could live in. このthat we could live inはcanでは駄目なのでしょうか。

  • 英語の質問!would, couldについて

    ネイティブの友達とチャット、会話しているとき、または英語の漫画を読んでいるときに やたらとwould,couldを使うなーと気づいたのですが、イマイチルールというか そーゆーのがわかりません。 学校で習ったのは、wouldはwillの過去形だよ、とか丁寧な形式だよ(couldも同じ) 程度なのですが、 例えば日本語のことわざを説明していたのですが、まぁ今すぐ覚える必要は無いよという私のメッセージに対し I don't think I would need to use them for a long time とか 行くレストランを決めているとき、誰かの提案に対し I'd be up for it また明日の予定を決める際 We could meet at the tim horton's parking lot. Would you want to do that? これらのwould, could は明らかに過去形ではないので 全て丁寧な言い回しとということですか? また、友達同士なのにそのような丁寧な表現を使うものなのですか? ご回答よろしくお願い致します

  • thatとtheの発音

    字幕なしで英語の番組を見ているとたまに、thatかtheかわからない時があります。 theとthatの使い方がちゃんとわかってないからでしょうか。 ちょうどさっき見た子供向けのアニメで、 遠くから何か音が聞こえてきて、 Let's find the sound!! I need your help to check some out and find out. Where this sound is coming from? Where do we go to find this sound? みたいな台詞がありました。 聴こえたように書いただけなのでおかしいかもしれません。 Where "the" sound is coming from? Where do we go to find "the" sound? ではだめですか? それと、There's ( ) sound again??(この文章ありえますか?) ( )がtheのようなthatのようなaのような。。。 何回聞いても聞き取れませんでした。 theにする時とthisやthatにする時の違いがわかりません。 自分で文を考える時も迷ってしまいます。

  • 添削してください

    仮に泥棒が家に侵入したとして、家主に銃の所持があれば、おそらく泥棒もそれに対抗する力で反撃しようとする。もしかしたら見つかる前に先に射殺されてしまうかもしれない。攻撃性は攻撃性を生む。銃は社会を安全にするのではなく、逆に危険にする、という考え方もある。 Assume that the thief invade the house, if the owner possesses a gun, the thief probably attempts o fight back with the power to resist it. It may possibly be owner will be shot dead before being found by thief. Aggression creates aggression. There is also the idea that guns do not make society safe, but conversely make it dangerous. こちらの英文を添削して欲しいです。 よろしくお願いします。

  • 主語述語のない英文ってあるんでしょうか?

    Any book of which we say to ourselves, when we have done with it,‘That is a good book', we find to be so by virtue of the writer's personality which we have been in contact with: we say so, possibly, because we find that our own self has been affected, even though for a while. 意味は解るのですが、私にとっては非常に奇妙な英文です。どれが主語でどれが述語なのか・・・会話などでは文法に関係なく、心に浮かんだ気持ちを次々と羅列していくようなことも体験しておりますが、書かれた英文では余りお目にかかったことがありません。 一部を抜粋した英文だからか、私がこういう英文に慣れてないから違和感を感じるのか、それとも we find to be so のwe、we sayのweが主語なのか、どうもよく分かりません。どなたかこの英文を解剖して教えて下さいませんか。それから、「:」はどういう時に、どんな意味で使うのかも教えていただけませんか?