• 締切済み
  • 暇なときにでも

道路上の直径約60mmの丸い穴は、なぜ開いたか?

数年前から気になっていたのですが、道路上にアスファルト面に開いている、それもホイルソー(ドリルの一種)できれい開けたような直径60mmm位で深さ20mm程ものをご存じの方はいませんか? 外壁のペイント落書き同様、誰かの夜中に行ったイタズラかとも思っていますが、、、或いは何かの道路面の試験的な穴でしょうかね。 アスファルト面のへたり具合は、確かにもっと大きく(直径100mm程度、深さ200mm位)やっているようで、最近実際に見ました。 実際はどうなのでしょうか? 事故につながるほど大きくなく、微妙に実害を無くしている知能犯的。 一度でも見たこと有る方や事情をよくご存じ方、または過去に実際に開けていた方(時効?)強者の方はどうぞ。 教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数380
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.5

>>充電式ホールソーなら、そんなに手間が掛からないような気がします。 相手は石ですよ。性格的にはアスファルトは原油から作るというか 他の石油を出したの残りかすです。 硬さは石と変わりませんので簡単には穴はあきません。 タンクローリーが燃えて高温になればアスファルトも燃えますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

石並みの硬さだというのは、分かります。 生産技術をやっていたので、工場の床コンクリートにアンカーボルトを打ち込んだ経験が有ります。 直径10mm程度までの「コンクリートドリル」という専用ドリルであれば、2本セット高々数千円位で購入できます。今回の道路面の不思議な丸穴は、直径が6倍位大きい(さすがに値段は高いか)ですが、購入できないことは無いと思います。刃面に工業用ダイヤモンドの粉を接着したやつ。 まあ、そこまで自費でやるかという問題は有りますが、世の中好きな人間も結構多いですから、分かりません。 夜中に路上アート的に、外壁にペンキでイタズラ絵を画く方も実際にいる訳ですから。 まあ「道路の空洞検査のために専門家がやっている」というのは、実際に見ればもちろん納得ですがね。それもその結果で、補修しているも。今の所、見たことないもんでねー。 もっとサイズの大きい(直径約100mm、深さ約200mm)のは、舗装のへたり検査のため大がかり(人数5~6人で、大型発電機を中型トラックに積んで)にやってるをつい最近みましたけど。 これとは違うような気がします。

関連するQ&A

  • 回答No.4

>でもそんなピンポイント的に調査しても、広い道路全体が分かるものですか? 空洞調査のことを知らずかつ知りたいのならまずPDFを読んでください。まずレーダーで調査して、空洞の疑いのある場所を穴をあけてスコープでのぞくのです。レーダーだけでは本当に空洞なのか判断できないから実際にのぞくのです。 >充電式ホールソーなら、そんなに手間が掛からないような気がします。 それが「いたずら」だとして何が面白いのですか? それが「いたずら」になえるというあなたの考えがさっぱりわかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

英国のミステリーサークルも、最初は超常現象とかUFOとか言われていました。 結局、近くの農夫のイタズラ半分のものだったでしょう。 単なる、そういう想像ですよ。

  • 回答No.3
  • qwe2010
  • ベストアンサー率19% (1794/9184)

道路の舗装などに空く穴、一番多いのが、その下に排水などの水が流れるものがあるときです、 そこに小さな穴が、または隙間が空くと、土が少しづつ、少なくなってきます。 少なくなると、上からの土が落ちてきて、空洞は、上のほうに移動します。 一番上に行ったときに、道路に穴が開くのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

確かに自然に開く、普通の穴の開く形成過程は、その通りだと思います。 しかしここで質問している丸穴は、ほぼ正確な円で深さも約20mmで均一です。 その説明では、仕切れないかと思います。 英国の畑の「ミステリーサークル」ならぬ、今のところ日本の道路の「ミステリーホール」かと想像しています。

  • 回答No.2

そんな無意味に手の込んだいたずらなど誰もしないでしょう。 普通に空洞調査だと思いますけど。アスファルトの下の土や砂が雨などで流出し空洞になり陥没する事故が発生します。それを防ぐために定期的な空洞調査とその結果を受けての補修が必要となります。 http://www.mlit.go.jp/chosahokoku/h25giken/program/kadai/pdf/ippan/anzen1_06.pdf # 電動ボーリングマシンにより削孔(φ40mm)し, # 全周の確認可能なスコープカメラを用いて路面下の # 空洞状況と空洞の厚さを調査する. 「直径60mmm位で深さ20mm程」とのことですが、調査後は埋めると思いますので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

充電式ホールソーなら、そんなに手間が掛からないような気がします。 実際にやった訳でも無く、木材等の穴開け経験程度です。 確かに空洞調査なら、良いですが、、、 でもそんなピンポイント的に調査しても、広い道路全体が分かるものですか? 気休めでは無いでしょうか、実際道路上にはいっぱい亀裂とか小さな穴ぼこ走っていたり空いていること多いですよ。 市役所の道路課に電話しても、定期的に巡回点検しているという割には、ほったらかしが多過ぎる。 わざわざ電話して、見に来た時に説明してやっと補修材を詰めるだけですよ。 少し疑問に思います。 私としては、まだイタズラ疑いが晴れません。

  • 回答No.1
  • okvaio
  • ベストアンサー率29% (1154/3861)

道路工事が完了した後に、工事が規定通り行われたかを 検査するために、くりぬいた穴を埋め戻した跡だと思います。 くりぬいたテストピースで検査して結果を出します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

「道路工事が完了した後の~云々」ですが、10数年以上経ってからやりますかね? それに埋め戻して、そんなに簡単に剥がれるものですか? その通り検査なら、安心できますが、、、 しばらく(数か月位)は開いたままなので、本当にそうなのか少し疑問です。

関連するQ&A

  • 直径10mmの工具で荒加工

    初めまして taka です。 直径10mmの工具で荒加工したいです 今まではボールエンドミルでしたが ラジアスが良いのでは?ってアイデアが出てきました 鋼材=S25Cぐらいの柔らかいもの 内容=巾15~20mmの溝加工 深さ60mmぐらいです。 時間=加工時間は2時間ぐらいかな? 工具=直径10mm 4枚刃 コーナーR1.5 ミスミの超硬 質問したいこと 1 Zへの切り込みですがボールの時は3°で切り込んでますが ラジアスは1°ぐらいですか? 質問したいこと 2 そもそも 直径10mm 深さ60mm ならどんな荒加工がお勧めですか?

  • 穴を開けたいのですが、教えてください

    もしかしたらDIYの枠を超えてしまっているかもしれませんが、よろしくお願いします。 アスファルトに穴を開けU字のボルトを埋めたいと考えています。 用途は、二輪車用のチェーンロックをくくりつける為のフックを地面に付けたいというものです。 (もちろん穴を開けるのは公道などではないですし、許可もとってあります) 盗難抑止・防止の為のものなので、直ぐに抜けてしまわないようにしたいと思います。 U字フックは直径15ミリ以上のものを考えています。 使う工具は振動ドリル。ホームセンターでレンタルしようと思います。 教えていただきたい回答・アドバイスは、具体的に言うと・・・、  ・穴の直径、深さ  ・振動ドリルにコンクリート用のビットでOKでしょうか  ・穴を空けてからU字フックを入れた後、抜けないようにするにはどうすればいいでしょか  ・他にもっと良い自力で出来る方法などあればよろしくお願いします。 アスファルトに穴を開けることや振動ドリルを使うことは初めてです。 よろしくお願いします。

  • SUS304 深穴加工 L/D40

    SUS304に、直径5mm 深さ200mm の深穴を加工しなければなりませんが うまくいきません。 加工手順は 1.ガイド穴を100mm(OSG EX-GDXL 溝長100mm)あけました。真っ直ぐに開いています。 2.NACHI Gロングドリル 直径5mm x 溝長200mm を使用し深さ200mmまでトライ。S=315/min F=0.05mm/回転 ステップ切込み量1mm 切り込む時に振動してゴリゴリ音がします。 切削条件おかしいでしょうか? NACHIに電話すると、今日はお休みみたいで… どなたかアドバイス頂けないでしょうか。お願いします。 皆様、色々なアドバイスを有難う御座いました。 結果をご報告します。 まず最初にNACHIの技術センターに問合せた時の回答をご報告します。 1.SUS304という被削材から想像すると、加工硬化を起こしている可能性が高いということ。 2.そのため刃先が食いつかず、滑っている。 3.溝長が長く剛性がないため、ドリル自体がバネ現象を起こし、振動を起こしている可能性が高い 4.加工硬化層(想定0.1mm)をさけて切り込む為に送りを0.1mm/回転まで上げてみる 以上のような回答をもらいました。 しかし、NACHIのドリルに苦手意識を持ってしまったため試さず終いです。 結局OSGの溝長130mmのドリルを205mm突き出し加工しました。 S=382/min,F=0.07/回転,ステップ切込み量1.5mmです。 しかし、1つ問題が出て、クーラントを掛けながらドリルをワーク上面まで 引き上げるとドリルに残った切りくずがクーラントの勢いで穴底に落ちてしまい、その切りくずが次のステップで悪さをしてしまいました。 そのため 1.穴底にアプローチするときはクーラントON 2.切込後、ドリルをワーク上面に戻す時にクーラントOFF 3.ドリルを穴位置とは別の場所にXY軸移動 4.3の位置でクーラントONし、刃先に残っている切りくずを除去 5.5秒間その位置のままクーラントを掛け続け、刃先を冷却(溝長が短く加工中に刃先が冷却できないため) 6.穴位置までXY軸移動し、1からを繰り返す 以上の様なプログラムを作成し加工しました。 結果は良好で、無事直径5mm、深さ200mmの穴を4つ開けることができました。 皆様、本当に有難う御座いました。

  • ガンドリル

    肉厚60mm 長さ2300mm の 板(SS400)に直径20mmの貫通孔を120mm開けれるガンドリルを紹介願います。 誤記を修正します。 貫通孔120mm でなく、120箇所 です。 宜しくお願い致します。

  • 道路陥没しました。地中で異常がありますか?

    近所で家屋の解体&新築工事が始まりました。 普段は大型車輌は通らないような狭い道(私道)に、大型車輌が頻繁に出入りしています。 と同時に、道路で陥没が2ヶ所発生しました。 1カ所は直径50センチ深さ30センチほどの大きな陥没。 もう1カ所は、直径30センチ深さ20センチほどの陥没です。 それぞれの場所は離れています。 小さな陥没は、駐車していた車のタイヤの真下に発生したので、 工事車輌が原因であることは間違いありません。 工事関係者も、工事車輌が原因であることをほぼ認めています。 陥没箇所の付近には土管が埋まっている可能性がかなり高いのですが、 数十センチ離れた場所のマンホールを開けて見ても、 水の流れはスムーズですし、 マンホールからは異常は確認できません。 陥没場所は、工事関係者がアスファルトを埋めて直しましたが、 地中で土管が破損していないかどうか、 今は良くても、今後何か問題が発生するのではないかが心配です。 土管の破損を確かめる方法などはないでしょうか? 土管の破損以外に、道路陥没の原因は何かありますでしょうか?

  • 円柱の木をパイプ状に

    直径17mm長さ100mmくらいの円柱状の硬い木に、直径12mmくらいの綺麗な穴を開けてパイプ状にするのは可能でしょうか?直径17mmの角材に穴を開けてから外を削れればいいのですが、今回は円柱状にどう穴をあけるかでお願いします。 ボール盤で穴を開けようにもこのぐらいのサイズ、深さの穴を開けるには(ドリルのサイズを段階的に上げていっても)結構力がかかると思いますが、バイスで固定しようにも弱く締めるとドリルに持っていかれる気がしますし、強く締めると割れそうな気がします。何かいい方法はあるでしょうか?回転スピードやボール盤のパワー(消費電力)はどれくらいの物が必要でしょうか?慣れた方にお願いすればこの作業って簡単でしょうか?その他、注意点があればよろしくお願い致します。

  • HRC45焼入後リーマ加工

    現状 ・SKD61焼入材HRC45 ・焼前にφ8で100mmドリル加工済み(0.2前後芯ずれの可能性あり) ・焼前φ8に直角に側面穴が貫通 加工内容 ・φ12リーマ加工深さ50mm~80mmで加工 手順 φ11.9を深さ20mmNC加工でガイドを作成 φ11.9超硬ドリルで80mmステップ加工  S1000 F120 φ12.3超硬ドリルで50mmステップ加工  S1000 F150 φ12.0超硬リーマで50mm~80mm加工 S132 F19 (カタログ値) 焼前にφ8&側面に貫通穴があるため、超硬ドリルや、 リーマが逃げそうです。 以上の内容で加工可能でしょうか? なにか良いアイデアがあれば教えて下さい。

  • ホールソー使用時に板が飛ぶ

    DIYまったくの初心者です。 電動ドリルに取り付けて使う穴あけノコ(ホールソー?)を使って、 300mm×100mm・10mm厚の板に、直径5センチの円を開けたいのですが、 ホールソーの刃が板に触れた途端、板がぶっ飛びそうになります。 板を何かにしっかり固定して使うものなのでしょうが、 専門の固定用道具?はありません。 このような場合、ホールソーのみでは穴あけは不可能なのですか? それとも、使い方が間違ってるのでしょうか? (説明書通りにセットはしております。衣装ケースに20mmの穴を開けたときは上手に開けれたのですが…)

  • 公道(国道・市道・都道府県道など)の路盤整備の深さは?

    予備知識として知りたくて、 いろいろ調べたのですが、公共の道路のアスファルトの敷設の厚さや、 アスファルトの下の砂利や砕石などの深さは何センチぐらいあるのでしょうか? 私は住宅の舗装工事をする立場の者ですが、 当方北国においては、200mm~600mmぐらい掘削し路盤工事をしており、実際の実績として、土壌質にも左右されますが、 凍結地域の深度としては今のところ、600mm掘って不陸が起きたケースはほとんどありません。 もちろん、車両の往来頻度、重貨物車通行度合にも左右されることは周知です。 土木工事に携る者として、公道(公共工事)についての 知識は欲しいところです。

  • 60mmくらいの穴を衣装ケースにあけたいのですが、

    60mmくらいの穴を衣装ケースにあけたいのですが、プラスチックカッターを使わず電動ドリルないしは通常カッターで開けられますか?