締切済み

給料、年俸制について

  • 困ってます
  • 質問No.9494425
  • 閲覧数148
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 28% (251/895)

私は給料が、毎年5月から翌年4月までの年俸を出され、毎月の給料✖︎12ヶ月分に夏 冬のボーナス分として割り出されます。そこで、社会保険についてですが、ボーナス分を無くし、年俸➗12にしてくれれば、社会保険✖︎12ヶ月で済むものの、ボーナス分 2ヶ月分多く社会保険が引かれる為、手取り額が2ヶ月の社会保険分が少なくなっていると思います。逆に年俸✖︎12ヶ月にすると、社会保険料が多くなるのでしょうか。教えてください。宜しくお願い致します。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 38% (200/524)

他カテゴリのカテゴリマスター
>ボーナス分を無くし、年俸➗12にしてくれれば、社会保険✖︎12ヶ月で済むものの、ボーナス分 2ヶ月分多く社会保険が引かれる為、手取り額が2ヶ月の社会保険分が少なくなっていると思います。
給与・賞与明細をご覧になってください。社会保険料は、支給額に比例していると思います(給与・賞与の支給額に対して同率で社会保険料が算定されている)。よって、12等分しようとも、12等分+一時金分×2しようとも、質問者様が支払う社会保険料は、ほぼ同一金額になります(円単位の誤差はあるかもしれない)。
たいせつな将来のこと。あえて、知らない人に聞いてみよう。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 44% (428/958)

基本的には総報酬制で月例給料からもボーナスからも同率で徴収されるので大きくは変わらないはずです。
しかしながら、保険料のもとになる標準報酬月額にも標準賞与額にも上限があり、厚生年金は月額62万円、賞与額1回150万円(年3回まで)、健康保険は月額139万円、賞与額年累計573万円です。
このため、どちらかがこれを超えるような条件では保険料はそれ以上にはなりません。
年棒を12で割ってボーナスなしと14で割ってボーナス有の場合は、年棒が744万円を上回るとボーナスなしのほうが社会保険料が安くなります。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 44% (4139/9347)

マネー カテゴリマスター
各月の給与と賞与をそれぞれ標準報酬月額と標準賞与額に当てはめて,それに保険料率を掛けて社会保険料が算出されます。
標準報酬月額と標準賞与額が同じであれば,年俸をどんな風に分割して支払おうと社会保険料は同じになりますが,実際には標準報酬月額と標準賞与額が同じにならないこともよくあります。
たとえば,年俸840万円を12分割すると70万円ですが,このときの厚生年金の標準報酬月額は62万円です。
しかし年俸840万円を14分割すると60万円で賞与額は60万円*2回とすると,このときの厚生年金の標準報酬月額は59万円,標準賞与額は60万円です。
こんな場合には単純に12分割した方が社会保険料は少なくなりますね。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 28% (3774/13404)

マネー カテゴリマスター
昔は、一時金に社保料はかかりませんでした。
それがいつの間にやら1%取られるようになり、差が出るのはおかしいという事で、今どきは同率でかかっています。
段階制なので、間際のところでは微妙に差が出ますが、小さな階段なので誤差と言って良い程度の差しか出ません。
という事で、どういう支給方法でも同じです。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ