回答 受付中

ステークホルダー利害関係者の日本での一般的感覚は?

  • 困ってます
  • 質問No.9489271
  • 閲覧数42
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数0

お礼率 46% (12/26)

ステークホルダーstakeholder利害関係者は、重要な言葉だと思っているのですが、日本では、一般的にどのような感覚で、とらえられていますか?
ステークホルダー利害関係者は、日本では、一般的にどのような感覚で、とらえられていますか?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC

ステークホルダーstakeholder利害関係者は日本の現場主義の「現場」に相当する言葉のように思うのですが。僕が最初に発見したのは、北米病院設備学会の提唱するCQI(継続的質の改善)の文章の中です。顧客・患者目線ではなく、自分自身の改善、自分つまり取引業者・職員・従業員・組織人員のこと、つまり日本を嫌っていた人たちが言う「現場サイド」・・・これを外国では、ステークホルダーstakeholder利害関係者と呼んでいて、この自分自身のコスト削減と改善をしなければ、結局のところ顧客・患者様の高コスト医療提供になってしまう・・・という考え方です。やがて、ISOの国際基準にも改善が追加されました。日本に入ってきている病院機能評価システムは米国から入ってきています。

QAquality-assurance(質の保証:顧客満足度向上)+QIquality improvement(質の改善:現場の改善)⇒QM(マネジメント)
https://www.ghc-j.com/science/cqi.html
通報する
  • 回答数0
現在回答を募集しています。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ