締切済み

スピーカーを教えてください

  • 困ってます
  • 質問No.9488970
  • 閲覧数171
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 71% (42/59)

お世話になります。
現在、DENON PMA・1500RE と MARANZ CD5005の組み合わせにスピーカーはJBL 4312A(古いもの)で聴いていますが、低音の迫力がなく、音に艶もありません。聴くのは殆どクラシック音楽です。
お勧めのスピーカーをご教授いただけますか。
宜しくお願いします。

回答 (全9件)

  • 回答No.9

ベストアンサー率 61% (989/1611)

オーディオ カテゴリマスター
こんにちは。

JBL4312Aのエッジは、布製のコルゲーションエッジですね。
年代的には硬化していて不思議ではありません。
エッジが硬化してれば指で押しただけで柔軟性が無く硬いのが判ります。
自己責任になりますけど布製エッジの軟化剤を使ってみますかね。
https://i6i6.biz/2016/01/post-2877.html

記事と違って、一気に軟化させるより数日掛けて液垂れしない程度に少しづつ気長に作業したほうが良いと思います。

布製エッジに塗られているのはビスコロイドという、液体と固体の中間物質です。布目を通して空気が漏れるのを防止するのが主な役目です。多少、コーンの動きを制動(動きにくく・共振しにくく)する働きもありますが、経年変化で徐々に硬くなって固体化するとブレーキになってしまう訳です。
柔らかくなったビスコロイドは適度に残しておいてください、元々それだけの量が塗られていた訳ですから。ビスコロイドの塗布量は高級スピーカーでも結構大雑把で(多すぎるのは問題ですが)多少減ったくらいでは差し支えありません。
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
  • 回答No.8

ベストアンサー率 20% (1712/8321)

他カテゴリのカテゴリマスター
以前はジャズはJBL、クラシックはタンノイが定番でしたが、今は違うのかな。少なくともJBLはクラシックに向いていませんね。クラシック中心の私は昔からタンノイです。
  • 回答No.7

ベストアンサー率 48% (3637/7547)

オーディオ カテゴリマスター
はじめまして♪

それぞれ、個別に考えれば「良い製品」で間違いないのですが。。。。

おそらく、スピーカー自体の個性が、誤利用者様が求める方向と違うから。というのが一番の原因でしょう。

大音量域で元気でパンチの効いたサウンド、という方向でクラシックを楽しまれる人も確かに居ますが、あまり元気過ぎず上品で大人しめ、しかし消え行く様な細かい音の表現も得意。というタイプで楽しむ方の方が多いのも事実です。

主に、こういうい方向の場合、ヨーロッパ系のスピーカーが好まれるようですよ。
とは言っても、ドイツ系は結構重厚な感じが多く、イタリア系は明るく軽妙な感じが多いようですので、一口に「ヨーロッパ系」と言切ってしまうのも問題かもしれませんが。。。

4312Aは、1980年代半ばくらいの製品でしたでしょうか?、この当時のJBLの43シリーズとしては小さいスピーカーに分類されていましたが、今ではこのサイズのスピーカーは大型製品と認識されがちです。

現代では、実物大の大音量を求める事が少なく、しかも小中学校の教室よりも狭い、普通の室内で使う為に、小型で中小音量でバランスよく鳴ってくれるスピーカーがとても多く成っています(そういう需要が非常に多いのですから、メーカーも売れる物を沢山造る。という事なのでしょう。)

大口径ウーファーの3ウエイから、中小口径の2ウエイに。というのがグレードダウンとイメージされる人も居るようですが、ソレなりの価格帯であれば、そんな懸念や憶測、イメージは持たない方がシアワセです。
(大きくても小さくても、それなりのコストを注いだ製品は、十分良い音が得られますから。)

4312Aは、1970年代初頭に登場した4311を母体にし、スタジオモニターシリーズと言われた43シリーズの中では、実際のスタジオ納入実績がだんトツトップだった。と言われます。小型なのでミキシングルーム以外、演奏スタジオやゲストルーム等でのモニタリングにも多用されたからのようです。
また、一人でも運べるサイズでしたので、民生用としてもたくさん売れて、何度もマイナーチェンジを繰り返しながら、今でも4312Eという機種が製造され続けられていますし、音の個性は残しながらコンパクトタイプとしての4312M(ウーファーは13cmという事なので、コンパクトと言うよりサフィックス文字どおり、Miniですかねぇ。)という製品も好評のようです。

かれこれ半世紀生き残っているスピーカーですので、しっかりとした音の個性が有るのも事実。そして、他の方々も言及されています通り、古い製品なので本来の機能がチャント活きているか?という懸念も捨てきれないのは事実ですよ。

さてと、実際にどのようなブランド製品をお勧めしたら良いかなぁ。。。
日本国内で入手出来やすく、チャントしたサポートも期待出来る範囲で、という事から、既出のソナスも良いでしょうし、タンノイやディナも良いと思いますし、クオードもお勧めします。国産としてはクリプトンもオススメです。
(日本Victorがスピーカーで有名に成ったときに関わった技術者が退職度に独立して立ち上げたブランドです、日本VictorのSX-3,SX-5,SX-7というシリーズは、それなりに高い評価を得たスピーカーでしたし、私も好きなスピーカーの1つです。そして、学生時代にSX-3IIIに電音(今のデノン)のアンプとの組み合わせでLP等を楽しんだ時代もあって、とても懐かしいですねぇ。)

個人的にもモーツァルトなどは、JBLで大音量というイメージはアリマセンが、ショスターコービッツなら「アリ」では?と思います。

イロイロな音楽を、それぞれ個性が違うスピーカーで再生し、それぞれ好みの音で楽しめるのも良いと思います。
お礼コメント
degipoor

お礼率 71% (42/59)

時代背景とともにスピーカの変化がわかるお話を有難うございます。とても興味深く拝読しました。
頂いたスピーカーの例から、視聴して、絞っていこうと思います。
投稿日時 - 2018-04-17 16:25:01
  • 回答No.6

ベストアンサー率 27% (3515/12848)

家電・電化製品 カテゴリマスター
スピーカーのエッジは大丈夫でしょうか?
特にウーハーはエッジが硬化して固くなると低音が出なくなります。
あと、スプーカーに対してアンプの駆動力も負けているかも・・・
ROTEL RB-1582 Mk2のような電源がしっかりした駆動力の高い(パワー)アンプならいいところまで低音が出るかもしれません。
お礼コメント
degipoor

お礼率 71% (42/59)

有難うございます。
ご指摘の通り、大分時間も立っているのでスピーカーのエッジの硬化なども調べます。
投稿日時 - 2018-04-17 16:27:10
  • 回答No.5

ベストアンサー率 27% (124/456)

DENON PMA・1500RE HiFiアンプには不要なラウドネスコントロールが無く、簡易なトーンコントロール(100Hz8dB)が付いているようですね、
低音を目一杯上げてみる必要があると思います。
耳に届く周波数特性は部屋の定在波や残響で凸凹になるのは避けられないので、トーンコントロールや31バンドグラフィックイコライザーなどで補正するしか方法がないです。
中音や高音は音質の違いは少ないですが、音質に大きな違いがある低音の対策には、簡易方法としてサブウーハーをつけて低音を補強する方法もあります。
聴取位置で周波数特性を測定して実際に確認するのが重要です。
せめて40~10000Hzがフラットになるように補正すると良い音が聴けるはずです。
持論ですので参考まで。
お礼コメント
degipoor

お礼率 71% (42/59)

有難うございます。
いくつか教えていただきましたので、取りあえず、サブウーハーを試してみます。
投稿日時 - 2018-04-17 16:20:38
  • 回答No.4

ベストアンサー率 29% (1122/3797)

JBLは元々艶のある音と言うより弦楽器の音色再生で優れています。
それで弦楽器の音色って艶があると言うよりガサガサした感じで、弦がこすれるような音を再生できた方がスピーカとして適しています。
JBLはその点でクラシック向きでしょう。
JBLはそのように作られており、艶のある音のスピーカに変えると恐らくすぐに飽きると思います。
低音の迫力なんて物は、大音量を出せば充分出ると思いますがどうかな?
お礼コメント
degipoor

お礼率 71% (42/59)

有難うございます。
低音域の考え方が分かっていないようなので、勉強します。
投稿日時 - 2018-04-17 16:18:44
  • 回答No.3

ベストアンサー率 19% (102/513)

低音に迫力がない、音に艶がない、と言っても、
同じ言葉で他人は違うことをイメージしますので、こういう主観言葉ではコミュニケーションできません。
あなたの音を聞いて、低音に迫力があるね、音に艶があるね、と言う人もいると思いますよ。

オーディオはそもそも他人に判断できるものではありません。
お礼コメント
degipoor

お礼率 71% (42/59)

有難うございます。
そう言うものですか。勉強になりました。
投稿日時 - 2018-04-17 16:16:56
  • 回答No.2

ベストアンサー率 26% (2124/8111)

ウレタンエッジのスピーカーの場合ウレタンエッジは約10年程度で交換が必要と言われています、劣化すると低音が出にくいなどの症状が出ます。
エッジの修理でも低音が不足するなら、スパーウファーを増設したほうが良いと思います。
参考
http://jbl43.com/?mode=f9
  • 回答No.1

ベストアンサー率 43% (19/44)

ジャズ、クラシックを聴きます。うだうだと細かいことは申し上げません。クラシックなら絶対にSonus faberを強くお勧めいたします。詳細はググってみてください。このSPとクラシックの相性を悪く言う論評は聞いたことがありません。
お礼コメント
degipoor

お礼率 71% (42/59)

早々に有難うございます。
早速、調べます。
投稿日時 - 2018-04-15 22:42:16
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
このQ&Aのテーマ

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ