• ベストアンサー
  • 困ってます

この日銀砲の話は事実でしょうか

■日本の危機/財務省とヘッジファンドの壮絶な戦い タイを餌食にしたヘッジファンドであるが、次にターゲットにされたのがなんと日本なのである。 円が買い占められると、市場から円が消えて、円高になる。そうすると輸出企業は大打撃を受けてしまうので日銀はドルを円で買う事によって何とか円高を阻止しようとする。 このからくりをヘッジファンドはうまく利用したのである。 ヘッジファンドは円が安いときに円を買って円高となり、日銀は高い円を買い戻さなければならないのでヘッジファンドは大もうけできるという訳である。 これに対して日銀は対抗策を打ち出しました。通称日銀砲。有名なコピペがあります 日銀上司「いいか、これから1分ごとに10億円づつ円売りドル買い介入を行う」 日銀部下「1分ごとに10億円も?」 日銀上司「そうだ1分ごとに淡々と売り続けるんだ。これから24時間売り続けるんだ。」 日銀部下「24時間ですか?」 日銀上司「そうだ。為替相場に終わりは無いんだ。もちろん交代要員も用意してあるが出来るだけ頑張ってくれ。」 日銀部下「はー、、。でも1分間に10億円だと1日に1兆円以上の資金が必要ですが?」 日銀上司「今、30兆円用意してある。当面はこれを使う」 日銀部下「それを使い切ったらどうするんですか?」 日銀上司「財務省が保有している200兆円もの米国債のうち、比較的短期のものを最大100兆円売って新たな介入資金を作る」 日銀部下「米国債なんか売っちゃっていいんですか?」 日銀上司「円売りで買ったドルで新たに米国債を買い、国庫に返還するので問題は無い。とにかく相手が折れるまで淡々と売り続けるんだ。休んだらヘッジの思う壺だ」 これを35日間続けました。 この結果アメリカのヘッジが2000社倒産しました。 また、行方不明になったり自殺した人も大量にいました。 かってもかっても円が高くならないのでヘッジファンドは困る いつかは日銀のお金はつきると思ったが尽きなかった・・・ これで多くのヘッジファンドが日本から撤退し、次にターゲットにしたのが韓国なのである。 タイのバーツ危機の後、禿鷹ファンドに狙われた日本が負けなかった話は本当でしょうか。日本の次に狙われた韓国は為替操作の名手ですが負けてしまってIMFのお世話になったという訳でしょうか。 つねぴーBlog 『韓国経済危機はなぜ起きたのか 』より引用 http://tsunepi.hatenablog.com/entry/20120817/1345184916

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数34563
  • ありがとう数30

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

事実です。谷垣さんが財務大臣だった2003年の話です。当時の日本は世界第2の経済大国です。韓国など遠く及びません。資金力から言ってハゲタカファンド如きが勝てる相手ではないのです。財務省と日銀が本気になったら叩き潰すことは簡単です。100兆円の短期米国債を現金化することはアメリカの了解を取り付けていました。財務大臣はその気になればこれくらいのことが出来る権力者なのですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 日銀が米国債を買えば?

    詳しくないのですが、日銀は市場から国債を買って通貨量を増やすと聞きました。 円を刷って米国債を買えば、円高対策にもなるし、米国の圧力も受けずに済むだろうし、日本の赤字国債も増えませんね。米国に対する弾も増えるし良いことづくめのように思えます。 毎年10~20兆円分くらいは日本国債を買っているという話も聞きます。そのぶん米国債を買えばいいじゃないの?と単純に思いますが・・・ このやり方はNGなのでしょうか。

  • 日本政府全体で、保有米国債は総額でいくら?

    現在、"マーケット"は米国の財政赤字などをはやしてかなりの円高(というかドル安)となっていますが、財政赤字では、日本の方がはるかに悪く、すでに破綻しているといっても良い状況です。ですから、遠からず何らかのタイミングで、日本の財政赤字を理由とした大幅な円安への調整があると思います。 ただ、よく「日本は米国の財政赤字をファイナンス」しているといわれます。実際、日本政府もかなりの額の米国債を保有しているようです。先ず、外貨準備として40~50兆円ぐらいは確実だと思われます。これは米国財務省のホームページにも記載されているようです http://www.fms.treas.gov。さらに、日本政府がこの他に100兆円以上、なかには500兆円!もの米国債を購入しているとの主張があります。もし、日本政府が本当にこれほど巨額の米国債を保有しているとすれば、財政収支の悪化の過程で赤字補填のためこれを売却する可能性があり、これは(実際は米国の圧力により売却できないとしても)売却の思惑だけでもかなりの円高要因です。 質問ですが、日本政府全体(日銀など含む)で、保有米国債は総額でいくらぐらいと算定されるでしょうか?上記外貨準備の他にも、(例えば日銀などが)数百兆円単位で保有しているなどという可能性はあるのでしょうか?

  • なぜ円安に?(日銀の追加緩和観測)

    自民党&阿部さんが政権を取り戻す見込みで、その阿部さんが日銀に「無制限の金融緩和」を求める発言を行ったとか。 そのため円売り/ドル買いが活発化し、どんどん円安が進んでいる、とニュースにあります。 この場合、なぜ円安になるのでしょうか? 頭の中では下の流れかと思ったのですが・・・ 【金融緩和=日本経済活性=日本安定=外国が日本に投資=円を求める=円高になる】 簡単に説明していただけると、ありがたく思います。 よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

> 日銀部下「はー、、。でも1分間に10億円だと1日に1兆円以上の > 資金が必要ですが?」 > 日銀上司「今、30兆円用意してある。当面はこれを使う」 > 日銀部下「それを使い切ったらどうするんですか?」 > 日銀上司「財務省が保有している200兆円もの米国債のう >ち、比較的短期のものを最大100兆円>売って新たな介入資金を作る」 話がだいぶおかしいですね。 まず日銀は通貨発行権があるので円通貨の資金は無限大です。 次に米国債はドル建て発行なので、米国債を売っても200兆円は手に入りません。手に入るのは◯兆ドルです。仮に2兆ドル分の米国債を売って、それを1ドル=100円の時に200兆円を手にしようとすれば、ドルを円に両替しようとした瞬間に大量のドル売り円買いにより大幅な円高になってしまいますね。 一連の話は想定としてありえない話で、この作り話を書いた人は基礎的な経済事情を何も知らない人なのかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、なるほど。そういう理屈ですね。ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.3

それ、日銀ではなく、ミセスワタナベで有名な話かも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>日銀はドルを円で買う事によって何とか円高を阻止しようとする。 >ヘッジファンドは円が安いときに円を買って円高となり、日銀は高い円を買い戻さなければならないのでヘッジファンドは大もうけできるという訳である。 まず話がおかしいですよね。 一行目で日銀は円高時にドルを円で買うわけですよね。 そして落ち着いたら円高時に安くかったドルを売って円を買うわけですよね? この通常の為替介入だと基本的に儲かる話です。 だから二行目がおかしいです。 なんで高い円を買い戻すんですか?日銀は円が高いとき売らないといけないわけでそんなときに円高に拍車をかける円買いは行いませんよね? >日銀上司「財務省が保有している200兆円もの米国債のうち、比較的短期のものを最大100兆円売って新たな介入資金を作る」 次にここがおかしいです。 円売り介入は円が必要なんです。 ドルの米国債をいくら売ってもドルしか手に入らず介入資金にはなりません。 このうわさは為替介入がなにもわかってません。100%間違ってます。 あと基本的にバーツやウォンがヘッジファンドに攻撃をうけたのは売り浴びせです。狙ったのは通貨下落です。売り浴びせに対抗するには買いを入れなくてはいけません、ドル売りウォン買いです。そのドル資金が尽きたときにヘッジファンドが勝つんです。一方買い浴びせの場合、ウォンでドルを買う、円でドルを買うといった動きになるわけです。これを国相手にしかけたところで、最悪円やウォンなど印刷すればいくらでも出てくるんです、そうじゃなくても外貨の場合その国が通貨危機前に保有してる資産(スワップ含む)以内でしか対応できませんが、円やウォンを用意しろといわれれば相手は国内でいくらでも予算措置ができます。ですので買い浴びせというのはヘッジファンドには圧倒的に不利で、基本的に通用しません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 財政破綻を通貨発行で免れ円安を導く方法

    国の借金が908兆円にもなり財政破綻の危機が語られています。しかし、日銀が通貨を発行し国の借金を買い上げれば、財政破綻は避けられます。そうすれば円の価値が下がる、つまり円安に向かうと言われています。円高で苦しむ日本にとって、これは大変有り難いことではないですか。各国が通貨安競争をしているとき、円高阻止のためには為替介入より、この方法のほうが良いように思えるのですが、何か問題があるのでしょうか。

  • 日銀総裁の交代に伴う政策変更について

    安倍首相と黒田新日銀総裁が繰り出すアベクロ・バブルにより「失われた20年」と呼ばれた長いトンネルを抜けて、ようやく日本経済に光が見えてきた。との報道です。 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35378 前白川日銀総裁は無能で現黒田総裁は有能だとの論調が一部でありますが私的には?です。 円高でもそれなりのメリットがあります。(海外企業を安く買収出来る等) 円安でもそれなりのデメリットがあります。(輸入品の価格アップ等) 円を輪転機で印刷すれば円安になるのはあたり前です。円を輪転機で印刷出来るのは強い円のおかげです。従って前白川日銀総裁が無能であるとの指摘は的を得ていないと思いますがどうですか?

  • 白川日銀総裁の犯罪、日銀の犯罪の深層心理

    これまでの超円高、株価低迷については、最近の阿部首相の金融緩和方針による改善により、日銀の問題であることが示唆されています。 http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20121128/plt1211280709000-n1.htm >一方、白川方明日銀総裁の実績はどうだろうか。新日銀法施行の1998年以来、日銀は金融政策で成功はないが、大きな失敗を3回もしている。2000年8 月のゼロ金利解除、06年3月の量的緩和解除、08年9月のリーマン・ショック以降、海外の中央銀行が大規模にバランスシート(B/S)を拡大したにもか かわらず日銀が行わなかったことだ。 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34586 浜田 宏一「金融緩和は量だけで効くのではない。『期待』で効くのだ」 >いま国民生活に多大な苦しみをもたらしているのは、デフレと円高である。デフレは、円という通貨の財に対する相対価格、円高は外国通貨に対する相対価格 ──つまり貨幣的な問題なのである。したがって、それはもっぱら金融政策で解消できるものであり、また金融政策で対処するのが日本銀行の責務である。 阿部首相は白川氏を更迭?する予定ですが、日銀の論理がなぜ間違っていたのか(もしくは間違っていないのか)? 日銀の論理の深層心理、本質的なところを教えてください。 (白川日銀総裁の犯罪、日銀の犯罪は誇張しています。白川日銀総裁の問題、日銀の問題かもしれません。)

  • 最近の円高問題について教えて下さい。

    最近の円高問題について教えて下さい。 8月11日(水)に15年ぶり円高ということで、 一時84円72銭/ドルと日本経済新聞に載っていました。 そのことに対して、日本政府や日銀が懸念のコメントを出しただけで、 為替市場が反応して、一気に1ドル=86円に円安になりました。 以下は私の考えですが、 もし、日本政府や日銀が実際に円安政策を行うのであれば、 今のうちに円を買っておけば、円安後に円を売れば為替差益を得られると思います。 よって為替市場が円を買ってむしろ(一時的にしろ)円高になると思いましたが、 実際は日本政府や日銀の思惑通りに円安になりました。 なぜ、一時的にしろ円高にならずに、すんなり円安になったのでしょうか? どなたか、経済にお詳しい方教えて頂けると助かります。

  • 昨今円高が騒がれていますが、円高に関して一つ教えてください。

    昨今円高が騒がれていますが、円高に関して一つ教えてください。 円高になると日本の輸出産業などが打撃を受けて深刻な不況になる、その為に日銀などの介入が必要というニュースを良く耳にしますが (1)輸入では優位に立つ為に原料輸入などが安価に行うことが出来、結果輸出面でのマイナスは打ち消されるのではないか? (2)もし輸出が振るわなくなった結果、日本円での決済が減って円の需要が落ち日銀が介入せずとも自動的に円安に触れるのではないか? 円高のニュースを耳にするたびにいつも疑問に思っています。どなたか詳しい方がいらっしゃいましたらご教示いただければ幸いです。

  • 2005年の日本経済と幸田真音「日銀券」

    幸田真音さんの「日銀券」を読みました。 少々難しいところもありましたが、楽しく読みました。 この小説は2003年から2004年に書かれた作品ですが、 物語の中では、2004年から始まり2005年で終わります。 つまり、物語の前半は日本や世界の経済の実情が書いてあり(人物名などは変えてありますが) 後半は、作者の(理想も含まれた)創作となってます。 そこで知りたいのは、今2006年ですが、2005年の現実はどうだったのか?です。 (物語のよう大転換はないでしょが、少しは良くなっているのかなあと気になります。) 小説は、2003年に日銀の政策審議会委員になった経済学者の中井、史上初の女性副総裁になる笙子、短資会社のディラーが主な登場人物で、長引く0金利と量的緩和政策に危機を感じつつも緩和政策をやめられない日銀とその状況のなかで危機感の無くなった短期資金調達に??!の短資ディーラーの状況を書きつつ、2005年に副総裁が仕掛ける、日銀の金利引き上げ、売りオペ1日2兆円からの金融引締め、ドル安、米国債売り暴落、日本国債の外人買いという話です。 経済のド素人でも、現実とは違う筋書きだろうと思いますが…、実際を教えてください。 (できれば、素人にもわかりやすくお願いします。) 質問1 確かに、金利は少しあがりましたよね。 質問2 物語前半の日銀の当座預金は30兆から34兆円、36兆という内容でしたが、今はいくらくらいですか?量的緩和政策は終ったのでしょうか?     (日銀のHPは見たのですが、よくわかりませんでした。      買いオペレーションが多そうですが、相変わらず緩和政策?でもっと増えているのでしょうか?) 質問3 日本国債の外人買は、特別増えてないですよね。

  • 東北大震災直後の為替レート

    3月11日の震災以降、米ドルの円相場が急激に円高に動きましたがなぜですか?日本の危機でなぜ円が買われるのか不思議です。

  • なぜ円は買われますか?

    日本は貿易赤字を出しているし、日銀はお金をじゃんじゃん刷りまくってるのになぜ経済危機になると円が買われるのですか?円は安全資産というけれど今の円はまったく安全に思えません。

  • 通貨が買われる理由

    安全だから日本円が買われてると言われますが、なぜいつも何かしらの通貨が買われるのですか? どこの通貨も買われない状況はありえないのでしょうか?欧州が経済危機ならユーロを売るのはわかるけど、だから日本円が買われるというのはよくわかりません。円高なんだから円も買わないほうがいいですよね。

  • 輸出企業の円高対策について

    輸出企業の円高対策についての質問です。 よく円高になると、海外で外貨建てで稼いだ売り上げが、 日本円で考えると目減りするため、円高が好ましくないという発言が企業側からでてくると思いますが、 そんなに円高がいやなら、企業がFXを利用してヘッジすることは現実的ではないでしょうか? (為替予約によるヘッジをしているという理解ですが) 損益計算書の上のほうとか中段とか、利益の質がかわってしまうのはやむを得ないとして、税前利益がかわらないようにする工夫について、もっとなんかできるんじゃないかと思っておます。 あまり経済に詳しくないので、暇な人に解説してもらえるとうれしいです。