• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

脂肪酸の二重結合はなぜシス型が多いの?

  • 質問No.9479921
  • 閲覧数503
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
人体で脂肪酸の二重結合のほとんどはシス型ということですが、
なぜそうなるのでしょうか

理由があるからそうなってるんですよね

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 75% (57/76)

脂肪酸がグリセロールなどの骨格に結合して脂質となった時、折れ曲がりがないとアシル鎖が立体障害なしに疎水結合でぴったり並列して、脂質分子同士が寄りあつまるので、硬く(融点が高く)なります。シス二重結合があると折れ曲がりが出来て、ぴったり寄りあつまることができないので柔らかく(融点が低く)なります。トランス二重結合では折れ曲がりができないのでこの効果はありません。

細胞膜の柔軟性や流動性を保つために、あるいは貯蔵脂質の液状性を保つため(固体化していると酵素も働かない)には体温に応じた割合でシス不飽和脂肪酸を含む必要があります。
例えば、熱産生をほとんどしない植物や、寒冷な海に住むような魚なんかは不飽和脂肪酸の含有率が高いですね。一方、体温の高い牛とか豚の脂肪(ヘットやラード)はほとんど飽和脂肪酸からなり、室温で固体化します。
補足コメント
noname#230885
たびたび
どうもありがとうございました
投稿日時:2018/03/21 11:30
お礼コメント
noname#230885
>シス二重結合があると折れ曲がりが出来て、ぴったり寄りあつまることができないので柔らかく(融点が低く)

ありがとうございます
自然の理にかなっているんですね
体内で脂質がかたまってしまわないように
投稿日時:2018/03/21 11:29

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 75% (57/76)

生物がもつ脂肪酸不飽和化酵素は例外なくシスの二重結合を生じる、てのは理由になりませんか。
お礼コメント
noname#230885
どうもありがとうございます
酵素でつくるからですか、なるほどー
曲がった形のほうが省スペースで作りやすかったり、
運ばれやすい、たまりにくいんでしょうかねぇ
投稿日時:2018/03/20 22:23
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ