• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ベリ銅の加工条件

みなさんの貴重な解答を見て、いつも勉強させてもらっています ありがとうございます 今ベリ銅を縦マシニングで加工しているのですが、どうもスカッとする加工条件がわかりません 穴あけ10.6キリ S520 F52 Q3 深さ50の貫通穴 ナチのGSDで新品で不水溶性で加工してます 1個めの穴はロードメーターが4%でした 32穴あけたところで急にロードメーターが上がっていき13%以上になったのでドリルを交換しました ヘタっているようには見えないのですが変えました S600にして後は同じ条件で今加工してますが今のところ大丈夫そうです この加工条件は皆様先輩方の経験からして、いかがなものでしょうか? 貴重な意見をお待ちしてます

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

時効処理はしてありますか?(処理の有無で硬さが異なります) ハイスドリルであれば、回転速度520-600min-1、送り0.1mm/revの切削条件 は、それ程悪くないような感があります 切削時間が長くなると、それだけ刃先とワークが擦り合う時間も長くなり ますので、支障の出ない範囲で切削条件をすこし上げてみることが、工具 寿命アップに有効と考えます 切り屑の形状をみながら、回転速度750min-1、送り0.12-0.15mm/rev、 ステップ量5mmぐらいまで上げてみては如何でしょう >>32穴あけたところで急にロードメーターが上がっていき13%以上 >>になったので 切りくずが少し詰まったか刃先に溶着(そして脱落)したのかもしれませんね 不水溶性なので吐出の勢いはあまりないかもしれませんが、ノズルの位置を 工夫してまんべんなくドリルにクーラントがかかるようにしてください また、量産品の加工で能率と寿命をアップさせたい場合は、(2)さんご提案 の通り超硬ドリルの使用も一案です 不水溶性による着火の心配があるので回転速度は1,200-1,500min-1ぐらいに 留め、送りは0.2mm/revまで上げられるでしょう 切りくずがキチンと分断できれば、ステップ無しか、Q10mmぐらいにできる かもしれません いつも他の方の回答をみて小生も勉強しています (3)さんご提案のステンレス用ですが、ハイスドリルにもラインナップが あり一般用よりも高性能タイプで、本件においても適していると考えます ステンレス用ハイスドリル例(カタログ) http://www.mitsubishicarbide.com/ application/files/6014/4137/9413/b008j.pdf 銅および銅合金の推奨切削条件も記載されていますが硬度と強度の高い ベリリウム銅における不水溶性切削油使用の加工ですので、上記回答の 切削条件を推奨いたします

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお答え本当にありがとうございます 説明不足で申し訳ありません 時効処理しています 材料屋に問い合わせたところ、Becu50で HRB90以上らしいです Q5はS520F52の時に試してみました 4穴だけですが問題はないように感じましたが怖くてQ3に戻しました やはり挑戦していかないとダメですね 少しずつ条件をあげてみます 本当にありがとうございます なるほど カタログまで教えていただきありがとうございます

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

回答(3)補足 >ロードメーターが4% ⇒ 上がっていき13%以上 ほぼドリル加工に特有の現象です。 摩耗が昂じバックテーパまでやられると切れ味が鈍いマージン部で削るため異常な負荷が掛かるようになる。3倍もの変化は折れる寸前であった可能性。 摩耗の程度はマージン部の観察とマイクロメーターでバックテーパを測ることで判断。 深穴と熱膨張が大きい非鉄ワークで起きやすい。 加工液が届かず冷却が不充分になると、ドリルを引き揚げる際、熱膨張した刃先が、冷され収縮したワーク表面を通りにくく擦ってマージン部が摩耗。   https://www.tungaloy.com/ttj/products/pdf/solid_drill_manual.pdf   P.42   マージン部の損傷(ドリル先端を真横から見て)   外周の摩耗大   基本的に「使いすぎ」によるものです・・・!!   確認する点   1. 寿命設定   2. 加工部の形状   3. 切削油の種類・濃度 小手先ではスカッと改善できなく、摩耗が昂じると捨てざるをえなくなるので早期に交換再研するが得策です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変勉強になる資料まで教えていただき本当にありがとうございます メーカーから取り寄せて勉強します 今回無事に穴あけ加工は終わることができました S600F52Q3で問題なくいくことができました 次回はみなさんの貴重なご意見で勉強したことを活かして精進していきます 皆様本当にありがとうございました

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

発熱しやすい材料なので切れ味が落ちると更に酷くなりドリルが膨張して行き詰る現象と思います。 ・冷却性能重視で水溶性に ・ドリルは切れ味を重視して強ねじれ。ベリ銅用は無いであろうからステンレス用 ・シンニングは有り? >ヘタっているようには見えないのですが変えました それで終わらず虫眼鏡で仔細に観察せねばなりません。 摩耗がどこで起きてるかにより原因と解決策が見えるはず。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なご意見ありがとうございます ステンレス用ですか まったく想像もしませんでした そういう事を考えれるようにならないとダメですね 勉強ににります 今使用してるドリルは新品なのでシンニングもあります 虫眼鏡で観察はしてませんでした 努力がたりませんでした すみません 見ただけですが マージン部の左側?らへんの色が少し他と違う感じです もっと追求する気持ちをもつようにします ありがとうございました

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

純銅は柔らかいけど クロム銅 ベリ銅は意外に固い ので 超鋼で加工するといいお

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なご意見ありがとうございます 超硬ですか まったく考えの中になかったです 凄く勉強になりました そういう発想が大事ですね 本当にありがとうございます

関連するQ&A

  • 銅材の穴あけ加工

    材料は30角、長さ300ほどで10mmの穴が長手方向に貫通しています。 この10mmの穴を12.2mmで深さ250mmに拡げたいのですが何か良い加工方法を教えてください。 銅は縮みが激しいためドリルを送っていくと食いついてドリルが止まってしまい困っています。 加工機械はラジアルボール盤でナチのハイスロングドリルを使います。 切削条件やキリ先の加工形状、切削油の選定などできれば具体的にお願いします。 それではよろしくお願いします。

  • 深穴加工について

    はじめまして、ステンレスの加工をメインにしています。 4ミリで深さが150ミリ貫通なんですがなかなかうまくいきません。10穴程度で折れます。 ドリルはナチのGロングで加工しています。 切削条件は回転数800(10m)送り0.05ステップ1ミリです。 お勧めのドリルとか条件のアドバイスを宜しくお願いします。

  • SUS630焼入れ材の穴加工TOOL&条件お教え…

    SUS630焼入れ材の穴加工TOOL&条件お教え下さい。 SUS630析出硬化材(HRC40強)の穴明け&穴仕上げ加工で困っています。何か良いTOOL及び条件をお教え下さい。 現在加工TOOLはコバルトドリルで穴あけ後エンドミルで下穴加工後ボウリング加工で仕上げていますが,刃先磨耗がヒドク寸法に入りません! 加工径1216ぐらいで深さ55前後の貫通です。 穴精度H7程度の▽です。 どうぞ 宜しくお▽▽▽願いします。

  • HPM75加工条件

    HPM75をはじめて加工しますが、ドリル等の切削条件がわからず困っています。 穴あけはナチのSD(ノンコート)、削りは超硬のソリッド、もしくは超硬チップインサートで考えています ドリルは切削速度4~6mくらいでいいのでしょうか? 削りは50~60mくらいかなぁ? SKT4までは落とさなくてもいいのかなと想像しましたが ご経験のある方教えてくださいませ

  • マシニングセンターでの穴の曲がりについて

    マシニング加工2年の未熟者です。 アドバイスいただきたく質問させていただきます。 材質SCH11で穴径11.5深さ30の穴が曲がってしまいます。 118度のセンタドリルで4パイ程度のモミツケをし、 OSGのEXーSUSーGDRでs380、1刃0.08で加工した結果0.1~0.3程度曲がりました。 材質SCHは黒皮の状態で表面は0度~2度無いくらいで傾いているものもあります。 今回この加工は2回目で前回はナチのSGESSでモミツケなしで100穴加工できたのですが、 今回SGESSを自社で再研磨し加工したところ25穴しかもたなく、 仕方なく会社にあったEXーSUSーGDRを使ったという経緯となります。 なんとかこのOSGのドリルの方でうまく加工したいのですがどのような加工方が望ましいでしょうか? 今のところ試してみようと思うのは、 案1 送りを1刃0.16まで上げてみる 案2 再研のSGESSで大きめ(6~10π?)でもみつけ、もしくは肩まで入れてガイド穴にしてから(ガイド穴程度なら再研でも保つかもしれないので)その後OSGドリル 案3 OSGドリルを送り回転はそのままでモミツケなしで加工してみる 以上を週明け試してみようかと思っているのですが、まだまだ未熟者のため突拍子も無いアイデアでは無いかと不安です。。 何かもっといい方法などもしくはこの案についてアドバイスいただけたらありがたいです。 よろしくお願いいたします。 前回試したものとして、 4πセンタドリルでモミツケ程度でGSDドリルで穴あけでも穴曲がり位置精度悪く、 センタードリルを肩まで入れるとGSDの位置精度穴曲がりは改善されましたが、10穴くらいで切れ刃がチッピングしました。

  • ドリル加工穴あけ

    マシニングセンタのドリル加工でワークはSS400で板厚が19ミリあります。 3.4のドリル加工を貫通穴でハイス ドリルで加工しているのですが、時間もかかるので超硬ドリルで19ミリは一発加工はできるのでしょうか? おすすめの3.4超硬ドリルはありますか?

  • アルミの小径深穴加工について。

    アルミの穴あけ加工をしているのですが構成刃先に困ってます。 アルミに3φの穴を深さ20?あけます。 使用機械はBT40主軸、max6000回転のマシニングセンタです。 一つの製品に3φ深さ20?の穴が10個あり、それを3000個ほど加工しなくてはいけません。 センタースルーがないので外部給油です。 切削油は水溶性のカストロールシンタイロ9902を使ってます。 ドリルはミスミ製のTAC-ESDRA3.0と、タンガロイ製DMX0300FLを数本購入して、条件を変えながらテストをしています。 加工条件はS5000F700ノンステップ加工です。 G73で5ミリステップやG83で5ミリステップなどいろいろ試しましたが10穴終わってドリルを見ると見事に構成刃先になってしまいます。 なるべく穴に切削油がかかるように調整してやっているのですがうまくいきません。 おすすめのドリルや切削条件等教えてください。

  • 穴あけ加工が、思うようにいきません。皆さんのお考…

    穴あけ加工が、思うようにいきません。皆さんのお考えをお聞かせください。 駒の材質 s-star hrc33 736穴 交差 Φ0.61からΦ0.62 深さ3.05貫通 ピン摺動部 736穴 交差 Φ1.0からΦ1.01 深さ10.0貫通 ピン摺動部 上記 加工において皆さんでしたら度の様な加工方法をお考えになられますでしょうか?アドバイスをお願いいたします。 私としては、リーマ加工は、省略しドリルだけの加工で試加工しましたが、 思うような結果になりませんでした。

  • ベークライトの穴加工について

    樹脂の加工を行っていますが、今回ベークライトでの加工ということになりました。ドリルで穴あけを行いました。貫通穴です。加工後、うらを 見るとバリバリにかけてしまって、きれいに仕上がりません。 そこで、裏にABSの樹脂を敷き、合わせて穴あけを行いました。 かけることなく、きれいにあきましたが、毎回毎回ABS樹脂を敷くことが、もったいなく思います。 ほかにいい方法をご存じの方がおられましたら、教えていただけないでしょうか?

  • タフピッチ銅c1100切削方法

    タフピッチ銅c1100の切削条件が良く分かりません。 銅加工をしたことがなく困っています。 マシニングでの(キリ穴あけ、エンドミル溝、側面加工)工具の材質、切削油、回転、送りなど切削条件を詳しく教えて頂けないでしょうか? よろしくお願い致します。