• ベストアンサー
  • 困ってます

理論仕上げ面粗さの計算式について

いつもお世話になっております。 旋削加工で下記のように理論仕上げ面粗さを求める計算式が有りますが、 ここで出てくる『8』はどこから来た数字なのでしょうか? ご存知の方、お見えでしたら是非御教示お願いいたします。 理論仕上げ面粗さ計算式 h = ( F × F )÷ ( 8 × rε ) h=理論仕上げ面粗さ(μm) F=毎回転送り(mm/rev) 8=??? rε=刃先半径R(mm)

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 旋盤
  • 回答数2
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

http://www.monozukuri.org/mono/db-dmrc/cutting/basic/roughness/theoretical005.gif Ryを計算したときにうねうね計算して式を変更いていくと 8が残る どう変更したかは記憶に残ってない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お世話になります。 早速ご回答いただき有難う御座いました。 何か難しい計算の元で導き出された数字が8ということですね。 今後とも宜しくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

↓タンガロイ技術資料にも計算式中に8が入っている。 ↓↓弓形の面積の計算式中に、8という数字が発生しているから恐らくコレだ。 つまり「 h 」の高さを算出することイコール仕上げ面粗さの最大値だろう。

参考URL:
http://www.tungaloy.co.jp/ttj/products/catalog/15.pdf http://www.lancemore.jp/mathematics/math_011.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お世話になっております。 早速ご回答いただき有難う御座います。 今後とも宜しくお願いいたします。

関連するQ&A

  • 長手旋削の理論あらさについて

    教科書で長手旋削の理論あらさについて, 送りをs(mm/rev),工具のコーナー半径をr(mm)とすると,このときの理論あらさRmax(μm)は Rmax≒1000*((s*s)/8r) と書いてあります。どうしてこうなるのかわかりません。図がなくてわかりにくいですが、どなたか考え方を教えてください。

  • 長手旋削の理論あらさについて

    教科書で長手旋削の理論あらさについて, 送りをs(mm/rev),工具のコーナー半径をr(mm)とすると,このときの理論あらさRmax(μm)は Rmax≒1000*((s*s)/8r) と書いてあります。どうしてこうなるのかまったくわかりません。図がなくてわかりにくいですが、どなたか考え方を教えてください。

  • メタルソーの面粗度

    ハイスのコバルトコーティングをしたメタルソーをHSK50のマシニングセンターにセットしてクランクシャフトにキー溝加工をしています。カッター仕様は径φ50、刃数12枚、刃幅6.3で、切削速度47m/min、送り速度(1刃あたり)0.36?/revです。刃底の面粗度を 測定したら Rz=10~15μmでした。たとえば 12.5μm以内で加工することを目標にする場合、理論的には 切削速度を 現状のままとした場合、送り速度はどのようにして設定すればいいですか? 旋削の理論式が当てはまるのでしょうか? だとすれば コーナーRは カッター半径のことですか?よろしくご指導ください。

  • 表面粗さRaの算出方法について

    旋盤加工する際の、チップのノーズRと送り速度からRaの理論値を求める計算式を探しています。 webで見つけた計算式には  Ra=f×f×50/R と記載されていたのですが、この計算式で合っているでしょうか?  Rzの計算式はたくさん載っていたのですが、Raはなかなか見つけられずに困っています。よろしくお願いいたします。 回答していただいた計算式  Ra=32.1 ×  f(mm)^2 / r(mm) で送り速度0.25mm/rev,ノーズ半径0.2で計算したところ、  Rath=10.00μm となりました。この値は適切な値ですか? 経験が浅いため、数値が加工条件に対して適切なものかわかりません。 お手数をかけてしまいますが、どうかよろしくお願いいたします。

  • 普通旋盤加工における面粗さの理論値の算出方法

    仕様条件 使用機器 普通旋盤 被削材  S45C    丸径 50 切り込み量 0.2mm(半径値) 使用チップ (サーメット) ノーズR(mm)0.4 送り (mm/rev)0.071 面粗さ Ry= 面粗さ Ra=

  • 表面粗さ測定の証明

    こんにちは 機械工学系の学科に所属している大学生です。 表面粗さ測定で、「バイトの刃先には丸みがつけてあり、送り(f<2rsinR)・・・」とかいてありますが、送り(f)とするとして、2rsinR何を表しているのか教えてください。そして、下の3つの式の証明をどなたか教えてください。 1送り(f<2rsinR)が小さければ、その面の凹凸の高さ、R1は次の式に相似される。  Rh1=f²/8r (fバイトの送り、r刃先半径、R前切刃角) 2、荒削りのように送りが大きく(f≧2rsinR)前切刃の部分も仕上げ面残るようになるとその面の凹凸の高さR2は次の式にあらわされる。 Rh2=r(1-cosR+TcosR-sinR√(2T-T^2 )  ただし、T=fsinR/r 3 刃先に丸みがないばあい(精密仕上げ削り)その面の凹凸 R3は次のようにあらわされる   (R前切刃先 β 横切刃先)    Rh3=ftanr/(1+tanrtanβ)

  • 旋削加工での内径面粗さについて

    お世話になります。 内径面粗さの指示がRa0.8以下のパイプ加工を旋削加工で行っております。 現在は旋削のみではRa0.8以下が満足できないのでバニシング加工で仕上げて おりますがコストが合わず何とかバニシング無しでRa0.8以下を安定して確保したいと考えており何か良い方法を伝授いただけないかと思い投稿いたしました。 詳細の条件は以下の通りです。 <部品形状> 形状:パイプ形状 全長:39.0 (+0.03/-0.05) 外径:Φ19.022~Φ19.072 内径:Φ15.784~Φ15.809 (Ra0.8以下) <材料> 被削材:S45C(生材) サイズ:Φ22.0(ミガキ) Φ20.0も入手可能でしたが、ワーク剛性を持たせる為、     あえてΦ22.0を選定しています。 <加工機> CNC旋盤 (コレットチャック使用) 主軸最高回転数 4000(min-1) <現状加工方法> クランプ:素材外径Φ22.0 突き出し:50.0mm 1.端面 2.内径下穴(Φ15.5ドリル) 3.内径粗(シャンク径Φ12.0超硬ボーリングバー) 4.内径中仕上げ(シャンク径Φ12.0超硬ボーリングバー) 5.内径仕上げ(スパロール) 6.外径粗 7.外径仕上げ 8.突っ切り <その他> ・現状の方法ではRa0.2~0.4程度で安定しています。 ・各メーカーのインサートで複数の切削条件でテストカットを  実施しましたが切削面は非常に粗く毟れているような感じです。 ・内径がビビッているわけではありません。 ・刃先R0.8の場合、理論上は送りを0.07(mm/rev)以下で設定すれば  Ra0.8以下となりますがRa0.5~1.6と非常に不安定です。  (刃先R0.4でもテストしました) ・刃具の取付精度(芯高等)は特に問題ありません。 ・外径粗さは厳しくありませんが挽目も内径よりも綺麗に仕上がって  おり、粗さもRa1.2以下にはなっております。 以上です。 なるべく細かく情報をお伝えしたく長々と書き込んでしまい 申し訳御座いません。 結局は旋削加工で内径面粗さRa0.8以下を安定して加工する 方法を御教示いただきたいといった内容です。 どなたかご存知の方、いらっしゃいましたら是非御教示 頂けます様、宜しくお願いいたします。

  • SUS304の面引きの仕上げ!!

    お疲れ様です。 SUS304の面引きの仕上げ12.5Sでこまってます。加工範囲は3500*1000*35で溶接構造で箱型で五面加工(横軸)です。うちは、S社のコロ245のΦ125を使ってます。S450、F400、クロス115ミリくらいで、仕上げ代を0.2残してCRCをかけて加工してるんだけど溶着したりチップがもたなかったりします。びびりはあんまりありません。荒加工は高送りのカッターで加工してるので仕上げ前の面はかなりあらいです。加工範囲が広いのでなるべく能率よく加工したいのですが何か良い工具はありませんか??機械はS社のHF-6Mです。 あとサーフミル?とかいうのは使えるんでしょうか??

  • CBNでは何故 加工面の面粗度が良くなるのですか…

    CBNでは何故 加工面の面粗度が良くなるのですか(ほか)? 基礎的な質問ですが、フライスやボーリングなどの切削加工に於いて超硬では加工面の面粗度があまり良くないのに対し、CBNでは何故加工面の面粗度が良くなるのでしょうか? 一刃当たりの送りはf=0.1~0.15?/revでもCBNの方が良いのです。 チップの粒度とかに関係するのでしょうか? またポジやネガの違いでどの様に面粗度が変わりますか? 基本的には、ポジが仕上げと思いますが、ネガの仕上げ というのも偶に聞きます。 メカニズムがよく分かりません。ご教授願います。

  • 仕上げ面に切り粉かみによりスジ発生

    真鍮を加工しているのですが、仕上げ面▽▽▽に、たまにスジが入ってしまいます。 加工形状:Φ100.球面倣い加工 加工条件:2000〔rpm〕 F0.04〔mm/rew〕 削り代0.05mm セミドライ加工(ミスト加工) 材料:真鍮  刃物:ダイヤモンド(半透明)ろう付けチップ すくい0度 ノーズR4.0 フライスが切ってある為、断続切削の部分あり。 フライスのバリが仕上げ面に返ってはNGな為、仕上げをしてから、フライス加工できない。 断続切削が悪影響しているのか??しかし、断続でない部分も、たまにスジが入る。 むしろ、断続で無いほうが、切り粉が連続したカール状になって、被作物に絡まりやすく、切り粉かみを起こしスジが入るような…。 エアーを刃先むけて、切削方向に向けてかけて、切り粉の流れを良くしているが、たまにスジが入る。 バイトの芯高が悪い?→芯高を変えても改善されず。 うーん。何か対策法 ないでしょうか???  .