• 締切済み
  • 困ってます

スイス型旋盤でのm2×p0.4 深穴タップについて

素材SUS304でタップ深さ10mmの加工を下穴φ1.7でタップ加工条件s800で 2、4、6、8、10、11、12mmと抜き出しして深さを進めています。 (12mmまでしてるのは不完全ネジ部を加味してです。) 呼び径の5倍ほどあるので厳しいとは思っていましたが30個ほどで折れてしまいます、、 最初は深穴用と書いてあるモノを使ったのですが1個も加工できなかったため、通常のタップを使用したところ、上記の寿命となりました。(深穴用、通常タップ共に加工範囲はカタログ値は同じ) なにかアドバイスをいただければ嬉しいです。よろしくおねがいします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数118
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

もし、仕様変更が可能であればの“たら,れば”の内容ですが、 締結用のねじ穴であれば、深さ7~10程度の範囲だけタップ加工として 0~7はバカ穴とするように設計変更できれば、かなり楽になりませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

とくに自動盤ではSUS303が常道では。 快削性は鉛入りが優れるが、RoHSのため鉛を控えた品種も。   https://www.ask-akiyama.co.jp/product/pdf/catalog_stainless_steel.pdf 八王子市の自動盤屋さん・イケダ精機のHPより   加工材としては主にSUS303が全体の90%をしめており、その他アルミ、黄銅、快削鋼、   リンセイ銅、無酸素銅等 SUS304とSUS303を特性比較すると錆にくさ、強さなどあるが僅かなもの。M2を加工するワークは精密部品でその違いを許容しない苛酷な環境では使わないはず。 一方、切削性の違いは一目瞭然。部品設計者がそれを知らに図面にSUS304と書く例が多いのです。 なので切削の難しさ=高コストを訴えてみることが必要です。イヤ難しさ知ってるけどこれはSUS303を使えない、とはね返されることもあり得るにしろ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

303だと嬉しいんですが304なんです、、 快削ステンレスってのもあるんですね!勉強になりました!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

かなり厳しい深さですね。。 ちなみに、転造タップは使用不可ですか? 転造タップが使用できるのなら、そちらをオススメします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり切削では厳しいですよね、、 転造でも良いのなら転造で試してみます! アドバイスありがとうございます!

関連するQ&A

  • SUS304のタップ加工

    SUS304のタップ加工が、うまくいきませんいい方法またいいタップなどありましたら教えてくださいお願いします。 ちなみに今のやりかたですが、 材質 SUS304 切削速度 5mm/min 深さ 10mm止まり穴 同期タップ M0で止めてタッピングペーストを塗っています。 タップ ステン用タップスパイラル(OSG) 説明不足で申し訳ありません。 M5×0.8で下穴3.4キリねじ有効10mmなのですが下穴深さ23mmで加工しています。 リッジトでねじを切って逆転で帰りがけに欠損が、見られるようです。 タップの型番ですが、EX-SUS-SFT(スパイラル) です。

  • タップの下穴をエンドミルで

    材質 エンプラ 板厚 t=20 タップ M4、M5、M6、M8、M10(全て並目) 下穴貫通不可 (下穴深さは15、16mm程度に抑えたい) M4、M5で、下穴深さ15程度(完全ネジ部10mm程度)であれば、 キリでも問題ないのですが、 M6、M8、M10で完全ネジ部を14mm程度取りたいため、 下穴をキリではなくエンドミルで加工してもらう事を考えています。 しかしエンドミルのサイズは、キリのサイズのように 細かく設定されていないのではないかと思い、 エンドミルで下穴を加工するように指示することが、 有効か否かご教示願います。 M6=5.0、M8=6.8、M10=8.5の下穴の場合、 5.0、8.5のエンドミルは存在するようですが、 6.8という中途半端なエンドミルは無いようです。 このような場合でもエンドミルでの加工をお願いできるのでしょうか?

  • M3タップ加工後、ネジが通りません

    4個のワーク(A6061)に1箇所のM3タップ加工しました。 4個中1個だけタップ加工が不完全だったようで、ネジが通らなかったそうです。再度タップで通すと問題が無かったそうです。 下記の条件で加工しました。 素材:A6061 加工:ロボドリル M3タップ加工    下穴φ2.5 深さ11 (S2000 F150 ペック1mm)    タップ深さ10 (S800 F400) 工具:OSG EX-SUS-GDS φ2.5ドリル    OSG EX-AL-SFT M3タップ キリコの確認はしてます。 過去に無かった事例だったので、理由・対策を教えて頂けないでしょうか?

  • ネジ穴加工の下穴深さ

    初歩的な質問ですが、ネジ穴(タップ加工)を 行う時、下穴の径はJSI等で 調べる事が出来るのですが、 実際、その径に対する深さが いくらにすれば良いのか判りません。何か、基準?となる様な資料は、ないでしょうか?

  • SUS304のタップ加工について!

    ワークの材質は、SUS304です。M3タップ(止まり穴・1ワークに10穴)を深さ10mm加工するのですが、切削条件が分かりません。現在の使用工具は、OSG社のSUS-DH-SFTホモ処理仕様のスパイラルタップで、下穴のドリルは、同じくOSG社のEX-SUS-GDRの2.6φを使用しています。どうしてもタップ折れ等のトラブル怖くて、規定の深さまでタップを入れることを、ちゅうちょしています。また、1本のタップで何個のタップ加工が出来るのかも分かりません。やはりロールタップを使用するのもいい方法なのでしょうか??素人なので皆様の良きアドバイスをお聞かせ下さい。宜しくお願いします!!

  • 難削材のタップ加工について

    質問させていただきます。 ラジアルボール盤でのタップ加工についてですが、加工するものは浸炭焼き入れされた17CrNiMo6の材質の歯車です。 たてるタップはM20で下穴17.5mmで深さ45mm、タップ有効深さは40mmで一応タップを立てる部分は防炭されています。 材質の硬さはHs36~48です。 一度加工した際はOSGのSUS用タップを使用してみたのですが刃先が欠けて全然持ちませんでした。 そこで質問ですが、タップの選定としてほかに良い物はないのでしょうか? 教えてください、よろしくお願いいたします。 ちなみに一度加工した際は、SUS用ポイントタップをタッパーにつけて深さ10mmくらいだけボール盤で加工し、あとはタップにハンドルをつけて手作業で有効深さまで入れました。タッピングオイルはステンレス用を使用しました。

  • SUSのタップ加工

    機械40番 M12*1.75  深さ25 下穴 OSG-SUS-GDS 10.4 深さ36 新品 タップ OSGのSUS用 スパイラル   新品 油 アルミ加工が多いのでアルミ用の油性     機械で25まで入れるのが怖かったので10mmぼど機械で入れて 後は手で入れようとしたんですが パキっと音とともにタップが欠けてしまいます・・・ ペーストも塗ってやったりステンコロリンも塗ってやってもダメでした・・・ 過去ログを調べてみるとチタン用のタップなら加工硬化したステンでもタップが立てられると ありましたが どうなんでしょうか・・・

  • M3 M2のタップについて

    めねじのM3 M2が良く折れてしまいます。 シチズンのL20を使用しています SUS303でネジの深さが8.0mmです。 どちらも50個ほどで折れてしまうのです 下穴ドリル2.6と1.7を使っています。 ステップも十分にしていますがタップのみが折れてしまいます どうしたら良いか、またオススメのドリルがあれば教えて下さい また下穴の深さが10.0mmでネジの深さが8.0mm以上など十分に深さに余裕がない場合は 皆さんはどうしているのですか?

  • タップ下穴の裏面取りについて

    今年から縦型マシニングセンターでSUS304、SUS316の穴開け加工などをしております初心者です。 M5,M6,M8のタップ穴加工時に裏面取りする工具を探しております。 今までは数の少ない物が多く、加工後に手作業で面取りバリ取りを行っていましたが、最近は数が増えてきて手作業だと追い付きません。 タップ外径に対しC0.5程度の面を取りたいのですが、お勧めの工具はありますでしょうか。 以前は旋盤をやってたためにこの手の加工に関しては全くのど素人でネットで検索してもどの工具が良いのかわかりません。ご指導をよろしくお願いします。

  • TAP穴の拡大

    SUS303にM6を止まり穴深さ10MM S150F150で-5MMまであけたのですが止まりゲ-ジが簡単にはいってしまいます SUS-SPタップで加工すると材質に関係なく拡大してしまいます 何が原因でしょうか