• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

角度寸法に厳しい公差を入れる

直径1000mm、厚さ30mm程の回転テーブル(FCD450)の加工です。 当社では、いつも、テーブルの中心から、寸法が入っています。 半径400mm、角度40度の位置に位置決めピン用のH7の穴を加工してもらいます。 その際、半径を指示して、40°±0.01°というような角度に精度を求める寸法指示でも良いでしょうか? または、その位置のx、yの寸法を指示して、公差を入れ、x,y方向に精度を求めるほうが良いでしょうか?(その場合、x:312.23±0.02 y:102.36±0.02みたいになります) 加工する側としてのご意見を聞きたいです。 ちなみに、当方、派遣の設計で現場の人に直接聞ける環境ではありません

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

寸法指示はデカルト座標(X-Y)でも極座標(R-θ)でも、指示値が計算上の中途半端な数字でも問題ないと思いますし、それぞれにどのような公差設定をするのも問題ないと思います。加工する側はX-Yに変換するでしょうし、 公差もX-Yに換算することになります。 両方の指示があって、計算が合わない図面もよく目にします。 不思議と誰も書いていませんが、位置度の公差指定をするほうが一般的ではないでしょうか? 位置度がφ0.05程度なら、よほどのことが無い限り機械精度で出るでしょうし、φ0.01程度になってくると、使用する機械、環境。検査設備などすべてが変わります。 設計上本当に譲れない公差はキッチリ指定し、それ以外は位置度一般公差を適用することを明示するのが良いと思います。当然ですが指定した公差を製品が満たしていることを担保出来ない加工業者は外すことになり、結果として公差指示がコストに反映されることになります。 基本的にMCの座標はX-Yですよね、しかしほとんどのMCにはピッチ円など半径と等分割数など指定すれば座標を算出する機能も備わっており、プログラムはこちらで作成、検証するほうがミスも少なくなりますので、図面はPCDと分割角度を指定もらうほうがプログラムのチェックも簡単になりミスも減らせます。いずれにせよ図面は設計者の意図を加工者に正確に伝える必要充分な情報を完全に含んでいなければなりません。加工を知ってる人が書いた図面は見やすいというのはそういうことかもしれません。 最近は位置度を含め幾何公差は指定する図面が増え、今後も増えるでしょう。 加工する側はそれを検証可能な3次元測定機を持たなければ、その仕事は受けられず淘汰されて行く、、そういう流れですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 角度表記でも、加工側がx,y表記に変換するということですが、それは、工作機械が簡単に行うものですか? また、違う意見がでました。(涙) それと、当社の図面で位置度公差の入った図面は見たことありません。(笑) 的確な答えをありがとうございます。 今後の参考にさせて頂きます。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

加工機械の進歩に設計が付いてこれていない良い例でしょう。 >(その場合、x:312.23±0.02 y:102.36±0.02みたいになります) 機械精度から考えても 全く問題とは思わない。 岩魚内 氏の >角度公差±0.01°では極座標の対になる長さが欠落しており、これが長いと 公差が甘く、短いと異様に厳しいものになります。つまりXY座標の公差の ように直感できない。 これに尽きる 距離が長ければ長いほど 極座標の方が有利 図面の表記については 「あまり気にしなくても良い」と私は考える 加工の側で十分判断ができるはず。 穴のピッチ精度の測定は穴精度(穴位置だけではなくにも影響されやすいので 厳しい精度だと H7ならトラブルも少ないと思うが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ただ、せん越ながら「距離が長ければ長いほど 極座標の方が有利」は、「不利」の間違いではないでしょうか? 私が、間違っていれば、ご指摘ください。 「図面の表記はあまり気にしなくてもいい」ですか。 他の方と意見が分かれました。(涙)

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

お疲れ様です。 現在加工寄りの部署ですが、X.Y寸法のほうが分かりやすいっちゃ分かりやすいと思います。測定器が公差含めて角度だせればどっちでもいいですけど。 ・過去に類似品の図面はどのように描かれているか。 ・使用する機械の加工精度(カタログ値でなく現状の状態で、) ・使用する測定器の測定精度 ・公差をいれる理由を明確にして、過剰な品質を求めていないかチェック  (ここをしっかりしておけば加工現場の人も渋々承知してくれます) 前回答者様と回答被っているものがありますが、小生であればこの部分をチェックしますという回答です。 ただ昔の図面は職人任せの図面になっていることもあるかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 参考になりました。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

気が良い現場の方なら聞いてきます。 x、yの寸法に直したら、いくらになるのかを。 因みに、半径が400mmなので、 400mm×sin39.99°=257.0616、400mm×sin40°=257.115、400mm×sin40.01°=257.1685で、 約257.115±0.053となり、 400mm×cos39.99°=306.4626、400mm×cos40°=306.4178、400mm×cos40.01°=306.3729で、 約306.418±0.045となりますから、M/C公差内には入るでしょう。 エクセルで、簡単計算して感覚も身につけた方がよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 三角関数の計算は設計にとても大切ですね。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

結局 NCで加工する場合 XYに変換するのですが 絶対座標の場合CADや三次元測定機の丸め誤差があるので そもそも正しいのかの判別がつかない なので そもそもその公差自体が無意味 >>へーですね。 言い回しが悪かったのか 測れない(測りにくい)物をかいても 無意味ということ 回答7が正解だと思う

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありごとうございます。 しかし、公差自体が無意味なんですか? へーですね。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

岩尾内さんの言う「NC機械は角度を扱えないからXYでプログラム作成」 つまり測ることができないものは作れないし、検査のしようもなくなってしまう ですから図示するばあいは、常にこのことを頭から話してはいけないのです このような場合は例えは原点(0,0)として位置決めピン用の穴位置は極座標を (312.23±0.02 y:102.36±0.02)のように表示すれば良いと思います 機種にも依るが、そのような自動寸法記入機能は大敵の機械CADには在りますね 「派遣の設計」というのは難しいですねぇモノを作る為の図面であるべき筈が 生産現場に直接聞けない環境とは、かなり問題があると私には思えてならない それでは正しく絵に書いた「餅」のように現実と懸け離れる可能性が出てくる 訳ですね。。。良いモノ作りには関係ないと思うし遠慮し過ぎっと思います それにも増して、自身の成長もかなり限られたものになってしまうんじゃない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 派遣はつらいよです。 でも、楽な部分もあります。(笑)

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

この大きさなら三次元測定機がないと測定検査が出来ない。 これはXY座標で測るが、計算で極座標(長さ+角度)に変換して同時に表示する。 一方、NC機械は角度を扱えないからXYでプログラム作成。 なのでXY座標寸法を優先すべきです。 しかし三次元測定機なら気にしないので、極座標のみは困るが、両立てでもよいでしょう。 角度公差±0.01°では極座標の対になる長さが欠落しており、これが長いと公差が甘く、短いと異様に厳しいものになります。つまりXY座標の公差のように直感できない。 ずっと公差が甘いフランジのピッチ穴でもよくある話で、直径と角度で図面を書く人には直してもらいます。 三次元測定機はチャージも高いし、無ければピッチノギスと角度はインデックス、やおら持ち出すひと騒ぎになります。 >  328.25±0.02 全く問題ありません。    328.254±0.02 とすると、測定上の有効桁について議論が要るかもしれません。 >質問の半径400mmのことでしょうか? そうです。±0.02としても角度公差との関係が直感できないです。 >フランジの円周上のバカ穴など やめるべき、、、制作側に面倒をかけてるのは間違いない! JISのフランジは断面図だけで、φと穴個数の表で巧妙に逃げているものあるが、そうでないものもあったはず。JIS製図の書き方例では角度を使ってるが、そこからの応用問題です。 角度は参考として書いてもよいが、角度公差が良くない。公差を位置度に引括れば問題は生じない。しかし製造検査の現場では中心からのXY座標値表を入れると喜ばれます。 >角度はわかるだろ 一見して解る3、4、5、6、(8)分割なら角度必要ではありません。 ボルト頭の6角で省くのと同じ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 XY座標寸法を優先すべきなのですね。しかし、そうした場合、質問にもかきましたが、328.25のような半端な数字に±0.02のような公差をつけることになるのですが、それは、特に気にしなくて良いのでしょうか。 「角度公差±0.01°では極座標の対になる長さが欠落しており」ということですが、ここで言っておられる長さは質問の半径400mmのことでしょうか? あと、当社では、フランジの円周上のバカ穴などは、すべて、角度なんですけど(笑)どうなんでしょうか? 良かったら、また教えてください。 岩目内さん、ありがとうございます。 質問に対する答えが非常に的確です。 しかし、円周上の穴の件ですが、製図の本でも、そのような穴をX,Y座標で寸法入れているものは見たことないです。角度も入れてないのも多くあり、見れば、角度はわかるだろみたいな雰囲気すらしますが(笑) どんなもんなんでしょね(笑) ご親切に色々教えてくださり、ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 加工寸法が大きくなると公差も大きくなる理由は?

    初歩的な質問ですが、ご教授お願いします。 ・板金、切削、樹脂を問わず加工寸法には必ず公差がありますが、 ある基準点から?x:50mm、y:50mmの位置にφ3.0の穴をあける場合と ?x:500mm、y:500mmの位置に穴をあける場合では公差が異なると思います。 (例)?50±0.3 ?500±0.7など 公差を決める要因になるものとは、何になるのでしょうか? なぜこのような疑問が出てきたかと言いますと、 工作機械の停止精度が±0.1mmで動くのに対し、 加工される部品の位置精度はそれより悪くなるのはなぜか? また、工作機械は基準点から50mm動いても500mm動いても停止精度は±0.1mm であるのに対し、加工すると基準点より遠く(寸法が大きく)なる方が 公差が大きくなるのはなぜか? 言い換えると、50±0.1あるいは500±0.1にならないのはなぜか? ということです。 よろしくお願いします。

  • 角度公差について

    はじめて質問いたします。 角度公差についての質問です。 長年設計を続けていながら、初心者レベルの質問で恥ずかしいのですが。 一例として、 (1)加工する機械はフライス盤。   (特別なものでなく、一般的なもの。) (2)材質SUS303で60mm□の立方体形状の素材。 (3)素材の1面を20度の角度でカット。 (4)カットした面に垂直にφ30mmの穴をあける。 この時の、 「20度の面の角度公差」及び「φ30mm軸心の角度公差」はどの位になるのでしょうか? 以前、社内の加工者に聞くと、「±(2030分)がいいところ」と言われ、 ずっとその値を図面の中の公差(20度±30分と90度±30分)として記載してきました。 加工精度はこの位なものなのでしょうか? 他の加工業者の方の意見を聞いてみたくて、質問いたします。

  • 長さの寸法公差について

    長さの寸法公差(削り加工寸法)について社内で一般公差(図面には公差を記入しない場合)として規定したいと思います。 長さの寸法公差についてJISB0401-2(3頁 基準寸法に対する公差等級の数値)B0405個々に公差の指示がない長さ寸法・・・に対する公差)があるようですがどちらを採用したらよいでしょうか?B0401-2ははめあい方式のみでしょうか?教えてください。

  • 寸法公差について

    すごく基本的な質問なんですが、 図面の寸法公差の入れ方(解釈)で、10±0.1と書いた場合と、 9.9 0~+0.2と書いた場合では、どちらも9.9~10.1になると思いますが、ある設計者が「±で書いた場合は呼び寸法の大小どちらにばらついてもOK、0~+0.2と書くのはマイナス側へずれたら致命的な時なので、0~+0.2と書いていれば+側を狙って加工するような注意が必要」と言っていました。 加工する方から考えれば、通常、機械の精度にも±の公差があると思いますので、公差範囲の真中を狙って加工するのではないかと思います。 この解釈は合っていますか? もしくは公差の入れ方について何か明確な決まりはあるでしょうか?

  • 角度の一般公差について

    初めまして。 角度の一般公差について教えてください。 顧客支給図面に普通寸法公差の表があり、そのなかに 「角度はX,Y座標の長さに換算した上で表の値を用いる」とあります。 表の値というのはその表の中に長さの一般公差表があるのでそのことを 意味していると思われます。 ただ、角度の一般公差でこのような定義は初めて見ましたので どのように角度の一般公差を決めるのかわかりません。 このような定義の角度一般公差の算出方法をご存じのかたが 見えましたらご教授願います。

  • テーパーピンの穴寸法と公差について

    パイプの中に軸を入れてテーパーピンで固定しようと考えています。(ピンが軸の中心を通ってパイプと軸を貫通する状態です。)テーパーピンの寸法はJISでわかりますが、穴側の寸法と公差(どの位置を基準寸法にするのか)及び図面指示がよくわかりません。ピンを打ち込んでガタが無い状態に組み付けたいと考えています。 ピンはφ5またはφ6(SUS)、軸外径はφ17(SGD400)、パイプの肉厚は3mm程度で考えています。 よろしくお願いいたします。

  • 寸法公差について

    ご教示願います。 ワークを2本の位置決めピンと1枚のsuベースを使って、位置決め冶具を作りたいと思います。 このワークは円筒物でこの円筒中心から左右に32±0.2でφ14+0.3~+0.1で穴が空いているとします。 このワークの穴にキツキツではなくガタがなく違和感がなく(スルっと)着脱できる位置決め冶具を作ろうとする時、位置決めピンの径と位置決めピンの刺さるベースのピッチ寸法公差、位置決めピンとワーク穴とのクリアランスはどのくらいが良いのでしょうか? こういうのは決まった計算があるのでしょうか? アドバイス等を下さい。 合っていますか?↓ 回答 (1)ベースの取付ピッチは32±0.1 (2)位置決めピンの径を決める。  ワーク穴φ14.1が±0.2左右に動くので14.1-0.4=φ13.7  この状態だとピンの側面が当たるので外径を細くする。  φ13.7-0.1=φ13.6   (1)より取付ピッチが±0.1なので左右にφ13.6-0.2=φ13.4  よってφ13.4(0~-0.1) (3)クリアランスはφ14.1-φ13.4=0.7~0.8mm こんな感じなのでしょうか? もう一つ教えて下さい。 これと同等に円筒ワーク中心から32±0.05で穴径がφ14H7の場合、位置決めピン径と ベース取付ピッチ、クリアランスはどうしたら良いでしょうか?

  • 板金部品のタレパン加工時の一般寸法公差(JIS)…

    板金部品のタレパン加工時の一般寸法公差(JIS)について タレパン加工を前提とした板金部品を作図した場合に一般公差として適応するべきは、<JIS B 0408(金属プレス加工品の普通寸法公差)>でしょうか? それとも<JIS B 0405 (個々に公差の指示がない長さ寸法及び角度寸法に対する公差)>でしょうか? また、板金部品の寸法記入の方法として、 特に精度が必要ではない、Z曲げをはさんだ穴と穴の距離に寸法を記入する場合は、単純に穴から穴の箇所に寸法を記入するべき? もしくはこの場合、穴と穴の距離に寸法を記入せず、曲げ面から各穴までの距離を記入するべきなのでしょうか?

  • 寸法公差の考え方について

    旋盤などで加工する図面に50±0.02と記入してある場合、最大許容寸法は50.02mmで最小許容寸法は49.98mmでこの間に寸法が入っておれば「OK」は分かるのですが、 デジタルマイクロメータなどで計測すると0.001(千分の1ミリ)まで数値が出ますが、この場合千分の1ミリの数値はどう考えるのでしょうか。 ? 49.975~50.024の間に入っておればOK(千分の1ミリは四捨五入する) ? 49.980~50.020に入っていなければダメ(千分の1ミリでも足らなかった                     り超えていればダメ) 50±0.020と記入されている場合は、千分の1ミリまで寸法を出すのは分かるのですが、これとの違いに疑問を持ったので教えてください。 50.00mmと50.000mmとでは意味が違うと本で読んだことがあったので、ふと寸法公差の時はどう考えるのかなあ、と思い質問しました。 よろしくお願いいたします。

  • 平面度と寸法公差との関係について

    我ながらお恥ずかしい内容の質問なのですが、色々本等を調べてもそのもの ずばりの答えが見つかりませんでしたので質問をさせていただきます。 ある面”A”があり、その面Aに幾何公差の「平面度」が謳われています。 また、面があるということは必ず 基準”B”から面Aの位置を表す 「寸法」と「寸法公差」がある訳ですが、この「平面度」と「寸法公差」の 関係性が分りません。 例えば、面Aの「平面度」が0.1mm、基準Bからの「寸法公差」が ±0.2mmであった場合、基準Bに対し、部品の面の位置の最大幅が、 0.1mm + ±0.2mm = 0.3mmと考えるべきなのでしょうか? 正直、この考え方にはピンと来ていません。 それとも、そもそもこういう2つの公差を入れること自体が間違っているの でしょうか? (因みに、基準Bとは、円の中心線です。) 何がききたいのが上手く表現出来ているか不安ですが、ご教授頂けると助かります。