• 締切済み
  • 困ってます

スチールベルトの滑り対策

スチールベルトを使用していて、プーリ・ベルト間に微小な滑りが起きて困っています。 滑りにくくするために、「プーリ・ベルト間の摩擦係数を上げるための、プーリの表面処理」を探しています。 私が調べたところでは、「プーリ表面への金属粉(タングステン)溶射」という処理があることが分かりました。 これ以外に摩擦係数を上げるためのプーリ表面処理がありましたら教えて下さい。 滑りを解消する為にはベルト張力を上げることが一番に考えられますが、プーリ表面処理での対策も施したいと考えています。 今使用しているプーリは、Ra1.6面に硬質クロムメッキを施しています。ベルト材質は、SUS304Hです。 すいません。用途を明記していませんでした。 重量物の高精度搬送用です。耐薬品性等からスチールベルトを用いています。 ベルト幅500mm、駆動従動プーリ間6m、搬送重量150kg、プーリ径210mm 今後の設計にも生かしたいと思うので、何かそういった表面処理がありましたら教えて下さい。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数109
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

再出です。 やはり、詳細を補足追記してもらってよかったです。 厳しい記述をしますが、構想や仕様がよくないので、見直しも含めて対策した方がよいでしょう。 その理由は、 a)耐薬品性等から(ステンレス製)のスチールベルトを用いています の記述から、摩擦係数を   上げるためのプーリ表面処理も、耐薬品性を考慮する必要があるのではないでしょうか? b)駆動従動プーリ間6mの仕様では、動作時の温度上昇等でSUS304Hのベルトが熱膨張で   伸びてベルトのテンションが低下し、滑りを生じているのではないでしょうか?   長尺のテンション機構を用いたプーリ取り付け仕様であれば、よいのですがね。 c)駆動従動プーリ間6mの仕様で、SUS304Hベルトの上に搬送重量物150kgを乗せる使用方法   であれば、SUS304Hベルトの替わりにステンレス製チェーンを使用するチェーンコンベア   にして、耐薬品性とすべりを対策することも可能です。   (チェーンには初期伸びがあるので、貴殿の使用方法でどんな問題が発生するかは?ですが) d)SUS304Hベルトコンベア的使用方法でなく、動力を伝達するだけなら、駆動従動プーリ   間6mを短くする工夫と、タイミングベルトを使用し、耐薬品性確保のために密封性がよい   タイミングベルトカバーを製作して、その中に圧縮空気を少量づつパージして予圧にして   耐薬品性の考慮をする手法もあります。 、等々が勝手な判断で考えられます。 > 何かそういった表面処理がありましたら教えて下さい。 の直接アドバイスでも、耐薬品性の薬品は何かの記述はa)記述からも重要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

単純に、硬質クロムを取去ればマシになるのでは? 金属タングステンは探せなかったが   WC溶射   http://www.kbknet.co.jp/ja/items/plant/jirei.html   プーリーへの実施例 効果は確かなようです。 しかし、比較表にあるように硬質クロムと窒化が耐摩耗性☆☆で同じとなってるが、摩耗試験での結果と思える。 SUS窒化は硬さでは匹敵するデータも。 摩擦係数では、硬質クロム 0.15 に対して、TiN 0.4、CrN 0.5 なども候補に挙がると思います。 いずれも低い側で競争したバラバラなデータ、、、 予想よりかなり長いのと重量が凄い! タイベルのスチールタイプ、つまり穴付きとスプロケットプーリーはどうでしょう?   ディムコ パーフォレイションスチールベルト   http://blog.goo.ne.jp/steelbelt-dymco/c/db58ab03617d6b21485401ee27eb6bc6 これは逆に滑らさないと穴を壊す。 スチールベルト全般について詳しく教えてくれそうなサイトだが、選定については・・次回のお楽しみ・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

ベルト自体がスチール・SUS304Hなんですよね?よくみるトンネルフリーザー等 に使われているやつの・・・恐らく相当小さいものなのでしょうか?其処らの 使用条件とかが明記されていないので、回答側は想像で一まづ書くしかないね そもそも搬送物と搬送量から負荷は設計当初から判っていた筈だからスリップ するというのは搬送方向では無いのか?横に蛇行するようなスリップなのか? もし搬送方向ならば設計ミスだろう。設計し直した方が本筋かも知れません 日本人の長所でもあり欠点であるのが、思い切って捨てられないところだろう 原発にしても、しかり。あれだけ金をつぎ込んだので勿体ないという気持ちが 何処かにある筈。しかし命は金で買えない尊いものだという、最も核心部分を しっかり持っているなら、自信を持って捨てることは出来る(余談でご免) そうせずに本筋に戻らず、改良などで悪い意味で誤魔化することはベストの 方法とは言えません。ここら辺の匙加減は設計者が決めるべき問題なのかなぁ それとも※トップによる※判断なのかは諸条件次第となるのでしょうか?? よく知らないが動摩擦係数が0.5とあるので、ハードCrメッキの3倍はありそう しかも耐摩耗性と耐腐食性に優れているとありますので、メーカーを探し出し 一度、相談することを御勧めしたい http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/Search/NtDetailPreview.asp?REG_NO=KK-090010&TabType=2&nt=nt&pFlg=1 私ならば、↓のメーカーにもノウハウがありそうなので聞いてみたいですね http://www.sulzer-metco-japan.co.jp/material.html これだけ回答しているのに・・・ノーコメントとは、よい根性だぜぇえノ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

高トルク伝達のタイミングベルトに変更はできないのでしょうか? また、できないのであれば、その理由を教えてください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

用途を記載していませんでした。 搬送用の大きなコンベヤ(W500、軸間6m)ということと、耐薬品性の問題という点で使用していません。

関連するQ&A

  • すべりにくくする方法

    電解ニッケルを施した部品とのすべりを 滑りにくくする方法を探しています。 用途としては搬送のチャック部分に施したいのですが、 メッキ等の表面処理で滑りにくくなるような方法はありますでしょうか?

  • 耐熱性平ベルトを探しています

    初めまして。よろしくお願いします。 現在、カード搬送をするのに耐熱性と耐紫外線用にフッ素ゴムを使用しています。しかしながら途中に坂道があり、カードとベルトの摩擦係数が低い為、カードがずり落ちてしまう現象が発生してしまいました。 どなたか、耐熱性(+耐候性)があって、摩擦係数の高い平ベルトを知っていらっしゃったら、ご紹介していただけないでしょうか?ちなみに使用しているプーリー径はΦ20mmです。

  • コンベアの共振

    コンベアにアキュムレートを掛けると、共振が発生して困っています。振動の発生源は、主にアキュムレートしている部分の、ベルトと受け板の摩擦抵抗が過大で、そこからフレームに伝わっているものと思われます。コンベアの仕様は、押出しフレームで、搬送には布張りのタイミングベルトを使用しています。受け板はボンデ鋼板を使用していますが、相当摩耗しています。1ヶ月ほど前に発生し、摩擦抵抗を考慮して、搬送ベルトを両面布張りに変えましたが再発しました。ベルト受け板の材質や表面処理を換えてみようと思っています。耐磨耗性と低摩擦抵抗に優れた材質あるいは表面処理等についてご指導ください。また、共振についてもご存知の方がおられましたら宜しくお願いします。

  • 500度に耐える、滑り性が特段良い 表面処理。

    金型に施工する表面処理でとにかく滑り性能が高い表面処理を探しています。 良いアドバイスいただけたらと思います。 金型面粗さ・・・0.1Ra程  ワーク材質・・・半固体状態のアルミ 金型材・・・炭素鋼。 使用環境・・・製品、型、ともに500度。(酸素ある状態) テスト実施品 ・・摩擦係数0.2程度のPVDコーティング、窒化処理、クローム溶射、モリブデン溶射  テスト結果・・・金型にアルミがくっついてしまう+滑りが悪く形状が悪いなどの理由でNG。(第一ショットから) 他情報・・・離型材や潤滑材の使用は不可・グラファイト材の試作金型においては良結果がでた(が、生産性を考え本採用は不可)・金型寿命などは取り敢えず今は考えない。 考察・・・○摩擦係数以外にも 対アルミ親和性、かじり性、等の要素も重要かと感じる。○DLCコートやカーボン系皮膜は 耐熱性の面から難しいと考える。 

  • SUS304の表面処理

    SUSの軸に表面処理を検討しています。負荷による多少の変位があっても剥がれず、且つ摩擦係数が低く、耐食性の良い表面処理は無いでしょうか。

  • すべりがよいガイド板の素材/コーティング

    最大A4くらいの大きさのシート(紙)を,ゴムローラでニップ搬送する装置を設計しております。 印字部の下流の搬送路は,突入時(=印字中)の搬送抵抗は印字ムラの原因となるので,これを減らすべくニップを退避する構造になっております。 このときガイドとの接触(摩擦?凝着?)だけでも,高湿環境では搬送抵抗が過大になるので,現在SUS板金にテフロンコートを施しておりますが,なにしろコストが高く(現在量産で@2500以上)困っております。 すべり性がよいガイド材質,もしくはテフロンコーティングに代わるコート/表面処理をご存知でしたら御教授ください。 【検討済み】 ・エンボスガイド ・SUS磨き ・SUS素材 ・SUS+PFAコート 【今持っているアイディア】 ・SUS+ブラスト処理 お知恵を拝借したく,宜しくお願い致します。

  • トラクタベルトの磨耗対策について

    プリンタ用のトラクタベルトにウレタンを使用しています。大量に印刷した場合、用紙との接触部分が磨耗してしまいます。表面の硬化処理(摩擦低減等)何かいい方法がありませんか

  • 金属の摩擦係数について。

    SSやSUS,アルミなどの摩擦係数のわかるサイト教えていただけませんか? また、表面処理(メッキ、アルマイト)でどの程度変わるのかも知りたいのですが・・・。 宜しくお願いします。

  • 摩擦材料について

    耐摩耗性の高い材料探しています。 材料は金属、プラ、表面処理などこだわりません。 用途は、極小のブレーキ部材です。 (摩擦係数が高く、耐摩耗性が高い。特性的には相反する特性が要求されます。) 摩擦対象はアルミです。 DLC処理は調べたのですが、 摩擦係数が大幅に低下するので厳しいと考えています

  • パーツフィーダーの表面について

    おそれいります。パーツフィーダーの表面処理についてお尋ねします。 パーツフィーダーは振動でワークを微細に跳躍させて進行させていると理解しております。 パーツフィーダーに関するQ/Aを見ると、テフロンなど滑りを良くするべきとの記載がありますが、滑りをよくすると跳躍がうまくいかず、送り速度が低下すると思います。 なので、一律に滑り安い方が良いとは言えず、ワーク毎にすべり(摩擦)を考えて的確な摩擦を選ぶべきと考えますが、正しいでしょうか。 また、微細なワークを送る場合は凝着や静電気などのを考慮すべきと考えますが、正しいでしょうか。 よろしくお願いいたします。