• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ネジから出る粉(鉄粉)を減らしたい。

初めまして。 亜鉛メッキのネジ(ボルト)から出る粉の原因について調べているのですが、 なかなか情報が集まらず困っております。 原因や対策(少しでも減らす方法)など、何かご存知の方がいらっしゃいましたら 簡単なことでも構いませんので教えて頂きたく宜しくお願いいたします。 【補足】 ボンデ皮膜の線材から加工した呼び径M6~M10、長さ10~50ミリのサイズの3価クロメート亜鉛メッキのネジを自動選別機などの供給器パーツフィーダーに入れると、その中や真下に黒い粉が雪のように積もります。 掃除しても、半日も経つとまた積ってしまうといった状況です。 粉の主成分は、鉄と亜鉛であることが分かっています。 パーツフィーダーに焦点が当たっているようですので、補足させていただきます。 私の目的は、コンタミ(夾雑物)を少しでも減らすことです。 対象のネジの製造工程の概要は、 伸線➡冷間圧造➡転造➡熱処理(調質)➡表面処理➡選別➡梱包 となります。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数514
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

質問者さまは、製造工程(処理方法)の改善による方法を求められているということのようですが、通常の鍍金で簡単に鍍金の亜鉛層がはがれるものではないと思います。よって、回答者の方々は、振動があり、物同士が接触(衝突)するパーツフィーダーの影響を重視されているのだと思います。 さて、亜鉛と鉄がその粉の成分ということは、(そのほかに鉄が混入する余地がないという条件ですが)。 ?パーツフィーダーの振動と衝突で鍍金がはがれその素地まで削られているということ。→その部分(表面全体は考えにくいのでねじ山部とか角部など)は素地が現れているということでSEMなどで測定するとわかると思います。 ?熱処理時のスケールが鍍金時に十分落とされておらず鍍金がスケール上にしか乗っておらず、パーツフィーダーの振動と衝突でスケールがはがれたということ。 →これだとパーツフィーダー供給後の製品にそのようなあとが見られるはずですが・・・。  もっとも以上??点は、通常は考えられないことですが、何らかの条件によりそうなっているのかもです。  そういえば、形状はボルトとのことですが、穴部はありませんか?熱処理によるスケールがその穴に残っており鍍金時の酸洗浄で十分に落ちていないとか。すでにご考慮されているかもしれませんが、念のため。  弊社も三価クロメート品(この製品の工程とほとんど同じですが熱処理がありません)の供給にパーツフィーダーを使用しておりますが、おっしゃるような粉は発生していません。やはり、熱処理後の処理がポイントのような気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。 〉製造工程(処理方法)の改善による方法を求められているということのようですが その通りなのです! 私の言葉足らずを、見事に補うお言葉をいただき、心より感謝申し上げます。 1番目はご指導いただきましたとおり、SEMで観察してみます。 2番目以降は、目からウロコです! 熱処理のスケールが要因の一つかもしれないと知り、「なるほどー」と思わず声に出してしまいました。 良いキーワードを教えていただきまして、ありがとうございます。 早速、取りかかりますね!

質問者からの補足

ちなみに、ボルトは穴等は空いていない、一般的なフランジボルトです。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

どちらか質問を閉めましょう回答方向が違って来てますよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

パーツがフィーダー中に、 A)亜鉛メッキのネジ(ボルト)がお互いに擦れ合い、亜鉛メッキが極少量剥がれ、   粉状態で堆積する B)亜鉛メッキのネジ(ボルト)とパーツのフィーダー部やガイド部分がお互いに擦れ合い、   亜鉛メッキが極少量剥がれ、またパーツのフィーダー部やガイド部分の焼が少し入った   鉄の部分が摩耗し、粉状態で堆積する 等で、塵も積もれば山となるで結構積り、メンテナンスが必要です。 ねじの擦れ合いは、約1回のフィードですが、パーツのフィーダー部やガイド部分は、毎回 なので、摩耗が著しく改修が頻繁に必要になることから、摩耗と判ります。 パーツフィーダーの宿命である微小振動でフィードさせたり、姿勢制御させたりするので、 対策は殆どありません。 振動無しのホッパーは、選別&正立動作とシューターでの正立&搬送ですから、粉状態で 堆積することは少なくなると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。 ホッパーで投入するタイプは確かに、粉の発生は少なくなりますね。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

亜鉛メッキのネジ(ボルト)   ↓ 供給器パーツフィーダー      ← 発生箇所 原因   ↓                 ↑ その中や真下に黒い粉が雪のように積もる(成分は鉄と亜鉛)   ↓ 対策したい  ↓↓↓ パーツフィーダーでボルト同士が擦れあうのを軽減する たとえば      http://www.kawaguchi-eng.co.jp/bowl.htm   KSボウルフィーダー   http://nakamichi-iwc.com/index.php?id=6   回転円盤式フィーダ 現状パーツフィーダが何かにより、簡易的な対策はあるでしょうが効果もしれてます。 逆にお伺いしたいが、元凶に手を出せずして何らかの対策が考え得るのでしょうか? >私の目的は、コンタミ(夾雑物)を少しでも減らすことです。 製品のキズが問題なければ、掃除方法を考えることでしょうか? とにかくコンタミが何処で発生しているか、その解明が先です。 質問文面では判りにくかったので私が整理した筋書きが合っているのか間違っているか? でないと話が逸れてしまう。その合否は現場を知っている貴方にしか判断が出来ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございました。 パーツフィーダーはお客様で使用されていますので、それを変えることは正直厳しいんです。

関連するQ&A

  • ネジ(ボルト)から出る粉について質問です。

    初めまして。 亜鉛メッキのネジ(ボルト)から出る粉の原因について調べているのですが、 なかなか情報が集まらず困っております。 原因や対策(少しでも減らす方法)など、何かご存知の方がいらっしゃいましたら 簡単なことでも構いませんので教えて頂きたく宜しくお願いいたします。 【補足】 ボンデ皮膜の線材から加工した呼び径M6~M10、長さ10~50ミリのサイズの3価クロメート亜鉛メッキのネジを 自動選別機などの供給器パーツフィーダーに入れると、その中や真下に黒い粉が雪のように積もります。 掃除しても、半日も経つとまた積ってしまうといった状況です。 粉の主成分は、鉄と亜鉛であることが分かっています。

  • ネジ部へのメッキのつきやすさ

    特殊なボルトを外国の工場で製造しております。 それをその近辺の外注で三価クロメートのメッキ処理をしてもらっております。 品質にいろいろ問題があってメッキ業者と討論しているうちに、ボルトのネジ部とネジ無し部ではどちらがメッキがつきやすいのか?という疑問が出てきました。 材料のSWCH材(ボンデ処理)をフォーマー加工後、ネジ加工は、ダイプレートによるローリングもしくは転造盤で、ネジ部とネジ無し部の切削加工は有りません。 現在までの調査結果では、 ?転造ネジならネジの表面はネジ無し部より平滑でメッキがつきやすいという人もいますし ?逆にネジの表面はむしられており平面ではない。 という意見の二つに分かれています。 素人なので、どちらもなるほどと思えて結論が出ません。 初歩的なことで申し訳ないですが、ご存知の方がいらっしゃいましたらご教授願います。

  • パーツフィーダー内の静電気除去方法について教えて…

    パーツフィーダー内の静電気除去方法について教えてください。 はじめまして。 早速ですが、現在、製作中の装置に付帯するパーツフィーダーの件で非常に困っております。 パーツフィーダーの大きさはφ250程度の小さなものです。 このパーツフィーダーで搬送するワークが曲者で、材質がシリコンでφ2×4の円筒形をしております。 ワークをパーツフィーダーに投入し、20~30分は搬送するのですが、そのうち静電気が発生しワークどうしがくっついて全く流れなくなります。 パーツフィーダーの搬送面にはサンドブラスト(#30)を施し、除電ブロア+加湿による対策もしているのですが上記の通りになってしまいます。 また、この装置が医療関係の仕様につき、静電気防止剤などのスプレーは禁止されており、アルコールでの除電も原則使用出来ないことになっています。 そこで、パーツフィーダーの表面処理で除電出来るよい方法があればと投稿させて頂いた次第です。  以上です。 宜しくお願い致します。

  • フィーダーについて

    パーツフィーダーについて興味を持ったのですが、原理等について詳しく説明しているHPや文献を見つけることができません。(振動工学?) パーツフィーダーが渦巻きの様な形状になっている理由や 振動によって、粉を移動させたり、部品を整列させることが、できる理由が分かるようなHPや文献等ないでしょうか。 ご存知の方がおられましたら教えて下さい。

  • パーツフィーダーの表面について

    おそれいります。パーツフィーダーの表面処理についてお尋ねします。 パーツフィーダーは振動でワークを微細に跳躍させて進行させていると理解しております。 パーツフィーダーに関するQ/Aを見ると、テフロンなど滑りを良くするべきとの記載がありますが、滑りをよくすると跳躍がうまくいかず、送り速度が低下すると思います。 なので、一律に滑り安い方が良いとは言えず、ワーク毎にすべり(摩擦)を考えて的確な摩擦を選ぶべきと考えますが、正しいでしょうか。 また、微細なワークを送る場合は凝着や静電気などのを考慮すべきと考えますが、正しいでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • パーツフィーダーの性能とコストについて

    現在小物部品の変形チェックをパーツフィーダーを使って対処しようとしています。具体的には、ゲージを作成して、とまったものを除けていこうと思っているのですが、もう少し良い方法はないでしょうか?また、当方機械屋ではないので、パーツフィーダーのコストがよくわかりません。どれぐらいするものでしょうか?部品は30×30の折り曲げが入った部品です。処理数は1日15000個ぐらいです。

  • 亜鉛メッキ上の粉体塗装の密着性

    初歩的な質問かもしれませんがご教授願います。 亜鉛めっきクロメート処理後の品物に粉体塗装を 行うと、密着不良が発生します。 ロットによってうまくいく場合と密着不良が発生 する場合があります。 塗装前処理はりん酸塩処理を行うそうなのですが 亜鉛メッキ上にリン酸被膜は析出しないような気がします。 しかし密着良好なロットもあるため解決に至っていません。 原因、対応策などご教授願います。

  • 表面処理の表記について

    客先からA6061を使用したアルミネジの作成依頼があるのですが 図面には表面処理3CM-Wとの表記があります。 この表面処理について問い合わせた所、「アルミ用三価クロメート」 との回答がありました。 私の認識では亜鉛メッキをかけた後に三価クロメート処理だと思うのですが 1.3CM-Wの表記は一般的なのでしょうか? 2.亜鉛メッキ+三価クロメート処理で合ってますか? どなたはお助け下さい。 結局アルミを止め真鍮で表面処理なしで加工する事になりました。 皆様ありがとうございました。

  • コーティング

    パーツフィーダーの部品です。 必要とされる表面処理は低摩擦係数かつ汚れない面です。 セラミック製の電子部品が3000個/分通過します。 テフロンコート等試みる予定ですが 何かよい処理あったら教えてください 母材はA5052です

  • 部品を[ゴム]を画像処理で良不良品判別システム

    ゴム部品の良不良品の判別をカメラを使った画像で処理し判別するシステムを構築していただけないか探しています。  パーツフィーダーなどを使用して30φ位まで 変形もの、O-RINGを選別、計数カウントしたい。 どなたか協力していただけませんか?