• 締切済み
  • すぐに回答を!

工具を探しております。

いつもお世話になっております。 ドリルの工具、ミーリングについて詳しくないのでお伺いいたします。 S43C、φ20の材料にφ11の貫通の横穴をあけ、φ19、120°の面取りをいれるワークを複合旋盤で加工しようと思っております。 本来ならセンターもみ→φ11ドリル→面取りだと思うのですが、 当社の複合旋盤の回転工具が2個しか付いていません。 しかもコレットがφ13までです。 上記の加工を2回に集約できる工具を教えていただきたいです。 このようなケースでは最後にボール盤等で面取りなのでしょうか。 お忙しいとは思いますがよろしくお願いいたします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

複合旋盤にY軸が付いていれば、 工程? φ8×2枚刃or3枚刃のミドル刃長の超硬ソリッドエンドミル でヘリカル(らせん動作)で穴あけ 工程? φ10シャンク×60度面取り工具 http://www.nicecut.co.jp/pdf/mentrube.pdf で面取り がよろしいかと。 Y軸が付いていない場合は、(1)さんのご回答の通り、面取り付き ドリルを特注することが無難です(特に加工数量がある場合)。 ワークとミーリング主軸の心がぴったり合っていない恐れがあるので、 センタorフラット面加工無しにドリル加工は厳しいと考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 複合機と言いながらY軸が付いてないです。 数量もあるので、段付きドリルを作ったほうがよさそうですね。 勉強になりました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

  http://jp.misumi-ec.com/ec/ItemDetail/10600229660.html   http://www.shinsei-kiko.co.jp/drill.html 面取込みの段付きドリルが有ります。ミスミはシャンク径が厳しい。 複合旋盤の剛性が心配ながら、センタードリル無しでも穴あけは可能です。   http://www.osg.co.jp/products/technical/pdf/t-24_drill_1007_1007.pdf   P.18  3.3.1 穴の拡大          図3-8 取り付け時の振れの影響  右側の円 0.1以内      しかし、円筒面では位置ズレが激しいとおもいます。 なので面取カッタの下が削れる工具を特注して数?程度フラットにすることを先に行い、ドリル、面取の順序。 面取カッタというよりフラットエンドミルの角を45度に追加工と言うべきか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 段付きドリルを購入したほうがよさそうですね。 勉強になりました。

関連するQ&A

  • 切削工具の勉強 書籍

    切削工具をイチから勉強するのに役立つ書籍はありませんか? ドリルやエンドミルなどの種類から、フライスやボール盤、MCなどの機械への使われ方、例えばミーリングチャックとかスリーブがとか理解しやすいものがいいです。 最近切削工具を販売する営業職に就きました。早急に覚えたいので教えてください。 よろしくお願いします。

  • φ3のドリルで穴をあけ 面取りはドリルでして ワ…

    φ3のドリルで穴をあけ 面取りはドリルでして ワイヤーでの測定値が2.6台 ss400のプレート6ミリに  φ3のドリルで穴を貫通させて 面取りは ボール盤で 面取り工具でなく 普通のドリルでしました。 その上でワイヤーカットの穴中心位置だしをすると 位置だし完了のあとの 結果がφ2.6いくつと 2.6台であり ドリル径に対して0.3いくつ 小さくなっていることになります。 ドリルが磨耗していることも可能性として考えられるのですが、 0.3も小さくなることは考えられるのでしょうか?

  • NC旋盤での工具と回転方向

    初めてNC旋盤を購入しました。 これから工具など買い揃えるのですが、 分からない事がありお教えくださると助かります。 1.センター穴加工について、 汎用旋盤では芯押し台にドリルチャックを付けセンタードリルを掴み加工してます。 NC旋盤では工具が沢山付けられるので刃物台に付けたいのですが、 一般的にNC旋盤でセンタードリルは刃物台、芯押し台どちらに付けるのが普通なのでしょうか。 また刃物台に取付けるならばドリルチャックで掴んでもいいのでしょうか。 (センタードリル用のコレットチャックのようなものがあるのでしょうか。) 2.外径、端面加工について、 汎用旋盤ではチャックは手前回転(正転)でバイトは右勝手で加工してます。 NC旋盤や工具のカタログを見ると左勝手で向こう回転(逆転)の写真をよく 見ますが、逆転に左勝手の方がチップが見えて加工中よく見えるとか そういう利点があるのでしょうか。 3.バイトホルダについて、 今は外形、端面兼用のバイトを使ってます。 カタログを見ると、外形バイトホルダ、端面バイトホルダとありますが 工具の取り付く向きが90度違うだけなのでしょうか。 以上3点です。 メーカーに聞いた所、工具に関してはよくわかりませんとの返事がありこちらで質問させて頂きました。 どうかご教授ください。

  • ステライトの切削工具

    当社のお客様がステライトの加工(旋盤)で困ってます。 当社もステライトの工具は始めてで、何か良い工具材質御座いますでしょうか? http://www.toolbuster.com/

  • エンドミルとミーリングチャック

    現在http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f73120252 のサイトの写真のような 径の太いミーリングチャックと スプリングコレットを使う先の径が細いホルダーがあります。 あと旋盤でワークをつかむチャックのような 3つ爪のまわして閉めて取り付けるホルダーもあるのですが、OSGのドリルは焼き入れ研磨しているから 3つ爪のホルダーには取り付けないように言われました。 滑ったりする可能性があるからということで。コレットに入れて取り付ける ようにしないとなりません。 ボールエンドミルなどはホルダーとの干渉が気になるので、先が細い スプリングコレットを使う先の細いホルダーに取り付けました。 ところで 写真のような径の太いホルダーは横からの力に強いんですよね。 そうなると本来は横からの力が働くエンドミルなどで使った方が、いいのでしょうが、エンドミルの長さもそんなに長くないので、ホルダーとの干渉が 気になるので、見やすい。スプリングコレットを使った先が細いホルダーに入れたいと思っているのですが、ドリルをコレットに入れて取り付けようとすると、その径の細い、スプリングコレットを使った。 ホルダーにいくつかの細いドリルを入れなくてはならなくなります。 ドリルをホルダーに入れるにあたって、 太いドリルは出来たら、太い径の写真のようなミーリングチャック に入れたほうが、いいのでしょうが、持っているコレットの関係から 細いドリルを太い径のミーリングチャックにいれなくてはならなくなりそうですが、細い径のドリル程高速回転になるから重く太いミーリングチャックに細いドリを入れるのはよくないでしょうか? それがいやなら 今細いエンドミルを取り付けている細いホルダーから細いエンドミルを外してそれに細いドリルに付け、 細いエンドミルは太いミーリングチャックに取り付けしなければ、ならなくなります。 どのようにするのがいいと思うかアドバイスをいただけないでしょうか。 普通はボールエンド以外はエンドミルは写真のような太い径のミーリングチャックにとりつけ、 細いドリルはスプリングコレットを使った径の細いホルダーに取り付けた方が いいのでしょうか? 細いエンドミルを細い径のホルダーに入れようとすると、 細いドリルを太い径のミーリングチャックに取り付けなければ、ならなくなってしまいます。 ポイントを整理させていただきます。 持っているホルダーは写真にあるような太いミーリングチャックと スプリングコレットを使って取り付けるタイプの先が細いホルダーの2種類、 細いエンドミル(4φ6φ8φ10φ12φ) を写真の太いミーリングチャックに付けるのと 細いドリル(シャンク部分が6φ2本 8φ2本)を写真の太いミーリングチャックに取り付ける のとでは皆さんならどちらを選択しますか? 細いドリルの方を太いミーリングチャックに掴むと細いエンドミルの方は 細いホルダーの方に取り付けることができ、 細いエンドミルの方を太いミーリングチャックに取り付けると、 細いドリルは先の細いスプリングコレットの方のホルダーに取り付ける ことができます。 懸念しているポイントは細いエンドミルを太いミーリングチャックに つけると、エンドミルはXYの動きもあるからのでワークとの干渉をみずらい 細いドリルの方に太いミーリングチャックを使うと見た目にも不自然だし、 ホルダの剛性がなんか無駄に使われている印象があります。 またホルダーが重いので、径の小さいドリルの回転数でまわすのに 機械の方にも無駄な負担をかけている印象がします。 なにかアドバイスがあったら頂けないでしょうか。  

  • 工具折損要因

    SKS3生材 板厚み30ミリ 使用工具OSGのEXGDRファイ6.9 ホルダーミーリングチャックとコレット使用  BT50番MC クーラント油性 で心もみの後 6.9ファイの貫通穴を S320 G83 Z-33 R5 Q1 F54 の条件であけているところ、 4個目の穴の中で 工具が折れました。 どのような要因が考えられるでしょうか?

  • 回転工具について

    NC旋盤の回転工具つきのものを使用しています。ドリル加工をする場合ワークのみを回転する場合と、回転工具のみを回転する場合と、両方回転する場合どのような違いがあるのでしょうか?同じ加工条件とした場合です。

  • 細穴加工について教えてください。

    外形φ12、長さ41mmのSCM435の材料に両端よりφ0.8mmのドリルで下穴加工(貫通)を行います。 というのも内径の仕上げをワイヤーカットにて行うため下穴の処理として行うためです。 ※仕上がり径がφ1.2±0.01 下穴はφ0.8mmのドリルで両端からつなぎ貫通 そこで質問です。 私は以下の加工内容で実施しましたがなぜかドリルが斜めになるのです。 4回に一回くらいはまともに突けますがどうしても穴が貫通しないのです。 穴が貫通しないことにはワイヤーカット加工も出来ないので間違いがわかる方や、何か良い案があればご指導お願いします。 ※因みに旋盤のMAX回転数はS3500 ※センタードリルはアルプスの芯高調整コレットにて把握 ※φ0.8キリはユキワのコレットチャックで把握 ?端面加工 ?センタードリル (ポインティングドリル) φ1.5mmを0.4mm突く (先端90度) ※回転数S3500 送り0.01 ?ドリル (ハイス) φ0.8mmを21mm突く (先端118度) ※3回に分けて21mm突く ?1回目 3mm ?2回目 10mm ?3回目 21mm ※回転数S3500 切り込み幅0.5mm 引き抜き0まで 送り0.008 材料に対してドリル材質が悪いとか、条件が違うとかでも良いのでわかる方いらっしゃいましたらどうぞよろしくお願いします。

  • 内径切削について

     マザックの複合旋盤で材質SUS304 90まるL130の材料に内径80のH7 の穴を貫通させたいのですが、荒加工からビビッテうまく加工できません。 良い方法があれば教えて下さい。  今の加工工程は・・ドリルで50まで加工、次にホルダーシャンク40のホルダーで、チップ形状ひし形80度、突き出しL140で荒加工をしてみたのですが、うまく加工できませんでいた。NC旋盤と比べて剛性が弱いのでしょうか?                     

  • 複合旋盤のミル工具でタップを立てると先端が欠けて…

    複合旋盤のミル工具でタップを立てると先端が欠けてしまう M社製複合CNC旋盤(乾式)で真鍮(C3604B)を加工しています。ミル工具を使用して(周速V=10)、M12×1.0の超硬タップ(同期タップ)を立てるとタップの先端の山がなくなります、欠けてしまいます。一日(24時間)で500個加工できますが、100~200個で欠けます。加工中はエアーをかけてます。諸事情(会社と設備)により湿式は出来ません。乾式でタップ加工をすると何故欠けてしまうのか?タップの種類や加工条件等の変更で乾式タップ加工は可能なのか?おしえてください。 タップはストレートの4枚刃で貫通穴にネジを立ててます 下穴径はφ11.1です。