• ベストアンサー
  • 困ってます

サーボとボールネジ、リニアサーボの構想まとめのヘ…

サーボとボールネジ、リニアサーボの構想まとめのヘルプをしていて、 リーダーの指示で、毎日教本との睨めっこで、脳細胞が生き返っています。 その中に、サーボとボールネジ、リニアサーボの構想まとめのヘルプがありま した。 サーボとボールネジは、ボールネジ ロングストローク の質問題で、 ? L/D の問題で、自重で曲がるので高速回転が出来ない   (他の回答者さん記載内容)   危険回転数等をカタログで確認してみてください ? 加速性能が悪くなる   円筒の擬似ボールねじGD2 = 125×π×ρ×L×D^4 の計算になる   [ρ:7.866g/cm^3…鋼の場合、L:円筒の長さ m、D:円筒の直径 m]   長くすると自重で撓むので、径を大きくすると、加速性能が悪くなり、大   きな動力が必要となる ? 動作時のボールねじ熱膨張を考慮した軸受構成となり、高速回転に向かな   い軸受構成を選択しなくてはいけなく、高速動作に向かなくなる の回答がありました。 ?と?は少しわかります。 ?がわかりません。 特に、?を詳しく教えてください。 ?と?も、わかりやすい資料があればおしえてください。 リニアサーボを使った実用新案の説明文にしようしたいので。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数14
  • 閲覧数161
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.10
noname#230359
noname#230359

回答(8) zaumaku さんの画をかりて、 ボールねじの使用状況に応じて、 A)?が無いケース B)?が?と同じケース C)?が回答(8) zaumaku さんの画のケース D)?が小生の初出回答の画のケース 、等々です。 その各場合で、危険回転数の設定が異なります。 これは、梁の両端指示仕様によって、撓み量の計算方法が異なるのに似ています。 D)は、ボールねじが走行時の発熱で、数℃上昇してもロングスパンではミリ単位で伸びます。 だから、ラジアル荷重のみ受けて、スラスト荷重か掛かると、今流行りの“いなし”にて、 ベアリングや軸受ブロックに負荷が掛からない構造にします。 (工作機のように送り精度重視ではなく、速度等が重視の製造物の話しです) 難しい記載ですが、以上を追加します。 回答(9)の DM さん へ 、 記載漏れは真摯に受け止め、小生の考えを詳しく述べているだけです。 少し、誤解があります。 いつも、感情が多分に入った熱の入った回答をしているわけではありません。 iwanaiから小生へ感情が入った回答が重なりに重なった場合に、小生も感情が多分に入った 熱の入った回答を返礼してしているのであって、今回は該当しないと思います。 許してねっ、にゃんにゃん。 それと、ボールねじのロングストロークの別の質問での小生の回答を引用しての別の質問者の 質問であったので、小生の詳細説明を記載しております。 その詳細説明に対しての反論なので、 ※ 記載漏れは真摯に受け止める ※ 小生の考えは、新たに詳細に述べる ことをしているだけです。 小生の詳細説明に対しての反論の記載内容が、非礼な書き方であったため、少し感情が入った 記載になっていることは、否定しません。 ごめんなさい。 一方的に責められても、少しキャパですが、許容できるのですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 繰り返し読み返し、理解します。

関連するQ&A

  • リニアサーボの構想まとめのヘルプをしていて、

    リーダーの指示で、毎日教本との睨めっこで、脳細胞が生き返っています。 その中に、リニアサーボの構想まとめのヘルプがありました。 リニアサーボは三菱電機製、リニアスケールはsony製でした。 5m超えロングストロークの4箇所ガイドで、すべて補完で動作。 2:2の組み合わせで、2組のピッチはパターンで可変。 サーボとボールネジでは、4本のボールネジと4個のナットと4個のサーボモ ータを使う。 リニアサーボは、2本のレールと4個のヘッドとなります。 リニアサーボを使った実用新案の説明文では、このような書き方になるのでし ょうか。 他の書き方があるのでしょうか。

  • サーボモータによるボールネジ駆動について

    現在、サーボモータ+減速機+ボールネジの直線送り機構の検討を進めています.試作したのですが、モータのトルクが足りず加速時に飽和してしまい、予定していた加速性能が満足できません.計算上は200%トルクで加速可能なのですが、実際は300%をはるか超えてしまっている状況です. サーボモータ定格トルクは38Nm、最大100Nmで負荷イナーシャ計算値は対モータ500%、減速比は2.5、最大速度は12m/min(2000rpm)で時定数は0.4Sとそれほど加減速もきつくなく、原因がわかりません.負荷側の駆動トルクをはかってもせいぜい15Nm程度であり、モータの定格トルクに対しても十分余裕があります。ただ、加速後の定常トルクは実測で150%を超えており、全く分かりません. 減速機はグリース封入タイプなのですが、グリースの粘性が影響して、回転数が上がると負荷トルクが大きくなるようなことは有るのでしょうか。 モータも規定トルクは出ていることは確認済。

  • サーボモーターの超低速運転について

    すみませんが、教えてください。 サーボモーター(減速機付き)でボールねじを直結し、テーブルを往復運動させたいのですが、テーブルの移動速度とボールネジリードから算出されるサーボモーター必要回転数が0.1~3rpmと非常に小さな値です。 サーボモーターメーカーに問合すと、この回転数だと回転むらが生じると言われました。この回転数での実績が無く、現存の機械でこの回転数で使用されているものはどのようなモーターを使用しているのでしょうか。 サーボモーターを使用している場合は、この回転むらは無視しているのでしょうか。 また、一般的にサーボモーターの性能が発揮できる最低回転数はどのくらいでしょうか。

その他の回答 (13)

  • 回答No.14
noname#230359
noname#230359

元はと言えば 私が別の質問に対して >L/D の問題で、自重で曲がるので高速回転が出来ない と 短文回答をしたのが引き金みたいですね。 その後の補足や訂正の回答があったので あまり意識してなかったが 気が付くと別の質問者に変わっている(それも複数)?? >リニアサーボを使った実用新案の説明文にしようしたいので。 最近の学生のnet流用論文でもあるまいし 「参考にしたいので・・・」なら未だしも 何をお考えか? 厳密に言えば著作権に抵触する事もありえますよ。 そもそも 無料のサイトで答えを求めて「金儲け」ですか? お三人の上にリーダーが居られるようだが リーダーはこれを容認か? なんか、物凄い違和感を覚えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 繰り返し読み返し、理解します。 一般的な考察を知りたいだけです。

  • 回答No.13
noname#230359
noname#230359

>>? 動作時のボールねじ熱膨張を考慮した軸受構成と・・・ >>・・・高速動作に向かなくなる 私も、ねじ軸は回答8氏の ダブルチェックが好き。 回答4)氏のシングルであっても、 ストローク長い=>ボールねじ太くなる  =>ベアリング大きくなる=>周速あがる=>発熱する ので、多かれ少なかれ熱源となります。 リニアサーボ(たぶんリニアモーター軸)であれば、 この熱源・ベアリングハウスの存在が無いので、ボールねじ軸 との差別化、主張ができます。 反面、リニアモータなので、熱源が常にサドルにあり、軸ベース を直撃する弱点もあります。 これは、ボールねじ軸には無い弱点です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 繰り返し読み返し、理解します。

  • 回答No.12
noname#230359
noname#230359

誤解が有ったので <<回答者諸氏長文にての熱の入った回答 ワンパターンのレス もうやめたら 文章に以下文言を訂正します ””の部分 回答者諸氏長文にての熱の入った回答 ”に対し 質問者の” ワンパターンのレス ”回答者の方”もうやめたら”どうですか 骨折り損です” と書きたかったのです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

繰り返し読み返し、理解します。

  • 回答No.11
noname#230359
noname#230359

再登場・・・自称・道先案内人w(回答(5)) 先の質問「ボールネジ ロングストローク」にも幾分被っている気もするが? http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=276329&event=QE0004 ↑で「高速になれば荷重質点自体の慣性力も考慮しなければならなくなる」と 私は申し上げたのだが、具体的な仕様も判らずに熱くなり過ぎている気もする (熱い議論は賛成ですwどんどんやっても良いが、質問者が取り残されるぅw) 戻って自重で曲がるっと言うより、高速での「慣性力」によるアンバランス? ここは、質問者さんより?精度重視or速度重視?の提示をして頂く事で、より 具体的で身になる議論にもなろうかと思いますので、是非、補足要求致します それにしてもユーさんの罫線図形には感心する。慣れなのか?天然?なのかW ( zaumaku さんのプロフ見て、AKBってファンっという訳じゃないよね?W) しかし、「ワンパタン」 に対して 「許してねっ、にゃんにゃん」とは・・・ 不覚にも少し笑いかけた。これが直属の部下だったら思いっきり褒めてあげる かどうかはその時の気分次第かも知れないが、一般的には怒られるだろうな 子供の頃,素直に謝れない或いは謝った経験のないような人も存在するのかもと 思えてしまう。口は災いの元、投稿の記事は更に記録されて、場合によっては 何十年も残されるものであるから、私も不本意ながらwは封印しようかと思った しかし、これは私独特の場を和ます接続詞と考えて欲しいのですけど・・・ あれーっとなれば・・・も×かぁ?・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日本語というか言語というのは生き物だと言われる。従って其処まで規定する 必要は無いだろう。2030代まで極力自重するように前向きに考えてみましょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 繰り返し読み返し、理解します。

  • 回答No.9
noname#230359
noname#230359

回答者諸氏長文にての熱の入った回答 ワンパターンのレス もうやめたら 中国語でこういう人を ”ワンパタン” と言います ー は 発音しません 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

繰り返し読み返し、理解します。

  • 回答No.8
noname#230359
noname#230359

再出です。 技術のドツキ合いになって、質問者さんがのご理解が追い付いて いませんか。 本件が想定しているシステムは工作機械のようにミクロン単位の精度 を要求するものか、コンマ何ミリの精度でも許容できる例えば搬送装置 みたいなものかで、論点が異なると思われます。 さて、小生が回答(3)で工作機械の送り軸について、長々と説明したのは、  ←?                          ?→   / \                         /   ● ●                         ●   / \                         /  ─────────・───?───・─────────・────     \ /                         \   ● ●                         ●   \ /                         \ のような構造となります(回答(4)さんの画力に脱帽)。 ?方向の負荷は両端のベアリングで、?方向の負荷は左片側のベアリング のみで受けることになります。 回答(4)さんの例では、熱膨張でボールねじはどんどん伸びてしまいます が、本例では、テンションにより影響を多少なりとも抑制できます。 繰り返しになりますが、ロングストロークの工作機械において、「熱膨張 を考慮した軸受構成となり、高速回転に向かない」なる表現で、熱膨張と 高速回転を結びつけるののは、必ずしも的を射てはいないと私は考えて おります。 ちなみに、回答(1)さんの2番目の追記で示された、ボールねじの軸心冷却 (さらに駆動モータのフランジ部も同様に冷却する)は、高精度工作機械 において定番の手法になっていますね。 回答(9) 質問者さんが「詳しく教えて下さい」と言われているので、 皆感情抜きに回答しているのに、何か不満でも? 荒らす暇が有ったら、役立つ回答をされたら如何かな。 ...と構っちゃうからまた荒れるのかも 回答(11)さん ご指摘の件、区分に従えば"専門家"で、回答陣の中では、経験・知識共に トップクラスと自負しております(笑) 回答(9)(12)さん 行間を読み切れず誤解しておりました 早合点申し訳ございません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 繰り返し読み返し、理解します。

  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

回答(6)の記載は、表現が一方的で真実ではない。 確かに、危険速度=共振現象での計算確認方法があり、ロングストロークではボールねじが 長くなることにより、不利になります。 そして、ボールねじ選定では、カタログに記載されている大きな要因の一つです。 記載漏れは、真摯に受け止めます。 ですが、他の回答者さん記載内容からの転用で、L/D の問題で、自重で曲がるので高速回転 が出来ない 記載をしてしまったので、タイヤのバランスが悪ければ高回転させると脚周りに 負荷を掛け、最悪破損する意味と同じ曲がる≒たわみにて、ボールねじの回転バランスが悪く なり、高速回転には向かない説明をしました。 世の中の脚光を浴びていない地味な内容ですが、確認内容の一つに間違いないです。 タイヤ&ホイールのバランスが取れていない状態 ≒ 自重で曲がる でっせ。 それが、(3)へも繋がる内容なのが、専門外は解んねぇ~だろうな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 繰り返し読み返し、理解します。

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

>回答(4) >自重で撓むので高速回転に向かないが正確な表現です ではないです。危険速度=共振現象の誤解があります。 自重の撓みの大小なら速度に依存しない連続的現象。 共振現象は特定速度だけで顕れる不連続現象。回転を上げてゆき危険速度に達すると振れが大きくなるが速度を上げると一旦収まり、更に上げると高次の危険速度が顕れる。   http://www.jsme.or.jp/monograph/dmc/2000/DATA/PDF/406.PDF   fig 5 65が基本、175、300、、が高次モード   fig 5 共振の節が変わる模式図 回答(1)追記の資料   P.19 各モデルの周波数応答 ではメインに考える 軸方向振動 にくわえ、ねじり振動のモードの共振が顕れており、もっと複雑です。 特許文献では、モデルを仮定して、 (機械設計便覧などの権威本の式に拠ると)ボールネジでは○○が危険速度となり、その80%が使用限度とされる。他方リニアモータ駆動では・・・ の書き方になるのでは。 >選択の脱水機を回転させた時 今は横回転が多いが、縦回転なら回答(1)で書いた<垂直方向の設置> 自重と質量との取り違えです。 軸回転は重力と切り離した質量。それが回転して起きる遠心力。僅かな曲がりで質量が偏っていると遠心力が作用する。それだけでは影響少ないはずなのが、危険速度では共振で偏りが拡大されてしまい正常な伝導を妨げる。   http://www.jp.nsk.com/services/pm_techreport/ball11.html   自重によるたわみを考慮した場合の危険速度 への誤解。垂直は考慮しないが危険速度はある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 繰り返し読み返し、理解します。

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

色々なメーカがあるが、NSKが出たので参考までに↓も貼って置きます 直動運動の場合、ボールねじだけでは無くてLMガイドとかの併用になることも 多いのでそれら全般の知識が無ければ偏った考え方や間違いに陥ることもある 一般にボールねじ単独では使用されないので、専用軸受けとかその配列とか、 LMガイドでボールねじ自体に極力荷重を掛けないようにとか色々考慮したい 高速動作に最も重要なのがサーボモータを使うならば殊更に剛性が重要と思う

参考URL:
https://tech.thk.com/ja/products/pdf/ja_a15_008.pdf#1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 繰り返し読み返し、理解します。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

? L/D の問題で、自重で曲がるので高速回転が出来ない   (他の回答者さん記載内容)   危険回転数等をカタログで確認してみてください               ↓    自重で撓むので高速回転に向かないが正確な表現です   ボールねじが、自重の撓みで、長縄跳びの縄の如く回転するようになり、偏荷重が多くなり、   スムーズな回転が妨げられ、壊れやすくなる   (選択の脱水機を回転させた時、洗濯物が偏っていると、ガタガタと周辺に当たる音がして、   壊れるのを防止するために、脱水回転を停止させるに似ている) ? 加速性能が悪くなる   円筒の擬似ボールねじGD2 = 125×π×ρ×L×D^4 の計算になる   [ρ:7.866g/cm^3…鋼の場合、L:円筒の長さ m、D:円筒の直径 m]   長くすると自重で撓むので、径を大きくすると、加速性能が悪くなり、大   きな動力が必要となる               ↓    加速時間を算出するためのGD2値を、125×π×ρ×L×D^4 の計算式で計算します   ?にて、自重で撓み難い仕様にしますと、径を大きくする必要があります  径を大きくすると、125×π×ρ×L×D^4 の計算式なので、D^4 が効き4乗倍増加します   4乗倍増加は、径が2倍なら、16倍増加なので、単純に考えますと加速性能が1/16になります   非常に大きな要因です ? 動作時のボールねじ熱膨張を考慮した軸受構成となり、高速回転に向かな   い軸受構成を選択しなくてはいけなく、高速動作に向かなくなる               ↓      / \                         ─      ● ●                         ●      / \                         ─    ─────────・───?───・─────────・────        \ /                         ─      ● ●                         ●      \ /                         ─  アンギュラ軸受で、ラジアルとスラスト      熱膨張の逃がしが必要であるため  荷重を受ける構成にする             ラジアル荷重のみ受ける構造にする が一般的で、右側の軸受がスラスト荷重を受けられない構造となっています(↓や↑方向の荷重がラジアル荷重、←や→向の荷重がスラスト荷重) (スラスト荷重は、アキシアル荷重とも表現します) ボールねじが長縄跳びのようになった時、右側の軸受はスラスト方向に抗力がありません 因って、より多く変形する軸組み合わせであるために、高速回転ができなくなる 高速度走行ができなくなるとなります 以上は、ボールねじカタログの選定手順に記載されている内容です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 繰り返し読み返し、理解します。

関連するQ&A

  • 高剛性のマシニングセンタ

    近頃のマシニングセンタは高速回転傾向にあり 汎用フライスに比べてはるかに主軸の剛性が少なく重切削に余裕がでません、 機械加工屋にとってこの傾向はどうかと思っています。 うちのBT50主軸のマシニングは 軸受内径がφ85だそうでちょっと重切削すると 轟音を発生します。 同じ加工でも汎用のほうがはるかに静かです。 マシニングセンタで主軸受けが太く (ベアリングが円筒コロ軸受ならなお良し) それでいてコンパクトな機械をご存知の方、 今後の参考にしたいのでよろしくお願いします

  • 400ccスクーター選びについて

    400ccスクーターについて質問させて下さい。現在中古のスカイウェイブ400とグランドマジェスティ400どちらを購入するか迷っているのですが、両者乗った事ある方もしくは、所有されてる方以下の 質問の回答をよろしくお願い致します。 (1)高速道路を多用するつもりなのですが、100キロからの加速はどちらが速いのでしょうか?リミットまで (2)性能的には両者とも130~140キロ巡航は可能ですよね?(出すつもりはないですか) (3)100キロ時のエンジンの回転数 120キロ時のエンジンの回転数 130キロ時のエンジンの回転数 140キロ時のエンジンの回転数 150キロ時のエンジンの回転数 160キロ時のエンジンの回転数 を教えて下さい。 (2)どちらが最高速は上なのでしょうか? (3)250ccスクーターでも130~140キロは出ると書いてあったのですが、 400ccスクーターでは120キロの加速までは速いと思う気がするのですが、それ以降はじわじわ加速する感じでしょうか?250ccスクーターより高速域で加速は速いですよね? 自分で色々調べたらグランドマジェスティ400の割にはコンセプトがよくわからないとかスカイウェイブ400よりパワーがないからやめておいた方がよいとバイク屋の店員から言われたので実際に両者乗った事ある方回答よろしくお願い致します。 すみませんが試乗してみたらとか、その他の回答はいりませんので、実際に両者乗った事ある方、もしくは所有してる方のみ回答をよろしくお願い致します。

  • ZRX1200RorW650

    ZRX1200RとW650で迷っております。 ツーリング主体で高速や峠をかっ飛ばしたりはせず、田舎道を法定速度+10~20キロ(すみません)で走るのが好きです。 できれば低い回転でゆったり走りたいのですが、W650で事足りるでしょうか? 以前どこかのサイトで650ccなのに加速はバリオスに毛が生えた程度というのを見たので、もし乗ったことがある方がおられれば長所・短所を教えてください。 試乗できなかったのでインプレを参考にしようと思いましたが、加速性能についてあまり書かれてなかったので・・・。 自分は今ZZR250に乗っていますが、違いを実感できますでしょうか? ではよろしくお願いします。

  • エンジンの馬力について

    オートバイで、フルパワーで120馬力のエンジンと同じエンジンで100馬力規制のエンジンがあるとします。 3速までの特性は同じで4、5速の特性を変え規制をかるとします。 最大出力はどちらも6000rpmで同じとします。 低速域でのトルク。また4,5速での高速回転域ではどのような違いが出てくるでしょうか。 最高速度に違いは出るのは分かりますが、加速性能の違いなどを知りたいです。 宜しくお願い致します。

  • ローラでワークを挟み、回転させる際の慣性モーメント

    上下2つのローラで円筒形状のワークを挟みこみ、ローラとワークを回転させる場合に、抵抗トルクがどのくらいになるかをみるための考え方について教えていただきたいです。 下側ローラは固定で、上側ローラでワークを加圧します。 上側ローラと下側ローラは1つのモータで駆動させています。(ギヤによって) 上下ローラが回転することによって、挟み込まれたワークも回転します。 (1)上側ローラ (2)下側ローラ (3)ワーク ワークは円筒形状ですが、直線運動体であると考えた場合には、 (1)上側ローラにかかるトルク ・モータによるトルク(加速トルク) ・加圧による反力によるトルク(抵抗トルク) (2)下側ローラにかかるトルク ・モータによるトルク(加速トルク) ・加圧によるトルク(抵抗トルク) ・ワーク重量によるトルク(抵抗トルク) (3)ワークにかかる力 ・上側ローラと加圧力に関する摩擦力(加速トルク) ・下側ローラと、(加圧力+ワーク重量)による摩擦力(加速トルク) このワークに関しては、上側ローラおよび下側ローラの摩擦力によって回転するので、加速トルクになるものと思われます。 画像を添付しますが、立式が間違っているかもしれません。 また、この運動方程式を基にして、モータ軸換算の等価慣性モーメントと、抵抗トルクを求めていっています。 以上の考え方から、モータ軸換算の抵抗トルクを考える際には、モータの加速平均トルクに、ワークに関する自重と加圧力から導かれる加速トルクを足して、上下ローラについてのワークと加圧力から導かれる抵抗トルクを引けばよいのでしょうか? 現在慣性モーメントやモータについて勉強中であり、考え方や、質問自体についても至らないところがあると思いますが、回答をしていただければ有り難いです。 よろしくお願い致します。

  • 高速、高加圧力駆動方式

    高速、高加圧力を達成できる上下駆動方式を検討しています. 具体的には、350mm/sの速度で30tonを発生できる 駆動方式です。現状は油圧サーボ弁を使用しておりますが、それにかわる構造を検討しています. サイクルタイムは6mmストローク往復で60ms以内ですので加速性能も大きなポイントです。電動+メカ(リンク等)、油圧+電動といったハイブリッド化をしたいのですが、いずれも速度、加速度と加圧力の両立が難しく困っております. 何か良い方策、構造はないものでしょうか?

  • 軽自動車かリッターカー

    小さい車を買おうと思います。軽自動車の 税金や保険料などの維持費の安さは魅力 です。しかし内装は安っぽく、シートも薄っぺらで す。タイヤもプアです。ターボ付きなら そこそこの動力性能はありますが、高速 走行だと高回転を多用するので燃費が 悪くうるさいです。寿命も短いと思われます。おまけに本体の値段も高いですしね。 リッターカーは最近の凝ってます。小物入れの 蓋にダンパーを付けたり、シートも2リッター クラスの物を流用しているのでたっぷりしています。 排気量も1300ccだと倍くらいあるので、 余裕ですね。しかもCVTで高速巡航時や加速時 など常に低い回転数を維持しています。これは燃費 や静粛性、エンジンの寿命にいいです。 本体の値段は同じくらいですが、維持費が決定的に 違います。でもそれを甘受できるだけの魅力が リッターカーにもあります。ずばりどっち?

  • ボールネジと単軸ロボットとリニアステージの違い

     いつもお世話になっています。 社内に加工ラインを組みたいのですが、製品を切断する際、入力した全長に応じた距離だけ製品を1方向に動かす機能として、サーボモーターとボールネジを組み合わせるべきか、単軸ロボットにするべきか悩んでいたところリニアステージなるものも見つけてしまい、頭がこんがらがってきました。 ボールネジとサーボモーター …目的に応じて組み合わせを変えれば幅広く活用できるが、ガイドやインバーターなどと組み合わせる知識が必要。精度は高い。速度は遅い。 リニアステージ …精度が高く、機種によってはすぐ運用できるが高価。ロボットでいうハンドがいる。速度は速い。 単軸ロボット …リニア式やボールネジ式など、種類によって精度や価格が様々。ハンドが必要。 このような認識でかまわないでしょうか。 リニア駆動の単軸ロボットとリニアステージの違いや、どういった使い分けがなされているのかといった疑問に合わせて答えていただけるとありがたいです。 質問の内容については十分な回答をいただきましたが、加工内容によって変化する部分もあるかと思いますので、加工の概要を説明させていただきます。 加工物:ツバつきの金属棒(径Φ4~Φ10 全長50~300)重さは1~2kg程度 加工目的:全長50mm単位(径は1mm単位)で決まっているブランクの全長を必要に応じ0.01mm単位で切断、研磨したい 要求精度:仕上がり寸法公差 0~+0.02 加工概要:製品をクランプしたガイドが入力数値に応じて軸方向に移動。ガイドと垂直に動く砥石が加工物を切断、研磨 ロボットでもリニアステージでも、動作精度がそのまま加工の精度になるので、精度の高いものでなければ難しいかと思います。 加工物をクランプする際もずれは出るのですが、現状は企画段階ということもあり個々に考えていきます。 加工ラインとお話しましたが、小ロット多品種の加工をこなさなければならないので、実際は加工ラインと自動機の中間のような運用をする予定です。 皆様、様々な視点から回答をいただきありがとうございました。 ひとまずここで質問を締め切らせていただきます。 他の方が見られるときのことを考えて、質問内容に沿って回答をいただいた方お二人に良回答をつけさせていただきますが、その他の回答を下さった方、ラインについてアドバイスを下さった方、皆様の意見も大変参考になりました。 ありがとうございます。

  • リニアガイド・ボールネジの海外メーカ品につきまして

    お世話になります。 最近、社内でコストダウンを目的とした海外調達品の採用要求が強まっております。 カタログ上性能は満足するものの、実績も無いことと、お客様にお渡しする製品に使用する為、大きな不安を抱えております。 リニアガイドやボールネジの海外調達品の良いところまたは悪いところを経験の中から教えて頂きたいと思います。 現在、台湾製のHIWINさんとABBAさんが候補として上がっており、 HIWINさんは社内テストをしていてほぼ良好の結果が出ております。 他のメーカーなどもありましたら紹介を頂きたいと思っております。 すみませんがよろしくお願いします。 ご回答頂き、ありがとうございます。 いろいろと調査をしましたが、不安は拭い取れませんでした。 海外品=粗悪品のイメージがあるためか、他の場ではあまり良い回答をもらう事が出来なかったのです。 それに対し、カタログスペック上は支障なさそうですし、、 使ってみたい気持ちや興味はは、大きくあります。 この際、費用は掛かってしまいますが、テストを実施してみようと思います。まだまだ先になりますが、その中でわかったことなどを書き足してみます。 また、他にも情報等ありましたら、お教え頂けますようお願いいたします。

  • アテンザワゴンとレガシィ

    新車購入にあたり、この2つで悩んでいます アテンザワゴンXDとレガシィ2.5i(E型)両方試乗してみました ぶっちゃけ燃費はさほど気にしていないのですが(ハイオクは別として) いままでミニバンに乗っていたため、走行性能はさほど気にしていていませんでした ところが、2つの車を試乗したときの走る・曲がるなどの性能に驚いてしまい、すっかりはまってしまいまったのです ただ、クリーンディーゼルターボというもの(CX-5 XDにも試乗済)に期待しすぎた為か、発進から60kmぐらいまでの加速感ではレガシィにはかなわないような気がしまして、また高回転になるとアップイアップしているような感じがありましたが、なにせ試乗だったため、時間も限られ、高速も走れるわけではなかったので、いま一つ納得できてない状態でもあります 自分のほうとしましては、速い車がよいというか、気持ちよい加速感でドライブしたいというのがありまして、迷っています 自分の希望 加速やスピード感・居住性・積載性・運転していて楽しい車 自分の現状 車の運転は仕事で毎日です(1600ccクラスの商用車を毎日100km程度) 東北地方なので雪が積もります 最近車の魅力に取り付かれた感がいなめませんが、 アドバイスよろしくお願いします