• 締切済み
  • 困ってます

テーパ直し

NC研削盤にて段取り時、始めテーパが付いているので一度75幅の砥石で少し加工しどれくらいテーパがついてるか見るんですがどれくらいテーブルを動かしてよいかわかりません。例えばワーク全長が330、そのうち75幅部でテーパが0.03付いていたら全体でどれだけ動かしたすぐになおりますか??

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数443
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

回答(1)再出です。 追記したのですが、ちょっと消化不良でした。すいません。 テーブルに目盛りが付いていることを忘れていました。 測定長さ75mmで、テーパー量(直径)0.03 mm として、 目盛り単位が%の場合、 0.03÷75×100=0.04%(直径) 目盛り単位が度(°)の場合、 Atan(0.03÷75)×180度÷Pi(パイ=3.14)=0.023度(°)(直径) 目盛りがダイヤルゲージなどの場合、 目盛り位置までのテーブル長さを500mmとすると、 500×(0.03÷75)=0.2mm(直径) いちいち計算するのは面倒なので、換算表にするとよいと思います。 (計算を間違えていないと思いたい。) (補足じゃなくて蛇足かな?)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

どのレベルでお答えしたら良いか迷うが 芯間 500mmになら中心位置から250mm 砥石幅(測定距離)との比較で約3.33倍 0.03×3.33=0.099 ≒ 0.1 テーブル旋回のダイヤルインジケーターで0.1の調整 又は 削った75mm部をダイヤルで測定しながら調整・・・・なんだが 実際は計算通りに100%とは行かない事が多い 加工しながら微調整が必要です。 本来、両センター基準で芯間移動しても基準は変わらず テーパーは付かないのが理想です。 ワークをトンボしても振れが変化する事も無いはず。 ところが現実は? 何が影響しているのかを理論的に検証すると今後の役に立つでしょう。 すみません。 回答 1)さんの補足で読み返して気が付いた。 0.03は経の差分 なので 1/2 が修正角度 加えて 芯間 500mmだとテーブルの長さは 1200mm~1300mm程度ですね 回転中心から測定装置までの距離を約半分として 600mmと考えると 0.015×(600/75)=0.12 と なりますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。一度チャレンジしたいと思います

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

回答がなかなか付かないようですね。 質問の内容がわかりづらい部分がありますので、 補足することをお奨めします。 平面研削で間違いありませんね? テーパーは全長330方向だけにあるということになりますか? ワークを削る前に測定はしないのでしょうか? (手順が今ひとつわかりません。) 長さ330の端から75で0.03の傾きということであれば、 単純な計算で、(330/75)×0.03=0.132 となりますが、 ここは計算でなくて、測っておくべきではないかと。 回答(2)さんの例に合わせて、 芯間500mmとして、測定長さで割ると、 ? 500mm÷75mm=6.67 テーパは直径で0.03mmなので、半径にすると、 ? 0.03/2=0.015mm ?×?=0.015mm×6.67=0.1mm 回答(2)さんと結果も同じです。 蛇足ですが、 測定長さ300mm、テーパが直径で0.03mmの場合 芯間500mmとして、 ? 500mm÷300mm=1.67 テーパを半径にすると、 ? 0.03/2=0.015mm ?×?=0.015mm×1.67=0.025mm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。一度チャレンジしたいと思います

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 円筒研削になります。両センターでうけワーク全長330です。 端から38mmのいったとこから75幅の砥石でプランジカットして75幅の両端で測定すると直径で0.03のテーパがつきます。

関連するQ&A

  • SUS304の円筒研削について

    φ16,全長300を砥石幅70ミリの円筒研削盤で0、2ミリくらいトラバース研削します。 できるだけ早く仕上げたいのですが、研削焼けしてなかなかできません。砥石は19Aで速度は変えられません。ワークの周速は135ですが、ワーク周速を上げればいいのですか?ドレスは粗めがいいのでしょうか? わかる方アドバイスお願いします。

  • 円筒研削盤について

    NC円筒研削盤を使用して円筒研削を行っています。トラバース円筒研削を行った後にワークにテーパーが付いています。これを修正するのはハード的(センタ移動する機構で)に修正してしまうものなのか?NCのプログラムで行うものか、通常の見識ではどちらがいいのでしょうか?砥石幅は20mm、ワークSKS 直径12mm 長さ150mmです。また、ワークが太鼓形状になる傾向があります。それを防ぐためにはどのような研削プログラムを組めばよいでしょうか?漠然的な内容で申し訳ありませんが、何かアドバイスやヒントを頂ければと思います。よろしくお願いします。

  • ワークの周速について

     砥石周速と適正なワーク周速の関係が分かりません。ここで言う適正とはできるだけ早く研削ができ、かつ砥石が長持ちするような関係です。  砥石はΦ455(2120rpm)結合度K、粒度80、ノリタケ製です。  もちろん機械、砥石、ドレス条件で色々変わるとは思いますが大体の目安を知りたいです。  NCでないので砥石周速は変更できません。砥石周速、ワーク周速、砥石切り込み量、送り速度の関係を簡単に求められる計算式などあればおしえていただきたいのですが・・・。  例えば、S45CでΦ16、全長50?(HRC52程度)の円筒の材料を円筒研削盤でプランジ研削するとすれば、砥石周速が2700m/分とすればワーク周速、切り込み量はどれくらいが適正でしょうか。また実際にあなたが研削するとして、どれくらいで研削されていますか?  

  • ハードクロームメッキの研削方法

    SS400の母材にハードクロームメッキを付け砥石研磨を実施しました。 ワーク径φ800長さ750mmあります。 使用砥石:CBN 粒度:240 を使用しましたが製品径がテーパーに なってしまいました。砥石外径も砥石幅38mmで0.05テーパーに摩耗しています。単石ダイヤでドレッサーを行うが改善しない。 切り込みを1μ~3μ程度で行うも加工径があまり削れない。ビレ(模様)も発生している。 今後どのように研削を進めたら良いでしょうか。CBNでは加工は難しいのでしょうか。砥石はCBNとGC系#320しか保有していません。 適した砥石、研削条件などご教授願います。

  • テーパー

    1/16でテーパー加工するとき最大26.0で長さ10の時の最小径の方のがいくつになるか教えて下さい。  NC旋盤加工です

  • NC旋盤でテーパーがついてしまう。 主軸の振れ?…

    NC旋盤でテーパーがついてしまう。 主軸の振れ?レベル?その他? 本日、NC旋盤でφ60-長さ80mmの加工で0.02mmのテーパーがついてしまうのでメーカーより機械調整に来て頂きました。     (メンテナンスはど素人なもので) レベル、主軸の振れ等の修正の予定でしたが レベル出しだけで150mmで0.01未満のテーパーに収まったのでこれで終了したのですが、 その後仕事としてφ47-61.5-φ50.3-25の段の付く製品の加工をした。 φ47-61.5間で0.01、φ50.3-25の間で0.005のテーパーが付いてしまいました。 150で0.01のテーパーなのでφ47-61.5間で0.004、φ50.3-25の間では0.0016になるはずでは? メーカーは、加工条件不明ですが手動送り(ハンドルではない)で確認していましたが、自分はプログラムによるNC運転で加工しました。 これによってテーパーの出かたは変わってくる物なのでしょうか。? ちなみにプログラムの加工条件は   ワークはSCM440   切削速度は300m/min   送り0.2mm/rev   ノーズR0.4 です。 加工条件でテーパーの出かたは変わりましたっけ。? テーパーが付かなかった頃はそんな事無かったように思えます。 皆さん、色々とアドバイスありがとうございます。 皆さんの回答、メーカー側との相談を踏まえて、今で直ぐできる調査をしてみました。 まず、メーカの修理後の段階でのメーカー側の確認。  φ60×150を片持ちで加工。チャック端面からの突出し214。    S=650 F=130 程度 (非自動)    先細の0.01未満のテーパー。 その後、弊社で確認。  φ57.8×150を片持ちで加工。チャック端面からの突出し214。    V=300 送り0.071 程度 (自動)   ・先端から元にかけテストインジケータで計測。 先細0.01テーパー   ・マイクロによる計測 先端 φ57.79              先端より37 φ57.785              先端より75 φ57.79              先端より112 φ57.795              先端より150 φ57.805   ・ワーク先端にテストインジケータを当てワークを回す      0.005針が振れる。   ・ワーク先端にテストインジケータを当てワークを手で押す引く      ±0.01針が振れる。   ・チャックにテストインジケータを当てチャックを手で押す引く      ほぼ振れない。?  他のワークで   φ16×46 チャック端面からの突出し89。    先細0.01テーパー     φ20×66 チャック端面からの突出し109。    先細0.02テーパー     *加工条件により多少の違い出る。 加工機詳細です。 MAZAK QUICK TURN NEXUS 150 北川8インチチャック

  • テーパー当たりについて

    NC旋盤で1/5の内径テーパーを加工していますが、テーパー当たりが揃いません。1/10くらいの確立で当たりが50%くらいのものができてしまいます。連続加工中での出来事です。どうしてなのかわからなくて苦慮しています。ご指導お願いします。

  • 旋盤でテーパ加工

    はじめまして、 加工機その物も、見たことの無いど素人です。 旋盤加工についてお伺いしたいのですが、 テーパ加工の2箇所同時研削が出来ないと言うのは、 本当ですか? また、出来ないならその理由も教えてください。 どうぞ、宜しくお願い致します。

  • 小径テーパ穴加工

    NC旋盤に携わっている者ですが今回初めて経験する加工の依頼がきて困っています。外径95、全長85、SUJ2で内径9.03で75までストレートで内径5.5まで20°(片側10°)のテーパの加工依頼が来たのですが今までに経験のない加工で超硬のボーリングバーを使用したとしてもかなり現実的に厳しいと思い、良い加工方法や工具などありましたらアドバイス頂けたらと思います。似たような加工経験がある方いらっしゃるならアドバイスよろしくお願いします。

  • 内面研磨のテーパー加工について

    内面研磨のテーパー加工について教えてください。 SKD61 硬度45度 内径120 全長600 汎用型で振れ止め使用 但し、スピンドル長さが500のためワークを反転させてつなぎます。 公差省略して大雑把に書きますと、チャック側から AΦ120 長さ200 BΦ120.2 長さ200 CΦ120 長さ200で、このままだと段差が出来るので AとB、BとCの区間約30ミリでテーパーにて滑らかにつなぎます。 どのようにテーパーにしてつないだらいいかわかりません。 今まで直線しか経験がなく、このような形状は初めてです。 どうかよろしくお願いいたします。