• 締切済み
  • すぐに回答を!

BT50番マシニングでの M3加工おいて

主軸の振れ0.03 マシニングBT50 した穴φ2.6 止まり穴 深さ10 材質アルミ A5052P コレット ER20 のばねコレットでM3タップ工具を保持 回転数251 送り 125.5 タップ加工のZ指令値 Z-4.5 油 油性 ワーク角材クランプ 油圧バイス 使用タップ工具 OSGの EX-AL SFT または TIN-SFT において 加工をした時の タップの折損の 率は 皆様の経験上は何個やって どれくらいのイメージでしょうか? 皆様の環境下での BT50番のマシニングでこれくらいのZ深さ した穴でやったときの 生の経験からくる 感想をお聞きしたいです。 工具メーカーに聞くと BT50でM3は トラブルが多く お勧めできない やりたければどうぞと 言われました。 本当にそんなにトラブルものなのでしょうか? メーカーはトラブルばかり聞いているから 実際の現場の皆様の 感想 生の体験からくる 感想は 違うのではと思うので、 個人的 感想 経験の中からでいいので、教えてください。 50箇所ですので、 そんな 何百とかいう単位ではないです。   した穴φ2.5ドリルと φ2.6ドリルでは タップ時の折れやすさは大分違ってくるでしょうか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数3
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

回答(2)氏と同意見です。 同期式タップ(リジットタップ)機能が付いていなければ、 フローティングタッパの使用が不可欠です。 回答(1)氏の懸念は不要で、様々なツーリングメーカが 商品化しています。 タッパのトップメーカは http://kato-koki.com/ です。 さて、BT50マシンの主軸は、ギア変速付きですか? YESであれば、回答(1)氏が指摘されている主軸のイナーシャの問題 に加えてギアのバックラッシの影響が懸念されます。 ワークがアルミなので折損しないまでも、ねじがキチンと加工できない 恐れがあります。 NOであれば、多少なりともリスクは軽減されます。 次に、主軸の振れ0.03は大きいです。 下穴ドリル、タップともに、0.02以下の振れにしたいところです。 また、油性クーラントを使用すると、機械の熱変位が大きくなる (クーラント温調装置が付いていれば問題なし)ので、タップ加工時に 下穴との位置ヅレも心配です。 下穴をφ2.6にすれば折損のリスクは軽減されますが、ねじの締め付け 力は多少なりとも低下すると思われます。 何回も取り付け取り外ししないのであれば、問題ないかもしれませんが、 設計に確認した方が無難です。 切削条件はあまり問題視しません。 BT50マシンであれば、指令の回転速度に全く到達せずに加工が終了します。 まとめ ・タッパを必ず使用する ・クーラントの吐出量を絞る ・工具の振れを0.02以下にする もしくは ・ハンドタップで加工する ? 困ったときのウィキペディア 慣性モーメント(イナーシャ) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%A3%E6%80%A7%E3%83%A2%E3%83% BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88 フライホイール http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83% 9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB ギア付の主軸はイナーシャが大きくフライホイール効果があるので、 急激な速度変動が必要なタップ加工では不利になります。 15年以上前より、スピンドルにモータがくっついた低イナーシャの ビルトインモータ主軸がマシニングセンタに採用されてから、シンク ロタップの速度・精度が随分と向上しました。 さて、ご使用の機械がシンクロタップ機能付きとのことで、ひとつ 条件が有利になりました。しかし、BT50で小さいタップはどちらか と言えば得意でないので、タッパを併用するとリスクを軽減できます。 下穴ドリルとタップの振れは念のため測定した方が良いです。 0.03以上振れていたら、正直言って厳しいです。 繰り返しになりますが、ワークがアルミですから、折損よりもネジが キチンと加工されないことを心配します。 ? 多くの方がタップの指令回転速度をご理解されていません。 No.40364 タップについて http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=275340&event=QE0004 の小生の回答をご参照ください。 (この時は質問者さんに無視されました...) アプローチ距離をどれだけ離しても、実際に加工する距離は僅か4.5mm なので、主軸は減速しながらネジを切ることになります。 ? 回答の書き方が拙くて申し訳ございません。 折損が心配ならば、50か所ぐらいなら、下穴だけ機械加工してタップは 手作業をすることも一案...の意味です。 >もし0.03以上触れていたら M3タップでは  >かなりの頻度で折れるまでいかないにしても >タップ加工不良を発生してしまうと想定できますか? 小生がオペレータならば、怖くて行うことはできないレベルです。 しかし、案ずるより産むがやすし...回答(1)氏記載の通り、 机上で悩むより、端材で試してみることをお勧めします。 アルミですから、何とかなるかもしれませんので。 >主軸のフレの見方ですが、 >工具のシャンク部分などに インジケータ または >ダイヤルゲージを当てて 手で 主軸を回して >針のフレを見たらいいでしょうか? yesです。 ?ツールを装着しない状態でテーパ部を測定 ?ツール&ドリル/タップを装着して、工具のシャンク部を測定 するのが簡単でしょう。 >ネジがキチンと加工されないとは どんな状態がありますか? >ムシれるとか以外に どんな症状となって現れるでしょうか? ピッチがおかしくなったり潰れたりしてネジが締まらなかったり、 ゆるゆるになったりすることが考えられます。 因みに、回転速度の件は理解いただけましたでしょうか...

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 シンクロタップ機能で加工しています。 >さて、BT50マシンの主軸は、ギア変速付きですか? はい。 ハイとローがあり シンクロ 時には ギアをハイに入れます。 ギア変速がない方が安全なのですね。 主軸のイナーシャとはどういう ものでしょうか? >主軸の振れ0.03は大きいです 機械は20年前のものです。 10年以上前の記録に0.02とあったように思うので 想定として書きました。 測ってはいません。 >BT50マシンであれば、指令の回転速度に全く到達せずに加工が終了します。 助走を20ミリとっていますが、 長くとっても指定回転数に到達しないの でしょうか? >もしくは ・ハンドタップで加工する マシンで加工する場合でも スパイラルタップよりも ハンドタップの方が トラブル生じにくいのでしょうか? それは なぜでしょうか? ありがとうございます。 >下穴ドリルとタップの振れは念のため測定した方が良いです。 >0.03以上振れていたら、正直言って厳しいです。 もし0.03以上触れていたら M3タップでは  かなりの頻度で折れるまでいかないにしても タップ加工不良を発生してしまうと想定できますか? 主軸のフレの見方ですが、 工具のシャンク部分などに インジケータ または ダイヤルゲージを当てて 手で 主軸を回して 針のフレを見たらいいでしょうか? >繰り返しになりますが、ワークがアルミですから、折損よりもネジが >キチンと加工されないことを心配します。 ネジがキチンと加工されないとは どんな状態がありますか? ムシれるとか以外に どんな症状となって現れるでしょうか? ありがとうございます。 >小生がオペレータならば、怖くて行うことはできないレベルです 主軸フレは 何ミリ以内だと 行けるのではないかなと思う レベルでしょうか? >因みに、回転速度の件は理解いただけましたでしょうか つまり 逆転があるために いくら助走をつけても 短い距離で止まるために 減速のために結局 速度はでないという事ですね? 加工深さ 足す R点の 距離の中で 止まるまで減速しないとならない から 減速しながら 動くという事ですね? 回転も 送りも

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

私が現役の頃(一期目前世紀です)は 別にM3でも折れませんでした (ヒューマンエラーで下穴があいてないところに突っ込むのを除く) 欠損率は0です SKDから アルミまで ちなみに使っていたのは フローティング機能が付いているタッパーです 足を悪くして設計をやり始めたころ 悪気なくM3で図面を書いていたら M3は折れるからM4に変えてくれっといわれたので みなさんM3はにがてみたいです ちなみに折れるのは慣性で回転が止まり切れないのに Z軸が止まってしまうためで フローティング機構 オーバートルク機構 がついてないと折れやすくなると思います 2期目は タッパーを買ってもらいませんでした 穴開けは フライスでやれという社長だったため

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 経験はBT50番での機械での話ですね。 M4では世間的にもあまり折れないイメージなのでしょうか? イメージ的にも 経験的にも >ちなみに折れるのは慣性で回転が止まり切れないのに >Z軸が止まってしまうためで 切れないのに Z軸がまだうごいているからではなく とまるからだめなのでしょうか?  すいません。 少しイメージがつかめませんでした。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

>工具メーカーに聞くと BT50でM3はトラブルが多く、お勧めできない、 やりたければどうぞと言われました そこで引き下がらず突っ込んで理由を聞くべきです。またはツーリングメーカに聞く。 M3はやりません。M5なら大丈夫と確認してます。 タッパーで性能が良いものあるかもしれないが、今はシンクロタップ(リジッドタップ)が標準なので、あまり売れないと思います。 >した穴φ2.5ドリルと φ2.6ドリルでは  タップ時の折れやすさは大分違ってくるでしょうか?   http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=277750&event=QE0004 のように当てずっぽう回答する加工実習未了者が徘徊してるサイトなので、何を信じて良いか・・・・Yesと言いかねない。 >折れた時の下穴 に関わらずほぼ即死。 ボール盤用のカトウタッパーは充分いけます。アルミなら M2 が境目ぐらい。 たかだか1?の差と思うなかれ M3 とは全く様相が違います。 マシニング用のフロート機構とトルクリミッタを備えた同等品は太くて柄が付いたタイプだったと思います。 M4どうなんじゃM5はホントか?、、、疑問膨らむなら試すが一番。失敗怖れて評判聞くだけではホンモノになりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 >M3はやりません。M5なら大丈夫と確認してます M3をやらないのは 経験上 それなりに折れてしまうからでしょうか? 頻度的な体験談をもしよろしれば教えていただけないでしょうか。 折れた時の下穴 とか。 頻度とか。

関連するQ&A

  • M3タップ加工後、ネジが通りません

    4個のワーク(A6061)に1箇所のM3タップ加工しました。 4個中1個だけタップ加工が不完全だったようで、ネジが通らなかったそうです。再度タップで通すと問題が無かったそうです。 下記の条件で加工しました。 素材:A6061 加工:ロボドリル M3タップ加工    下穴φ2.5 深さ11 (S2000 F150 ペック1mm)    タップ深さ10 (S800 F400) 工具:OSG EX-SUS-GDS φ2.5ドリル    OSG EX-AL-SFT M3タップ キリコの確認はしてます。 過去に無かった事例だったので、理由・対策を教えて頂けないでしょうか?

  • SUS304のタップ加工について!

    ワークの材質は、SUS304です。M3タップ(止まり穴・1ワークに10穴)を深さ10mm加工するのですが、切削条件が分かりません。現在の使用工具は、OSG社のSUS-DH-SFTホモ処理仕様のスパイラルタップで、下穴のドリルは、同じくOSG社のEX-SUS-GDRの2.6φを使用しています。どうしてもタップ折れ等のトラブル怖くて、規定の深さまでタップを入れることを、ちゅうちょしています。また、1本のタップで何個のタップ加工が出来るのかも分かりません。やはりロールタップを使用するのもいい方法なのでしょうか??素人なので皆様の良きアドバイスをお聞かせ下さい。宜しくお願いします!!

  • ダイス鋼の穴加工に適したマシニングセンター

    現状ラジアルボール盤にて加工しているSKD11の穴加工をマシニングセンター化したいと考えています。 既存マシニングセンター(立型BT50)で超硬ドリル、スロアウェイドリルのテストカットを行ったのですが軸芯給油装置が無い為に工具の 切削長が著しく劣ります。 皆様はどの様なマシニングで鋼材の穴加工をされていますか? また、下記条件に合うマシニングセンターはどんなものがあるでしょうか? ●センタースルーで切削油が出る ●使用ドリルは最大Φ27迄で加工深さ4D迄 ●熱処理前のSKD11迄、加工可能であれば良い ●鋼材最大サイズは250*200*200mm ●穴加工以外の機能は必要としない 以上、御指導願います。

  • アルミ材2017へのM3タップ加工

    2016年製ロボドリルにて、アルミ材2017へM3のL5でリジットタップ機能を用いて加工を行ったところ、5~6穴くらいで折れてしまいます。 下記条件にて加工を行っていますが、なにか助言あればいただきたいです。 使用油剤:MORESCO ツールメイトGD(普段はセラミックを加工しているため、油種の変更は難しいです) 下穴NACHI DLCDH2.5のS8000、F300、L7.5にて加工 タップ NACHI SGSP M3×0.5 P2にてS300、F150、L5.5にて加工 その後NACHIのタップではタップ深さが4前後しかほれず、先がキツい仕上がりになるので OSG TIN-SFT M3×0.5 OH2で加工したところ、穴深さねじ山の仕上がり共に良好なのですが、やはり5~6穴で折れてしまいます。(タップはどちらもタッパー未使用)

  • OSGタップ工具 HS SFT M8 SKS3に…

    OSGタップ工具 HS SFT M8 SKS3に食いつきだけなら OSGのタップ工具 HS SFT を使っています。 M8なのですが、 した穴はφ6.9であけています。 メーカーの資料にはSKS3には ○が入っていないので、 OSGに聞いたら いいとはいいませんが、 マシニングでタップするのは 指令値でZ-5だけの 食いつき部分だけなのですが、 実際のところ Z-5だけの 食いつきなら ○は入っていなくても 折れたりするのは考えにくいでしょうか? 実際のところを教えてください。 タップ加工は タッパーではなく シンクロで加工しています。 回転数251です。 

  • オイルホールなしの機械でのタップ加工について

    現在、縦BT40のマシニングでM10×1.5のタップを複数個加工する ワークで、タップ加工前の下穴に隣のタップの切りくずが入り込み タップが折損したり、噛み込んでしまうトラブルがまれに発生します。 同じ加工機でM8やM6のタップ加工もしますが、同様のトラブルは ありません。下穴径の大きさの違いだと思います。 工具メーカーさんから様々な工具を調べてみましたが、このトラブルを クリアする工具は大体、オイルホール付きが前提のようです。 オイルホールがついていない加工機で噛み込まない方法というものは ないでしょうか? ちなみに似たようなワークで横マシニングでのタップ加工では そのトラブルは発生しないので、縦マシニングについている2軸の NC円テーブルに問題のワークを取り付けて傾斜軸を90度倒して、 90度アングルヘッドでタップ加工をやってみてはどうかと思っていますが、 これよりもっと簡単な方法でテーブルベタ置きのワークにトラブルなく 加工出来る方法がありましたらお教え下さい。 素材はSCM420焼入れ前のもので、下穴ドリルはOSGのEXドリル8.6mm タップはOSGのハイスでロングスパイラルです。(切りくずがタップによく 絡まるのでロングにしてます) 以上、宜しくお願いいたします。

  • BT40の横マシニングでΦ200穴・深さ220の…

    BT40の横マシニングでΦ200穴・深さ220の高精度加工 BT40の横マシニングでΦ200穴・深さ220の穴をあけたいのですが、 以下条件をクリアできますでしょうか? 御経験者のアドバイスをよろしくお願いします。 また、難しい場合、刃物や送り、回転数等、成功させるアドバイスをよろしくお願いします。 径:Φ200+0.046/0 深さ:220貫通 直角度:0.02 荒さ:三発 材料:FC300

  • 止まり穴タップの加工後、きりこ処理について

    止まり穴のタップ加工後、いつもエアーでプシュプシュと穴を吹き、きりこを出しています… M4、M3の深穴とか、数が増えると、けっこうな手間なのですが、みなさん、どーされてるのでしょうか? ちなみに、マシニングとかなら、タップからクーラントが出てくる工具などで、きりこを出してくれるのですが、汎用機ではそうもいかなくて(^^; タップは、スパイラルタップを使っています。

  • ドリル加工での深穴加工

    お世話になります。深穴加工をして、すごく加工穴が流れてしまい原因が よくわからず、ご教授頂きたくお願いいたします。 SKD11材で、加工深さが60.0mmあります。4.3φのキリ(ストレートシャンクドリル)で、穴数が12カ所あります。ステップ加工(Q1.0)を行い、 油性のクーラントをかけながら加工しました。  S1200 F40 BT403つ爪ドリルチャック(コレットではありません) 工具突き出し長さ、65.0mmです。 最初の加工穴はいいのですが、3カ所目の穴からドリルが折れる前の音 (なんと表現していいかわかりません)がして、ドリルの刃先を見ると ばたばたになっています。3カ所ずつ交換していますが、ドリルの刃先は 回転数や送り、ステップを変えていても変わらず、 結局両面加工(反対面は、3.1キリ)でしたので、加工終了後加工穴を 見てみると、大きく穴がずれていました。 こういった場合、どのような原因でドリルが流れていったのか、 ご教授頂きたいのですが、ドリルチャックを新品に交換しても 結果変わらずでしたので、原因つかめず困っております。 よろしくお願いいたします。 回転数や送りを見直し、コレットに締め付けを行いました。 また、みなさんのアドバイス(答え)通りに行ったところ、 加工穴が流れなくなりました。 今後、自分でさらに加工テストを進めていきたいと思います。 みなさん、ありがとうございました。

  • マシニング アルミ合金Mg-Si系への穴加工

    マシニングでアルミ合金Mg-Si系へ穴加工で質問です。 BT30番のマシニング 外部給油(オイルホール無し) アルミ用ハイスドリル を使用して ①φ2(0/+0.09)深さ5 ②φ4H10(0/+0.048) 深さ9.5 の穴を一発加工したいのですが、どのドリルを選定したらいいかわかりません。 ナチを例にとると、DLCハイスドリルはマイナス公差で仕上がっている為、Φ2.0だと小 φ2.1だと大(⇦と創造) φ4も同 と思われます。 どんなドリルを選定すればいいでしょうか? それともφ2.0 φ4.0 ドリル(マイナス公差)で穴をあけて、引き続きマシニングにハンドリーマを取り付けてリーマ加工した方がいいのでしょうか? *マシニングでリーマ加工をしたことがないので、リーマ使用を推奨される場合はリーマについても教えてください。