• 締切済み
  • 困ってます

巻物張力

長尺の金属箔を巻き出しながら加工し、巻き取りたいと考えたいます 巻き取り側はφ150のボビンに材料が巻かれφ300になります。 加工が進むにつれ径が大きくなります。おおよそ一定の張力を掛け巻き取りを進めたいです。径が大きくなると張力を下げなければなりません 最初と最後とで張力の違いを求める計算方法を教えてください 初めの張力は50kgfで巻き取ります。 ちなみに、巻き出し径はφ300で最終はφ150になります

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1134
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

皆さんの記述の重複になりますが、 張力が一定なら50kgfが張力です。 そして、トルク(T)kgf・mmは張力(F)kgf×巻き取り半径(R)mmとなります。 当然、トルクは変化します。 また、動力はトルクと回転数なので、これも変化します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 周速一定でのサイクルタイム計算

    よろしくお願いします。 通常の同期切削加工の場合、加工時間は 加工時間=加工距離/送り/主軸回転数*60 で計算できると思いますが周速一定を使った場合の計算方法が わかりません。 例えば 周速100m 材料径30mm で表端面を周速一定を使って加工した場合 どのように加工時間を計算すればよろしいのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 巻き取り装置の考え方

    お世話になります。 例ですが、 ・目的:工事用の水糸を5kg位の張力で巻き取りたい。 ・ワーク:水糸は樹脂のボビンに巻いてある状態。 このような背景で巻き取り装置を考えた場合、 トルクモータなるものを使用するのが良いのかな?と考えますが 全体構想がイメージしにくく悩んでおります。 <構想1> ?ボビン巻き状態の水糸   ↓(糸張り) ?テンション発生治具   ↓(糸張り) ?トルクモータでの巻き取り (モータのトルク設定に対してギリギリ下回るテンションの調整を  ?の治具でメカ的に調整し、モータ設定任せのトルクで巻く) <構想2> ?ボビン巻き状態の水糸   ↓(糸張り) ?トルクモータでの巻き出し(例:2.5kg)  (テンション発生治具付設)   ↓(糸張り) ?トルクモーターでの巻き取り(例:2.5kg)  (?のモータは巻きだし方向と逆向きのトルクを持っている?   2.5kgで引っ張りながら巻きだして、さらに?のモータで2.5kgで   巻き取ることによって5kg位で巻いたことになる?) といったような2系統のイメージを考えたりはしていますが、 特に<構想2>の?のモーターがトルクの発生する回転方向と 逆に空回りしてくれるかどうか知り得ていません。 コスト的には<構想1>の方が低いのですが・・ 巻き取りについての一般的な方式はどのようなものなのでしょうか? そもそもこういった場合の巻き取りの方式についてわかっておらず 巻き取りとは?を知りたく質問しています。 勘違いな表現があるかと思いますがご容赦願います。 方式についての答えを質問してしまっている形になり恐縮ですが 参考アドバイスでもかまいませんのでご指摘願います。 (巻き取り経過による径の変化は無視願います)

  • はりの計算を教えて下さい。

    はりの計算を教えて下さい。 材料 t:0.1mm W:22mm L;300mm 材料の両端を50Nの張力で張り 材料の中央に3kgfの荷重を付与した場合 材料はどの程度撓むでしょうか? ちなみに材料はSUS304を考えています。 なお荷重方向は、t:0.1mm側から押します。 計算式も含めて御指導お願いします。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

回答(1)さんに補足ですが http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/melfansweb/tencon/index.html http://www.nireco.jp/prod/web/index.html#p2 http://www.oguraclutch.co.jp/html/seihin~jouho/chouryoku~pr2.html http://www.sinfo-t.jp/clutch/tens_control/Default.htm 通常は市販テンションコントローラにインバータかサーボモータ http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/melfansweb/clutch/case/appli/extend.html 又はパウダーブレーキを組み合わせて使います 本質問は市販コントローラを使わずにご自身で制御回路を作るのでしょうか? それともご自身は機械設計で制御設計は他の方がされるのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 制御の勉強をします

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ん?常に張力は一定にしたいのでしょう? ならば、張力は巻き取り径が変わっても同じですよ どうもトルクと張力と混同しているような気がしますが? 普通は一定張力に制御したいがために定トルクモーターを使ったり・・・

参考URL:
http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/melfansweb/tencon/case/whats/whats_tencon_ba02.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます トルクと張力が混同していました 整理して考えたら間違いに築きました

関連するQ&A

  • 巻き取りトルクの駆動について

    現行機は単相200ボルトかご型モータとインバータですが、最適とはいえません。巻き取りドラム径300mm巻取り布幅1.8mなき取りトルク35Kgでなるべく一定とるくで巻き取りたいのですが最適な機器の選択についてお聞かせください。不可は0から 50Kぐらいで大幅に変動します。変動に対して1秒以内で定トルクにしたいのですが?

  • 巻き取りトルクの計算

    レコードのターンテーブル形状の水平巻き取り装置で張力200kgその巻取り速度15M/MIN 巻きとられるものは10mmのワイヤです その比重は約9です 巻き取り径の最小は30cmから始めて最大1000cmまで巻き取ります ワイヤは1段です ターンテーブルの重量は無視(ゼロ)と考えております 最小径30cmの巻き芯重量は30kg ターンテーブルの中心軸は40mmでの巻き取りトルクはどの程度必要か又どのような計算式を用いるのか教えて下さい

  • 端面加工

    マシニングセンター勉強中のものです。 今回、長尺の丸棒の端面を四角にする加工をすることになりました。 材料は径14×150mmです。 ネジ切りや段の加工もあります。それはNC旋盤で加工します。 問題の端面加工のみマシニングで加工します。 端面から50mm程を径8に削り、その端面を6mm角にするのですが、ただ立てただけではビビりが生じてしまうと思います。 今のところの加工手順はNC旋盤で加工後マシニングで端面加工と考えております。 加工手順、治具加工、セット方法をご教授ください。

  • 切削周長の求め方

    この製品を1個加工するのに要する切削周長(m)の計算の仕方が 分かりません。 外径の外皮削りの公式は調べられたのですが、端面方向の計算の仕方が 分かりませんでした。 無知で申し訳ありまぜんが、どなたか教えてください。 宜しくお願いいたします。 □加工内容:溝加工 □加工条件:回転数=400min-1(回転数一定)送り=0.03mm/rev □加工内容:加工前径φ71mm 加工後径φ66.9mm

  • 長尺軸加工のテーパー改善方法。

    お世話になります。 長尺軸の加工について質問なのですが、 外径加工の時にどうしてもテーパーがついてしまいます。 材料 丸棒、s45c 寸法 Φ170、3000L 3000Lの材料をチャック、センターで固定し、 振れ止めを、チャック側より1000Lの所に入れています。 加工箇所が振れ止めからセンターの合間の2000Lとなります。 加工をすると、センター側と、振れ止め側で、0,8程の差があります。 (1)センター穴がズレている。 (2)振れ止めの位置がバランス悪い。 (3)材料の自重が重くセンター(心押台)がズレている。 この辺りが原因なのかな?とおもうのですが、 この様な時はどうすれば真っ直ぐ加工出来るのでしょうか? お忙しいとは存じますが、よろしくお願いいたします。

  • ねじ転造によるねじ外径の想定限界値

    色々調べているのですが、答えが見つからないので何方かご存知でしたら教えてください。 M10x1.0のねじをロータリー式転造盤で加工しています。ダイスのセットを調整する場合、通常ダイスの外側からの力が増えると有効径が下がり、外径が上がりますが、そのまま外側からの力をかけ続けるとある一定の限界値まで外径が上がった後、材料は逃げ場がなくなり、有効径も外径も下がるようになります。 この場合、あるブランクの径でどこまでが想定として外径が上がる限界値なのかということを数式にして証明したいのですが、計算する方法はあるのでしょうか?何方かご存知でしたら教えてください。 ある一定以上は外径が上がらず、絶対に規格値を上回ることはありえないということを証明したいのですが、その方法がわからず困っています(理論は理解しているのですが、数式等で証明することができず困っています)。 宜しくお願いします。

  • 加工硬化指数

    加工硬化指数について質問なのですが、 加工硬化指数はある一定の金属における固有の値と認識しています。 材料が加工などを受けてもこのσ=Kε^nに従い硬化していくため、加工を加えてもnは変化しないと私は考えています。ただ、この考えだと、同じ材料をスタートとする焼鈍材と焼鈍材に加工を加えた加工材においてもどちらも同じn値を取るはずとなってしまい、結果どちらの材料も同じ均一伸びを得る事になってしまうとの考えに至ってしまっています。 これは明らかに現実とは異なっているので何が違うのかよく分からなくなってしまい、設計プログラムが作れなくなっています。 どなたかどこが間違っているか分かる方いらっしゃいませんでしょうか?

  • PPF GF40の切削性について

    普段NCで金属加工をしてる者ですが、PPF GF40という材料を加工することになりました。 樹脂というとジュラコンくらいしか切削したことがないのですが、 例えばジュラコンと比べるとどれくらい削りにくいのでしょうか? また刃物選定はどうのようなものがいいですか?精度てきには 一般交差であまりうるさいものではないです。 お二人とも親切にありがとうございます。 ちなみにPPFとPPS比べた場合、どれくらい切削難易度がちがうのでしょうか? 薄物だとはやりチャッキングはきびしいですかね?

  • NC旋盤によるリング形状の加工について

    材質:S45C 外径φ130 0~-0.025、内径φ114、長さ20 0~-0.1 の、リング形状になる製品の加工を行なっています。 いつもは、φ140×23の材料を支給され、片側荒加工後、返して外・内径を仕上げ、また返して内径に芯金を入れ厚みを決める3工程方法で加工を行なっています。 結果は、その都度違い、歪まないとき、0.005~0.015程度歪んでしまったり、最悪のときは0.05ほど歪み不良になったりとします。 前回、0.02の歪みで不良になり、たまたまあったφ180×30の材料より、 両面荒加工し(厚みは29と長め)後は同じ方法で加工したところ、歪みが全く出ず、芯金を入れずにの加工でも歪みが出ませんでした。 ところが今回、前回の事を踏まえ、φ140×30と長めの材料を支給していただき同じように加工したのですが芯金あるなし関わらず、0.05も歪んでしまいました。 φ180からの削り出しとφ140からの削り出し、外径の取代の多い少ないで最終的な歪みに影響は出るのでしょうか。その他違いがあるとすればφ180の材料は数年社内で放置されていた材料です。 それと、良い加工方法をアドバイス頂ければと思います。

  • SS400の材質バラツキについて

     当方加工屋の小僧なんですが、材料屋が納入する題記SS400について、毎回納品される毎にあまりの材質ムラに悩まされています。職人さん曰く「SS400は昔から一定してないよ」とのことなんですが・・・確かにJIS規格上でも引張り強さは10Kgf/cm^2近い範囲での規定しかないのである程度はあきらめているのですが、なんとか一定させる方法はないのでしょうか?

専門家に質問してみよう