• 締切済み
  • 困ってます

アルミ系切削油に強い(耐油性の良い)シール材はあ…

アルミ系切削油に強い(耐油性の良い)シール材はありますか? お世話になります。 以下のような条件で、加工設備の内部に切削油が入らないように,t=2mm程度の鉄板で鋳物のボディーを被っているのいるのですが、鋳物と鉄板のスキマから、切削油が浸入してしまい、設備の重要機構部に悪影響を与えております。スキマをフッ素スポンジで埋めたのですが、密着性が良くなく、内部に浸入してしまい困っています。ペースト状で耐油性の良好なシール材をご存知でしたら、教えていただけないでしょうか? 設備:機械加工設備 用途:切削油浸入防止カバーのスキマを埋める 切削物材質:アルミ系 切削油:カストロール アルマレッジFA 5%希釈 ・アルマレッジFA成分  ?鉱油 50~60%  ?非イオン系界面活性剤 15~25%  ?アニオン系界面活性剤 10~20%  ?油性向上剤 5~10%  ?防腐剤 1~5%  ?消泡剤 1%以下

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数134
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

界面活性剤が厄介です。 界面活性剤の役目とその特徴は周知として、参考のURLを記します。 可能であれば、前アドバイスにも記述した"内部"を軽い与圧にする事も考慮下さい。

参考URL:
http://www.geocities.jp/iamvocu/NaturalSci/physics/hyoumenchouryoku.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 切削油について

    よろしくお願いします。 客先でM/C加工に使用している切削油の名称が、ジンチンアピ CIMPIERAL14 というものです。(アルミの加工に使ってます。) いろいろ探してみたのですが、まだ見つかっていません。 Oリングなどのシール関係の相性を見たいので、メーカー名、型式などが分かれば・・・。 聞き間違いかもしれないので、これに近いものでも良いので、心当たりのある方、情報をお願いします。

  • アルミの切削油について

    初めて、投稿しました。 当社では、半導体製造装置のアルミ(A5052)部品を、切削加工しています。 そこで、切削加工時にアルミ切削加工表面が変色してしまいます。(赤茶色) 切削油は、水溶性の《ユシローケンEC73》を濃度5%10%で管理しています。ちなみにPhは67です。 加工時間は、約2時間程です。 油メーカーに確認しても、変色の原因がはっきりしません。 皆様方で、同じご経験がある方、また、その処置方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご一報ください。よろしく、お願いいたします。

  • アルミの切削油残渣

    アルミ加工において切削油の選定について教えて下さい。 当方は初心者です。 現在、私どもは以下の条件で加工を行っています。  ・アルミのNC旋盤加工  ・不活性型不水溶性の切削油(非塩素系)  ・給油方法はミスト噴射 当方は、切削面に残る油の残渣を限りなくゼロにしたいと考えています。 (ドライ加工、加工後の洗浄は避けたい) 含有物が少ない切削油を選定中ですが、良くわかりません。 当方の条件に合うようなものがあれば、お教え下さい。 尚、優先度は 不水溶性>>>水溶性  以上、よろしくお願いします。

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

>ペースト状で耐油性の良好なシール材をご存知でしたら、・・・ 工作機械のサービースマンの工具箱には必ず入っている なぜか一番有名なメーカーが紹介されていない。 種類が多すぎるので選定に迷うだろうが カタログを見て選定するか メーカーに問い合わせが良い。 ※振動などで劣化してくるので 早ければ2年程度で駄目になる時もあります。 HPには記載が無いが「紙製のシートパッキン」もあります。

参考URL:
http://www.threebond.co.jp/ja/product/series/sealants/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

小生は、他の回答者さんと異なった切り口でのアドバイスをします。 ですが、小生は“切削油”に関しては、あまり得意分野ではないので、適切なアドバイスでない かもしれません。(的が外れているかもしれません。) でも、アニオン系等の各種界面活性剤を使用してのシール経験はあるので、以下にその内容を 記述します。 フッ素系のスポンジやパッキン、Oリングは、以下の特徴があります。 ☆ フッ素樹脂の王様であるテフロン(PTFE)は、耐薬品性に優れていて、高価な樹脂です。   その特徴は、弾力性があまりないためシール材に適さなく、接着性もあまりないため   接着剤関与でのシールにも適しません。   そこで、耐薬品性に優れていて、且つ弾力性がありシール材に適しているフッ素ゴム   を製作し、現在シール材として幅広く使用しています。   (フッ素ゴム≒Oリングですが、スポンジやパッキン使用材も略同じルールです) ☆ 代表的なフッ素ゴムには、以下の特徴がある。   ◇ フッ化ビニリデン系ゴム(FKM)    Oリング、オイルシール、パッキン、ガスケットなど一番よく使用されている。    バイトン(デュポン)、ダイエルG(ダイキン工業)、ダイニオンなど    価格は安いが、耐薬品性も劣る   ◇ 四フッ化エチレン-プロピレンゴム(FEPM)    アフラス(旭硝子)    価格は中だが、耐薬品性も中   ◇ 四フッ化エチレン-パーフルオロメチルビニルエーテルゴム(FFKM)    カルレッツ(デュポン)、ダイエルパーフロ(ダイキン工業)    価格は高いが、耐薬品性も高い   その簡単な内容は、URLで確認下さい。(上位3つのURL) ですから、 ※ フッ素スポンジが膨潤して原形を留めなくなるほどになっている(耐薬品性がない) ※ フッ素スポンジに弾力性がなくへたったままになる(弾力性が少ない物を選択している) が見うけられるなら、フッ素スポンジの再選択をして下さい。 小生は、ニチアスさん、日本バルカーさん、ダイキンさん、等に相談していました。 そして、最後に頼みは、三井デュポンさんでした。 (業務契約等で、社名が変更になっている場合がありますから、再確認願います) 記述漏れです。 各種界面活性剤を使用しているためか、その他の要因かで、切削油が滲んで内部に入り込む 危険もあります。 その場合は、滲んで入り込む事を防げばよいので、内部をエアパージ若しくはN2(窒素) パージをし、内部を軽い与圧にしていました。

参考URL:
http://www.packing.co.jp/GOMU/GOMU1/fkm.htm http://www.packing.co.jp/GOMU/fkmtaiyu1.htm http://www.packing.co.jp/ORING/o

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

まあ、今は鋳肌面から漏れてくるのを何とかしようとしているらしいのですが 構造的に問題があります http://fieldtrust.com/ 鋳造品なので鋳巣、ピンホール等があり 鋳肌面部分からの漏れを対処しても ほかの部分から漏れてきますよ 切削面にし含浸するのが 今の技術では オーソドックスですが (エンジンブロック と同じ構造) ただこれも5年10年 と使っていくと 油が時は時はしみだしてきます ↑ 車検時でガスケット交換だとか言われますが ガスケットからではなく鋳肌面から漏れてるのですが知られてない ↑ ちなみに 大きくなればなるほど札束を捨ててるように コストが上がっていきます 設備の重要機構部をなんとかしたほうがいいと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

耐油性と言えば、価格は高いがフッ素ゴムが優れています。 鉄板と鋳物の間にフッ素ゴムを挟めばかなりの効果が期待できます。 この特性を生かしたシール材が無いかと思って検索したら、貼付URL の商品がヒットしました。ご要望の用途としてかなり良さそうです。 こちらの会社では、フッ素ゴムも扱っているので、合わせてご相談 してみては如何でしょうか。 一寸寝ぼけていました。 回答前半の >耐油性と言えば、価格は高いがフッ素ゴムが優れています。 >鉄板と鋳物の間にフッ素ゴムを挟めばかなりの効果が期待できます。 は、すでにTRYされているのですね。申し訳ございません。 ご紹介した製品に興味がありますので、もしメーカにご相談されて 良さそうな回答が得られたら、結果を教えて下されば幸いです。 何度もスミマセン。 上記URLページの下に「よくあるご質問」が記されていました。 http://www.haruna-inc.co.jp/Products/Rubber/Paint/PaintQA.html これをみると、相当期待できそうです。 今対策されている(と思われる)?に重ねて?のようなカバーを つければ、切削液の跳ね返りの侵入を少しは防ぐことができると 考えます(移動軸の干渉が無いことが前提ですが)。     ??   ↓↓     ||    / |   / |  | | 分かりにくいですが、カバーを真横から見た図と思ってください。  

参考URL:
http://www.haruna-inc.co.jp/Products/Rubber/Paint/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

極上のネタを仕入れておられるのだから、あとは料理の仕方、つまり >鋳物と鉄板のスキマ で、ネタが均一に圧を受けて締まるようにする。 鋳物の面状態がガタガタしておれば均す作業。 鉄板のネジ締部から離れると浮くなら、鉄板をフラットバーで補強。 ネタのつなぎ目から洩れるようなら、接着などの対策。 贅沢な極上ネタに縁のない貧乏人・・・というより豊富に有るから使うだけのことだけど、 切削油剤周りはシリコンゴムでも充分です。たしかに何年も使い続けるとヤラレもあるようだけど、漏れ防止の機能は損なわないハズ。 それどころか、研削盤のテーブルの可動堰にはEPゴムを使って、これも硬くなったら交換とか、、、難しく考えないことです。 初期のテストとしては、機械内側をエアー吹きなどで加圧、石けん水での洩れ試験をすると確実。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • マシニングセンタの切削油について

    さまざまな回答ありがとうございました。 結論として、油性の切削油でも問題はないということでしょうか? 水溶性の切削油を過去に使用したことがあるのですが、アルミ切削や鉄の穴明け加工には適してるのですが、リーマ加工やタップ加工にはどうなんでしょうか?後、エンドミルの超硬での加工には寸法精度が安定して決まらないということが多々ありました。何かアドバイスありますでしょうか?よろしくお願いします。

  • 真鍮を加工する時の切削油

    みなさん こんにちわ 近々、NC旋盤で真鍮を加工するのですが、切削油はどうゆう物を使用したら良いのですか? ちまみに現在はアルミを加工していて水溶性の切削油を使用していまが、同じ切削油では加工出来ないでしょうか?                  よろしくお願いします。

  • 切削油教えてください

    水溶性の切削油で旋盤加工をしています。被削材はアルミ、鉄、ステンレス何でもあり。一般的ですが以下の点で悩んでいます。1)手荒れ 2)錆 3)泡立ち  現在は某メーカーのソリュブルタイプで¥15000/18L位の物を使っています。 金に糸目をつけなければ何でもあるらしいけれど、そうもいきません。手荒れなど は個人差があるとはいいますが何か万能な切削油は無いものでしょうか?教えてください。

  • アルミ加工用の切削油

    アルミの押出材の加工用の切削油を探しています。 重視項目として ・水溶性のタイプ ・臭いが少ないこと ・交換頻度がなるべく少ない方がいいです ・アルミが変色しないこと コストはあまり気にしません。 お勧めの物がありましたら、 メーカー名、型番、アドレスなどを教えてください。 よろしくお願いします。 もう一つ、アドバイスをお願いします。 被素材に関係なく以下の重点項目でお願いします。 水溶性で、 1.臭いが少ない事 2.製品に付いた油の処理が容易な事 3.切削油の交換頻度が少ない事 価格、コストは気にしません。 よろしくお願いします。

  • 旋盤加工時の切削油

    旋盤加工時の切削油 今、水で希釈し、乳液状になるタイプの切削油を使っています。 SS等鉄系が多いのですが、乳液タイプだと、ハケ塗りでは意味がなさそうで、かといってドボドボとかけると回りに飛び散ります・・・ 何か良い切削油は無いでしょうか? アルミやステンレスを削った事は無いのですが、アルミやステンレスになると、専用が売っていたりしますが、材料に合わせて変えた方が良いのでしょうか?

  • 切削油の選定について

    非鉄金属(A6063)のプレス加工でアルミ型材を切断する際、縦切りするような構造になっているのもあって刃にアルミの切粉が付着します。付着したアルミの切粉が加工している内に焼きが入り固まってします。アルミの切粉を除去する方法としては刃の形状、金型の構造、メンテナンス等改善点はあるとは思いますが切削油のやエアーブローにて低減する何か良い方法があれば教えて頂けますでしょうか。また、切削油の選定についてもアドバイス頂けますせしょうか。 ・加工頻度(1000回/日) ・プレス種類(エアークラッチブレーキ式)  加工速度が速い

  • マシニングセンターの不水溶性切削油

    マシニングセンターのメーカーからは水溶性切削油を使ってください と注意書きがありますが、 不水溶性切削油はダメなのでしょうか? (前回、色々とアドバイスいただき、ありがとうございました) もし、不水溶性切削油でも良い商品があればアドバイスをお願いします。 重視項目として、 ・臭いが少ない ・交換頻度が少なくてすむ ・加工物に付いた油の処理が楽である ・アルミが変色しない 加工物はアルミが主で、たまに鋼もする予定です。 価格は高くてもかまいません。 よろしくお願いします。

  • 切削油ミスト装置に関して

    本来はほとんど鋳物の加工をしており、切削油を使用してませんでした。 最近、外注の仕事をするようになり、切削油であるとかミスト等を考えなければならないようになりました。 長年に渡り切削油をまったく使用しない仕事をしていたため、NCフライスの切削油ポンプのスイッチをONにして出てくるのは「習動面オイル」といった状況です。 一度その溜まった「習動面オイル」を抜き取り切削油を補給すれば済む事なのですが、外注の仕事がこの先も長く続くものなのか、ほんの一時的なものなのかわからないので(長くても2.3ヶ月くらいとは思ってますが)、ペットボトル・コック・チューブ等で簡易的な切削油ミスト装置は自作出来ないものかと考えています。 ペットボトル・コック・チューブ等を利用した、簡易的な切削油ミスト装置を自作された経験のある方はいないでしょうか。 また、コンパクトで簡単に設置できる切削油ミスト装置をご存知であれば教えて頂けないでしょうか。 私自身ネットいろいろ検索をかけたのですが、津根精機のものしか見つかりませんでした。

  • 切削油と灯油の混入

    どなたか教えてください。 弊社ではマシニングの切削油に灯油を混ぜて使っています。 切削油1に対して灯油2ぐらいの割合です。 試作部品製造専門なので、加工材質は主にアルミですが、銅や鉄なども扱います。 環境面、安全性、コスト、などいろいろあるのでしょうが、 他の会社を知りませんので、普通なのか異常なのかわかりません。 素人的にはものすごく健康に悪い気がしてなりません。 どなたか良いアドバイスをお願いします。

  • 切削油を使用しない加工方法

    アルミ(A6061)の鍛接品のマシニング加工において、切削油を使用しない加工方法を探しています。 理由:切削油を使用した製品を後工程(熱処理)に回すと、鍛接された部分に油が入ってしまって黒く焦げた状態になってしまい、これをなくしたい。切削量は5mmくらい。ワーク寸法は1500*1500*1000くらい 小生でも調べてみましたが、エアーブローぐらいしかわかりませんでした。 切削油に代わる加工ツール又は加工方法(湿式、乾式どちらでも可)をご存知でしたら、ご教授ください。 すいません、言葉足らずでした。 要は油をあまり使いたくありません。 湿式でも、水とかアルコールとか油を使わない加工方法があればご教授ください。