• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

シリンダヘッドカバーのガスケットについて

こんにちは。私は現在単気筒1500rpmのディーゼルエンジンを設計しています。バルブ駆動方式はOHCです。ここで質問ですが、シリンダヘッドカバーとシリンダヘッドの間にガスケットは必須でしょうか?(ないエンジンは存在しないでしょうか?) シリンダヘッドの形状は単気筒であるためほぼ長方形で多気筒に比べて平滑に加工できる点、また、多少オイルが漏れたとしても産業用エンジンで数日間等貸し出して使用するのでオイル交換が頻繁に行える点を考慮してガスケットをなくしました。 知識が少なく大変恐縮ですが、どなたかご回答をよろしくおねがいします。 お忙しい中申し訳ございませんが、お返事お待ちしております。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

こんにちは。 オートバイの部品設計をしている者です。 ガスケットが「無い」と言う認識は、ペーパー・金属・ゴム素材等の物体(液体以外)を使用しないと言う認識でしょうか? オートバイのヘッドカバーでは液体ガスケットのみのエンジンは存在しますが、「液体も無し」って言うエンジンは僕の知るかぎりは存在しないですね。 液体ガスケットでしたら簡単に手に入りますし、塗るのも簡単ですのでこの方法をお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
noname#230359
noname#230359

回答者の皆さんのなかには、 ヘッドとヘッドカバーを勘違いしての回答も見受けられます。 (良く読みましょうよ・・。) 結論から言うと、ガスケットの省略は何らのコストダウンにはなりませぬ。 合い面を広めに取り、ボルトピッチを狭めては、コストアップです。 合い面の面祖度を良くすることも、コストアップになります。 温度変動幅が大きいので、金属面でのシールは困難です。 潤滑油の最大圧がかかる条件では、ますます悪条件です。 液体ガスケットを塗布するのが、簡単かつ最も低コストでしょうね。 単純形状で平面が確保出来るなら、更に塗布しやすいです。 # 私も、元バイクエンジンの設計者ですが、何か?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

ディーゼルエンジンは圧縮比も大きく,圧力変動も最大圧も大きいため,シ リンダヘッドからのガス洩れは著しい効率低下を招くことが予想されます。 またシリンダブロックは鋳鋼,シリンダヘッドはアルミ合金と言った組み合 わせもよく見られますので,メタルタッチでの封止は難しいと思われます。 耐久評価を行なって,メタルタッチでの封止に問題がなければよいのかもし れませんが,予想できない事態も発生する可能性があります。安価なガスケ ットを装入した方が安全だと思います。

参考URL:
http://www.geocities.jp/one_fmr/diesel_engine.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

回答4 の人、言っている意味が、判らん。 どこが、個人情報なの?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

昔2サイクルエンジンのシリンダーとヘッドカバーまでの一体の鋳物部品を見たことがあります。多分50cc以下。 ヘッドとヘッドカバー間のガスケットはゴム製品、ガスケット材の加工品、液状ガスケット等が一般的に使用されてます。 ですから、御社のガスケット無し製品でオイル漏れをした場合、液状ガスケットの使用を検討してみては如何でしょうか。 液状がスケットといっても種類、メーカーは相当あります。 宜しく。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

理屈上メタルシールで できないこともないでしょうが コストが合わない & 加工精度が そこまで出ない(量産で) で存在しないんでしょうが 回答3さんへ オートバイの部品設計をしている者です。 あまり、ネット上では、個人情報は出さないほうがいいですよ とくにここは、技術系のサイトなので、ふとしたところで、 会社の企業秘密にひっかかる場合もあるので

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

現状、基本的にはヘッドガスケットの無いエンジンは無いでしょう。自分が知る限り大昔のハーレー、サイドバルブでは無かった気がします。 回答(1)の方が述べてる通り仕上SPECが大きい要素ですが、汎用エンジンである事と使用目的からすると今は耐熱性Oリングやチューブ入りガスケットでいけるんじゃ無いでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

加工精度の見直しが必要かもしれません。 表面粗さと平面度の内容が。 それと、耐久性に問題が発生するかもしれませんね。 内圧が上がらなくなり、始動等が上手くできなくなる等で。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • シリンダーヘッドガスケットのゆがみ?抜け?

    先日、ラジエター交換をして、LLCを補充、さらにエアー抜きをと思い、ラジエター口にペットボトルを逆さにして固定、そこにLLC入れてエンジン回してました。 で、早くエアーが抜けるかな、と思ってその状態でアクセルを踏んで2500-3000回転ぐらいにすると、ラジエター内のLLCがペットボトル内まであふれてきました。アクセルを話すとまた水位は下がり落ち着くのですが。。 そこで一つの不安がよぎったのは、シリンダーヘッドガスケットというものがゆがんだりすると、冷却水がシリンダー内に進入し、最悪はオイルと混じってしまうということです。アクセル踏んだ際に冷却水が戻ってきたということは、シリンダー内からの圧力をそこに少し進入した冷却水が受けたということでしょうか。 それと、気泡がなくならないのも、抜けを疑ったほうがいいとネットで調べました。うーん、、気泡までは確認してませんでした。。 交換3日目ですが、現在は水温も安定、エンジンかけていても、マフラーからLLCのにおいなどしません。オイルもクーラントが混じったような形跡は見られません。LLC量も継ぎ足す必要がないほど減っていません。 しかし、どうも不安です。 ヘッドガスケット抜けの疑いがあるとしましたら、やはり乗り続けるのは、、エンジンブローの危険大ですか。 また、ガスケットの交換には15万くらいかかりますし、手軽にガスケット抜けてるか見て?とは言えません(^^;)。 シリンダーヘッドが曲がっていた場合、研磨をするのですか? そもそも、シリンダーヘッドが何で、曲がるってどういうことかイメージがわきませんので、図などのあるサイトなど紹介してくださるとありがたいです。 古い車(R31)なのでちょっと心配です。 いつも皆様にはこちらのサイトでお世話になって感謝しています。 今回もどうぞよろしくお願いいたします。

  • ガスケットの交換について

    カワサキのエストレヤなんですがエンジンオイルのにじみが激しかったのでガスケットを交換しようと思いシリンダヘッド、シリンダをばらしたのですが、いざガスケットを交換しようとしたら古いガスケットがシリンダにしっかりとはりついておりはがす事ができず困っております。どのようにはがせばよいのか教えて頂けませんでしょうか??ガスケットは紙みたいな材質の物です。よろしくおねがいします。

  • バイク エンジン ガスケット 気筒間のガスケットの処理

    バイク エンジン ガスケット 気筒間のガスケットの処理 お世話になります。 いま、壊れてしまったエンジンの変わりに、予備エンジンを起こしている最中です。 2気筒のエンジンなのですが、シリンダーのスリーブとスリーブの間が狭くて 今現在古いガスケットがこびりついております。 この部分のガスケットや処理はどうやるものなのでしょうか? ガスケットリムーバーなどではがれることははがれるのでしょうが、 たとえば他の部分をオイルストーンなどで研磨した場合にそこも研磨したくなる、 とおもうのですが、どのように処理しているのか教えてください。 お手数かけますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

  • ヘッドガスケットのシール交換費用

    デリカスペースギアH8ディーゼルですがエンジンヘッドガスケットのシールが劣化してオイルが漏れています。 シール交換費用は幾らぐらいかかるのでしょうか? 詳しい方回答お願いします。

  • 液体ガスケットで対応出来ますか?

    ヤマハの原2スクーターについてです。 先日、タペットカバー(バルブカバー)を、フィン付きのタペットカバーへ交換しました。 純正のタペットカバーは、シリンダーヘッドとの接合面にゴムリング状のガスケットを用いていますが、社外品は紙ガスケットとなっています。 改造車でクランクケース内圧が大きいためか、ガスケットの隙間からオイルを吹いてしまうようで、足元にオイルが飛び散った跡が多数あります(スプレーで吹いたような跡)。 エンジンによっては、純正ノーマルでも滲むというのを良く聞きますが、オイルを吹くというのはさすがに聞いたことがありません。 どうにかこうにか、オイルが吹くのを防ぎたいのですが、液体ガスケットで対応出来るものでしょうか。また、液体ガスケットを使用した場合、タペットカバー、液体ガスケット、紙ガスケット、液体ガスケット、シリンダーヘッドという順で組み付けるほうが好ましいのでしょうか。 特に、モンキーなどを派手にイジっているような方(DOHC化や140cc化しているような人)に、ご回答頂けると幸いです。 宜しくお願いします。

  • ヘッドシリンダーガスケット交換

    以前にも一度これで質問をした事があります。その時と車が違うのですが、今度はベンツの86年式190Eの購入を考えています。ところで、信号で止まるとオイルの燃えるにおいがして、多少煙も出ます。オーナーは正直にシリンダーヘッドガスケットが弱くなってきてるけどとはいってくれました。修理代も7-8万くらいだろうといってました。しかしこれはこのまま乗ってても問題なかったし、マフラーから白い煙は出てないし、5000km毎のオイル交換時には500ml弱しか減らないことからも問題はないはずだといってました。ほんとうにそうなのでしょうか?走行距離は約20万kmです。ワンオーナー車で 確かにほかには悪い所も見当たりませんし、よく整備されてはいます。どなたかご回答お願いします。

  • シリンダーヘッドが、外れない。

     ズズキ ジェベル125のエンジンのシリンダーヘッドが、外れません。前オーナーが、組み立てた時に液状ガスケットを塗り過ぎたためです。 一液無溶剤型のシリコーン系液状ガスケット、スリーボンドの1215です。プラハンが、壊れるほど叩いてもダメです。バーナーで焼いてもダメです。 何か良い方法はないでしょうか?溶かせれば、いいのですが。 ちなみに、このタイプのエンジンをバラすの5台目です。「ネジを全部外してますか?」のような私のスキルを疑うような回答は無しでお願いします。

  • グリスと液体ガスケットの使い方について

    シリンダーヘッドからのオイル漏れ対策でDIYでガスケット交換する予定です。 ウェブで情報収集するとガスケット(パッキン)はラバーグリスで馴染ませるとか半月部分など角が出る部分に少し液体ガスケットを盛って隙間を防ぐ事が大事なようです。 ウェブではラバーグリスとの記述が多く見つかりましたが、オイルフィルター交換の要領でプラグホール部分のパッキンなどOリングにはエンジンオイルを付けた方が良いと思いますのでグリスではなくエンジンオイルで馴染ませようと思っていますがこの認識は正しいでしょうか。また、ヘッド外周のパッキンも同様にエンジンオイルを薄く塗って取り付けた方がオイル漏れに効果的という認識で正しいでしょうか。この認識が正しいとすると、パッキンでは隙間が出来てしまう恐れのある部分に液体ガスケットも使う場合(カムシャフト部分の半月形状の数ヵ所程度ですが)、オイルが塗られたガスケットと液体ガスケットとが密着する事になりますが問題はないのでしょうか。乾燥前の液体ガスケットとエンジンオイルが塗られたパッキンが上手く密着できるのかわからず、どのように作業すべきなのかわかりません。 きちんとオイル漏れを止めたいので液体ガスケットも数ヵ所に少しだけ使う考えですが、その場合はヘッド外周のパッキンはオイルで馴染ませないほうが良いのでは、と思ったりもします。 何度も開けるような場所ではないので一度できちんとオイル漏れを防ぎたく、アドバイスをよろしくお願い致します。 車種はBMW318i(2002年式の4気筒 N42エンジン)Mスポーツです。

  • セリカ(TA27)のヘッドガスケットについて教えて下さい!

    エンジン(2TG)のヘッドというかカムカバーのガスケットあたりからオイルが漏れちゃっています。 そこでガスケットが抜けているのかと思いYahooなどで検索したんですが、メタルヘッドガスケットしか見つかりません。しかも厚さやピストンのサイズなんかもいろいろあって何を買ったら良いかわからない状態です。 現在のエンジンは恐らくノーマルだと思います。 以前、B210のサニーに乗っており、その時はヘッドガスケットはコルク製で安価なものだったのですが、2TGはメタルが基本なのでしょうか?? きっと純正部品は見つからないと思うので、手に入れられるお店などありましたら教えて下さい! よろしくお願いします!!

  • オーバーヒート時の「ガスケット抜け」とは?

    100ccの2スト・スクーターです。 先日、強制空冷の空気取り込み口にビニール袋が吸い込まれており、それに気づかず数分走っており… すぐ取ったのですが、その後から排気漏れしているような音がして、何となくトルクも下がった気がします。 空冷の空気出口からシリンダーを覗いてみると、オイルがびっちょり。 丁度ヘッドとシリンダの間から漏れているようでした。 そこで色々調べていると「オーバーヒートでガスケットが破損する」とか「抜ける」ということが分かり、所謂こういう現象か…と思ったのですが、その「ガスケット抜け」とは、文字通りシリンダヘッドのガスケットが飛び出ている感じですかね? エンジンを見ると、シリンダとヘッドの間から明らかにガスケットがはみ出ています。 正常な状態を見たこと無いため…元から「多少ははみ出ているもの」なのか、オーバーヒートの膨張後の急激な冷却(この時期の外気)でシリンダーに亀裂が入ったのか、素人なりに色々考えていました。 「ガスケット抜け」とはどんな状況なのか、よかったら教えてください。