• 締切済み
  • 困ってます

ニッケルの切削加工に適した工具・条件

マシニングセンタのオペレータしてます。 ニッケル材の平面切削をすることになりました。 ニッケルの切削に適したチップありませんでしょうか。 難削材ですので、たまたま、あった住友電工のダイヤチップで やってみましたが、すぐに刃先が磨耗してしまいました。 条件は、1800m/min、0.11mm/刃、ドライで、ちょっと厳しかったです。 (日ごろはアルミをやっているので、そのままいってしまいました) うまくいけば、まとまった数を受けれるらしく、 できるだけ、速い条件でやりたく、よい工具はありませんでしょうか。 よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

回答(1)です。 回答(4)さんご紹介URLの加工事例と同じようなワークであれば、 粘っこそうで刃先への溶着が心配ですね。 耐溶着性の観点から言うと、ノンコートのK種超硬も一案ですが、 いかんせん刃持ちが悪そうです。 加工事例の通り、PR905のような超微粒超硬(Z種に分類)にPVD コーティングしたタイプがやはり無難でしょう。 クーラントは使用したくない...切込み0.5mmでエアブローしても、 切削速度はやはり40~60m/minぐらいかと(遅すぎても溶着を誘発)。 ワーク材料の種類は異なりますが、インコネル718といったニッケル基 超耐熱合金の高速加工用のセラミックスインサートを、日本特殊陶業、 サンドビック、ケナメタルなどのメーカが商品化しています。 もちろんドライ加工で使用します。 ネガインサートで切れ味が良くないのが難ですが、1枚刃で加工すれば 平面は出せるでしょう。 但し、今回のようなニッケルワークへ適応できるかどうか、全く判りま せん。ご興味があればメーカへお問い合わせしてみて下さい。 (もしご相談されたら、後学のためにも結果をアップして下されば幸い です) 回答(2)さんへ 折角ミリングハイプレッシャをご紹介下さるのであれば、 URLから先のバナーも誘導してください!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

ダイヤは無理でしょう。ダイヤが非鉄に適するというのはアルミ、銅ぐらいの軽切削の範疇で、それでも注意しないとカケてきます。 それとドライという条件ですが、完全なカバーを付ける手間を惜しまず、クーラントジャブジャブにすべきでは? 紹介ブログに?PR905?の例があります。鋳物用なのでK種、+コーティングの威力と思われ。 この方、多くの難物加工例を紹介されてたが、そんなプロでも転職されたようです(ブログも殆ど閉鎖中)

参考URL:
http://btd110r16.blog.shinobi.jp/Entry/737/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教示ありがとうございます。 ぜひ、超硬も試してみます。チップ単価も安いので。 しかし、防水する手間がものすごくかかりました。 プラスチックカバーのようなものをつくってやればいいのかもしれませんね。 ダイヤにこだわりたいのは、従来から研磨することで再利用しており、 条件があえば超硬より安価で加工できるのではないかと考えているからです。 もう少し、模索してみます。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

調べた条件とは相当の隔たりがあるようです。 ご推察のK種出のテストですが 資料で見る限り相当遅い条件での加工テストがされています。 仮にダイヤ・ドライでの加工なら 窒素をかけながらの加工が良いみたい ダイヤの磨耗が抑えられると言われています。 訂正 誤---K種出のテストですが 正---K種でのテストですが 大きな品物なら・・・ 昔はハイスの1本刃で加工していたが・・・・ MCなどでは使い辛いでしょうね。

参考URL:
http://www.techno-qanda.net/Collection-10/Collection-15/Collection-102/Collection-299/Collection-1565/Collection-1566/Co

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確認しました。条件に差がありすぎますね。 自動運転できればいいのでしょうが、残念ながら一個一個、 バイスで掴んでいる状況です。 ダイヤの方が、早くできるのでしょうか… しかし、チップ単価が… なので、K種も試してみます。 窒素は、酸化抑制効果があるので長寿命化につながるときいたことがあります。試してみたいですね。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

クーラントは、できるだけかけた方がいいのではないかと思います。条件的なものは、回答(1)さんが答えていますので。あとは、機械が対応しているか分かりませんが、今後も仕事が続くようであれば、ハイプレッシャークーラント用のホルダおよびポンプを導入(ポンプは80bar、流量50L/min以上)が使えれば、切削速度、チップ寿命共伸ばすことは可能だと考えられます。 実際に高圧クーラントでインコネル718を切削した事例がこちらのサイトにあります。 http://www.tokupi.co.jp/hipreco.html ミリングハイプレッシャーであればこちらか。 http://www.coromant.sandvik.com/jp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

サランラップで、グルグル巻きにして、クーラントをかけてやってみました。 個数が少なかった(というより、防水する手間と時間がかかりすぎる)ですが、 確かに長持ちしそうです。 高圧クーラントは魅力的ですので、今後の用途も考えて検討してみます。 (受注が減って、回復傾向ですが、投資は難しそうです)

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ダイヤのインサートで、1800m/min、0.11mm/刃、ドライ... "ちょっと"ではなくて"かなり"厳しかったのでは。 ワークの大きさ,必要なトータル切込み量,想定される正面フライスの径, マシニングセンタの仕様(主軸テーパサイズ,最高回転速度,モータ出力) などの判断材料がないと難しいので、教科書的な回答をいたします。 ニッケルは難削材です。 ・切れ味の良いポジタイプの正面フライス ・機械の能力が高ければ、多刃タイプにして能率を稼ぐ ・PVDコーテッド超硬合金のインサート ・ブレーカは中切削用 ・切削速度40-60m/min,送り0.1mm/min,切込み2mm...程度 ・水溶性クーラントをじゃぶじゃぶかける 正面フライスの種類については、会社でお取引のある商社さんにご相談 することをお奨めいたします。 (難削材に強いメーカとして、サンドビックや三菱マテリアルなどが有名) お名前に気づきました。 真の正面フライス加工者さんなんですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。名前は気にしないでください。 設備仕様は下記です。 ・ワークの大きさ:□110、5tです。 ・トータル切込み:0.5程度←平面度がでればいいので ・フライス径:φ150(富士元)←面精度をだすため、後刃があたらない径 ・NV-5000 BT40 14000rpm やはり、K10ぐらいの超硬でしょうか。 切り込みが少ない(精密仕上げ程度)ので、社内では、 「結構速い条件でもいけるのでは?」と言われてます。 実際自分もそう考えてましたが、甘かったです。 クーラントは、使えません。部品が取り付けられており、 ドライを指定されてます。(間違って先につけた?) そういったご経験ありませんでしょうか…

関連するQ&A

  • ニッケル材

     久しぶりに投稿します  切削についてお聞きしたいのですが、初めてニッケルを削ったのですが、当初は試作のため50100個試作したのみなので、鉄に比べて削りやすいなとかってに判断してしまったのですが、いざ量産というときにチップの持ちが悪いということに気づきました。 チップが磨耗するというよりチップの刃先が溶けるような感じがします。良くても50個悪ければ20個くらいでもうまずい状態になります。  材料はニッケル(Ni200or201)です  機械は主軸移動型のNC旋盤です。  ニッケルを削るのは初めてなので、切削条件またはチップはこれがいいというものがあったら教えてください。 宜しくお願いします。

  • タングステンの加工

    純タングステンかほとんどそれに近い金属の加工で、NC旋盤では、ボラゾンやダイヤのチップを使ったのですが、すぐに刃がダメになってしまい寸法を出すことができません。マシニングセンタの加工では、日立のTHコーティングのエンドミルで加工しましたが、刃先がすぐに磨耗してしまいます。タングステンの加工に適した工具はなにがありますか?

  • ホワイトメタルの切削条件

    ホワイトメタルの内径加工で困っています。 内径Φ100×60LをP10のコーティング無しチップを使用して切削しています。刃先磨耗がひどく、0.02のテーパーがついてしまいます。 切削条件、チップ選定について詳しい方、アドバイスを宜しくお願いします。

  • 切削条件・・・・・

    お世話になっていす。 会社で 80m/min 送り0.08~0.1mm/刃 この条件で加工して下さいと言われました。 マシニングのプログラムでの回転のSと送りのFに置き換えると どの様になるのですか?ちなみに刃物はφ50の2枚刃のチップ だったと思います。出来れば上記の説明もして頂ければ大変有難いです。 何卒よろしくお願い致します。

  • 加工条件の考え方について

    マシニングによる適正な切削条件の考え方をご指導いただきたいです たとえばφ50の4枚刃フェースミルでワークはアルミ 加工方法は複合機でφ90丸棒を角に削ります 工具のカタログでは 切削速度m/min「650(300-1000)」 1枚刃当たりの送りmm/tooth「0.12(0.05-0.2)」 でした 工具回転速度は (1000X切削速度)÷(3.14X工具の切れ刃径) なので (1000X650)÷(3.14X50)=4140min-1 送り速度は 1枚刃当たりの送りX工具の刃数X工具回転速度 なので 0.12X4X4140=1987.2mm/min 回転数が4000ぐらいなのはわかるんですが、送りが2000弱って早いですよね? そもそも1枚刃当たりの送りが0.05~0.2を計算すると828~3312と範囲が広すぎてよくわかりません 皆さんはどうやって加工条件を決めてますか? もちろん切削深さなども考慮しないといけないことはわかるんですが、 今回は40mm幅を深さ3mm削ろうと思います

  • SUS材 端面切削

    現在、下記内容の切削で悩んでいます。 何かいい方法はないでしょうか? 端面切削(被削材φ70より中心部までX=0) 被削材:SUS316 周速:180m/min 送り:0.3(中心部X=φ5以下は、F=0.05) 切込み:0.3 使用チップ:住友・CNMG120408N-EX AC630M 以上の条件で加工をしていますが、チップが欠損(10ヶくらい)します。 ブレーカーを変えたり、切削条件を変えたりしましたが、効果がありません。 中心部までの加工の時、みなさんはどの様にされていますか? いい方法があれば教えて下さい。宜しくお願いします。

  • グラファイト、木の加工の切削条件について

    マシニング初心者です。 エンドミルを使い木を加工しております。 木は楽器などに使われるグラナディラというものです。 (木の中では硬いほうで、加工しやすいものだと思います) 切削条件についてはメーカーカタログなどに記載されておらず、ワークの仕上がり程度や刃の状態を見て判断しています。 今のところ問題は無いのですが、一般的な木の切削条件を知りたく質問させていただきました。 また、ネットで調べると切削条件は「グラファイトと同等と考えて良い」というような情報があったので、 MISUMIのカタログ(機械加工用工具P339)のグラファイト用のエンドミルの切削条件を参考にしようと調べてみました。 その中で、刃径の大小にかかわらず回転速度は8000minで一定、送りのみを変化させている記事があったのですが、グラファイトの加工ではそういうもの(刃径に応じて回転数を変えない)なのでしょうか? ご存知の方、参考意見などありましたら、ぜひご教授ください。 よろしくお願い致します。

  • カーボン材の切削加工

    こんにちは カーボン材をマシニングで加工したのですが普通の超硬刃具では、すぐにへたってしまいます。カーボンとは、どの様な材質でどんな刃具が適しているのでしょうか?また実績のある方はできる範囲で切削条件等を教えてもらえるとあり難いのですが・・・早急に教えてください。

  • エンドミルの切削条件マニュアル

    現在、マシニングセンターが10台ほどある工場に勤務しています。 この度、マシニングの使用工具の共通化・マニュアル化(段取り短縮の一環として)を進めている最中です。 皆で話した結果、基本的に「超硬のエンドミルを使用する」という1つの結論がでました。 そこで、どのようは切削条件の基準(使用マニュアル)を作ったらよいか悩んでいます。具体的には、基準を何に置いたらよいのか?回転と送りなのか?切削速度と刃当り送りなのか?ピンポイントで商品を決めてしまうか?など悩んでいます。 機械はBT30、40、50で被削材は低炭素鋼が中心の2次元加工で、特に複雑な加工はしていません。 良い案や例があったら是非お助けください。

  • 純ニッケルの加工法と材種の特性について

    はじめましてcooです。よろしくお願いします。 現在MCでの純ニッケル加工の仕事が来ています。ポケット、長溝、ザグリ等の加工を行う作業内容です。φ2φ10位のエンドミルにてどうにか加工を行っていますが、工具の刃持ちが悪く適正な切削速度を見つけることが出来ません。ハイスのラフィングの刃先が目に見えて摩耗していきます。超硬工具も試してはいますが、思うような精度が出せません。機械的な精度は、要求寸法に十分使用に耐えうる精度はあります。どなたかこの材種の加工法について教えていただけませんか?