• 締切済み
  • すぐに回答を!

放熱用シリコンが付かない材料

電気製品の中などに使われる、放熱用シリコンパテが、くっつかない材料はありませんでしょうか。 パテは粘土状で、接着剤のように固まらない。硬さは小学校などで使う油粘土もしくは紙粘土程度です。これを型に入れて成形し、取り出したいのですが、型に付いてしまいうまく行きません。 PE、PTFE、POM、などで実験しましたが、少し当てただけではすぐに離れるが、ぎゅーっと押し付けると貼りついてしまい、形が壊れてしかはずせなくなります。 シリコンパテに何かの成分が移行しては困るので、液体の離型剤や粉体は使えません。 型に使う材料、または成分が付かない離型剤、その他、いいものはないでしょうか。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数460
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

放熱用シリコーンとは何を意味しますでしょうか。一般的には放熱グリース、放熱シートです。パテに相当するものは、シリコーンシーラントまたは2液RTVと思います。特約店に詳細を話して相談してください。適切な回答が得られるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 パテと称したのは性状からで、一般的な表記ではありません。グリースというといわゆる機械の潤滑などに使うグリースを想像されると思い表現していません。グリースを固まりかけた油とでも表現したらいいのか、そのような状態ではなく、まさに粘土だからパテと称したのです。ただ自動車の板金のへこみ修理に使うような固まるものではなく、柔らかいままです。従ってシーラントやRTVとは違います。

関連するQ&A

  • シリコン材料について

    模型パーツを自作するのに、シリコンのコーキング材を使っています。 24時間で硬化、時期により長くなる、とあったので 多少長くなるとは覚悟していましたが、72時間たっても表面すらまるで固まりません。 いくらなんでも遅すぎる気がするのですがこんなものでしょうか。 以下の点もまずいような気がするのですが、致命的な要因になるものがあるでしょうか。 ・着色に水彩絵の具を混入した。 ・カタとしてファンド(紙粘土)を使用した。 作っているものはモンハンのラングロトラの捕食時の舌です。 硬いもので削りだすと折れてしまいそうだし、多少柔らかい材料のほうが舌っぽいかと シリコンでやってみたのですが、他に良い材料があれば教えてください。

  • 成形材料の離型剤とについて

    成形材料に離型性を良くするために離型剤を多少混ぜてある場合についてお伺いします。 この材料で成形後、その製品をアニールにて熱処理した場合、材料に混入している離型剤の成分が表面に浮き出てくる事はあるでしょうか? 見た目では分からないレベルなのですが、成形品をアニール後、塗装を施すと 塗料を弾いてしまう現象が出てしまいます。 逆にアニールをしていない物を塗装しても塗料は弾きませんでした。 塗料を弾いてしまう原因を調査中で、離型剤とアニールが何か悪さをしているのではないだろうかと考えています。 ちなみに材料はPBTです。

  • 紙粘土素材で作りたい

    紙粘土の素材感が好きです。 今、素朴なお地蔵様のような人形を紙粘土で作りたいと思って 試行錯誤しております。 同じ形で複数作りたいので 型を作りたいのですが 1、紙粘土で型を作り 2、石膏で半分ずつ型を取った。 3、型に紙粘土を押し付け、型を合わせる 4、型から外し、淵のはみ出た粘度を削る と言う工程で作成していましたが 石膏の型が崩れやすく外れにくく シリコンだと扱いやすいけど何体も作れないので 低粘度エポキシ樹脂を使って型を作りたいと考えています。 エポキシを購入した物の、使用方法が良く解らなく また、ウェブや本で調べてもエポキシが材料で型は違う物ばかり エポキシが人形の抜き型として使えるのかが解らないのです。 製品の説明書の使用方法も成分と注意事項ばかりで詳しく書いてありません。 エポキシの使い方に詳しい方お知恵を貸して下さいm(__)m エポキシを使って型を取るのに 1、紙粘土の原型で大丈夫か? 2、エポキシを使った型から上手に外せるか? 等、解らない事ばかりです。 小さなコツでも良いので よろしくお願いします。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

PTFE等でも駄目でしょうか? PTFE等の形状には抜き勾配等の設計的配慮はしてありますか? また、分割位置等の事も。 それか、取り出し時にエア等で吹けるように、PTFE等にエア穴が加工できませんか? パテが柔らかい状態の時は、穴にパテが入り難い状態で少量吹き出させ、抜けも少量なので 確保は容易と考えていますが、無理でしょうか? そして、型から固くなったシリコンを剥ぐ時、エア流量を多くしてから剥ぐの要領で。 当然ですが、FTFE等の型の表面はツルツルにしているのでしょうか? 最後に、シリコンパテが乾燥して固くなる時の収縮量と力はどれ位でしょうか? 円筒形状を反割りにしても、両端の半円部分へはどんな力が加わっているのでしょうか? また、その箇所は抜き勾配が必要なんではないでしょうか? 剥ぎ方の工夫で、不必要なんでしょうか? 詳細が観えないもので判りません。 エアを吹くと、表面が早く乾き、縮み代も少なくなり、全部が乾く時もつっぱりとなり、 縮みによる型への負荷荷重が低減できると考えたのですが、駄目かな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 抜き勾配は、円筒を半割り(茶筒を縦に割る感じ)なので、配慮してあると言えると思います。分割位置についても型が半割りと想像してもらえば。 型に穴を開けてエアで吹くというのは、予想ですが、穴の周りだけ型から離れて全体としては離れない、と思います。(パテが柔らかいので穴の周りだけ変形する。エアはどこかに抜けてゆくでしょうが、これもパテが部分的に変形することによって抜け道ができるような気がします。)網の目のようなエア穴を開ければいいのでしょうが、成形時にパテが網に入っていって・・・、という予想です。 再度ありがとうございます。 前提が大きく違っているようで、このパテは固まらないのです。粘土のままです。収縮はないと考えられます。 成形の前に、ある物にパテを付けておき、形をきれいに(寸法どおりに)するものなのですが、円筒の軸方向はほとんど充填されません。直径のみ寸法どおりにしたいというものです。ということは両端の半円部分にはほぼ力が掛かっていないのです。実際片方は開いたままで壁すらありません。 樹脂成形のように両方の型を合わせて形を作っておいて、そこに穴から注入するイメージを持たれているかも知れませんが、型を離しておいて、中に対象物を入れ、型を合わせてゆく、このときにパテが変形して行き所定の形になるという流れです。 難しいですかね。

関連するQ&A

  • 軟質シリコン剤の入手方法

    小さな部品を作りたいのですが、材質として軟質のシリコン剤を 探しています。硬質のシリコンを小売りしているところを見つけ ましたが、模型などの型どりに用いるので硬質だそうです。 軟質のものを小売りしているサイトなどがありましたら教えて下さい。 また、型は粘土などで作って原型を作りそれから型を作ろうと考えています。 この時、型を取るに適している材料はどの様なもかも教えて下さい。

  • 自作グリル

    ラパンに乗っています。 今グリルはプレジ純正を移植しています。 必死に頼んで安くしてもらい塗装込みで5万でした。 ラパン純正を切り抜いてプレジ用をはめ込み固定して形作って塗装みたいな感じだったのでそこまで難しい事ではないと思いました。 他のグリルを移植したくなったのでダメモトで自分でやってみようと思います。 で、質問なんですが ・FRPというのはどうやって貼り付けるものなんでしょうか?ローラーを使ってあれこれするみたいなんですが。。。 ・移植するグリルを固定するにはどんなものが最適でしょうか? ・パテを盛りすぎると重たくなると書いてあったので紙粘土を使おうと思います。 この場合いきなりプラスチックの純正グリルに紙粘土を付けるのではなく、パテを紙粘土とグリルの接着剤代わりにして、薄くパテ→紙粘土→表面はパテというようにパテ紙粘土を隠すようにすれば強度的には大丈夫なんでしょうか? ・パテを盛る場合は塗装の上から盛っても問題ないでしょうか?やっぱり塗装を剥いだ方がいいのでしょうか? 長文&乱文ですみません。よろしくお願いします。

  • シリコンゴムの剥離

    お世話になります。 シリコンゴムで困っていますので助けてください。 プリント基板を絶縁目的でシリコンゴムでモールドしていますが、熱膨張 によるストレスでクラックが入るのを避けるため、モールド型に流し込ん で硬化後型から取り出し、一回り大きな金属ケースに取り付けていますが、 型から剥離しにくいという問題が起こっています。 ストレスを避けるために型を使っているのに、剥離時にストレスを 加えるのはなんとも具合が悪いので何とかしたいのですが、型に テフロンを使っても、繰り返し使用で剥離しにくくなります。 高電圧(数万V)の絶縁目的なので、離型剤も使用したくないです。 シリコンゴムの剥離が容易な型材料は、何を用いるのが適当でしょうか。 樹脂は素人の電気屋です。何卒よろしくお願いします

  • パテについて

    全く知識が無いのですが、パテについて色々調べております。 お詳しい方レス頂ければ幸いです。 子供のおもちゃ(例えばアンパ○マンなどの小さな人形など) を、型でとって、その型にパテなどを挟んで、サンドイッチ? のようにして、作ったものに、子供と一緒に色づけなどして 遊びたいと考えております。 希望としては、、、 ・硬化前は粘土?のように扱えるもの(硬さなど) ・固まったあとは、紙粘土のような感じではなく、 プラスチックのようになって欲しい (表面ザラザラは何か哀しいのと、例えば子供が放り投げて 壁にぶつかったとしても、人形の足がポロ!っとか、ポキ! っとか折れない程度の強度は欲しい・・・) ・なるべく安いのが・・・・(笑)。 そんなような希望なのですが、、、そうすると、 パテはパテでも、何パテが一番近い感じでしょうか? または、業務用などでそれに近い何かがありますでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • ウレタンゲルの材料メーカ、加工メーカを探しています

    低硬度のウレタンゲルの成形部品を作ろうと思っています。 (実験室で作るか、もしくは専門のメーカに依頼するか検討中です) ★大きさは、1cm角程度の小さな部品です。 1.硬度は15(ショアA)程度 2.材料と離型剤にシリコン含有品は使えない 3.粘着性がほしい(ただし粘着剤の添加は出来ない) という、条件付です。 半導体部品などを固定して搬送するためのサンプルケースや クリーンルーム内でゴミ取りに使うような材料をイメージしています 1.どのようなメーカで材料を売っていますか? 2.成形には特殊な装置が必要なのでしょうか? 3.加工して部品を供給していただけるメーカを探しています。 よろしくお願いいたします。

  • エポキシ接着剤に適した型取り素材について。

    エポキシ接着剤を何かの型に流して取り出してみたいのですが、材料がよくわかりません。 型は自分で自由に作れる素材がいいです。(粘土みたいに) まずエポキシ接着剤は百円ショップで手に入りますが、問題は型なのです。エポキシ接着剤を流し込んでそのまま取れなくなる可能性が大なんです。 エポキシ接着剤を流しても硬化後に取れる、手に入りやすい、出来るだけ値段が安い、自由な形に出来る、そんな型取りに適した素材ってないですか? シリコン素材のものが型取りでは良いと思いますが、値段が高いのです。

  • ジオラマの光沢のある人形の作り方

    初心者なのですが、ジオラマの人形を手づくりで作ろうと思っています。仕上がりは真鍮のような金属的な光沢のあるものを目指しています。大きさは全長2センチ程度です。 そこで人形の作り方について質問です。 現在、自分で考えているのは、まず針金で原型をつくり、そこへ紙粘土を付けていって形を整え、乾いてから着色し、仕上がりに石膏を水で溶いたものを塗って光沢を出そうというものです。 質問としては、 1.紙粘土以外にいい材料はないでしょうか? 2.真鍮のような光沢を出すにはどうすればいいでしょうか(石膏でいいのでしょうか)? 3.大量に作りたいのですが、その場合、石膏などで型をつくるのがベストでしょうか(石膏の型に紙粘土を入れてうまく型がとれるのでしょうか)? 初歩的な質問なのですが、どうかよろしくお願いします。

  • 射出成形材料のL/Tについて

    L/Tは成形材料の流れやすさの目安(Lは最大充填長さ、Tは肉厚)となるものだとりかいしておりますが各種材料のL/Tの値を教えてください。HIPSはL/T=220、PPは240、PEは240、POMは200、ABSは190、ASは160、PCは130ということは大体分かっていますが、その他の材料例えばPET、PPE、PBT、PPS、PES、ABS+GF30%、PC+GF30%、PET+GF30%、PBT+GF15%など、、、 また流動性評価でメルトフローレートがありますが、評価の条件が色々あり単純比較が難しい印象がありますがこちらの比較値についても教えていただけると助かります。 わたしは成形&金型工場に勤めて20年以上になります。 L/Tは日常会話でもよく出てきますが、このたび新入社員用に代表的なL/T値をまとめた教育資料をつくろうとしています。 例えば流動性が良いPPを1としたときPCは0.5という感じで、、 材料別に流れやすさが一目でわかるような一覧表をつくりたいです。 成形技術課に所属しているわたしですが、最近メルトフロー測定装置を購入し MFRを測定しさらに材料温度の違いによる流動性の変化についてもデータを取り出しているところです。実践ではこの実験データがとても参考になるとおもっております。

  • 油粘土原型の造形物を、ポリパテに置換したいのですが

    タイトルの通り、油粘土で作った原型をポリパテに置換し仕上げをしようと思っているのですが、どのような方法でやろうか迷っています。 モノは本物の人間の頭部より一回り小さいくらいの頭像で、中身を中空にして仕上げたく、またシリコンを使う予算の余裕がないので、石膏型を使っての方法を考えています。 石膏像の制作の経験はそれなりにあり、それに近いイメージでできればいいなと思っているのですが、ポリエステルパテは脆いという話も良く聞き、割り出す際にぶち抜いてしまうのではないかと心配で・・・また、離型剤も、パテと石膏に使えるかどうか大変不安です。 パテが無理そうであれば、石粉粘土を利用しようと思っていますが、なるべく耐水性でかつ、硬化の早い素材を使いたいんです。(水をつけた方が研磨が楽そうで・・・) こういった場合の置換方法、また素材に関して詳しい方、ご教授願います!

  • レジンが型からはずすときに割れる

    1~2ミリの棒状の原型を作り、シリコンで型をとって、ウレタンレジンを注入し、模型を作ったのですが、型からはずすとき、レジンが割れてしまいます。 1.割れないようにする方法はないでしょうか? 2.レジンのように注入して固まる代価物はないでしょうか? (片面型なので注入できなくてもかまいまん。ひけのないやわらかめの粘土、手にくっつかず型に押し込めることができるパテ、でもなんでもいいので教えてください。) どうぞよろしくお願いします。