解決済み

桃太郎を告訴

  • 暇なときにでも
  • 質問No.946670
  • 閲覧数298
  • ありがとう数68
  • 気になる数1
  • 回答数14
  • コメント数0

昔むかし、
桃太郎は、「私的な判断で鬼を悪と決めつけ」・・ポイント1、
配下に加えた犬猿雉と共に暴力による攻撃を実行。
「その財産を奪い去り私有物としました」・・・・ポイント2。
正確な年代は特定されていませんが、鬼が人々に
実害を与えていた時代背景から想像すると平安時代じゃないかと思います。
当時の法律でも、上記のポイント1および2は非合法
なんじゃないかと思いますが、いかがでしょう。

(21世紀、超大国には桃太郎のようなリーダーがいて、似たようなことをしてますが、こちらは一応法的手続には問題ないようですが・・・。)

因みに全然困ってませんので、ユニークな回答をお願いします。
通報する
  • 回答数14
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.13
レベル14

ベストアンサー率 25% (805/3197)

>平安時代は、統一国家とはいえ地方の私闘を規制
>するまでの力は国家にはなかったのでしょうか?

この先は歴史の勉強となりますが、平安時代の初めに
桓武天皇が蝦夷征伐のあと、常備軍を撤廃させてしまった
ため、朝廷は軍事力を無くしました。

軍隊は平時においては治安力も兼ねますから、当然ながら
地方の治安は悪化します。

当時の開墾地主たちが武装して武士となったのも、
国家の治安力をあてにできなかったからという事情も
あります。

さて地方の開墾地主が武装して自衛したわけですが、
国家の抑えがないため、武士どうしの利害が衝突すると、
そこで彼ら同士の私闘となるわけです。

その大規模なものが、平将門の反乱だったりするわけです。

ちなみに、平将門の反乱を鎮圧したのも、武士の武力
によるものでした。


>私有財産を保護する力も国家にはないので、鬼の
>財産を勝手に奪い去っても、強い者勝ちなんですね。

伝聞ですが、前九年の役・後三年の役で得た財物は、
勝利者である源氏および関東武士たちの戦利品となった
とか。(この箇所、自信なし)

たとえば、砦を包囲されて降伏しようとしてきた敵を、
降伏を許さずにわざと砦に追いやったりしたそうです。
(砦が陥落すれば、その後は略奪し放題となるから)
補足コメント
noname#14601

なんと、軍事力を持たない政権ってのが、わが国にあったのですね?
改めて指摘されると確かにそうですが、日本の皇室の系統が世界史では異例に長い期間継続しているのは、このあたりに秘密がありそうな・・・
桃太郎とは関係ありませんが。
投稿日時 - 2004-08-06 12:24:58
お礼コメント
noname#14601

ふざけた質問でしたが、学校の歴史では学びきれなかった平安時代の様子がちょっと見えた気がしました。
投稿日時 - 2004-08-06 12:52:14

その他の回答 (全13件)

  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 30% (155/507)

本件の被告は桃太郎、犬、猿、雉、そして桃太郎のその養父母である。
まず、犬猿雉においては、人間ではないため、これに罪を問うことは出来ない。
また、桃太郎も「桃から生まれた」ということは、植物の一種であり人間ではありえない。よって、桃太郎と称する植物においても、これに刑を処すことはできない。
さて、問題は養父母である。
この場合、鬼が、鬼と称する人間である場合、もしくは人間とみなしうるかという点がポイントとなる。
もし、仮に、鬼が人間とみなせない場合、これは無罪である。
しかし、鬼が人間とみなしうる場合、養父母は自分の飼い桃である桃太郎が鬼に危害を与えることを予測しえたにも関わらず何も手を打たなかったということになる。この場合、桃太郎の飼い主たる養父母に過失致死罪が適用される。
補足コメント
noname#14601

桃太郎には、実は、お爺さんが山で種を撒いている間に、お婆さんの「桃」から・・・
という噂があるとの事。
もしこの噂が真実であれば彼は人間。

あるいは、異論もあるようですが、時代が平安時代
だったとすると、同時代に、同じような植物系生命体
に、かぐや姫があります。
こちらは、時の帝から求愛を受けていることを考えると、
この手の生命体は、人間として認められていたと思われます。

いづれにせよ、彼は、鬼が人間であれば有罪ですね?
投稿日時 - 2004-08-01 02:10:49

  • 回答No.5
レベル12

ベストアンサー率 30% (155/507)

(桃太郎:人間編)
訴状(質問)では明らかではないが、その場合養父母について精査する必要がある。
1.桃太郎が生まれるときから「おじいさん」「おばあさん」と呼ばれていた以上、相当高齢である
 1.1年代を考えても高齢出産は無理であろうから、二人の子どもである可能性は低い
2.また前日まで妊娠の兆候が見られない「おばあさん」が、産婆も呼ばずに出産したということが隣家に把握された場合、当然誘拐などの罪に問われることとなる。
3.しかるに、そのあたりの情報がないことを勘案すると、この「おじいさん」「おばあさん」は庄屋、もしくはそれに極めて近い間柄であったことが推測される。
4.さて、桃太郎が「鬼退治に行く」と宣言した際、おばあさんは黍団子作りというアリバイがあるが、おじいさんは何をしていたのか。当然、庄屋としての判断、もしくは庄屋に判断を仰ぎに行った可能性が高い。
5.日本において統一国家と名実ともにいえるのは江戸時代からであって、それまでは各地区ごとに相当の自治が認められていたと思われる。当然、そこには自警活動なども含まれていたと解釈するのは自然である。
6.となると、一見、個人の暴走のように思われる行為ではあるが、出発の直前、庄屋からの許諾を得た「公権力の行使」にあたる可能性がある。
7.そうであるのなら、桃太郎の侵略行為は、鬼が人間として扱われるかどうかも不要で、完全な合法であると考えられる。
補足コメント
noname#14601

なるほど、桃太郎の物語は自治集団による
自衛行為であった。
金銀財宝に関しても、奪われていた自分達のものを
取り返したと言うことですね。
今日の日本国憲法に照らし合わせてさえも、何ら後ろめ
たくいことのない、立派な合法。
投稿日時 - 2004-08-01 18:21:45
  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 57% (634/1101)

はじめまして。

桃太郎と同じ岡山県出身の者です。

桃太郎のモデルとなった吉備津彦命は第七代孝霊天皇(紀元前3世紀)の息子とされていますから、平安時代ではないと思います。

あと、鬼のモデルとなった温羅は百済の王子で、日本から見たら侵略者だったと思います。

当時は成文法があったかわかりませんが、別に非合法じゃないんじゃないかなと思いますが、いかがでしょう?
補足コメント
noname#14601

あれは、弥生時代の事件ですか・・・
日本には法を持った国家は誕生してなかったんですね。

しかし、桃太郎にモデルがあったとは知りませんでした。
そういえば、私も岡山には多少の縁があるんですが、吉備津神社って聞いたことがあるような気がします。
あれは桃太郎を祭ってるんですか?
投稿日時 - 2004-08-01 01:44:18
  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 21% (256/1168)

鬼ヶ島は、日本の国外ですから日本の法律は適用されません。
補足コメント
noname#14601

時の政権の許可を得ずに勝手に海外との戦争行為を
はじめることは、これまた非合法ではないかと・・・
投稿日時 - 2004-08-01 01:40:01
  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 26% (49/186)

鬼に法律が適用されるかが論点だと思います。
この場合、鬼は動物みたいな扱いになるのですかねえ?

平安時代だとすると、検非違使も大目にみてくれるのではないでしょうか。自分の仕事が減るわけですから。
補足コメント
noname#14601

ちゅうことは、仮に桃太郎が有罪になっても、
配下の犬猿雉は、完全な動物なので無罪ですな。
投稿日時 - 2004-08-01 01:42:27
  • 回答No.6
レベル9

ベストアンサー率 23% (34/145)

問題は、祖父母が子供に刀を買い与えた事です。

主犯桃太郎はまだ未成年であり、善悪の判断能力は完全でなく、祖父母に「鬼は悪人である」という間違った知識を植え付けられた。

また、犯行に及ぶと公言すると制止する所かキビ団子
という経済援助まで行って犯罪を幇助した。

キビ団子と言う経済援助が結果的にキジ、猿、犬
による集団暴行に発展した。

その手口は悪質であり、気づかれないように家屋に侵入し、有無も言わさず切りつけ、そこにいた数十人を
あっと言う間に惨殺した。

その後、財産を奪い、逃走した。

悪いのは保護者です。


これが犯罪の
補足コメント
noname#14601

本件は子育て問題にまで根のある深い話なんですね。
老いて授かった子は特に可愛いといいます。
過保護による非行説。よって、保護者に責任がある。
投稿日時 - 2004-08-01 18:39:16
  • 回答No.7
レベル9

ベストアンサー率 41% (7/17)

うろ覚えで恐縮ですが・・・。桃は中国古来からの若返りの薬か不老長寿の薬とされていて、おじいさん、おばあさんが桃を食べたことによって身体が若返り、子供ができたと本で読んだことがあります。

また、昔話に出てくる鬼はNO.3の方がおっしゃってるように外国人をあらわすことが多いです。東北の日本海側に残されてる昔話に鬼がよく登場するのは、海賊とかが外国からやってきたからと聞いたこともあります。

犬・猿・キジに例えた家来と一緒に、侵略者(強奪者)と闘って宝物を取り戻すというお話だから、桃太郎は悪くないと思うのですが・・・。

ちなみに最近の子供向けの絵本では、鬼は反省して村の子供達と遊んだり、桃太郎は村の人たちに宝物を分け与えたりしてる本もあるんですよ。私はそんなの納得いかないけどね。
補足コメント
noname#14601

それがポイントの一つかも。
2004年では桃太郎は「融和策」を好んだことに
なっているですか。
歴史が改ざんされると言うことは、やっぱり、何か
後ろめたい気持ちがあるに違いない。
現在の価値観に照らし合わせての話ですが。
投稿日時 - 2004-08-01 18:29:00
  • 回答No.12
レベル7

ベストアンサー率 10% (1/10)

桃太郎を告訴するなんて!
回答者Rinkostarはその名のとおり、リバプール生まれですが、
岡山県とも、ただならぬ関係があり、岡山県関係者としては、「告訴」と聞いてはだまっておられませぬ。
(という岡山県人のメンタリティを知ってもらいたかったのです)

すでにANO.#3さんから回答が出ていましたが、桃太郎のモデルは吉備津彦命です。
吉備津神社はJR吉備線で岡山から4駅めの「吉備津駅」下車徒歩5分ほどです。

ぜひいってみられー(←岡山弁)
補足コメント
noname#14601

そういえば、岡山の名産は桃ですが、あれは、桃太郎が先なのでしょうか、桃が先なのでしょうか?
桃が先だとしたら、今日にはマスカット次郎が誕生してもおかしくないと思います。
日本人をさらっていたことが判明した金太郎を成敗に行くとか。愛犬ポチもヤブの陰から声援を送ることでしょう。
投稿日時 - 2004-08-06 00:14:24
お礼コメント
noname#14601

鬼より珍しい桃太郎の専門家に敬意を表して10ポイント
投稿日時 - 2004-08-06 14:22:03
  • 回答No.11
レベル14

ベストアンサー率 25% (805/3197)

平安時代を前提にしますと、きわめてユニークな武力
抗争事件が実例としてありますので、それをネタにして
考察します。

・刀伊の入寇
 海を渡って九州に侵攻してきた女真族を、大宰府の
 権帥(ごんのそつ)の藤原隆家が、九州の武士を率いて
 戦い、撃退します。
 しかし当時の朝廷は、なんのかんの理由をつけて、
 奮闘した藤原隆家と九州武士たちに何の褒美もやり
 ませんでした。

・前九年の役
 東北地方の安倍氏の起こした反乱を、源頼義らが
 鎮圧します。
 いちおう朝廷の命で行ったため、関係者には褒美が
 でました。

・後三年の役
 安倍氏のあと、東北地方で勢力を伸ばした清原氏の
 内輪もめに、源義家が介入します。
 しかし朝廷の命令とは関係なしに戦争したため、朝廷
 からの褒美は出ませんでした。義家はやむを得ず、
 自腹を切って部下に褒美を与えます。

つまり、敵(鬼)がやってきたのを撃退したにせよ、
こちらから出向いて征伐したにせよ、朝廷の命令がなけ
れば、ただの私闘扱いだったということです。

上記の歴史的事実から推察すると、仮に桃太郎が平安
時代にいたとして、自分の判断で鬼が島征伐を決行した
にせよ、当時の中央政府である朝廷からは何の沙汰も
なかったということが、推測できます。

ただし武力行使がお構いなしだとしても、朝廷に対する
反乱だけは別で、平将門のように討伐対象となります。
補足コメント
noname#14601

平安時代は、統一国家とはいえ地方の私闘を規制する
までの力は国家にはなかったのでしょうか?
私有財産を保護する力も国家にはないので、鬼の財産を勝手に奪い去っても、強い者勝ちなんですね。
投稿日時 - 2004-08-06 00:10:23
  • 回答No.9
レベル7

ベストアンサー率 43% (13/30)

こんにちは。暇ですから書き込みます。

まず、ポイント1ですが、no3さんが仰る通り、桃太郎のモデルは太古の人で、本邦初の法律と言われる聖徳太子の17条憲法のはるかに昔のお話です。よしんば実は平安時代の人だとしても、下層の民を紛争行為で罰する法はないですね。おばあさんが、捨て子を拾って、養子にしたとして、爺さん・婆さんの生活背景を想像するに、貴族でも武家でもなさそうですね。

次にポイント2ですが、私的財産保護をうたった法律は近代フランスにおいて初めて明文化されています。少なくとも我が国では、明治以降です。民事的には不法行為ではないでしょう。
刑事的には、盗人として裁かれるかもしれませんが、ポイント1と同じく、彼らの時代と身分的な推定で、私は無罪と考えます。下民は無視して遊び暮らすことが貴族の仕事でしたから。

余談ですが、鬼っていうのはやっぱり外国人か、少なくとも文化圏が違う人だったのでしょうね。たまたま、近海の島に漂着した外国人の集団だったとしたら、気の毒です。
きっと、犬猿雉ってあだ名かなんかの下僕を連れて、皆殺ししたのかなぁ?
補足コメント
noname#14601

そういえば、同時代(じゃないんだっけ?)の
前九年・後三年の役は共に地方で繰り広げられた
私的な戦いでしたが、勝った人も負けた人も
「犯罪者」ではないですね。
投稿日時 - 2004-08-02 00:10:14
13件中 1~10件目を表示
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ