• ベストアンサー
  • 困ってます

46番の砥石の限界は?

日立の平面研削機でWA、GC砥石を使い鋳物から鉄S45Cを研削してます。 難しい品物がありまして、鉄で精度が0.005以下の平面度(0.003までが合格なんですが)が必要で・・・上手く平面度が出る時と駄目な時があります0.02とか。 そこで46番の砥石で加工する場合はどの位までが精度の限界でしょうか?  ワークは初めにすてびきしてからマグネットを弱くしてトラバースを使ってます。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数287
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

WA、GC は減りやすく、片側からスパークアウトすると終わりが高くなった台形、両側からやっても中ほどが盛上がる山形になります。 平面度追求なら、やはりcBN、ダイヤの超砥粒砥石でしょう。 砥石を細かくとか硬さ上げるとか考えることも無くなります。 それにしても、平面度<0.003 必須というのは厳しい・・・サイズ大小によるが テーブル研磨の出来、ワークの残留歪みの大小とそれを読んで裏表からの攻めを何回繰返すか、マグネットの強さ、、、所詮は勘ですね。0.003 では機械精度の限界も見えてくる。 >駄目な時があります0.02とか 上記のどれかが原因してる。残留歪みが一番かな? 作業の途中経過から原因対策を読むしかない。残留歪みは熱処理工程への改善要求ができるはず。 【参考】ワーク、機械が理想形でのチャンピオンデータはありますが http://www.nagase-i.jp/works/heimen.html?PHPSESSID=ad4e7d06ca1d75e6eb450841692d2af4

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 大変今後の良い参考になりました。サイズは薄くて丸い物で100パイ位です。 旋盤からの歪が取れにくいです汗・・・ 早速載せて頂いたURLを見てみます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

>そこで46番の砥石で加工する場合はどの位までが精度の限界でしょうか?  感覚的に「荒いな」と言うのが本音  60番程度の方が精度は出しやすいと思う。  後は経験と腕次第 精度の追求に重きを置くなら 前出の「岩魚内氏」のCBN・ダイヤの使用 精度はワークのサイズに大きく影響される (1000mmで0.003と100mmで0.003ではまるで違う)  所詮 平研はテーブルの精度の写し取り ワークの基準面が平面でなければ歪む事は避けられない ラップやキサゲで平面のすわりを良くしてやれば安定するはず (※キサゲは焼きが入っていれば出来ないが) 昔からの方法の一つにワークとテーブルの間に濡れた新聞紙をかませたりも・・・ 飛び出さないようにブロックを当りにする事を忘れずに。 WA・GC どちらを使うにしても砥石のバランスが重要 CBN・ダイヤの場合はそれに加えてツルーイング・ドレスが面粗さに影響大です。 余談 面粗さが荒い場合 油砥石で少し擦るだけでも寸法精度に影響大 細かければ少々擦っても精度に影響は少ない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 良い参考になりました。 砥石の変更を考えていましたので助かりました、価格が高い砥石は使えないみたいでして汗 検討してみます。 砥石のバランス、検査じょうばんの上にバランス台を置いてやってますが、いまだに難しいです・・・こつこつと粘り強くするしかないですね汗;

関連するQ&A

  • 砥石の選定

    いつもお世話になっています。 主に19A、WA砥石でS45C、SUS403を研削していますが、もちろん条件にもよりますが、GC砥石の方が早く研削できるのでしょうか? 品物はΦ10~Φ100くらいで長くても500?くらいです。ロットも100くらいです。おわかりになる方お願いします。

  • 鋳物の平面研削加工について

    FC250の鋳物300×300の定盤を平面度5μ以内に入れようと平面研削(トラバース)していると砥石のもちが悪い(目づまり)ような気がします。研削後にキサゲ加工をするので荒仕上げ程度の表面粗さでいいのですが・・・研削砥石の営業マンとも話をしているのですがみなさんが使っている鋳物用の砥石を参考までに出来るだけくわしく教えてください。単純に結合度を軟らかく、組織を粗にしたらいいのか?よくわかりません。よろしくお願いします。  ちなみに、横形平面研削盤ナガセSGEー63 砥粒C 粒度46 結合度I 組織6 355×38×127 研削液はジュラロン S500N です。 

  • 粗研削では砥石を傾けて

    平面粗研削を行う場合、 故意に砥石を傾けて (ワークの加工平面に対し、砥石の回転軸を垂直な方向から少し傾ける) 能率を向上させるそうですが、 砥石を傾けると能率が向上するのはどういう原理によるものでしょうか。 教えてください。お願いいたします。

  • 平面研削盤について

    現在355φ内径76.2厚さ38のWAの砥石を使用しています。 超硬研磨するために砥石を選択したのですが、355φでは内径が127のGC砥石しかありません。内径を76.2の研削盤に取り付ける方法はないでしょうか? 何かアタッチメントでもあるのでしょうか?お教え下さい。 かなり古い岡本の平面研削盤を使用しています。

  • 油砥石の平面形成法について

    油砥石をよく仕事で利用しますが、私の会社では、研削砥石(GCなど)を細かく砕き、その粉と平面が確保されているプレートすり合わせを行い、平面(?)を形成していますが、できた物はあまり褒められたものではありません。ラップ粉(GC:#1500)を使うと良いとも聞いた事があるのですが、どこで購入したらよいかわかりません。 良い方法、又はラップ粉の販売先をご存知の方いらっしゃいましたら、ご教授ください。

  • SUS304の円筒研削について

    φ16,全長300を砥石幅70ミリの円筒研削盤で0、2ミリくらいトラバース研削します。 できるだけ早く仕上げたいのですが、研削焼けしてなかなかできません。砥石は19Aで速度は変えられません。ワークの周速は135ですが、ワーク周速を上げればいいのですか?ドレスは粗めがいいのでしょうか? わかる方アドバイスお願いします。

  • 研削の加工時間

    平面研削、円筒研削(センターレス、トラバース、プランジ)、内面研削(トラバース、プランジ) 各々、一般砥石で研削する場合の加工時間の試算をする計算式をどなたか教えて頂けないでしょうか。文献等があれば、紹介して頂けないでしょうか。

  • 平面研削用セラミック砥石について。

    現在、岡本工作機械製平面研削盤PSG-125DX 1997年製を使用して研削加工をしているのですが、新しくかなり硬いワークの研削を行うことになり、砥石メーカーと相談してセラミックと粒を使っている砥石を選定して頂いたのですが、といしのドレススピードをかなり速くして加工するとなんとか削る事は出来るのですが、少しでもドレススピードを遅くすると、研削焼けがあっという間に発生してしまいます。その後、砥石メーカーに相談すると、粒度を変えた物を提案して頂いたのですが、そのセラミック砥石も加工がうまくいきませんでした。弊社の研削加工されている先輩に聞いたら、砥石が機械に合ってないからそうなると言われました。砥石メーカーが、選定した物でも合わないことがあるのでしょうか?しかし、部品納期があるので、現在使用している砥石を使用して加工しているのですが、かなり目こぼれしてしまい、かなり削るのに時間がかかってしまうし、ドレスもかなりの頻度で必要です。加工内容の詳細を記載しますので、同じような加工経験がある方、使われていた砥石を教えて頂きたいです。使用されていた平面研削盤の型式もお願いします。※CBN砥石は金額的に不可能です。加工内容 材質 SK材 油焼入れ SCM材 高周波焼入れ 硬度 HRC60~65 現在のといし 粒度46 と粒PA 結合度 G といしメーカー ノリタケ、テイケン 取り代 0.5~0.8mm 切込み 5ミクロン 是非ともアドバイスをお願い致します。

  • 円筒研削でプランジカットができない

    S45Cで、φ30程度のものを0、2ミリ研削します。 手動では普通に寸法に入りますが、そのあとポジティブストップで自動で研削すると大体0、02ミリ残ります。砥石台不良ではありません。なぜかs45cの焼きが入ってたり、ステンレスなどは寸分の狂いなく研削できます。 砥石はノリタケ 砥粒19A 粒度80 結合度K 組織8 ビトリファイド 345✖️75 で、周速は無負荷で2120、ワーク周速は135です。 よくわからないのは去年までは問題なく研削できていました。それが今年になって寸法に非常にバラつきがあります。なぜかS45Cだけ…。 ただ、今年から前工程を外注に頼むようになりました。センター穴不良も多少はありましたがそれ以外な気がします。砥石が小さくなったからでしょうか? もしくは実は材料が違っているとか…。 仮にS45Cより柔い材料の場合、上記の砥石で研削した場合、こんな症状は起こりますか? 何かおわかりになる方ご教授ください。

  • ワークの周速について

     砥石周速と適正なワーク周速の関係が分かりません。ここで言う適正とはできるだけ早く研削ができ、かつ砥石が長持ちするような関係です。  砥石はΦ455(2120rpm)結合度K、粒度80、ノリタケ製です。  もちろん機械、砥石、ドレス条件で色々変わるとは思いますが大体の目安を知りたいです。  NCでないので砥石周速は変更できません。砥石周速、ワーク周速、砥石切り込み量、送り速度の関係を簡単に求められる計算式などあればおしえていただきたいのですが・・・。  例えば、S45CでΦ16、全長50?(HRC52程度)の円筒の材料を円筒研削盤でプランジ研削するとすれば、砥石周速が2700m/分とすればワーク周速、切り込み量はどれくらいが適正でしょうか。また実際にあなたが研削するとして、どれくらいで研削されていますか?