• 締切済み
  • 暇なときにでも

計測機器の校正専門業者の対応について

カテ違いでしたら申し訳ございません。 大変困っていますので、ご意見をいただければと思います。 弊社ではノギスやマイクロメータ・計量器など、日常検査に使用するものは社内にて精度確認(校正)をしています。 その校正に使用するブロックゲージ・分銅と、ホールテスター、三次元測定器・表面粗さ測定器などの幾何学測定器の校正は専門業者へ依頼しているのですが、現在取引をしている業者の対応についてです。 校正有効期限前にEメールにて費用の見積依頼をするのですが、 1回目のメールで返信が来たことがありません。 有効期限の1~2か月前に見積もり依頼のメールをし、2週間待っても来ないので催促のメール「再送 ○月○日に依頼した件ですが…」としてメールを してからやっと来る、という状態です。 校正するもので小さいものについては、その業者の提携会社にて無料で引き取り・納品としてもらっています。 三次元測定器など、備え付けのものは出張校正をしてもらうのですが、 3か月前に見積もり依頼・校正実施日のスケジュール提示の依頼をしていたのに、見積もりもスケジュールも来ず。 電話にて督促を2回しましたら、Eメールにて見積もりは来たのですが、校正実施日についての記載は無く、また電話で「校正実施できる日はいつなのか?」と聞いたら、有効期限を1か月以上過ぎた日を指定してきました。 つい先日ですが、11月15日に12月の有効期限のものの見積もり依頼をしたのですが、2週間たっても見積もりが来なかったので、催促と、引き取り日程についてのメールをしましたところ、2日後に引き取りについての連絡はきたものの、見積もり書は出ず。 上司の決済を取るために金額だけは確認したかったので、「昨年と同じ金額ですか?」と電話しましたら、「同じです。(見積書は)まだ作ってないので、今日中に送ります」と言われました。 (この時点で最初に見積もり依頼してから3週間です) その後、確かにその日中に見積もり書は来たのですが、依頼時に「校正証明書:有」にて依頼しているのにもかかわらず、出てきた見積もりは「校正証明書:無」での金額でした。 対応が遅い上、こちらの依頼内容もろくに確認していないようなのです。 (ちなみに10年以上前から取引があり、向こうの営業担当者の変更もありません。) 皆様が依頼している業者も同じように見積もりに何週間もかかるものなのでしょうか? 校正専門業者とはそういうものなのでしょうか?教えてください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数376
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

お疲れ様です。 お解りと思いますが、依頼をしてすぐに依頼先が動かない場合もあります。仕事のスケジュールが詰まっていたりなどです。 しかし、しかし!この内容はひどすぎます。どうしてもすぐに回答ができないのであれば、理由を説明するなどします。普通は! こちらがお願いしているのであれば多少は仕方ないかもしれませんが、あくまでビジネスとして行っているのであれば、この対応は非道です。 対策としては、見積もりの内容や回答期限などを口頭にて担当者に説明し、同内容をメールでも送る(証拠のため)などが、いいです。それでもだめなら、見積もり依頼だけして期限までに回答が来なければ、別の業者を探しておいて乗り換えるのがいいかと。私は思います。 ご自分の満足のいく結果を出してくれる業者を探すのがいいかと。(なかなかそうもいかない場合も多いですが。) 頑張ってください!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、本当にありがとうございます。私があまりにせっかちなのか?とも思い、こちらに質問させていただきましたが、やはりひどいですよね…。 依頼してすぐに身動きが取れないのはこちらも同じなのですが、せめて1週間以内には何かしらのアクションがほしかったです。 この会社なのですが、電話対応も悪く、電話してもなかなか繋がらなかったり、17時過ぎはまったく電話に出ません…(たぶん定時が17時なのでしょう) 古くからの付き合い、ということで取引継続していましたが、他の業者への乗り換えを検討します!(上司を説得しなければいけませんが…) いいところが見つけられるように頑張ります。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 計測器・測定器の校正有効期限について

    計測器や測定器を外部機関に校正に出すと、校正の有効期限が明確に示されて返ってくるものもあれば、"次回推奨校正日"のように曖昧な感じで次回の校正を促すような書き方のものもあり、有効期限って誰がどうやって決めているのか疑問に思いました。 検索すると、法的には何も決まりがなく、校正を行う業者が自由に決めるものだと知りました。 そうであれば、校正業者ではなく、校正を依頼した側(計器の所有者)が実情を鑑みて、自社のリスクで有効期限を再定義してもよいのではないかと考えるようになりました。 例えば、次のようなケースは法的に、あるいは、道義的に認められますか? (条件)ある計器を毎年外部業者で校正していた。校正結果はよく、毎年ばらつきや精度は安定していた。その業者は次回の"推奨校正日"として1年後の日付を書いた校正証明書を発行していた。 (問1)いつも校正結果にばらつきは殆ど無かったため、社内ルールとしてその計器の有効期限を校正業者のいう推奨校正日を超えて2年間と定めることはOKですか? (問2)上の問1がOKである場合、社内ルールで定めた2年間はその計器を社内業務や製品検査に使用することはOKですか? (問3)同様に問1がOKである場合、社内ルールで定めた2年間は、その計器を上位の校正標準器として、自社製品の校正作業に使用することはOKですか?また、その自社製品の校正証明書などに、上位の標準器としてその計器の有効期限を社内ルールで決めた(延長された)2年として記載することはOKですか? 少なくとも、校正業者がいう1年間を超えた後に計器が狂い、その機器で測定したものの信頼性が揺るぐというリスクが増すことは承知しています。 その点は置いといて、法的にそのような解釈や措置を禁止するものがあるかどうか?、そして道義的にそういう主張(=社内で2年間有効と判断した)をすれば、一般的に受け入れられるものなのかが知りたいです。 よろしくお願いします。

  • キャビテーション測定器の校正

    超音波洗浄機の超音波の力を定量的に見るために、キャビテーション測定器(アロック工業製)と呼ばれる測定器を使用しています。 この測定器を校正対象として校正したいのですが、校正実施可能な機関・業者がありましたら、教えて下さい。

  • ISO取得の際の測定機器の校正について

    ISO9001の取得を検討中ですが、測定器の校正についてマスターとなるものを社外校正と考えておりますが、この際の業者選定として必要なことをご教示ください。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

大変お困りのことと文面から伺えます。 一度お取引を見直してみてはいかがでしょうか? 営業担当者の怠慢なのか、業者としての社風なのかわかりませんが、 きちんと対応を行う校正業者もありますので、 探してアポをとってみてください。 でなければ、その営業担当の上司にきちんと クレームを伝えることも必要です。 現状に甘んじてしまっていることが、その営業(会社?)を のさばらせてしまっている元凶だとおもいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

このような質問にお答えいただき、ありがとうございます。 もしかしてこれが普通なのかと思ってクレームを出していいものか、と悩んでいましたので、違うということを教えていただき、安心いたしました。 依頼のメールは、担当営業だけに送っていたのですが、 あまりにも対応が酷いので、最近はずっとその上司にもCCで送っているのですが、改善されませんでしたので、社風なのかもしれません… 他業者を探します!(と言っても地方なのでなかなか難しいですが…) ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 電気計測器の校正について

    当社では、電気保安管理で使用する電気計測器を、3年毎に専門業者に依頼し、校正を実施しています。計測の精度を保つ上でも、定期的な校正は必要だと思いますが、法的規制はありますか?

  • 監査における測定機器の校正の確認

    初めて利用させてもらいます。 取引先を外部監査する場合、測定機器の校正状態について確認すると、電流測定器、周波数測定器、若しくはGC-MS,HPLCのような測定、分析機器ものについては、皆さん外部校正をされており、校正サービス会社での測定結果、校正結果、標準校正器等とのトレーサビリティー体系図を示されます。測定機器は個別に識別番号をもっていて一覧表に校正の状態が管理されていて、機器本体には識別番号、校正期限等が書かれているシールがはられています。 で、質問ですが、このような機器の校正の状態や校正内容の適切性を確認する場合は、上記以外に確認するポイントはありますでしょうか? 監査する場合は主にISO9001を元に行っています。 以上アドバイス願います。

    • 締切済み
    • ISO
  • 校正の有効期限ラベル

    校正をした測定器に、有効期限を表示を行いますが この際、今までテプラで有効期限を作成し表示していました。 これだといちいち作成するのが面倒なので 既製品のシールを購入したいのですがこれがなかなか見つかりません。 以前、アスクル等のカタログ販売している会社のカタログで見かけた記憶があったので、 本日探したのですが今のカタログには乗っていませんでした。(見つけることができなかった?) イメージ的には「校正済」「有効期限」と印刷してあり、有効期限を手書きで書き入れ、ラミネートで表面が保護できるシールを探しています。 どなたかご存知ありませんか? 宜しくお願いします。 *カテゴリにあってない気もしますがご容赦を。

  • パラメータ固定タイプの面粗さ測定器の校正について

    現在、パラメータを変更できない面粗さ測定器を使っています。 内蔵パラメータは次のとおりです。 スタイラス:5μm カットオフ:0.8mm 評価長さ:4mm JIS B 0633:2001によると、この測定器で測れる範囲はRa 0.1 ~ 2.0μmなのですが、付属の日常点検用の粗さ基準片はRa 5.86μmでした。校正もRa 5.8μm付近で実施されています。 この測定器は、Ra 2.0μm以下の範囲と、Ra 5.8μm付近の範囲と、どちらの測定に使用することができるのでしょうか?

  • 運送会社の請求金額が見積金額より多い場合の対応

    メーカーに勤務している者です。海外工場から日本に設備の輸送を行うに当って、複数の輸送業者に見積を依頼し、見積金額の最安価の業者に実施頂いたのですが、重量が見積時と実績で倍以上違っており、結果、請求金額が多くなってしまいました。 輸送梱包作業が伴うため、見積時点では分からないと業者は主張しておりますが、超過金額を払う必要はあるでしょうか。 無い場合は、その法的根拠(商法何条など)を御教え頂ければ幸いです。よろしく御願い致します。

  • 商品生産の依頼を頼んでいる業者が突然「撤退する」と言って来ました。

    商品生産の依頼を頼んでいる業者が突然「撤退する」と言って来ました。 商品の制作を依頼している業者とトラブルが起きました。 入念な打合せの上に決定したことを予定通りに守らない業者側に対する不安が溜まり始めました。 業者側の対応がこのままだったら商売に大きく響いてくるので、その不安を控えめな姿勢で伝えたら、突然一方的に私の依頼から「撤退する」と言い出しました。 伝えた不安点とは 1.打合せの結果、決定した期限を守らない。見積もりやサンプルを期限を過ぎても上げて来ない 見積もりに関しては毎回予定日をかなり過ぎる(全て業者側が予定期限を指定しているのに) 2.見積もりの計算ミス 間違い箇所がいくつもあり、高い金額で見積もられていた 3.「折り返し電話します。」っと言って毎回かけ直して来ない 今撤退されてしまうと大小に関わらずいくつもの浪費、被害を受けてしまいますので、丁寧に誠意を持った姿勢で、制作の続行をお願いしましたが、聞く耳持たないような姿勢で拒否されました。 そのときの業者側のメールがこれです。 1通目 >今年からできましたら他社で作ってもらえますようお願いいたします。 折り返しのお電話が遅いなどご不安でしょうし、弊社の能力がお客様のご要望にそぐえないとうことだと思い ます。撤退し実害を防ぎたいのが懸命な判断と認識しており ます。サンプルの遅れ、お見積もりの遅れなどご理解のいただけない方とはお取引をお断りさせていただきており ます。ご理解の程よろしくお願いいたします。 2通目 >弊社と御社でモノを作るのは信頼関係は破壊してしまいましたので、これ以上進行できません。 とのことです。 業者側に対し文句を言ったこともなければ、ムリな依頼をしたこともありません。全て「可能だ」と言われた範囲以内で依頼をしています。 いろいろ質問したいことがありますが、今回皆様にお聞きしたいことは 1.こちらに被害を与えている業者側が撤退(契約解除?)をするなんてことが法的に認められるのでしょうか? 2.その撤退を言われるがままに受け入れなければいけないのでしょうか? このままですと大きく人生が狂ってしまいます。 アドバイスをお願いします。

  • 引越業者オススメ

    二人暮し1LDKの近距離の引越を検討しています。 数社に見積もり依頼を出したのですが、 3万円~15万円くらいの開きがあります。 また、だいたいの業者が訪問見積になる、とかで、 概算すらわかりません。 できれば、概算を知った上で、 2社くらいに訪問見積もりに来ていただいて決めようと思っていたのですが、 概算すらわからないので、どうしようかと思っています。 また、あまり安くても心配で、 上記の安かった業者は、口コミでも評判がよくなかったので、 漠然と中くらいのところにしようかな、と思っていますが、 どこが良かったとか、あれば教えて下さい。

  • 見積もり金額と請求金額の違い

    ノートパソコンの修理を業者に依頼して 見積書を書いてもらいました。 納得して修理を依頼しましたが、時間が経つにつれ「こことここが思っていたよりややこしいんだよ、少し金額が上がるかもしれないが治さないといけない」と言われ 金額がどれほど上がるのか具体的には提示されませんでした。が 仕方が無いので治してもらうように頼みました。 出来上がって請求金額を聞いたところ、見積もり金額の倍以上になっていました。 このケースでは、払わないといけないのでしょうか、教えてください。

  • 穴ピッチノギスの精度確認や校正作業について

    初めて質問させていただきます。 お恥ずかしい話ですが、当社ではこれまでノギスやマイクロメーターの定期的な校正をほとんど行っておらず、修理の際についでにやってもらうという程度でした。 この度取引メーカー様の要請により、定期的な校正を行わなければならなくなりました。 測定器の数がそこそこあり外部に出せば費用がかかりすぎるとのことで、社内で校正を行うことになりました。 必要になりそうなブロックゲージや長尺ブロックゲージホルダ等を揃え、手順書や記録紙を作成し、実際の校正作業のリハーサルを行っているところです。 当社では穴ピッチの測定を行うことが多く、標準ノギスの他に穴ピッチノギスを揃えております。 穴ピッチノギスの測定長は、200mm、300mm、400mm、1000mmの4種類です。 ゲージとしては穴ピッチノギスに付属していた100mmと、ミツトヨさんの5mm、10mm、150mm、200mm、300mm、400mmと長尺ブロックゲージホルダを組み合わせる方法があります。 外部の講師さんに教えていただいたミツトヨさんのブロックゲージの組み合わせですと、ホルダを締めてもカチッとした感じがなく、ブロックゲージ自体の組み合わせもうまくまっすぐにならずに、これで本当に精度が出ているのかが非常に不安を感じております。 200mm程度の測定や校正ならば、スケアブロックゲージの組み合わせで精度がでてそうのがわかりますが、500mm、700mmの測定でゲージブロックの組み合わせでよいものかが気がかりですし、この方法が本当に適切なものであるかもわかりません。 ミツトヨさんのゲージブロックにある穴を使ったらという社内の意見もありましたが、接続用の穴でとても精度を保証できるとは私は思えません。 600mmや1000mmの穴ピッチノギスを100mmのゲージブロックだけで測定確認できれば十分なのでしょうか。 それともブロックゲージの組み合わせ方法がまだ未熟ということなのでしょうか。 600mmや1000mm程度の穴ピッチノギスを社内でどのように精度確認や校正をされているのかを知りたいです。 情報をいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。 みなさま、アドバイスありがとうございました。 疑問点や悩みがクリアになってきました。 ・チェックマスタ、穴ピッチ・オフセットノギス用検査器の購入 ・ブロックゲージの穴利用、またはピッチノギス用のゲージ作成 ・現在あるブロックゲージの有効活用 で検討を続けてまいります。 今のところ、三次元測定器でのゲージの精度測定はうまく行ってません。 トレーサビリティの観点からすれば、やはり校正済みの基準器を使って社内校正をするのがよいと今は思っています。練習をしてうまく使いこなせるようにしていくつもりです。 今週で回答を締め切らさせていただきます。

  • ネットショッピング代行業者とのトラブル

    お世話になります。 あるネットショップから買い物がしたかったのですが、日本へ直接送ってくれないところでした。 仕方がないので、その国の代行業者を探してネットで見積もり依頼しました。 そのショップから代行業者までの送料が$5でしたので、メールにてよろしくお願いいたします。と依頼しました。 その後発注完了しましたとのメールがきたのですが、その際にショップから代行業者までの送料が変更になり($5→$30)ましたがご了承くださいとの一言です。 送料が変更になる時点で見積もりの変更ですと連絡があればよかったのですが、連絡もなく注文されてしまいました。 商品代金は1つ$10位の商品を買おうとしています。日本への送料も$20ドル程度です。 しかし、この代行業者キャンセルは発注前でも$10ドルの請求です。発注後だったら$25の請求をすると言ってきています。 私は読んでいなかったのですが、メールの見積書の後ろの方に きちんと書いてあったらしいです。(←私が悪いんですが、、) やり取りはすべてメールです。これにはどうやって対応したらいいのでしょうか?私はこの$25ドルを払わないといけないのでしょうか?

専門家に質問してみよう