• 締切済み
  • 困ってます

Φ0.5ドリル穴あけ

弊社ではΦ1以下のドリルは高速ボール盤にて加工しております。 手の感覚と切子のはけがいいからだと上司からは言われてますが、 今もらっている仕事にΦ0.5の穴が500個ある、とてもボール盤では対応できないものがあります。 自分自身入社当初から小径(Φ1以下)はMC等機械による加工はしてきませんでした。 しかし今回はちょうどいい機会なので、機械に任せ小径の穴あけを頑張りたいと思い投稿させていただきました。 素材 鉄(G040F) 深さ 10ミリ(抜け穴) 口元面取り不可 ピッチ間交差±0.03 上記の条件で加工いけるのでしょうか? 切削条件等記載していただけると助かります。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

既にボール盤でそのクラスの穴をあけられているという事なので、 そのノウハウを生かせば、穴をあけるそのものは MCでも不可能ではないと思います. 精度的な実現の可否は、ちょっと判らないですけれども. ドリルの送りはレギュラー長のもので 1回転あたり径の2~3%と言われています. 溝が長ければ、送りをより低く設定する必要に迫られる事はありますが、 今回はドリルがφ0.5という事なので、 少なくとも0.015mm/revより高くできるという事はまず無いと思います. (0.015mm/revは、主軸を仮に毎分3000回転とすれば、テーブル送りは45mm/min) ピッチ公差がそこそこ厳しいですので、 超硬ドリルを使う様な事になると、 機械の主軸の精度が問われるかも知れません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • SUS304の穴あけ

    SUS304の角材の穴あけです。 径7ミリのドリルにて150ミリの深さまで加工するのですが困っています。 全長100ミリのドリルで深さ60まであけたあと突撃ドリルで残りをあけてみているのですがどうにもスムーズにあいてくれません。 途中でガキガキッとか、いかにも折れてしまいそうなまことに嫌な音を出しますので、びびってしまいます。 もちろんステップは頻繁にかけますし、切子処理は考慮しています。 水溶性切削油を油性に変えるわけにもいかず、刷毛塗りでタッピングペーストをつけながらあけてもこれまたうまくいかず・・・。 ドリルは刃長200ミリ、回転は350、送り35から始めて徐々に 条件を落としていくのですが、どうもすんなりとはいきません。 最悪はマシニングにての加工を諦めてボール盤にてしこしこ開けるしかないかと・・・・。 皆様はSUS304の深穴加工はどのようにしていていらっしゃいますか。 良い知恵がありましたらどうかご教授下さい。

  • ドリル加工でステップをかける理由

    ボール盤で穴あけをしている時にふと疑問に思ったのですが、ドリル加工をしている時に送っては止めるを繰り返しますが、あれば切子の切断のためって考えで合ってますか? 今までNC旋盤やMCでノンステップで開ける場合もありましたが、大半がステップ量を入れてますがステップをかけずに加工した場合と比べ何か違いがあるのでしょうか?

  • ドリル穴あけ後の蓋状のカエリについて

    t=2.0の鉄板に穴あけ加工をしてますが、ドリル穴あけ後に蓋状のカエリが 発生し困っております。 バリが発生するのはいいのですが、蓋状のカエリをどうにか無くしたいのですがいい方法がございませんか。 現在の切削条件はNEXA-GDS Φ7.0 F=460,S=1920です なにかいいアドバイスがあれば教えてください。

  • 銅材の穴あけ加工

    材料は30角、長さ300ほどで10mmの穴が長手方向に貫通しています。 この10mmの穴を12.2mmで深さ250mmに拡げたいのですが何か良い加工方法を教えてください。 銅は縮みが激しいためドリルを送っていくと食いついてドリルが止まってしまい困っています。 加工機械はラジアルボール盤でナチのハイスロングドリルを使います。 切削条件やキリ先の加工形状、切削油の選定などできれば具体的にお願いします。 それではよろしくお願いします。

  • ボール盤でのアルミ材小径穴あけについて

    ボール盤で板厚25?のアルミ成形材に複数の穴あけをすることになったので試しに穴あけをしてるとドリルに切粉が巻きつき穴加工が出来なくなるので困ってます。 切りくずを無くす、少なくするには超硬工具を用いて切削液(ステンカット等)かけながら(回転はもちろん最高回転にする)加工すればいいのでしょうか?教えてください。 現時点の 使用工具材質: HSS

  • チタンの穴明けΦ27.0、テーパーシャンクドリル

    ラジアルボール盤で、チタンに穴明け、条件は、テーパーシャンクドリルΦ27でチタン素材厚み120mmに貫通穴を明ける。現在は三菱マテリアル製コバルトハイスを使用しています。水溶性クーラント使用です。 現在、1時間/1個です、改善したいです。 替えられない条件は ①ラジアルボール盤 ②素材チタン、Φ27深さ120mmの貫通穴明け ③水溶性クーラント 最適なテーパーシャンクドリルをご存じの方はおられるでしょうか? お知恵を拝借願いたいです。

  • ラフィングエンドミルによる穴あけについて

    簡単な質問ですみません。 切削加工の初心者です。 ラフィングエンドミルにより半円の穴あけを行っています。 しかし加工条件が悪いのかあまり寿命がよくありません。 すみませんが寿命の上げかたを教えてください。 機械:FANAC ロボドリル 工具:サンドビック汎用ラフィングエンドミル(コーデル)φ8 4刃 被削材:SCr415H 切削条件 主軸回転数:2800rpm  テーブル送り:290mm/min  切削:ウェット 加工形態・・・Z軸のみの切り込みだけです。7mmほど切り込みます。        ちなみに前工程はNC旋盤です。   よろしくお願いいたします。

  • ステンレス金属にドリル穴開け加工

    私は3~10ミリ程度の穴開け加工を良くやりますが、普通の鉄なら問題なく穴が開くのですが、ステンレスではどうもうまくいかず、すぐにキリがやられてしまいます。キリはコバルトドリルを使用していますし、ボール盤を使用して直径に応じた回転数で作業をしています。どうしてでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • ハイスドリルを超硬ドリルに変更したい

     当社は穴加工がメインで、小径で穴数が1000箇所を越える加工もあります。被削材はS50CとSK3が中心です。それをハイスドリルで加工しています。穴径は2.5~25?位まで、板厚は20?~30?です。穴あけ後リーマ加工をします。  穴の曲がりを少なくするため、直径0.3~0.5?小さい穴→目的の径のエンドミル→目的の径のドリルで貫通させるといった加工をしています。この加工方法ですと、加工時間も工具の本数も多く、納期が短いときなどは休日も仕事しなければ間に合わないような状況です。  そこで加工時間を短縮したいため、超硬ドリルに変更しようかと考えています。しかし超硬は(特に小径)はハイスに比べて折れやすいという話を聞いたことがあります。もちろん加工条件によるところもあると思いますが、お勧めのメーカーやドリルがあったら教えてください。ちなみに切削油は油性です。

  • ハステロイ 穴あけ タップ加工

     来週末以降に C276 ハステロイ 穴あけ(主にはф25ばか穴 ф10*200深さ程度) M8タップ(16深さ程度)をラジアルボール盤で行うことになっています。まわりからはM8のタップなんか1~2か所もつぐらいやしなどなどいわれて少しブルーな気分になっています。加工経験のある方ドリルやタップの推奨品や切削条件、などなどアドバイスありましたらなんでもお願いいたします。