• 締切済み
  • すぐに回答を!

SUS300系1/2ハード材の製造

サイズ0.08~0.2mm,SUS300系の1/2ハード材を製造しています  ・厚み0.6~0.8mm×幅1000mmの2B材を半裁して圧延します  ・一度目標値厚み前で焼鈍→12~14%圧下率で目標厚さ→TL矯正→製品   半裁で圧延するため両側均等な形状にならない。従ってTL矯正しても  平坦にならない(素材の中央側の肩が盛り上がる)  ・圧延機は20段ミルやZHIミル ・TLはテンションレベラー です。   1)半裁素材の圧延の仕方  2)半裁製品のTL矯正方法  3)他の形状矯正方法は?     困っています,アドバイスいただけませんか。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数128
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359

圧下率とは圧延率のことでですか。 SUS304の圧延率と硬度の関係を記載します。ご存知ですよね。 圧延前Hv160 圧延率10%;Hv240ぐらいで1/2Hを若干下回る。 圧延率20%;Hv300ぐらいで3/4Hを若干下回る。 素人考えですが圧延率を徐々に上げていかないと駄目ではないでしょうか。 場合によっては直接ではありませんが、高砂鐵工に聞いてみましょうか。 宜しく。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。     焼鈍条件や製品になった硬度のことは,ほぼ確立しています。  お客様の要求は形状(平坦度)を要求してきています。     私どもの圧延機は500mm圧延機です。従ってM幅の2B品(0.6や0.6mm)を買ってきて半裁して所定の厚みにします。中央の500mm幅をスリットして圧延すると良形状が出るのですが,両端250mm残幅の処理に困るのです。     半裁のクラウンの高い側が歪が残り平坦な板になりません。テンションレベラーでも修正できなく困っています。調整圧延機(スキンパス)で平坦度は出せるのでしょうか? 圧延の時点から形状を整えなければ最終レベラーをかけても良形状は得られないと聞きますが・・・教えてください。

関連するQ&A

  • SUS300系1/2ハード材のつくり方

    サイズ0.08~0.2mm,SUS300系の1/2ハード材を製造しています  ・厚み0.6~0.8mm×幅1000mmの2B材を半裁して圧延します  ・一度目標値厚み前で焼鈍→12~14%圧下率で目標厚さ→TL矯正→製品   半裁で圧延するため両側均等な形状にならない。従ってTL矯正しても  平坦にならない(素材の中央側の肩が盛り上がる)  ・圧延機は20段ミルやZHIミル ・TLはテンションレベラー です。   1)半裁素材の圧延の仕方  2)半裁製品のTL矯正方法  3)他の形状矯正方法は?     困っています,アドバイスいただけませんか。

  • ステンレス箔

    ステンレスSUS304および430厚み0.038 幅350mmの箔を圧延  しました。   1.焼鈍して調質(スキンパス)が必要なのでしょうか?   2.生の(圧延だけ)ままでの用途はありませんか?   3.平坦にするならどうしたらよいでしょうか?   箔の事ならどんな情報でもよいですから教えて下さい。

  • SUS430光輝焼鈍材(BA)製造

    こんにちは みなさん教えて下さい。    私たちは,SUS430のBA材(厚み0.3~1.0mm幅1000mm)を製造しています。光沢の向上のため最後(仕上げ)パス#400研磨仕上げロールを使用しますが縞模様(光沢ムラ)が出てうまくできません。   圧延条件は   ・仕上げパスの圧下率は20~21%   ・ロール径は76Φ 研磨仕上げ#400   ・圧延速度190m/min   ・ミルオイル吐出量最大5000L/minも4500Lで圧延する オイル温度36℃  ※ロール研磨仕上げ#220では問題なく圧延できます。

  • リール材の整厚処理

    電解研磨・化学研磨 に関しては初心者です。 質問させていただきます。  材質:SUS301-EH  厚さ:0.2mm±3μm  幅 :22mm のものがリール状(フィルムのようになっている)になっているワークがあり、 これを  目標精度:0.2mm±0.5μm に整厚したいという目標があります。 電解研磨・化学研磨等でバリ等を取り除き、表面荒さを管理はできるかと思いますが、製品厚みを管理することは可能なものでしょうか? また、このような方法で可能では? 等のアドバイスもいただければありがたいです。

  • 銅合金加工

    銅合金のフェースミル加工で鏡面を出したいのですが、うまく出す事ができません。 現状は、φ80のカッタにPCDダイヤチップを付け、切り込み深さ0.01mm0.8mm、回転速度5,000min-110,000min-1、送り速度0.01mm/刃0.2mm/刃の範囲で色々切削条件を振って試しているのですが、切削面としては十分満足のいく面(面粗度1μm2μm)になるのですが、製品上鏡面状態(まさに鏡の状態)にしたいので困っております。念の為、K種超硬チップでも試してみたのですがダメでした。 銅合金の加工で詳しい方がおみえでしたら、是非おしえて下さい。 宜しくお願いします。

  • 薄肉リング加工

    外径φ235f6 内径φ220(0~+0.1)長さ44の薄肉リング形状品の旋盤加工を 検討しています。 素材はSTKM13Aφ241.8×t18×L220程度から5個取り(突切り)を考えてますが 類似品加工の実績上、扇状形状の爪を製作しパイプの変形がないよう チャッキング(三ツ爪外張り)しても切り離し後の製品は真円とならず ±0.2程度はひずんでしまいf6公差は無理なのではないかと予想します。 パイプ素材の残留応力等の影響もあるのではないかと考えておりますが 焼鈍すればよくなるのか? 材料取り、チャッキング等に問題あるのか? 同様な製品の旋盤加工している方アドバイスありましたら宜しくお願いいた します。 ちなみに旋盤は8inchのNC旋盤、20個程度の単発生産で予算が決まっている のであまりコストはかけられません。

  • リング冷間転造後の内外径のソリ

    内外径ストレートのリング素材(外径φ59.5×内径φ52.1×幅14.8)を外径用治具(形状ストレート)と内径用治具(形状ストレート)とではさんで回転させながら圧延して(冷間転造)いき、内外径ストレートの完成品(Φ85×Φ80×15)を作製するのですが、加工後の内外径がストレートになりません。外径は中心が高くなり山なり(なだらかなR形状)になります。内径は中心が低くなりへこみます(なだらかなR形状)。つまり、Rの方向は同じです。山なり、へこみの段差はわずか0.1mm前後ですが、製品としては内外径ストレート、特に内径は完全なストレートに仕上がらないと具合が悪い製品なのです。 どなたか解決方法をご指導願いませんでしょうか?宜しくお願い申し上げます。

  • SUS304の正面フライス加工について

    マシニング(機械加工)初心者です。 見積りで以下の様な加工があり、試し加工をしてみようと思うのですが 実績がないため心配です。 加工材質はSUS304(数量は1つ) 板厚5mm、縦250mm、横850mmの板で平面図としては幅50mmの額縁形状(四角い板に四角い穴)です。 それを、額縁の外側の厚みを4mm>内側を3mm(1/50)の勾配に加工します。 外形はレーザー切断します。 つまり勾配だけの加工です。 ワークは、製品としてM6皿ネジようの皿もみを額縁周辺にあけるので それを使ってt12mmの板に固定します。 弊社は3軸の縦型マシニングでなのでワークを固定した板ごと傾斜のついた 冶具に固定して、1辺ずつ加工します。 心配なのは加工後のワークの反りと面荒さです。 顧客にも「反りはでます」と伝えているのですが、どの程度になるかは 想像もつきません。 面荒さは特に指定はないのですが、ドライ加工がいいのかウェット加工がいいのか 理解しきれていません。(ミストクーラントはありません) 工具は超硬チップのフェイスミル(φ54)で加工するのですが 以前にウェットでSUS304を加工したらチップが欠けました。 一般的に肩加工(断続加工)ではウェットだとチップにとっては悪いんですよね。 でもワークに与える熱の影響とか面のきれいさはウエットの方がいいような・・・ 反りについてドライorウェットで影響がちがうんでしょうね・・・ ご経験のあるかた、できましたらわかりやすくご教授お願いします。

  • 知恵をお貸しください

    はじめ投稿します。 素材も技術も度素人なので教えてください。 SPCC素材を使って、箱形状を順送プレスにて作られた物ですが、製品に組み込まれた後この物を取り外すことなく、一部分を破壊して中の仕組みを解除したいのですが、何か良い方法はありませんか。 SPCCは1.6mm厚です。 こじ開けることはプレス品なので可能ですが、狭いところなので手間と時間、こじ開け道具が必要になります。 破壊したい部分のみ薄くプレスしてビール缶のようなプルトップ形状は可能か。またはその部分のみドライバー等で突付いて破壊できるような素材に変えること(その部分のみ焼きを入れてもろくする)は可能か。 素人考えでしか浮かんできません。 どうか皆さんのお知恵をお貸し下さい。 皆さん、いろいろとお知恵を出して頂き誠にありがとうございます。 ちなみに、Vノッチを入れてペンチで引きちぎる方法は可能でしょうか。 その際、1.6mmの厚みはすべての面に必要ではないので、その部分だけでも薄く出来たらと思います。鋳造部品でも良ければ話は早いのでしょうが、コスト的に却下されました。(確実にコスト高になるのでしょうか?) 引き続き、アドバイスよろしくお願い致します。

  • 0.3mmの端子材質について 「りん青銅」or「…

    0.3mmの端子材質について 「りん青銅」or「黄銅」 接続端子に使用する材質について悩んでます。 候補として「りん青銅」か「黄銅(C2680)」で悩んでるのですが、どちらが良いかアドバイスを いただけませんか? 材質の特徴含めてアドバイス頂ければと思います。 厚みは0.2mm~0.3mm、錫メッキを前工程で実施します。 用途としては基板対基板の接続用、片側ネジ留め、片方は半田付けです。 大きさは10mm×30mm程度で、プレス/曲げが必要ですが、対した形状ではありません。 使用環境としては製品ケース内で特別な環境でも何でありませんが、耐久年数として15年程度は必要です。 以上のようなことを考慮し、どちらがいいかアドバイスを頂けませんでしょうか。