• ベストアンサー
  • 困ってます

SUS316の鏡面研磨でピット(?)が出てしまい…

SUS316の鏡面研磨でピット(?)が出てしまいます SUS316のミクロ組織観察をするために鏡面研磨をしていますが、 バフが終わった後、曇りが発生してしまいます。 顕微鏡で観察してみるとピットのようなものが無数に存在しており、 腐食するとさらに多数の穴が現出します。 SUS316片は丸棒から切り出したもので、 腐食後のピットをよく観察してみると丸棒の軸方向に並んでいます。 さらに強く腐食すると丸棒を作製するときに行った塑性加工の 加工履歴を強く受けているようで、 レンコンの穴のような感じで 軸方向に何本も筋が走っていてピットはその筋にそって 存在するようです。 この穴の正体はなんでしょうか? またどうやればこの穴を出現させずに組織観察できますか? 何冊か研磨の本を探してみたのですが答えが見つかりません。 研磨の手順は5ポンドの荷重で100rpm #120ダイヤモンド30秒 ↓ 9μmダイヤモンド5分 ↓ 3μmダイヤモンド5分 ↓ 0.05μmアルミナ5分 です よろしくお願いします。 なお、丸棒はサンドヴィックから購入して、 弊社で輪切りにして使用しています。 社内で行う機械加工は切断と研磨のみです。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数863
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

この現象は研磨工程とは無縁なものです。 SUSバー材の製造過程(精鋼過程)に問題があります。 酸化クロムその他不純物が混入し、ロール工程(磨きその他工程)での 軸方向への延長がピンホール状に観察される現象です。 最近の精錬過程に問題のある鋼材が増加傾向にあり日本の将来が懸念されます。S45C材で高周波加工をする現場にある者なのですが、同種の欠陥 から異常な割れが時折発見され鋼材商社さんと意見交換などして問題を指摘 しております。 完璧な研磨がされている証拠ですから、気になるのでしたらピンホール周辺の 分析をされれば原因も理解されると思います。 以上

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 サンドヴィックのものですしミルシートもまともなものなので 信用していたのですが、疑ってかからないといけないんですね・・・ あまりにも多数のピットが内部、周辺部を問わずに軸方向に何十本と 走っており、完全に私の研磨技術、腐食技術不足だと 思っておりました。 仕入先に連絡して詳細を確認させることにします。 可能であれば弊社でもEDXなりEPMAなりをしてみます。 勉強になりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • TiNコーティング前に行う鏡面研磨について

     材質SKD11(熱処理HRC58~60済み)の後に、鏡面研磨、TiNコーティング処理(外注)を行っているのですが、鏡面研磨の時間の短縮に上司から改善しろと言われ悩んでいます。  今行っている鏡面研磨のやり方は、旋盤で加工したときに付いた傷を、砥石(400番→600番→800番→1000番)のあとにダイヤモンドペースト(6ミクロン→3ミクロン→1ミクロン)でバフ仕上げをして外注に送っています。 もし、時間短縮に繋がる方法がありましたら、アドバイスをお願いします。

  • SUS素材の非介在物について

    SUS316丸棒素材 Φ45x100L購入し 旋盤加工で内径Φ30.00 面粗さ1.6Z以下に加工後内面を 鏡面状態まで電解特殊研磨で加工した所 内面中央付近に巣(非介在物)らしき物が出てきました、 長年加工に携わっていますが こんな事は初めてで ご経験のある方にお聞きしたいのですが SUS316素材に非介在物は有っても普通でしょうな? ご回答 宜しくお願いします。

  • ステンレス鋼のバフ研磨について

    私はステンレス鋼(SUS304)表面観察するため、バフ研磨を行っています。 バフ研磨についてあまり詳しくないので稚拙な質問かも知れませんがご容赦ください。 自分やりかたは耐水の♯2000番のサンドペーパーで磨いた後、ダイヤモンドスラリーを布を貼り付けた円盤状の回転物に塗布しステンレス鋼を押し当て研磨しています。 研磨して目視ではピカピカになるのですが顕微鏡で観察と細かい傷や穴の様な物が観察されます。 細かい傷は研磨を継続していれば消えるとは思うのですが穴の様な傷は研磨を継続していると傷が増えてくるのです。(ちなみに2日ほど研磨を行いました。) 単に私の研磨の仕方が悪いのか研磨剤の問題なのか(ダイヤモンドスラリーとステンレス鋼の相性か粒度の問題)が解らないのでどなたか御教授下さい

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

私が取り扱っているステンレスでも同様の現象が 認められる場合があります。 購入先は異なりますが、調査を依頼すると、 アルミ酸化物 と 言われ、ごまかされることがあります。 鋼材において材料欠陥部は避けられないものですが、 (材料メーカーとしては完全除去を謳うことは、 製造方法及び技術、検査全てにおいて、とてもできない) ちょっと前と比べると質が悪くなっている印象をもっています。 私の誤解かもしれませんが、と予めお断りしますが、 文句を言うと、買わなくてもいいよ、ぐらいの対応を されるときがあります。 言い忘れておりましたが、 調査を行っても、材料メーカーとしては 規格値(JISなり、自社規格なり)を満足しているので、 現品は合格です、と必ずおっしゃります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございます。 調べた結果どうやら材料由来のもので確定のようです。 組織観察の見栄えが良くないですが、 仕方ありませんね。

関連するQ&A

  • SUSハンドラッピングについて

    私は、SUS加工をしているものですが、最近お客様の要望で鏡面仕上げにしてほしいという注文が多数でてきています。特に困っているのが、平面の#5000~8000鏡面ラッピングです。 今のやり方としては、フライス面を#600~800のペーパーで消し数枚のラッピングペーパーで#3000~4000までもっていき、その後#5000ダイヤモンドペーストで仕上げをしていますが、必ずと言っていいほど研磨痕が残ってしまい、綺麗な鏡面になりません。平面度もうるさくコーナーダレもごく少なくしたいのですが、いい方法があれば教えてください。 またダイヤモンドペーストを使ったハンドラッピング方法、定盤の材質、とう何でもいいので教えてください。 何も知らなく勉強不足ですみません。よろしくお願いします。

  • ピット ピンホール 巣の対策

    SUS・HPMなどを使用し、鏡面研削加工をしています。 その際、仕上げた面はスコープなどで確認しても、綺麗に仕上がるんですが、その面と違う面を後から加工すると綺麗に仕上た面にピットが発生します。 そんな事ってあるんでしょうか? その為、鏡面仕上げを最後にする様にしているのですが 加工の都合上、それが無理な場合もありまして、 その際はやはりピットが発生してしまいます。 まぁ普通に鏡面仕上げ時に発生する事もあるのですが・・・・ ピットに関しては、ここ数年本当に悩まされています。 材料が悪いなど色々言われていますが、 やはり研削には、永遠の課題なんでしょうか? 何か良い対策・情報・知恵等などどんな事でも良いので、 何かありましたらドシドシ回答の方、お願いします。 本当に悩んでいます。 勝手な質問で誠に申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

  • sus630とsus304の溶接

    SUS304の穴にSUS630の軸を差し込み 点付け溶接(Tig)をしたところ割れてしまいました。よって、棒を使って隅にく溶接をしようと考えていますが、溶接棒は何を使用するべきでしょうか?

  • 特殊なSUS310Sのパイプです。

    SUS310Sの27.2Φ(9.0t)のパイプを探しています。外形は多少大きくても小さくても構いませんが、厚みがどうしても8.5ミリ以上欲しいのです。長さは66ミリで約400本必要になります。どなたか詳しい方いらっしゃいませんか?やはり機械加工で丸棒に穴を開けるしかないのかなぁ・・・どなたか御指南お願い致しますm(__)m

  • SUS304の穴あけ加工について教えてください

    SUS304丸棒(φ55×400)にφ19×160の止まりの穴あけ加工を行なったのですが、工具がびびり、穴の表面が粗くなってまいます。なにかよい方法はないでしょうか。教えてください。ちなみにφ19H7の公差です。現在はドリルで穴あけした後、リーマを通して仕上げています。(穴が大きくなってしまいます。φ19.050)宜しくお願い致します。

  • SUS304の組織観察について

    SUS304のミクロ組織観察を行いたいと思います. 研磨までしてみて,さて腐食という段階になったのですが, とりあえず鉄鋼用のナイタールがあったのでそれに付けてみましたが,あまり変化が見られません.黒い孔みたいなものは増えたように思います. SUSのエッチング方法としては,しゅう酸による電解研磨が教科書にあげられていましたが,そんな薬品は持っていないし,電解研磨する設備もないです。 技術の森で調べたところ,硝酸+塩酸+グリセリンというのと銅基盤エッチング用の市販薬品でできるとかいてありました. しかしつける時間など詳しいことがわかりません. この方法についてご存知の方,また他の方法でも簡便な方法をご存知の方ご教授お願いします.失礼します.

  • SUS321の磁化について

    ステンレスの丸棒にネジ穴を開けて、ある寸法に切断し、鉄板に溶接を行った所、磁石がステンレス材にくっつく現象が出ました。 文献を調べた所、ステンレス材を曲げたり、絞ったり熱したりの加工を加えると残留応力により磁化する事が有ると書かれていたました。 しかし、使用している材質がSUS304で同じ加工をしても同じ現象にはなりません。SUS321では磁化しやすくて、SUS304では磁化しにくい、何らかの要因が有るのでしょうか?

  • φ12深149穴の内面研磨について。

    外径φ22全長174材質SUS316の棒材に、φ12深さ149で先端(奥部)がR6の球状の穴を面粗度穴内面、R6面ともにRa0.4で加工しなければなりません。穴底(R6)面に45度方向から2ヶ所(180度対象)φ4の穴が貫通します。(この穴もRa0.4仕上げです) 下穴はガンドリルとRガンドリルの併用で加工しようと考えておりますが、その後の仕上加工までの工程がまったく思いつきません。 最終仕上は電解研磨や化学研磨(溶液)?になるのでしょうか?また可能でしょうか? 電解研磨などが可能だとしたら、ガンドリルと最終仕上げの間に何らかの下地加工(中仕上げ)が必要でしょうか? 良いアドバイスがありましたら、ご指導願います。 この質問は旋盤のカテゴリーにも投稿しましたが(2件のアドバイスを頂きました。)、主旨がずれてきましたのでこちらの方が適切かと思い再度質問させていただきました。 宜しくお願いします。

  • SUS303の材質

    SUS303の丸棒の加工品の先端に焼入を考えています SUS材への焼入れはどの程度の硬度が一般的ですか? 又、材料購入時で調質のようなものはあるのですか? ご回答お願いします

  • SUS316LのNC旋盤加工について

    よろしくお願いいたします。 いままでSUS316で加工していた部品を、 SUS316Lに材質変更してくれといわれています。 SUS316Lって加工性は316とあまり違いは無いのでしょうか? ご存知の方教えてください。 ワークサイズは φ11の丸棒で、 仕上がりはかなり薄肉のパイプ状になります。