• 締切済み
  • 困ってます

タップ精度と切削油濃度

初めて質問させていただきます。 現在、鋳物のMMC材(セラミックスとアルミ)の穴あけ、タップ加工を行っているのですが、タップの山のムシレが発生してしまいます。 製品一枚に付き4ヶ所のタップを400枚/日程加工しているのですが、素材のバラ付きにもよると思いますが、構成刃先で酷い時では一日に3~4回程タップ交換を行ったりもします。 切削油の濃度を通常より濃く(1:5位の割合)すればムシレは発生しにくくなるのですが、逆に製品表面がベタつき洗浄機で洗っても落ちきれない状態です。 何か良い方法でもあれば教えて頂きたいのですが宜しくお願いします。 製品材質 MMC材(セラミックス・アルミ)の鋳物      加工部 深さ5mm通し穴 使用機械 FANUC ロボドリル #30テーパー タップ  ヤマワ N-CT-PO M4x0.7 回転数  1000rpm 同期送り 切削油  ユシロ FGS700(水溶性)

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数735
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

SiCが入ったアルミですか? 聞くだけでもゾッとしますね やはりダイヤコーティングが最適だと思います。ところが、調べても市販品には無いようです。 不二越がダイヤコーティングドリルを発売した頃、付ける工具を用意してもらえばコーティングのみでも受託しますとのことでした。PCDなのでTi系はダメとのこと。 今ではもっと受託してくれる所があると思います。 OSGが下記の様な論文を書いてました。タップの例が無いですが、要求してみたらどうでしょう。

参考URL:
http://www.juntsu.co.jp/mql/mql_kaisetsu1.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

現行の油剤から推測しますと、ベタツキ(?)は考えにくいと思います。希釈方法&補給方法に問題があるのではと思います。 ?希釈方法は、水を先に張り込み、原液を添加しながら攪拌する事。    (水の中に油粒子を界面活性剤の力を借りて拡散される事 ?補給方法は、?の手順で作った希釈液を投入補給する事。 ※規定濃度を、10%濃度(初回タンク内張り込み濃度)とするのならば、補給液は、水が蒸発する事を考慮して薄めの希釈液を投入補給、常に濃度チェックは怠らない事。 尚且つ、改善方向が出ないならば、良いクーラントが有ります。 ブラザー・スイスルーブ社製品でVasco1000/5000という製品が有ります。http://www.blaser.com

参考URL:
http://blog.livedoor.jp/mimizuku81/?blog_id=1826023

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

希釈の方法を逆に行なっていました。 攪拌用のペール缶に先に原液を入れてから水で攪拌させながら行なっていましたが、方法が逆だと全く混じりあわないのでしょうか?

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

もし他に障害が無ければ、不水溶性切削液をお使いになってみては如何でしょうか. ことタップ加工に関しては、不水溶性の方が性能を発揮します. 少量生産では、被削材質によってはタップを入れる前に 必ず一時停止してわざわざ油を差す事もあるくらいです. また、加工時間などに障害が無ければ、クーラントとは別の切削液を注入する機材もあったと思います. 切削液の濃度で状況が良くなるという事ですので、 (不水溶性でなくても)切削液を変更する事でかなり改善される様に思えます. もし、何かしら水溶性用の耐溶着添加剤の様なものがあれば、それを投入してみるのも良いかも知れません. 油剤商社にご相談なさってみては如何でしょうか.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 やはり不水溶性の方が性能は良いのですね。 >クーラントとは別の切削液を注入する機材もあったと思います. BIGのスポットオイラー等でしょうか?最初に検討はしたのですが、#40と#50番テーパーのしかラインナップされていなかったので、あきらめました。 添加剤を含めて商社の方と相談してみます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

同期タップにてムシレが発生との事で(材質が良く分りませんが) 1.タップを変える、又は コーティング  OSG Vコーティング 等 コーティングが変ると良い場合が多い。 2.機械の主軸モーターの調整  シンクロの誤差・ゲイン値など、特にゲイン値の調整でトルクのUPが  出きればいいのですが。 3.下穴を最大にしてタップ加工する。 4.切削油剤の変更  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 早速、OSGのタップを選定して試してみたいと思います。 切削油に関しては、上司との相談して検討してみたいと思います。

関連するQ&A

  • マシニングセンタの切削油について

    さまざまな回答ありがとうございました。 結論として、油性の切削油でも問題はないということでしょうか? 水溶性の切削油を過去に使用したことがあるのですが、アルミ切削や鉄の穴明け加工には適してるのですが、リーマ加工やタップ加工にはどうなんでしょうか?後、エンドミルの超硬での加工には寸法精度が安定して決まらないということが多々ありました。何かアドバイスありますでしょうか?よろしくお願いします。

  • インバー材のタップ加工

    はじめまして。 この材質の加工は全くの初心者で、普段はSKT.SKD等の加工を専門としています。四苦八苦しながら何とかタップ以外の加工は出来ました。しかし、思いつく限りの工具と切削油を全て試してみましたが、タップはなんとしても歯が立ちません。タップの種類と切削油についてご教授よろしくお願いします。 切削条件に問題があったのでしょうか?結果的にヤマワの標準タップとウインズが一番マシってことになってしまいました。マシという程度でベストには程遠い状態ですから、お勧め出来る工具・切削液ではありません。今後、研究して追記報告いたします。ありがとうございました。

  • タップ加工のムシレ対策

    横マシニングにてアルミ材(AC4C)にM8のタップ孔加工(深さ25?程度下孔深さ28?程度)をしていますが、 ムシレが発生します。 切削液は油性です。 タッパーを使用してます。 対策を教えて下さい。 タップは、超硬・ハイスのアルミ用等色々試してみました。

  • アルミ系切削油に強い(耐油性の良い)シール材はあ…

    アルミ系切削油に強い(耐油性の良い)シール材はありますか? お世話になります。 以下のような条件で、加工設備の内部に切削油が入らないように,t=2mm程度の鉄板で鋳物のボディーを被っているのいるのですが、鋳物と鉄板のスキマから、切削油が浸入してしまい、設備の重要機構部に悪影響を与えております。スキマをフッ素スポンジで埋めたのですが、密着性が良くなく、内部に浸入してしまい困っています。ペースト状で耐油性の良好なシール材をご存知でしたら、教えていただけないでしょうか? 設備:機械加工設備 用途:切削油浸入防止カバーのスキマを埋める 切削物材質:アルミ系 切削油:カストロール アルマレッジFA 5%希釈 ・アルマレッジFA成分  ?鉱油 50~60%  ?非イオン系界面活性剤 15~25%  ?アニオン系界面活性剤 10~20%  ?油性向上剤 5~10%  ?防腐剤 1~5%  ?消泡剤 1%以下

  • ベークライト、硬質ゴム等のタップ作業の切削油使用…

    ベークライト、硬質ゴム等のタップ作業の切削油使用について 技能検定3級機械加工の問題で、 「ベークライト、硬質ゴム等のタップ作業には、切削油を使うとよい。」という問題で、答えは「誤り」とあるのですが、 なぜ切削油を使うと悪いのか教えていただけませんか。 よろしくお願いいたします。

  • マシニングセンターのタップ加工について

    はじめまして。まっちゃんです。 横型のBT50でアルミ鋳物(AC4A T6処理)の加工を行っております。M4・M5・M6タップ加工の際にボキボキ折れて困ってます。加工条件は次の通りです ・回転数M4,M5,M6ともS400(Fはピッチに準ずる) ・使用タップ OSGスパイラルタップ EX-SFT ・使用ホルダー BIG製 AUTO TAPPER ・切削油 モレスコマイクロカット水溶性切削油MP 以前、原因を調べたところ、AUTO TAPPERの内部のネジが徐々に緩み、先端部が少しずつ突き出して工具長が長くなり底突きするというのがありましたが、この問題はシールテープでネジが緩まないよう改善しました。それと、鋳鉄と交互に加工を行う為、切削油の汚れがひどいのですが、大きく影響するのでしょうか? どうか良きアドバイスをお願いします。

  • 真鍮を加工する時の切削油

    みなさん こんにちわ 近々、NC旋盤で真鍮を加工するのですが、切削油はどうゆう物を使用したら良いのですか? ちまみに現在はアルミを加工していて水溶性の切削油を使用していまが、同じ切削油では加工出来ないでしょうか?                  よろしくお願いします。

  • AL5052のタップ加工のついて

    リジットタップサイクルにてタップ加工をしているのですが、当初OSGのアルミ専用のタップを使用していましたがムシレが頻発し使用不可でした。同社SUS用で加工するとムシレは起こらないがキリコ詰まりによるタップ折れがたびたび起こります。 周速を落とせば加工可能なのですが、周速を25メートル以上落としたくありません。タブレットも試しましたがワーク表面の膨れが発生し使用不可でした。 とまり穴、通し穴ともに同じ傾向にあります。 ちなみに機械は森精機製SV-50及び日立精機VS-60で、切削液は、水溶性(ケミクール)を使用しています。何かよいタップがあれば教えて下さい。 現在はOSGのSUSPOT・SUSSFTで急場をしのいでいます。

  • タップ加工について

    1つのワークに対し、タップ数量が多い場合のタップ加工について教えて下さい。自社では、下穴→面取りの後にタッピングペーストを下穴に手で入れています。この手間をどうにか省けないものかと考えています。 ・ワーク(S45C、SS400、その他鋳物) ・加工機(大型の五面加工機、水溶性の切削油) ・タップ(M6~M16) 他社ではどのような工夫をされていますか?もしくはタッピングペースト以外に何か良い物ありますか? よろしくお願いします。

  • SUS303にタップ加工

    ステンレス鋼SUS303にM2.5*0.45のタップ加工をしてますが、すぐ折れてしまいます。 下穴は、2.2キリであけてます。 切削油等を含めて折れない方法はありませんでしょうか。 タップはヤマワのポイントタップで下穴は通しです