• ベストアンサー
  • 困ってます

銅バーの温度上昇について教えて下さい

銅バーの発熱についてですが、直線部分より曲げ部分、例えば直角に曲がった部分の方が温度上昇は高いのでしょうか? 抵抗値からすると同じと思うのですが・・・。 その辺りの参考文献・資料等があればご紹介ください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1085
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

曲がることより、自然対流に対する向きが変わることによって熱伝達率が 変わってしまうことの方が影響が大きいかもしれないですね。 空気中に熱源となる銅バーを配置すると、その温度差で自然対流が起き ますが、その対流に対して直交しているか平行しているかで放熱量が変 わってきます。例えば、ヒートシンクを取り付ける場合など、ヒートシンクの ヒダを対流に対して平行につけると思いますが、直交する向きにつけると 放熱がうまくいかず、計算通りの放熱が出来ません。 伝熱工学の専門書などには熱伝達率について詳しく書かれていますが、 理解するには熱力学の基礎知識が必要になります。また、対流の他に 放射などの要素も入ってくるため非常に難解です。最近では解析ソフトも 充実していますが、使いこなすには伝熱工学が理解できていないと難しい かもしれません。熱伝達率を求めるには、実際のところ、計算ではなく 実験値から求める事の方が多いですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく教えていただき有難うございました。 伝熱工学の本を書店で調べてみます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

大まかに云えば、同じです。 詳細に云えば、 ★ 曲げ部分   曲げ加工による電気抵抗の微量上昇と、放熱環境の変化 で極微量に変化します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

抵抗値に言及されていることから、発熱は通電加熱で行っているのですね。通電加熱の発熱体として電気伝導度が高い銅を使用する理由がよく分かりませんので、できれば教えて下さい。 さて、通電加熱として、直線部分と曲がり部の温度上昇の差異についてですが、曲がり部分の方が温度が高くなる可能性は十分あります。細かい形状が分かりませんが、一般論として、同じ体積に対して放熱する表面積は直線部よりも曲がり部の方が小さくなります。このため曲がり部の方が温度が高くなることが考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

実際に測定してみると、やはり曲がった部分のほうが高かったです。 有難うございました。

関連するQ&A

  • 通電による銅材の温度上昇について(2)

    以前、銅材にある時間、電流を流した際の銅材の温度上昇を求める式を教えていただきました。 今回、空気中での放熱も考慮したいのですが放熱はどのような計算式で求めたらよいのでしょうか。 各条件と温度上昇量の計算式は下記の通りです。 (1)条件 ・銅材寸法:板厚0.2mm、幅3mm、長さ12mm ・銅材の体積抵抗率:1.7μΩ・cm ・銅材の抵抗値:0.34mΩ ・電流値:60A ・時間:10sec ・初期温度:20℃ (2)温度上昇量を求める式 熱量=I×I×R×T・・・Aとする 温度上昇量=A÷(銅の重量×比熱) 宜しくお願いします。

  • 銅線(金属バスバー)を流れる電流の安全値

    かなり久しぶりの質問投稿です 私は機械設計をやっているのですが、 ふとしたことから、 電気を流す銅バスバー(?)の必要断面積計算をしています。 バスバーに定常的に100Aの電流を流すそうです。 想定環境は雰囲気温度80℃です。 銅はタフピッチ銅です。 距離(L)はおよそ0.1m(100mm)です。 バスバーに電気が入る部分と出る部分には 発熱因子はない物としていいそうです。 (本当は一番あるらしいですが・・) バスバーの上昇上限温度はΔTで50℃ (=Max130℃) <電流負荷時間が5分として> このときにバスバーの断面積を決めるための ファクターって何で、 (多分上にかいたものすべてなんですよね) どんな式に当てはめて、断面積を決めるのでしょうか? ちなみにバスバー断面形状は、丸ではなく四角(B×H)です。 一般的な銅線メーカーの”安全電流値” というのが、何から求められているか わかれば、おそらくそれが適用できるのでしょうか・・? 簡易式や参考URLでもよいのでわかる方いたら 教えてください。(といってもかなり難しい式になりそうで 怖いのですが・・) わかる限り調べては見たのですが、 温度上昇やら抵抗係数やら、聞いたことない事ばかりで ・・電気はっとても苦手なものですから誰かわかる方いましたら お願いします。

  • 通電による銅材の温度上昇量について

    銅材にある時間、電流を流した際の銅板の温度上昇量を計算で求めたいのですが、どうのような計算式で求めたらいいでしょうか。各条件は下記の通りです。 ・銅材寸法:板厚0.2mm、幅3mm、長さ12mm ・銅材の体積抵抗率:1.7μΩ・cm ・銅材の抵抗値:0.34mΩ ・電流値:60A ・時間:2sec ・初期温度:20℃ 通電時間が2秒と短いため、放熱は無視しても結構です。よろしくお願いします。

  • 銅材に通電して1時間後の温度上昇量

    銅材に1時間、電流を流した時の銅材の温度上昇を計算で求めたいのですが、ご教示お願いします。 導体寸法 C1100 板厚25mm 幅40mm 長さ116mm 導体体積抵抗率:1.7μΩ・cm 導体比熱:0.379 銅材比重:8.94 銅材抵抗率:0.34mΩ 電流値:160A 通電時間:3600sec 周囲環境温度:20℃ 放熱を加味した場合で、ご教示お願いいたします。

  • 銅バーの発熱による盤の温度異常について

    銅の発熱量について(熱量kcalの値を出したい) 銅導体の抵抗率ρ:1.72×10(-8)Ωmを基準に長さと断面積(今回は銅バーなので縦×横の計算)で抵抗値を出し、電流×電流×抵抗値(求めた値)にて計算したがそれで計算があっているのかわかりません。 銅の抵抗値の出し方、電力の計算、それから電力量に直し熱量に換算する考え方であっているのでしょうか? 銅に流す電流値:3940A、銅長さ:11m、断面積㎟:15mm×250mm) 計算式の詳細を教えて頂けませんでしょうか。

  • 発熱体(3kW)は密閉容器内の温度を何℃まで上昇させるでしょうか。

    頭上20cmの場所に発熱体(抵抗器)を設置します。発熱体に直接触れると 危険なので周囲を鉄板で覆います。この発熱体は何℃まで温度が上昇 するでしょうか。(また、鉄箱内の温度も教えてください。) ・抵抗器に電気を流し発熱させます。 (抵抗値40Ω、電流8.7A、印加電圧348V、材質 銅100%) ・抵抗器を密閉した鉄箱内に設置します。 (鉄箱寸法:高さ0.4m、横幅0.7m、奥行0.45m、板厚2.3mm、材質SPCC) ・鉄箱の周囲温度は30℃で常に一定に保たれています。 ・鉄箱内と鉄箱周囲は空気で1気圧です。 ・温度上昇による気圧変化や鉄箱寸法変化は無いものとします。 発熱体の温度が高くなれば放熱しやすくなる。 温度が高くなるほど抵抗が大きくなり電流が流れにくくなる。(⇒発熱が抑えられる) 放熱と発熱抑制により発熱体の温度上昇が止まるのではないかと思われますが、 考え方や計算方法が分からないので教えてください。 鉄箱に換気扇を(10m~3/min)設置すれば鉄箱は50℃内になりそうですが もし換気扇が無かったらどうなるのか、危険は無いか教えてください。 宜しくお願いします。

  • 抵抗法

    モータ巻き線温度の温度上昇に関して抵抗法で検討したいのですが、小職自身抵抗法に関する知識を有しておりません。 何方かご存知の方がいらっしゃいましたら、参考文献などの情報を頂きたいと思います。

  • A光源の色温度

    A光源の色温度は2854Kでしょうか、2856Kでしょうか。2854の方が多いですね。絶対値が変わったのでしょうか? 詳しいい方お教えください。又、参考文献御座いましたら、ご紹介ください。

  • 銅の変色(酸化)と電気抵抗の関係について

    無酸素銅(C1020)の変色と電気抵抗について調べています。 銅は100nmくらいの薄い酸化(CUO)でも変色しますが、 薄い酸化膜でも電気抵抗も変わるのでしょうか。 また、電気抵抗が変わる場合、どの位変わるのか 参考文献などがあれば教えていただきたくお願いします。

  • 黄銅コンタクトの温度上昇値について

    金属に電気を流した時の温度上昇試験を行っています。 試料は、金属:直径9mm、長さ:70mmの両端に54SQの電線を接続して、全長2m間にDC100Aを通電しました。温度上昇値を測定する熱電対は金属表面に設置しました。試験結果は、試験前温度24℃に対して試験後(温度飽和値)42℃で、18℃の温度上昇値でした。これを計算式で求めたいと考えていますので計算方法を教えていただけますか?また、参考になる資料等がございましたら紹介をお願いします。 よろしくお願いします。