• 締切済み
  • 困ってます

ウレタンの表面粗さ測定および表面の加工方法

1.ウレタンの表面粗さの測定方法  ウレタン素材の研磨面を5μm程度の分解能で測定したいのですが  良い方法があればアドバイスお願いします。測定対象は、全周約  400mm程度の円筒で、全周の粗さ個差を30μm以内がでているかどう  か測定できればと考えています。 2.ウレタンの表面研磨方法  ウレタン素材の表面をできるだけ凹凸が少なくするために、  全周約400mmくらいの円筒で全周の粗さ個差を30μm以内におさえた  いのですが、よい加工方法(研磨に限りません)のアドバイスを  お願いします。  よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • ゴム
  • 回答数2
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

Q1 ウレタンの表面粗さの測定方法 ウレタン素材の研磨面を5μm程度の分解能で測定したい A1 レーザータイプの距離検出器は、μmまで測定できます。 それを、400mm移動させるのに、振れが1μm以内を実現。 ガイド精度で管理するか、基準バーからの振れをレーザーで測定し 補正値を出し測定するか、何れかの方法で。 それと、円筒をセットする冶具の精度とマスター部品(オール鉄or アルミ)で製作。 以上の様な市販品の計測器があるか、貴殿で製作するかを決定して 下さい。尚、レーザーセンサーは、キーエンスさん等で確認下さい。 Q2 ウレタンの表面研磨方法 ウレタン素材の表面をできるだけ凹凸が少なくする A2 軟らかい物の研磨は難しいので、ある程度研磨等をしたら、熱で 表面を滑らかにする方法は如何でしょうか? 以前に、使用した事がありますが、詳細内容が不明で、高価でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ワークの表面状態が解らないので 一概に言えませんが (あと ワークの長さ・・全周は書かれていますが どれだけの   範囲が計測対象になるのでしょうか?) 平行光光源を照射して ウレタン表面の凸凹からできる影を画像処理することで ある程度の測定は可能になります。 ただ 絶対値では出ないので マスタとの比較になりますが・・ 後は レーザ光り切断方とか ワーク形状や測定範囲によっては レーザ測定器ででも測定は可能なのではないでしょうか? 検査タクトと費用との関係もありますが いくつかの手段はあると思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 薄肉加工の歪み

    SUS630、外径約5mm、長さ約8mmの棒材を内径穴ぐりし、ホーニング仕上げ後、外径を研磨して薄肉(0.18mm)円筒にするのにおいて、外径研磨するまでは円筒度は1μm未満になっています。しかし、外径研磨してマンドレルを外すと、円筒の一側面もしくは2側面が内側に歪み、円筒度が10μm程度まで低下します。対策はどうしたらいいでしょうか?素材は固溶体化処理されています。自硬処理はホーニング直前です。

  • 金属の加工方法

    小さな金属パーツ、今考えているのは3~4cm四方、厚み5~10mmくらいのステンレスの部材の表面をフラット(表面の凹凸が±1.0~0.5μm)にして中央部に1cm四方くらいで深さ5~10μmのくぼみ(表面の凹凸が±1.0~0.5μm)を持つものを作りたいと考えています。 こういった平滑性が高く、なおかつ段差が小さい(数μm)ものを作るのに適した加工方法はどんなものがあるのでしょうか? 切削などの機械加工では出来ないような気がしてプレスなどの方が良いのかな、などと素人ながらに考えています。 よきアドバイスありましたら宜しくお願いいたします。

  • 表面粗さ測定条件について

    表面粗さの測定条件について御教示下さい。 測定物の表面粗さ規定値は、Rz(最大高さ):1.0μm max.です。 この場合、JIS B0633:’01で定められた表面粗さ測定条件は、以下に該当します。  ・Rzの範囲 :0.5<Rz≦10  ・カットオフ :0.8mm  ・評価長さ :4.0mm(カットオフ×5) 上記条件にて測定したいのですが、測定面積が小さく、評価長さが最大で1.5mm程度しか取れません。 この場合、カットオフ:0.8mm,評価長さ:1.5mmで測定して問題ないのでしょうか。 それとも、Rzの範囲:0.1<Rz≦0.5の場合の条件である、カットオフ:0.25mm、評価長さ:1.25mmにて測定したほうが良いのでしょうか。 その他、測定におけるアドバイス等頂けるとありがたいです。 表面粗さ計は、ミツトヨ製サーフテストSV-2100を使用しています。 宜しくお願い致します。

  • 磨耗量測定について

    ちょっと伺いたいことがあります。 φ3mmのベリリウム銅の円筒表面に クレーターのような衝突痕があって、 この部分の体積を測定したいと思って います。 この形状は大体1mm×1mm×20μmで 円形です。  もし知っている方がいらっしゃいましたら 教えていただきたいと思います。 よろしくお願い致します。

  • ウレタンがベスト??

    浄化槽のマンホールが錆びていて劣化が激しいです。 劣化があるのはフタではなくフタを受ける部分。 ところどころ凹凸があります(錆びて崩れている)。 フタを乗せると一応はまるのですが、 凹凸のある部分は錆びて崩れているので中のコバエがそこから出てきます。 凹凸はあると言っても数ミリです。 修理するととんでもない金額になったので以下の方法を考えています。 1.ウレタンような凹凸に食い込んでくれるような素材を買う 2.その大きさはマンホールより少し大きいくらい 3.買ってきたそのウレタンのような素材をマンホールに乗せる 4.その上からマンホールのフタを乗せる 5.マンホールのフタはとても重いのでウレタンのような素材が押しつぶされて凹凸に食い込む 6.中からコバエは出てこれなくなる こんな風に考えています。 もし実際にこれをやるとしたらウレタンがベターですか? 安くて効果的な素材は他にありますか? マンホールの大きさは直径70cmくらいです。 ※ネットで素材を購入したいのですが、どこで買えばいいかご教授しただければ助かります。

  • 液晶表面 凹凸測定

    現在 液晶ガラスにφ3mm程度の穴をあけ、センサ埋め込み、セラミック系の耐熱接着剤にて封じを行っています。 耐熱接着剤乾燥後、液晶面に合うように削り出しをしているのですが、人為的なため、液晶面と耐熱接着剤面がフラットになっているか 確認が出来ません。 精度は 50μm位でいいのですが、液晶面の凹凸を測定する簡単な方法を知りませんか?

  • 形状測定

    金属部品の形状を非接触で測定したいのですが、 よい方法はありませんか? ほしい精度は1μmです。 接触式の形状測定機のような波形が取りたいのです。 測定物を移動させ、レーザー変位計(固定)を使用して測定してみましたが、面粗さの影響が出ているのか うまく測定できませんでした。 表面は一応研磨していますが、研磨目が残っています。

  • 円筒度の簡易測定方法

    全長100mm、外径φ5の製品の円筒度の簡易測定方法を教えて下さい。 真円度測定機、3次元測定機を使わないでの測定方法を宜しくお願いします。 測定方法として、両側にVがある治具を使用し、中心部をダイヤルゲージを当て、回転させて、最大と最小の差を見て、次に両端部側外径を回転させて見ています。測定値から中心部と両端部側外径の差を円筒度としています。この方法でどこまで正確に測定出来ていますか。また、中心部の差が0.06mm有り、両側が0.0mmの場合、円筒度は0.06mmになるのですか。 図面の規格が、振れ(両端部側外径受け)0.06mm以下、円筒度0.04mm以下になっています。図面規格から見れば、この測定方法だと振れも0.04mm以下で良いのかと思い、もしかしたら、別の方法、考え方がちょっと違うのかと自分なりに思っています。 誠に申し訳ありませんが、JISとか参考書とかネットの検索したものは、私には、難しい過ぎて理解が出来ません。なので、測定方法が間違っている。測定方法、算出方法の出来るだけ分かりやすく、教えて下さい。 長々とすいませんが、宜しくお願いします。

  • 旋盤加工による表面粗さについて

    お世話になります。 最近、旋盤加工で、表面粗さが0.8などの指示が出てきています。 0.8は研磨の世界だと思うのですが、旋盤加工でも出せる物なのでしょうか? 1.6はどうですか? また、皆さんは製品の表面粗さをどう測定していますか? もし良い測定方法があれば教えてください。

  • 研磨加工の精度について

     長さが275mm程度で直径が90mm程度で切り欠きがある円筒の内径の研磨加工が端面側が55ミリと中心付近にある47ミリのものをそれぞれの誤差を4μ以内に入れて同心度が4μ以内にいれて加工したいのですがうまくいきませんなにが良い方法はありませんか?