• ベストアンサー
  • 困ってます

三次元測定器の接触判定について

金属の板のねじれを測定する方法について悩んでいます。 自然体で置いて四隅の高さを測定し、そのMAX-MINをねじれとしているのですが、他社との測定結果が合わずに困っています。 他社は非接触式の測定器で板をそのまま置いてフリーの状態で測定しています。こちらは接触式で板が動かないよう、治具で3点を持たせて固定しています。 他社との測定に合わせてフリーの状態で測定してみると、他社データとほぼ同じ結果が得られました。ですが、周囲は「フリーの状態ではプローブが板を押し込むので正確ではない」という意見で一致しています。 私が見た限りでは接触を検知した時点では板は動いているようには見えますが、土台にまで押しつけられているようには見えません。もしプローブが板を押しているのであれば、板を土台に押しつけてなおプローブを下げたときに接触を検知するはずです。ですので、"プローブが接触を検知→さらにプローブを下げたことで板を押し下げた→板が動いたように見える"、ということになり、実質的にはガタツキによる影響はないと考えます。また、板を3点で持たせて測定すると違う結果になるのは、どの点を持たせるかで板の傾きが変わるためであると考えています。 どうでしょうか?誰か教えてください。 文章がわかりにくいとの意見がありましたので、追記します。 まず、現在金属の板のねじれ具合を測ろうとしています。 そのまま置いたら四隅のうちの1点が浮き上がった状態になっています。 フリーの状態とは、ただ置いただけで固定も何もしていません。指で押せば浮いた部分が沈みます。 固定というのは、板の任意の3点の下に治具を置いて動かないようにするということです。 我々は接触式の三次元で測定していますので、「プローブを当てるときに浮き上がった1点を押すことで測定値に影響が出る。なので、動かないよう固定して測定すべき」というのが周囲の見解です。 他社はレーザーによる非接触式の装置で、固定せずただ置いた状態で測定しています。その結果と我々のワークを固定して測定した結果に3倍近い開きがあり、どっちが正解なのかということでもめています。 ためしに、我々も他社と同様、フリーの状態で測ってみたらほぼ同じ結果になりました。それで、どれが正解なのかともめています。 私は、まず?タッチプローブがワークの位置を取り込むのに必要な、プローブにかかる荷重と?プローブがワークを動かすのに必要な力でどちらが大きいかを調べ、 ?>?  プローブがワークに当たっても接触を検知せず、プローブがワークを押してワークの一部が土台に当たり動かなくなった時点で位置を取り込む ⇒フリーではガタツキの影響を受ける ?>? ワークが動く前にプローブが座標を取り込む ⇒フリーではガタツキの影響はない となるのではないかと考えています。どちらが正解で、 が、私の意見を周囲が聞いてくれません。自分たちの測定が正しいと信じているようです。 この測定結果をもってねじれの定義・規格を決めようとしている(普通は逆ですが)のですが、データの整合性が取れず、先詰まっています。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数189
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

自重による変形では?? 3点支持の場合、支持点以外は浮いているわけですから支持点の位置により変形の状態が変わります。 フリーの状態の場合、おそらくですが他社での設置状態に近い状態になっているため自重による変形も同じようになったのでは?そのため他社データと似た結果になったのでは?他社データと“ほぼ同じ結果”が得られたと言うことであればプローブの接触圧の影響は小さいと考えられます。残りはワークの設置状態。貴社で使用している3点支持治具で支持点も同じようにして測り貴社3点支持治具に設置した時と同じ結果が得られればワークの設置状態の違いが他社との差異を生んだと考えて良いのでは? 測定に於いては温度や振動といった環境、プローブの接触圧などの影響も大きいですが、ワークの設置状態も結果に大きく影響します。他社との結果を比較する場合、この設置状態も同じにしないと違う結果が得られるのは当然と考えましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

べこべこな測定物を相手に、測定条件(環境)を定義しない限り、 測定値は安定しないことは、おわかりかと思います。 私的に、問題なのは、「接触式だから・非接触式だから」 ではなく、 「測定において、その環境を考えるのに、測定物(部品)の性質(用途)を 考慮していないこと」と考えます。 例えば、測定時に、ワークをどのように置くか(マウントするか)は、その製品の用途を考えなければいけません。極端には、空間に浮いている製品であれば、当然クランプなどしてはいけませんよね。測定も非接触でなければならない。逆に、製品には数カ所固定箇所が存在し、この取り付け具合が問題になる、あるいは、取り付け後姿勢(平面)が問題になる、となれば、測定も製品状態に近いポイントでクランプする必要があると思います。 この、評価を行った後、簡易的に測定するには、どうするか、また、測定値がいくつになったら(条件変わるので当然変化します)合格とするか、の話になるかと思います。 質問を読む限り、トリガプローブではなく、ベクトルプローブを使っているのではないかと思いますが・・・(違ったらごめんなさい)、測定圧をコントロールできるとしても、プロービングに際しては、必ず、ワークにストレスをかけていますので、ワークは撓みます。撓みが発生している以上、出力された値は、真値とは言い切れません。撓み量を補正(後計算)すれば、真値に近づくでしょうが、非接触を使用されている方を納得させるのには、力不足ですよね。 部品の後工程を見つめて、何が問題になるから測定するのか(どの様な事態を未然に防ぐために、測定し精度を確保するのか)を決定すれば、フリーが正しいか固定が正しいか・・・見えてくると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>「測定において、その環境を考えるのに、測定物(部品)の性質(用途)を 考慮していないこと」と考えます。 ⇒ご指摘ありがとうございます。ただ、私の意見を下記に述べます。 測定方法や条件が違えど、目的が同じであれば最終的に得られる結果は同じになるはずです。そうならないのは、結果に重大な影響を及ぼす想定外の外的要因があるからだと考えます。 今回の場合は、素材が金属であり、プローブで押した程度で決定的な影響が出るほど変形するとは考えていません。ただ、四隅のうち2点が浮いており、やじろべえみたいに不安定な状態ですので、その意味では接触による影響を無視することはできないと考えました。 ですので、その影響を排除すべく三点支持で測定してみたところ、非接触かつフリーで測定した他社と違う結果になってしまいました。輸送途中に変形したのかと思い、送り返してもう一回測ってもらいましたが、変わりませんでした。で、他社の立ち会いの下で測定してみましたが、やはり三点支持で測定したデータとは整合性が取れません。で、ためしに接触かつフリーの状態で測ったら、他社と同じような数字が出ました。偶然同じような数字になったのか、なるべくしてなったのかを考えましたが、どうしても分からなかったので、皆さまの意見を聞いてみたいと思いました次第です。

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

ワークはべこべこなものだと推定します >>我々は接触式の三次元で測定していますので、「プローブを当てるときに浮き上がった1点を押すことで測定値に影響が出る。なので、動かないよう固定して測定すべき」というのが周囲の見解です。 接触式の場合、接触圧が必ずかかるので、非接触のものとは違う 動かないように固定>>矯正がかかる恐れがあるので これも間違い >>他社はレーザーによる非接触式の装置で、固定せずただ置いた状態で測定しています。その結果と我々のワークを固定して測定した結果に3倍近い開きがあり、どっちが正解なのかということでもめています。 文面から読むと定番にベタ置きのような気がするのですが ベタ置きの場合自重で矯正がかかる恐れがあるのでそれも間違い 1・2とも正しい値で無いような気がします 2のほうが正解に近いと思いますが 接触式よりも非接触のほうが正しい値が出ると思います ワークのおき方にも影響すると思います 2の測定方法で、同じワークを段取り換えしてみるとワークの置きかたの誤差が出ると思いますよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

板のX-Y軸の中心線を基準とするのが適切ではないでしょうか。 三点支持も安定はしますが傾きの影響は避けられません。 まして、安定性に問題のある測定品をフリーで置けば何度測定しても バラツキが出ると思われます。 板の中心で端の4点を受けるようにしてX軸又はY軸の2点間は平行に上下さす事で 板の基準が明確になります。 基準軸からの位置関係で見れば測定の誤差は許容値に入ると思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

文章で判断しますと、タッチプローブがワークに当たった瞬間に(荷重がゼロで)位置を取り込むと考えていらっしゃるようですね。 実際のプローブの中はばねが入っており、ばねに逆らって動いたと時点で接触と判断します。つまりワークにはタッチプローブの荷重が掛かるという事です。 もう1つの注意点はXY方向に対して、Z方向の荷重は大きくなっている事です。(上下方向で測定いるように読み取れましたので) タッチプローブの特性を調べてみてください。 荷重の違いが誤差になっていると考えていいと思います。 方式が違えば測定値が違うことはよくあることです。 測定条件を同じにすることが基本ではないでしょうか。

参考URL:
http://www.renishaw.jp/jp/6652.aspx#tocTarget0

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>測定条件を同じにすることが基本 ⇒私もその通りだと思います。ただ、それを言い出したら温度・湿度・作業者・測定器などキリがなくなり、すべてを同じ条件にするのは不可能です。ですので、結果に重大な影響を及ぼすような条件だけ同じにして、他の影響は「無視できるほど小さい」という考えで測定しようと考えています。 今回、測定物がねじれており、普通に置いたら対角線上の2点で支えている状態です。接触式であれば支えがない点を測定するときに押しつけるので、そうならないよう三点支持で測定し、他社と整合性が取れない結果となりました。ためしにフリーの状態で測定したところ、接触(当社)/非接触(他社)で同じような値になりました。単なる偶然か、なるべくしてなったのか、考えていましたが分からなかったので皆さまに問い合わせしました次第です。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

文章を箇条書きにして、一度整理して下さい。 頭が痛くなる文章です。 ★ フリーでない(ねじれ状態??)は、他社結果と異なる) ★ フリーの状態は、他社結果と同じ   だが、その結果も納得が行かない??? 詳細な状態が??で、内容も??です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 磁化値の測定について

    出力された磁化値の取扱い、および測定方法について検討をしています。 社内測定において、出力される磁化値が時間的に安定しません。数秒単位では細かに値が振幅し、数分単位では徐々に値が減少している様な状況で、被測定物がもつ磁気特性を定量的(数値的)に断定するのに判断基準が付かなくて困っています。 なお、測定条件・結果は以下の通りです。 【測定器】 レイクショア社製 450型 ガウスメーター 【被測定物】非磁性ステンレス製 円筒(表面:鏡面仕上げ) 【出力値】 -0.05~+0.05mT の範囲 【測定方法】(現状)スタンドに固定した測定プローブ(ホール素子タイプ)に向け、ジャッキ上に載せた被測定物をジャッキの上下運動で近づける。被測定物上面がプローブに触れるとジャッキ操作を止め、その時点で測定。 (改善案)非磁性アルミ板に測定プローブを埋め込み、板上に載せた被測定物がプローブに接触するようにして測定。 <<両方式ともプローブが僅かに接触する程度>> 社内で上の2種類の方法を試みても、同一の被測定物に対して、定量的に僅かな差(0.005mT)が生じるうえ、上記の徐々に数値が減少し安定しない現象が現れます。国の権威ある機関では「改善案」方式で測定を行い、数値は安定する、としています。それを社内で再現するには何が障害となっているのでしょうか? 地磁気の影響、(鉛板などで)防磁気の必要性、等々でしょうか? 専門の方々のコメント、アドバイスをお願いします。

  • 形状測定

    金属部品の形状を非接触で測定したいのですが、 よい方法はありませんか? ほしい精度は1μmです。 接触式の形状測定機のような波形が取りたいのです。 測定物を移動させ、レーザー変位計(固定)を使用して測定してみましたが、面粗さの影響が出ているのか うまく測定できませんでした。 表面は一応研磨していますが、研磨目が残っています。

  • コンタクトプローブの接触不良 > 真説

    [No.44375 原題]   リレーの端子(φ1mm L=6mm程度)にコンタクトプローブを接触   させてリレー接点やコイル抵抗を測定する自動機があるのですが   抵抗値のバラつきが多かったり端子先端にシール材等の異物が   付着していたりして導通がなかったりと問題が起こっています。   私の理想は端子先端では接触面積が少ないため、端子側面を挟み込む   構造のプローブがあればと思うのですが・・・ 端子(リード線)の先端に対向してプローブを当てる場合、先端はフラットのほうがよく、尖ったものでは位置が定まらず却って不安定です。 端子先端の状況の影響あるが、   >端子先端にシール材等の異物が付着 一旦不良で刎ねる方がよいのでは。それを拭うなどして再検査。   >端子側面を挟み込む構造のプローブがあれば 好ましいことは確かながら、前記先端対向より測定圧が低くならざるをえない。 反対側を支えればよいが市販のプローブには無いので自作せねばなりません。 もうひとつ重要なのがプローブの選び方。 基板検査用プローブは数十円と安く極細径もあるが、基板の導通がチェックできれば事足れりで、接触抵抗をウルサク問うには別に適したものあり。 ?一般的な基板用 はスリーブの内部にコイルバネを内蔵するが、導通は ピン→スリーブ でなくコイルバネを介してしまう確率があり、ピン→スリーブ の接触でも安定性に欠ける。 ?がその対策例でコイルバネが外なのと取出リード線がピンに直結。その分外径は大。 ?は?と同じコイルバネ内蔵ながら“レジスタンス・スタビライザー”なるボールを入れ、導通経路と接触抵抗を安定化し高周波測定に向くとするもの。<他社製プローブとの比較データ> この類として高周波デバイス測定、パワー素子測定など低接触抵抗の要求に対応するものは各種あり、いずれも?とは桁違いな価格になるが、遙かに需要が少ないから許容せざるを得ません。 本件に係る質問がある方は、此処に(回答として)書き込まれたなら可能な限り対応します。 ↓元質問に続き、何でもかんでも洗いたがりのアライグマ一匹が凶暴に喚きたてるので遠ざけます。 ?一般的な基板用 ?コイルバネ外 リード線直結 ?コイルバネ内+ボール入 微細素子、パワー素子用プローブ 精研・治具を含め提案 http://www.n-denshin.co.jp/idi/images/page/14_ict_l100/ictl100.gif http://sankei-engineering.com/jirei/case_trouble_3 http://imcth.co.jp/probes/ https://www.hisol.jp/new/wp-content/uploads/2014/09/hiosl-prober.pdf http://www.seiken.co.jp/item/?id=1357285490-836420

  • 電解槽中のカソード板に流れている電流の測定

    亜鉛電解における電解槽中のカソード板に電流が流れているかを調べる方法、調べられる装置を探しています。 電解槽には不溶性アノード板(Pb)とカソード板(Al)が交互に数十枚並べられ、電解が行われております。 ここで、カソード板の接点不良等で抵抗が発生すると、そのカソード板のみ電流が流れず、その板には金属が電着しません。 この異常状態を検知するためには現状では持ち上げて表面観察を行うしかないのですが、板は重たいですし、手間がかかるので板一枚ごとに電流計測してみたいと考えています。 クランプ式の電流計を使用したかったのですが、極板間が狭い上、腕の部分も太く、クランプで挟みこむことが不可能です。 このようにクランプで挟むことが出来ないような金属中を流れている電流を測定または検知する方法や装置があれば教えていただきたいと思います。 よろしくお願いいたします。

  • タッチプローブの実力

    ワークの形状寸法を機上で測定する方法としてレニショーに代表されるようなプローブ式の測定器がありますが、耐久性(切削油、切り屑による影響)や測定誤差が生じると抽象的に聞きますが、実際に使われている方で問題があれば具体的に教えていただけませんか。使い方の問題なのでしょうか。カタログ等ではエアーパージによる防御、精度も1、2ミクロンとなっています。

  • 高温ワークの長さ計測

    透過型のレーザー変位センサで135度ぐらいのワーク(樹脂)の長さを測定しています。センサは、投光側と受光側を200mmぐらい離して設置、ワークはセンターに置いてます。ワークは、径16mmの円筒で先端の変化量を測定してます。 ワークはがっちり固定した状態で、ワークに風を当てた時と当てない時で0.15mmぐらいの差がでます。風を当てた時の方がの延び、風を止めると縮む変な現象があります。常温では、風の影響は受けません。工程上、風の影響を受けないようにできません。 差をなくしたいのですがアドバイスできる方いましたらお願いします。

  • 非接触でゴム球に封入された液体の圧力を安全に測りたい。

    直径50mmのボール状のゴム球に液体が封入されてます。この液体の圧力を非接触で測定で困っています。何かよい方法はないでしょうか? これまでは、ゴム球ではなく、ゴム袋に配管を接続し、その配管の圧力計で測定しておりました。しかし、ゴム袋では所望の機能を発現しにくいので、今後はボールのようなゴム球に変更予定です。ゴム球になるとこれまであった配管がなくなりますので、従来の圧力計では測定できません。 現状、2枚の板の間にゴム球を入れて、挟んだときの反力で圧力を推定していますが、ゴムの弾性力がまちまちなためか、いい結果が出ません。客先からはゴム球の直径を更に小さくするように指示が出ておりゴムの影響が大きくなりそうです。 最終的にゴム球は10mmの開口があるSUS箱に収められます。その後も継続的にゴム球の圧力を測定する必要があります。2枚の板で挟む方法はSUS箱のない製造時しか圧力がわからないので、今後は非接触で測定せざるを得ないと思っています。 また、不慣れな派遣さんが日替わりで測定に来るので、できれば人体に対して安全な方法かミスが起きにくい方法が望ましいです。 測定装置または測定方法のコストはかかってもかまわないので、なんとか非接触でゴム球に入った液体の圧力を測定する方法はないでしょうか? こんな測定装置、あるいはこういった測定原理があるよ、だけでもアドバイスをいただければ助かります。(測定精度は5mmHg程度の分解能を希望しております。) よろしくお願いします。

  • 放射線測定器「SOEKS 01M」について

    このたび放射線測定器「SOEKS 01M」(1.CL)を新規に購入し使い始めました。 マニュアルを見て実際に使ってみたのですがいくつかわからないところがあります。 こういう機器には非常に不慣れなもので、まことにお手数ですが出来れば以下の点についてお教えいただけませんでしょうか? この機器をお持ちでない方におかれては「多分こうだろう」でもかまいませんのでよろしくお願いします。 1.バックグラウンド放射線レベルについて マニュアルに「バックグラウンド放射線レベル(取り巻く環境の通常時の線量率の値)」等の表現がありますが、この機器は「バックグラウンド放射線レベル」の他に測定できる、別の放射線のレベル値があるということでしょうか? また、その場合にはどうやって測定し、どこに表示がされるのでしょうか? 2つも測定できるようなことは考えにくいので表現の問題のような気がするのですが。 2.「Level」の設定について 「設定」する「Level」は何に用いるための設定なのでしょうか? マニュアルでは画面の緑・黄・赤を切り替えるしきい値は40μSv/h、40μSv/hに固定されているように思えます。 それとは別に警報音等を鳴らすかどうかのしきい値でしょうか? 3.測定精度インジケータについて マニュアルには、測定精度インジケータが「約2分でFullになる」と書かれ、別のところでは「急激な変化の表示に10~20秒しかかかりません」ともありますが、この種の機器で安定した測定を行なうのに必要な時間はどれくらいと考えたらいいのでしょうか? 4.地表の放射線を測定する場合について β線の影響を避けるためにアルミ板を用いた箱を自作されている方があるようですが、中には「アルミホイルを2枚重ね」たりして測定している方もあるようです。そんな簡易な方法でも問題ないのでしょうか? 以上、どうかよろしくお願い致します。

  • 反りやねじれのあるワークのクランプで困っています。

    お疲れ様です。 アルミの大型部品の加工に携わるようになって間もない者です。 反りやねじれのあるワークのクランプで困っています。 素材は7000系です。製品はアングル形状で、板材からの削り出しです。 長さは1500mmでアングルの板厚は5mm程度です。 大まかですが、工程は「粗引き→応力解放→基準面加工→仕上げ」です。 粗引きを終えて応力解放を行うと反りやねじれが発生します。 その状態で仕上げ工程に進むと、クランプの際にワークを矯正してしまうので、平面度等の幾何公差が外れてしまいます。 そのため、仕上げ工程で治具接触面となる面の平面出しの工程を追加しようと考えたのですが、その際の良いクランプが思い浮かびません。 (知人から、基準面加工程度なら軽切削だから軽いクランプで大丈夫だとアドバイスを頂いたのですがイマイチわかりません。) 治具設置面を点当たりにして(先端がR形状になっているジャッキ等で)、上からフッククランプでおさえようかと思いましたが、製品に食い込んでしまうような気がします。 治具面に無負荷でワークを置いた際の隙間にシムをいれて、上からクランプすることも考えましたが、多少は矯正してしまうと思います。 基準面加工のクランプでワークを矯正してしまっては本末転倒です。 反りやねじれのあるワークのクランプについて、皆様の経験や知恵を拝借願えないでしょうか。 どんな些細なことでもアドバイスいただけるとありがたいです。 よろしくお願いいたします。

  • pHの測定方法

    ○当所(計量検定事業所)では工場排水などのpHを測定する際、次の手順で行っています。 (1)pHメーターを標準液3点校生(7,4,9) (2)校正液及び検体はウオーターバスで25℃で均一にし使用 (3)計量証明書には25℃で得られた分析結果のみを記入。(pHの欄には25℃で測定した際のpH値のみ記入(測定時水温は未記入)) (4)pHメーターには温度補償は付いている。 (5)他社の計量証明書にはpHの欄にpH値と括弧して測定時の水温が記載されているのが多い。  ここで疑問なのですが、 (1)メーターの取扱説明書には「誤差要因を少なくするためには校正時のpH標準液の温度をサンプル温度と同一にする」とあります。当社で行っているpH測定方法では温度換算(測定溶液の電離状態の温度変化)の影響を抑えるためであると思いますが、原則として河川水や工場排水などの水を測定するには、標準液と試料を両方とも河川のサンプリング時の水温と同一にしてから、校正・測定すべきなのでしょうか(検体数次第ではすごい手間ですよね)?  そして、その計量証明書にその水温も記載すべきなのでしょうか? (2)現実問題として、当社で行っている測定方法と、上記の方法でpHを測定した場合では値はそれほど変わるものでしょうか(これが一番知りたい!)? (3)他社の計量証明書にはpHの欄にpH値と括弧して測定時の水温が記載されているのが多いのですが、これは基本的にに上記(1)の方法で測定したものでしょうか? 当方素人なもので初歩的な質問かと思いますがどなたか教えてください。