• 締切済み
  • 困ってます

研削盤での最小Rについて

プラ型専門で製造を行っている者です、 型サイズは100トン以下が中心です、 (コネクタークラスの精密小物はやっていません。) さて質問ですが、成形研削と石の選択が 今ひとつ分からないのです。 特に ?形状をつけるケース(勾配とRくらいまで) ?最小エッジが欲しい場合 ?側面研削で寸法決めする場合 通常は46Jくらいで平面を、側面は50Hくらいを 使用しています。しかしコレが正しいか?よくわかりません。 メーカーはミスミ製がメインです。 お勧めの砥石があればご教授願いませんでしょうか? ※STVAXやSKHの焼材に対してのと石について のメーカーとグレードが知りたいです。 どうぞ宜しくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数167
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

最近の傾向では CBN・ダイヤ が多く採用されるようになりました。 形状の転写などは砥石の脱落が少ない分有利です。 砥石の選定はやはり砥石屋さんと相談すべきです。 最新の技術を含めて資料を提出してもらえます。 Netの情報源としては ウエダテクニカル がお勧めです。 講習会の資料などは再確認の意味でも有効な資料です。

参考URL:
http://www1.odn.ne.jp/ute/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 研削盤最小Rについて

    質問1 成形研磨機の最小Rはどれくらいまでイケるのでしょうか? 自分のTRYではR0.04が限界でした。(100K)お勧めの砥石などありま したら教えて頂けませんでしょうか? 質問2 成形研削盤で側面仕上げをする際に使用する砥石でお勧め のものはありませんか?50Hくらいの砥石を使っていますが、減り が激しくなかなかうまくいきません。また砥石形状はどのように していますか?自分は内側を逃がして外周淵を刃物形状にしています。 以上宜しくお願いします。

  • 研削砥石の成形について

    研削に関してド素人なんですが、円筒研削盤の砥石の側面を角だけ残してあとはドレッサーでガッツリ逃がすってのは、ありえない話なんですか?円筒研磨で通常使う砥石の面と、砥石の角、砥石側面の数ミリ間のみ使用したいときにはどのようにして成形するのでしょうか?根本的にそんなことはしない、とか、成形は個人ではしない、とか、何でもいいので教えていただければ幸いです。円筒研削盤の砥石の側面を使うこと自体がダメなのでしょうか?何もわからないのでよろしくお願いします。機械は汎用円筒研削盤です。

  • 研削砥石の選定について

    モリブデン鋼を平面研削盤で3.2S▽▽▽に仕上げる時の 砥石は何を使用すればよいでしょうか。 砥石メーカー:クレトイシ株式会社 砥石寸法:205×19×31.75 と粒/粒度/結合度/組織/結合剤などメーカー型番で ご教示いただければ幸いです。

  • SKH51研削時のバリについて

    お世話になります。 SKH51研削時のバリ処理について、どなたか教えて下さい。 ワーク 3*5*60(mm)のサイズで、プレス型のパンチです。 加工公差は、全面±2μで、キー溝(±5μ)や刃先のプロファイル加工(±2μ)を実施します。面精度、全面Raで0.2以下の要求品です。大きなキズは不可というモノです。 砥石はボラゾンを使っています。 削る度に、バリが出て、その処理に苦戦しています。 エッジが必要な部分を殺してしまわないように注意しながら進めています。 当方、違う材質やWCの材質ばかりの経験しかなく、SKHの加工には、全く不慣れです。 数が多いモノなので、簡単に出来るバリ削除の良い方法、叉は、バリが出ない加工方法・砥石など有れば教えて頂けないでしょうか? 以上、宜しくお願いします。

  • 平面研削盤の単石ドレッサ装着の向きについて

    平面研削盤の上部ドレッサーを使用しています。 単石ダイヤモンドドレッサーを使用しているのですが ◯←正面から見た砥石に対して 正面側にドレッサーの平面が来るように装着するのか、エッジが付いている方を持ってくるのかお教えください。 初歩的な質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

  • ±0.001公差の研削でのアタリの取り方

    プラ型を製作している者です。 研削にて±0.001公差での駒研削に苦しんでいます。 確かにデジタルマイクロもデジタルハイトゲージも 0.001を表示しますが、安定しているか?と言ったら そうではありません。測定する室温やワークの温度 に左右される事は理解していますが、それらの要素 以外での話しで幾つか質問があります。 ?現状寸法から0.001を研削で追込む時の、アタリの 取り方はどのようにしていますか? 当方では赤マジックを塗っておき、砥石が接近して触れる 瞬間の、インクの剥がれ具合でアタリを確認しています。 ただ塗り具合で差が出ますし、切込み最小が0.001なので アタリの瞬間を逃すと即NGになってしまいます。また砥石 の選定も手探りの状態です。 ?一般的にはどうやって角を確認しているのでしょうか? 当方では、スコヤゲージを購入して1千分代で確認をしてい ますが、0.001mm/50mmが限界の状態です。 ?デジタルマイクロでの外形寸法確認をしている場合、日常 点検はどのようにしていますか?マイクロに付属しているゲージ での確認でしょうか?カチカチを何回で確認していますか? 回転数に関しては完全に手加減に頼っています、測定子面のあたり が良い感触があればサット終わりますが、ナナメっていいたり の感触ならばシツコク回していく形です。 以上、御教授の程宜しくお願いします。

  • 切削・研削加工におけるμ単位除去原理

    切削加工において金属系SKD11・SS・S45C・SCMをよく加工するのですが、 超硬工具(CBN工具・ダイヤ等では試した事なし)でμ単位での微小 単位で切込を行った場合、なめて思い通りに寸法に仕上がらない・切削 出来ない現象が起きます。(座面・側面) 上記のような、現象はなぜ起きるのでしょうか? 自分としては下記のようなことが要因なのではと思うのですが、 御教授頂ければ幸いです。 ●超硬工具はすくい角が正だから? ●CBN・ダイヤ切削工具はすくい角が負だからμ単位で切削出来る? ●研削加工も同様、すくい角が負であるからμ単位で研削出来る? ●研削加工は砥石周速度が切削加工より10倍程度速く加工する為、  刃物(砥石)が固く作用するから? ●切削加工の背分力<研削加工の背分力 何か関係している? ●切削・研削加工にも厳密には弾性領域と塑性領域があるのは知っています。

  • 砥石の外径

    何時も勉強させて頂いております。 基本的な質問で申し訳ありませんが、 現在グラインダー等で使用する一般的な研削砥石を購入し、 R形状など製品形状にフォーミングして使用することを考えております。 そこで、無駄に削らなくて済むような外径の砥石を購入しようと思い、 標準外径寸法について調べてみたのですが、 明確な回答が見つかりません。 メーカーにより異なるのか、JISなどの規格があるのかなど、 アドバイスを頂ければと思います。 宜しく御願い致します。

  • マジックインクの厚み

    ワイヤカットでのパンチ加工においてセカンド カットをしたのですが最後の切り離し 距離10ミリを をファーストカットのもう一回セカンド で走ってCAD寸法になる条件で切り離し したのでセカンドカットで走る分寸法が 厚くなっているので成形研削盤でそこを 仕上げる必要があります。ふつうは切り離し の時にはファーストカット一発で寸法が 出るオフセット条件で切り離しする のが普通でしょうか?成形で研磨のため ゼロセットするにあたり成形の砥石が 必要最小幅でワークに当たる為に その10ミリの幅の中心に合わせて 当てにいった時にヘソのスジだけが 飛びだしているので先にそこで火花 が出てしまいます。それだとゼロセット ポイントがわかりにくいのでその切り離し 幅10ミリの範囲をマジックインクで塗り そのインクが消えたところでゼロセットを してインクの厚み分引いた量を研磨しよう と思うのですがインクの厚みって言うの はどの程度でしょうか? よろしくお願いします。

  • セラミックスの生加工

    セラミックスの生加工ですが、加工性が悪いものがあり苦労しています。 今まで切削加工でしたが、超硬・ダイヤ等色々試しましたがいずれも刃持ちがとても悪く、またカケがでやすいです。 なので円筒研削機にてドライにて研削加工するのはどうかと考えました。 (加工負荷を抑えられれば解決できるかもしれないと考えたため) この場合の ・加工条件 ・そういったことをしているメーカー・文献 ・適する砥石について(材質や粗さ?) ・その他何か情報があれば 研削だと目詰まりしそうと懸念しております。 粉が舞う等は設備対応で解決を検討してます。 以上、何か情報お持ちの方、ご助言いただけないでしょうか。 特定の材質を加工する際に上記症状がでます。 加工タイミングは材料成形後です。 ブロックや丸棒を加工する(NCやMC)際の問題です。 カケが出るのはワークの方で、工具の抜けの際に端が欠けてしまうイメージです。 持ちが悪いと感じるのは常時でして、切削性が落ちる≒加工負荷大→端面の欠けが出やすい?と考えています。 新品工具でもすぐにカケが出るほど切れなくなります。 バインダー成分の調整などもありますが、まずは加工方法の検討をしようと思いました。 判りづらい文章ご容赦ください。 度々追記申し訳ありません。 欠けと申し上げましたが、その他に表面にむしれのような症状が切削面に出ます。 加えて切削性が悪化したときに見られる光沢も切削面に出ます。 これらは欠けと同等のタイミングで発生します。 アルミナなどの成形体と比較すると同様の条件では圧倒的に早い段階で上記症状が発生するのが悩みです。 対象の材質は大変申し訳ありませんが申し上げられません。 >岩魚内様 >カケは削り手順の工夫で抑えられ、殆ど加工屋だけで済む分野。 加工方法による対処もしておりますが、これ以上はできないのではないかという位置から、加工方法を切り替えてはという発想になりました。 研削は切削よりも研削量を少なく設定すれば負荷が小さいと思いましたが、 それでも逆に高くなるものでしょうか。 また切削時のニチャ付きがある場合(粉はけが悪いと?)どのような不具合が考えられますか? >ohkawa様 成形体はCIP成形した圧粉体です。