• 締切済み
  • すぐに回答を!

切削動力  合成抵抗と理論値について

材料S45C、超鋼スローアウェイバイトにて切削動力実験を行いました。回転数を変えていく実験で送り速度が0.17、切り込み量が2mmです。その結果、 下記のような値がでました。 回転数 主分力 送り分力 背分力 380 300  60   70 555 300  50   60 715 310  60   60 1020 330  70   60 1500 340  80   60 そこで合成抵抗と理論値を求めようとしたところ計算結果がおかしくなってしまいます。詳しい求め方を教えてください。 よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数252
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

>理論値を求めようとしたところ計算結果がおかしく ・理論値とはどのようなものを想定されていますか? ・計算結果がおかしくなったとは,具体的にどのような矛盾や不都合が生じたのですか? ・測定結果の数値は,当然誤差(不確かさ)を含んでいます。  計算結果の矛盾や不都合は,測定結果が誤差を持っていることで説明できる  範囲ではありませんか 余計なお世話かもしれませんが ・単位を明確にしておいて方がいいと思います。    回転数はrpm,主分力以下の力の単位はNですか? ・加工方法は旋削加工のようですが,供試材の径はどれほどですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

しばらくの間忙しく、見ることができませんでした。 無事解決しました。なにやら計算の手順が間違っていたようです。 回答していただいたのに放置してしまって、まことに申し訳ありませんでした。

関連するQ&A

  • 旋削時の切削抵抗について

    大学で切削抵抗および切削動力についての実験を行いレポート作成中なのですが、切削抵抗の3分力について書籍で調べていたところ、『主分力は切削抵抗の大部分を消費する。』『背分力は主分力の約1/3』『送り分力は、3分力中最小で主分力の約1/2』となっていました。これだと背分力と送り分力の関係に矛盾が生じています。実際のところ、切削抵抗の内訳は凡そどういう割合なんでしょうか?

  • 切削と表面粗さについて

    旋盤による切削加工とその表面粗さの関係について調べているのですが 1)幾何学的に求められる粗さ(理想粗さ)について 2)旋盤の回転速度と表面粗さの関係について 3)切削力(主分力、背分力、送り分力)と表面粗さとの関係 について、教えていただけますでしょうか?切削工作物はS45C、工具はスローアウェイチップ、回転数は83r/min~1800r/min、切り込みは1mm、送りは0.2mm/rev 参考となるサイト、図書などももしご存知でしたら教えてください。お願いします。 1800r/minから83r/minの任意の回転数でその他の条件は一緒で切削をして表面粗さを計測した結果、83r/minが一番粗くなく、200から300r/minで最大粗さとなりそれ以上では粗さは小さくなりました。この原因、理由として考えられるのはどのようなことでしょうか??

  • 切削抵抗とは?

    率直に「切削抵抗」とはなんでしょう? 1番切削抵抗が加わる方向の主分力。送りに対する抵抗力の送り分力。工具を押し返す力の背分力。と説明はありますが。 なぜ切削抵抗を減らすとよいのでしょうか? 超音波切削は何故切削抵抗が減るのでしょうか? あまりにも抽象的ですが、宜しくお願いします。  

  • 表面粗さの理論値について

    はじめまして。 早速ですがお聞きします。 新品のチップを使って、主軸回転数970rpm、送り速度0.31、切り込みΦ1mmで切削したところ理論値と値が異なりました。 詳しくお願いします。 材種は超鋼です。

  • S55Cの旋削の切削抵抗について

    大学の研究でMQL法に替わる新しいセミドライ加工方法の研究をしています。 今回簡単なシステムが出来上がったので、その効果を調べるため、S55Cの旋削において湿式・セミドライ・ドライで切削抵抗について調べています。 今のところ湿式・ドライにおける主分力・背分力を計測し終えたのですが、以下の切削条件ではどちらの切削抵抗もほとんど変わりませんでした。 切削条件は以下のようなものです。 ・チップ:CVDコーティングの旋削用チップ ・1.切削速度:150m/min、切り込み量:1.5m、送り:0.2mm/rev  2.切削速度:100m/min、切り込み量:0.1m、送り:0.2mm/rev  3.切削速度:75m/min、切り込み量:0.1m、送り:0.2mm/rev 湿式・ドライに違いがなければ今回作ったセミドライ方法の効果を確かめることができないので、湿式・ドライにある程度の違いが出るような切削条件を探しているのですがなかなか見つかりません。 どなたか何かアドバイスをいただけないでしょうか。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • スイス型旋盤の切削について

    S45Cを切削速度80送り0.05でφ10からφ8.0長さ50mm程度切削しているのですがチップの寿命が400個程度しか持ちません。 切削速度が低い気がしなくもないですが、回転数を上げるのは少し怖くて切削速度80に設定しています。 普通がわからないので寿命が良いのか悪いのか判断できないのですが、みなさまの印象はどのように感じますか? 身内だけでやってる自営なので情報が少なくて、、 気が向いたらぜひコメントください。

  • サイドカッター切削動力

    機械は使いますが計算が出来ないので分かる方のアドバイスを御願いします。 φ100×20枚×巾12mmのサイドカッターを使い、主軸モータ5.5Kwモータ仕様の横フライスで深さ何?程度切削できるでしょうか。切削条件はカッター回転速度90rpm、送り100mm/minです。アドバイス御願いします。 切削条件を追加します。 材料はS50Cとなります。 また、カッタは千鳥刃ですが平刃の場合では切削深さは変るでしょうか。

  • ドリルの切削抵抗について

    ドリルの切削抵抗が計算したいのですが計算式等あれば 教えてほしいのですがお願いいたします。 ちなみに、φ1.7のドリルにて回転数7000rpm 送りF0.02 アルミに穴あけ加工ですが、クランプ力の選定をしたいです。 以前の質問に同じ様な物があり参考資料のURLがあったのですが そのホームページは、表示できませんでした。 よろしくおねがいします

  • リーマ加工

    S45Cの材料でリーマ加工を しているのですが、 メーカーの切削条件をみました。 周速1020 回転数6301270 送り速度30250 送り量0.050.2 上記から単純に、回転数1200の 送り速度200とかで、良いのでしょうか? 計算方法を教えてください。 ちなみに、加工方法は、G81のストレートで 行っていたのですが、 G73のステップ送りの方がいいのでしょうか? 切り込み量は? 初めての投稿になりますが、 出来れば朝から加工したいので、 ご回答、よろしくお願いします。

  • 切削速度の決め方

    自動盤での切削加工で切削速度又は主軸回転数、送り速度を決めるときのポイントを教えて下さい。弊社ではロー付けバイトを使い加工しています。材質、材料径に対する切削速度、送り速度の目安をどうやって決めたらいいのか解りません。まして難削材(316、SUJ-2等)を加工するときは最初どのくらいから始めたらいいのか迷ってしまいます。カタログでのバイトの能力も結構幅が広いので迷ってしまいます。どうか良いアドバイスがありましたら教えて下さい。よろしくお願いします