• 締切済み
  • 暇なときにでも

めっき前の中和処理について、他

般に酸性めっき浴まえの中和処理は酸性液(例えば硫酸約10%濃度など)ですがシアン浴のまえは、青化ソーダ液(約10%濃度)に浸漬は必要でしょうか?(もちろん各処理前後は水洗を行います。) 会社によって有無があるようですが、ご教示お願いいたします。 それからキリンス処理に使用する槽ですが昔は土カメを使っていました今はどんな材質を使用しているのでしょうか? よろしくお願いいたします

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数270
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359

まったくの感覚ですので、あしからず・・・ シアン化物イオンは、活性化する力が結構あるようなので、 中和とかはいらないかなぁと、勝手に思っております。 浸漬すると、逆に表面が荒れそうで怖いです。 青化ソーダに浸漬するよりは、通電可能ならストライクめっきのほうが 効果が高いと思います。 他の方の意見お待ちしておりますm(_ _)m

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

めっき屋さん ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 酸洗後の中和

    鋼の硬質クロムめっき前処理として酸洗(塩酸)を検討していますが、HPで拝見する酸洗後の「中和」とは具体的にどのような処理でしょうか? (酸性?アルカリ?市販液?) 酸洗後 めっき処理までにどうしても2~3日滞留してしまうことがあり、錆対策として防錆剤への浸漬は考えているのですが、中和を行うことで更に防錆効果が得られるのかが知りたいことです。 皆様のご経験からご教授いただければと思います。よろしくお願い致します。

  • 黒染め処理不具合

    自社製品の黒染めを行っていますが、上がってきた製品に茶色のムラがあり、拭き取ると白っぽくなってしまいます。ムラの付き方には色々なパターンがあり、同一のカゴの中でもムラが発生しない製品もあります。 工程は予備脱脂→水洗→本脱脂→水洗→酸洗(リン酸ベース)→水洗→中和→湯銭(85℃)→黒染め(141℃)→水洗→水洗→防錆油になります。 酸洗工程は焼き入れ製品と再染め時に使用します。 前処理の水洗工程時と黒染め処理終了時に水シャワーを使い、次の槽への薬品持ち込みを抑えています。 気になる点は、1回処理量が多い為、投入時の温度変化が大きい事。 槽が大きい為、槽内の温度が一定でない可能性がある。 沸騰の位置が不安定で、体流が一定でないなどです。 材質はS45Cが殆どで、形状により症状が出ない製品もあり原因の特定が難しい状態です。 黒染めの浸漬時間は20分標準です。 宜しくお願いします。

  • ☆★中和反応★☆

    この問題の解き方おしえて下さい。。。 ★濃度のわからない水酸化ナトリウム水溶液30.0mlに、0.25mol/lの硫酸水溶液50.0mlを加えると溶液は酸性になった。この溶液を0.45mol/lの水酸化カルシウム水溶液で中和したところ、16.0mlを要した。 (1)水酸化ナトリウム水溶液に硫酸を加えた時の反応を、化学反応式で表す。 (2)上記(1)の反応後に残っている硫酸の濃度は何mol/lか。 (3)この水酸化ナトリウム水溶液の濃度は何mol/lか。

  • 廃液処理水の再利用について

    いつもお世話になっております。 私は工業用クロムめっき業者に勤めております。 さて、6価クロムを廃液処理した水を再利用して、工場内の水として使用することを考えているのですが、テストしてみたところ、廃液処理した水を使用して鉄鋼材料を水洗すると錆び易いことがわかりました。 この原因としては何が考えられるのでしょうか?(中和で使用している硫酸イオンなどが原因と推測されますが) また、廃液処理した水を鉄鋼材料を水洗して錆びない程度までにしようと思うとどのような方法があるでしょうか? ご教授宜しくお願い致します。

  • 銅めっき液分析(硫酸)

    硫酸銅浴銅めっきを使用していて、硫酸濃度測定の際に0.5N NaOH水溶液を消費します(中和滴定) コスト削減のため、このNaOH量が減らせないかとの意見が出ているのですが、何か方法はないでしょうか? 現在文献に載っていた方法で測定してるのですが、かなり古いものでしたのでもしかしたら違う方法があるかと思い書き込むことにしました。 よろしくお願いします。 <参考>現在の方法 ?めっき液5mLに水100mLを加え、MO指示薬を数滴加える。 ?O.5N NaOHで滴定(現在40~50mL/回使用)

  • 無電解Niめっきにおけるステンレスの不導体化、硝…

    無電解Niめっきにおけるステンレスの不導体化、硝酸洗浄などについて このたびはお世話になります。 先日、各種電解Niめっき(ワット浴、スルファミン酸、st-Ni)処理時に 用いる機器、ヒーターやポンプでステンレス製の材質でも使用可能と 聞きました。 通常は電解Niの場合、チタンかテフロンヒーターを選定し、ポンプはPP製の マグネットポンプを適用しています。 なんでもステンレスはめっき液中で不導体化(主にクロム)し、膜を張るから チタンと同じで大丈夫というような事を聞きました。 硫酸銅めっきでもステンレスでいけるんだ、と同じようなことを聞きました。 自分で調べたところステンレスは濃硝酸に浸漬すると不導体化するという 情報が得られました。また、無電解Niめっきでは濃硝酸で槽壁面に 析出してきたNiを溶かすということを聞いています。 そこで質問があるのですが、 ?ステンレスが不導体化するのは濃硝酸に浸漬した場合以外に、  めっき液に浸漬した場合も不導体化するのでしょうか?  (迷走電流がそのステンヒーターなどに流れる場合、流れない場合で   回答いただければと思います。) ? ?の内容について、めっき液中でも不導体化するということは   各種電解Niめっき液中ではステンレスヒーター・ポンプなどは   さびないのでしょうか?   もしさびるとしても、それが目に見えて出るまで数カ年を要するなど   ある程度長時間使用可能なのでしょうか? ?無電解Niめっき液ではNiが析出した槽に濃硝酸液を投入・循環してやると  Niは剥離されますが、同時にステンレスを不導体化するという目的も  あるのでしょうか? ※ここでいうステンレスは304、316、316Lなどです。

  • 無電解Niめっき後の洗浄

    当方、品物に無電解ニッケルめっきを施しています。めっき後は、温水洗→ドライヤー乾燥で仕上げてます。が、どうも品物の表面に汚れが残るため、温水洗の前にアンモニア水にて予備水洗したところ、乾燥後の表面汚れは、ほぼ皆無になりました。なんとなく、めっき後の品物表面に付着したニッケルめっき液(酸性)をアルカリで中和してとれないかとやってみただけですが、メカニズムがよくわかりません。どなたか、原理がわらる方がおられましたら、御教示下さい。

  • 銅めっきの前処理方法を教えてください

    CrMo鋼に銅めっきをしています。できる限り高品質を確保したいため、前処理を表面研磨のあとアルカリ脱脂を80℃で行い、2N程度の塩酸で中和した後にアセトンで拭くようにしています。しかし試験片を切断して界面を光顕観察すると、黒いコンタミが若干形成されているようなのです。 浴は硫酸銅浴で市販の添加剤を使っています。電流密度は2A/dm2で、めっき中はフィルターポンプで循環させています。 黒いコンタミが何かは未確認ですが、なるべく高品質を確保するための前処理方法についてアドバイスをお願いします。

  • パイプ熱処理材の酸洗処理における不具合について

    機械構造用炭素鋼鋼管(STKM)を冷間引抜し熱処理(N)した長尺パイプ材を 表面スケール除去のため酸洗処理しています。 工程は、希硫酸(15%程,60°)-水洗-石灰中和(80°)-乾燥となります。 最近この作業において、パイプ内面の孔食(ピンポール)や内面錆、 外面の黄変などの不具合が発生しています。 考えられる要因として、酸・鉄分濃度、温度、水洗不足、中和不足などが 挙げられると思うのですが、具体的な原因がよく解りません。 原因と対策を教えて頂きたく思いますのでよろしくお願いします。

  • めっき施設の特定施設としての届出方法

    電気めっきを行う工場で、前処理工程、めっき工程、後処理工程が自動のラインではなく、槽が並んでいて手作業で進める場合には全部まとめて特定施設一つとして届け出ればいいのでしょうか。 http://www.env.go.jp/hourei/syousai.php?id=5000025の表3では第66号特定施設は 「電気化学的に金属のめつきを行なう施設の総体(前処理または後処理工程における洗浄、脱脂、酸洗、中和または水洗のための施設ならびにめつき工程中のめつき浴回収、濃縮、ろ過、酸洗または水洗(フオツグスプレーを含む。)のための施設を含む。)」 とあることから上記の解釈と考えたのですが、事業者によっては槽毎に65号表面処理と66号電気めっきで複数の施設として提出しているケースもあるようです。 正しい解釈を教えてください。よろしくお願いします。