• 締切済み
  • 困ってます

ノック穴の公差について

ノック穴に適用する穴径公差・位置公差について教えてください。 ある図面を眺めていると、ノック穴の公差が以下の通りでした。 穴位置公差・・・基準の点からX-Yにそれぞれ±0.02 穴径・・・φ10H8(+0.022,0) ノックピン・・・φ10(0,-0.014) この指定法だと公差内でもノックピンを介して組み付かないこともあると思うのですがどのような解釈なのでしょうか? 以上、よろしくお願い致しますm(_~_)m 追記です。 みなさんはノックピンを使う穴にどういう指定方法をとっていますか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数7782
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

お考えの通りです。この場合の寸法記入は、 穴間ピッチおよび穴径は機械の加工限界から決めているものと思われます。 ノックピンも特に考えずにh7?を選定しているようです。 そもそも穴がH、ピンがhでは穴間ピッチが0でないと絶対に成立しません。 ただし、部品の加工は公差の真ん中を狙って作るので、場合によっては入ることもあります。これを期待しているのではないかと考えます。 以上。ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私もそれが答えかなと考えてました。 ただ、生産図だったのでほんとにそのような指定方法でOKとしているのか疑問だったので。。あまりよくない図面なのでしょうかね。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

一口にノック穴の交差とありますが、いったい何のノック穴の交差でしょうか。(加工機械は何?) ウチではプレス金型の設計製作をしていますが、ノック穴は交差ウンヌンではなく、ノック(現物)を差し込んで良いか悪いか判断しています。 もちろんノック穴ですから、ノックが入らなくてもNG、がたがたでもNGです。 NC、MCであればその機械に工具を取り付けて、加工して工具を決めます。 ワイヤーならば加工してからデータを集めます。 ちなみにノックというのは+ノックと-ノックとあるのをご存知ですか? 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ノックにも±があるのですね、勉強させていただきました。 ノック穴の公差の種類ですか・・・不勉強で種類があることまでは知りませんでした。。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

> みなさんはノックピンを使う穴にどういう指定方法をとっていますか? こういう場合は、 MMC(最大実体公差方式)を用いるのが通常のやり方です。 詳しくは、JIS B 0023 を御覧下さい。 (解説してたら何時間あっても足りないので・・。) JIS B 0025等も御参考に。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

MMCを使ってらっしゃるのですね、ありがとうございます。 この場合はある程度ピンの寸法はわかってると考えていいのでしょうか。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

穴とノックピンに隙間があると計算値以上に動くので誤差を吸収すると 思います。計算上0.01動く場合でも力を加えるとそれ以上に動くと 思います。 圧入の場合は動かないと思いますが。 自分が治具を作る場合はもっと交差を狭めています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、もっと厳しい公差を指定することもあるのですね。 参考にさせていただきます、ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 2-Φ35H7、深さ40mmのノックピン穴の倒れ…

    2-Φ35H7、深さ40mmのノックピン穴の倒れ公差 2-Φ35H7、深さ40mmのノックピン穴でピッチ公差は760±0.025です。 1箇所の穴が入口より20mm入った処で倒れが0.08mmあり、客先より クレームがつきました。図面には倒れ公差は書かれていません。 こんな時って、まず寸法公差を優先するのでしょうか?それとも幾何公差が 優先されるのでしょうか?また倒れ公差はいくつまでならOKになるのでしょうか?

  • 穴加工時の一般公差について

    一般的な質問で恐縮です。 SS400のワークに、φ10の穴を貫通させる図示なのですが・・・ ・図面 穴径φ10公差なし ・図面中の一般公差表:「6を超え30以下の場合±1.6」と表記 この公差については、穴径に対しても適用されるものなのでしょうか。 適用された場合。φ10±1.6ととってよろしいですか? ご回答お待ちしております。

  • テーパーピンの穴寸法と公差について

    パイプの中に軸を入れてテーパーピンで固定しようと考えています。(ピンが軸の中心を通ってパイプと軸を貫通する状態です。)テーパーピンの寸法はJISでわかりますが、穴側の寸法と公差(どの位置を基準寸法にするのか)及び図面指示がよくわかりません。ピンを打ち込んでガタが無い状態に組み付けたいと考えています。 ピンはφ5またはφ6(SUS)、軸外径はφ17(SGD400)、パイプの肉厚は3mm程度で考えています。 よろしくお願いいたします。

  • 幾何公差の入れ方

    面をデータムA,丸穴B1,C1-長穴B2としてデータムB・Cをとったとき,基準の丸穴に位置度公差を指定した場合は何を意味するのでしょうか? またその基準穴に位置度公差を入れたとして,最大実体公差(M)を指定した場合はどういう解釈をすればよいのでしょうか? 御存知の方いらっしゃいましたら,御教授ください。 宜しくお願い致します。

  • ノックピン穴加工のピッチ46mm公差0.02が出…

    ノックピン穴加工のピッチ46mm公差0.02が出ません 初めて質問します。よろしくお願いします。早速ですが、安田製YBM-8120V縦型マシニングセンタで材質FC200の加工をしています。対象ワークの形状は、厚さが24mmで径がφ56mmのほぼ円柱型になっていますが、底に約5mmくらいクランプ用の耳が2箇所ついています。そこをクランプしてノックピン穴 2-φ6H7 貫通 ピッチ46±0.02を加工します。ノックピン穴のすぐ真横にクランプをするのと、穴と鋳肌(外径)までの距離が1.72mmしかないというのが問題かもしれませんが、約10%の不良率が出ており大変困っています。不良には傾向があり、裏側(クランプしている底面側)のピッチが0.020.05広がり、狭くなることはありません。いろいろ改良を加えて、現在のノックピン穴の加工方法は、 ?90°センタードリル深さ3.5 ?φ5.6超硬ドリル貫通 ?φ5.95ボリング貫通 ?給油 ?φ6H7リーマ貫通 という具合です。素材の問題、加工方法、クランプ方法、何でも結構ですので経験談、アドバイス等お待ちしています。

  • 切削品の普通公差の適用について(JIS B 04…

    切削品の普通公差の適用について(JIS B 0405) 以前から普通公差の適用についてわからないものがあり、質問してみました。 タイトルの普通公差(中級)で、例えば製品に5つの穴が並んでいて、 その両端の穴が基準のピン穴になっており、他の3つは普通の穴です。  -●-○-○-○-●- ←こんな感じです。 両端の基準穴で原点を採り、真ん中の穴の測定をします。 その測定結果の穴間の距離(横方向)は問題なく適用できますが、 0の線上(縦方向)の位置ずれが見られる場合、良否の判断は どのようにすればよいのでしょうか? JISには0.5以下の寸法には個別に…、とありますが当然0の基準線上なので 公差は書かれていません。 今回の穴位置に限らず、0の基準線上にある面・線等についても同様の 疑問を抱いています。 よろしくお願いします。

  • キリ穴の穴径公差

    加工は素人の購買担当者です。宜しくアドバイス願います。 外注業者に機械加工品を注文しましたところ、図面でφ5キリ と指示のある 穴がφ4.8~φ4.9で加工されておりました。 図面では 「特に指示なき普通寸法差は下表(JISB0405)による」と記載あり、φ5の場合は+-0.2mmとなっております。 設計者曰く、「φ5のドリルで穴をあければ、(ちゃんと管理されたドリルなら)φ5より小さくあくわけが無い」との主張ですが、図面に前述のように、 公差+-0.2mmとうたっているので、φ4.8~φ4.9は公差内では とメーカーに 言われるのではないかとも思います。 一般的に、φ5キリ と図示してあり、かつ前述のような公差表も載せている場合、キリ穴の径がφ4.8~φ4.9というのは合格・不合格どちらになるので しょうか。ご意見をお聞かせ願います。

  • 同じ中心線上に存在する公差穴に対しての位置公差

    同じ中心線上に存在する公差穴に対しての位置公差(芯ズレ)を、私の場合穴公差域を中心線からの位置の公差域として考えていましたが、当社の設計から『そんなものはJISには明記されていない、どこにそんなことが表記されているのだ?』との言い回しに、中心線から発生している公差域を持った円がすなわち穴公差であって、直径に公差域があるのだから当然中心線からの半径にも公差があるとのやり取りでしたが、平行線のままです。 このままでは品質保証の根幹も変えなくてはいけません。誰かいい答えがあれば教えてください。  この質問に回答してくださった方々ありがとうございました。 私自身、回答者様とのやりとりのなかで深く考えた結果、答えとしてでてくるのは、『発注者を知る!』ということです。  JISはおおまかな基準にしてもいいが、発注者の組織における特別法を認識しなくてはいけないということと、加工部品の機能を知るということでした。 JISに沿って全部の図面が整理されれば受注者はある程度楽できるかもしれないし、逆に作図には手間がかかってしまうかもしれないし、なんとも複雑です。 この質問に関しては、グレーの部分が多く残っておりスパッと納得できないものなのかなと感じています。

  • ノックピンを抜く方法

    プレス 曲げ型の 製品ガイド位置決めピンに Φ4のノックピンなどを使いますが、 ダイにΦ4リーマ加工をして 貫通していますが、 その位置の下ダイセットには穴を開けてはいない場合 ノックピンをダイに金づちで入れたあとに ピンの経調整などで  抜かないとならない場合に 抜く いい方法はございませんか? ダイセットには穴をあけていないから裏から叩く事が出来ません。 抜くいい方法がないのでしょうか? トライの時に ノックピンを ペンチで挟んで引っ張ると抜ける位に ゆるく入れる位しかないのでしょうか?  ある程度ピンを入れないと ピンが垂直になっていない事も考えられるので、 たたくと 今度は抜けません。 よろしくお願い致します。

  • 溶接時の位置決め用の穴の精度

    大きなプレートに突起物を溶接した製品を考えています。 その際にプレートに突起物の位置決め用の穴をあけ、突起物を溶接する際、穴を通して位置ズレがないように溶接するのですが、その時の穴と突起物の寸法公差をどの程度指定すべきか悩んでいます。 狂いの大きい溶接作業だから、下手に寸法公差を指定せずに同じ径を図面に記入しとく方がいいのでしょうか? ご意見を聞かせてください。