• 締切済み
  • 困ってます

SU304溶接による磁化

SUS304厚板(16mm)をD316L溶接棒を使用し、溶接していますが、溶接部近傍は磁化し磁石が引っ付きます。 これはマルテンサイト変態を起こしているのか、フェライト金属が付着するのか、磁化するメカニズムが分かりません。どなたか教えて下さい。 また消磁する場合は、固溶化熱処理で可能ですか。 最後に304ステンレスを溶接する限りは、磁化は避けられないのでしょうか。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数719
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

・溶接材料には高温割れ防止のためにデルタフェライトが数パーセント含まれています.このデルタフェライトが磁性の原因です.よって,デルタフェライトが含まないインコネル系の溶接材料を選択すると磁性は発生しません. ・マルテンサイト変態ですが,通常,冷間加工によって磁性が発生します.これは加工誘起マルテンサイトといわれます.曲げ加工したものや表面をハンマーリングした場合に母材であっても磁性が発生します. ・固溶化熱処理によって脱磁できるかは不明ですが,溶接金属中のデルタフェライト量が変化しないので,脱磁はできないとも考えられます.極端な対策としては,デルタフェライトがσ相に変化するまで熱処理をすれば,磁性は小さくなると思われます.(現実的なやり方ではありませんが...)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

溶接部がマルテンサイト変態するので磁性を持つのでしょうか。 全てのステンレス溶接に当てはまりますか? につきましては材料専門ではないのでよくわかりませんが、溶接部を何度も金属顕微鏡で見ていますが針状組織が出てきます。 絞りとかプレスされたステンレスも熱処理前は見事に磁石につきます。顕微鏡で見てみますとマルテンサイトが出てきています。 マルテンサイト変態の関係と思います。 オーステナイト系のステンレスは溶接なり強化工をすると、大なり小なり同様で磁性を持つと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

ちょっと疑問があります。 私は304を溶接する場合は棒は304か304Lを 使用しています。 なぜ成分が違う棒を使用するのかが わかりません。 消磁には脱磁処理という方法もあります。 ただの参考です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

溶接による鋭敏化を防ぐ為には304Lを使用しますが、今回非磁性を望み316の選択をしています。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

溶接部はマルテンサイトになっています。顕微鏡で見れば針状組織になっています。 固溶化熱処理すれば消磁するはずです。なお固溶化温度1050℃以上で板厚1mm当り3分以上キープしてください。板厚10mmですと30分以上です。(1時間くらいキープしたい)もちろん急冷です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

熱処理条件を参考にします。 溶接部がマルテンサイト変態するので磁性を持つのでしょうか。 全てのステンレス溶接に当てはまりますか?

関連するQ&A

  • 焼き割れのメカニズム

    焼き入れした後の焼き割れのメカニズムはマルテンサイト変態によるのでしょうか? つまり 高温焼きモドシの場合の水による急冷の場合はマルテンサイト変態をしないから 水で急冷しても割れないということですか?

  • SUS321の磁化について

    ステンレスの丸棒にネジ穴を開けて、ある寸法に切断し、鉄板に溶接を行った所、磁石がステンレス材にくっつく現象が出ました。 文献を調べた所、ステンレス材を曲げたり、絞ったり熱したりの加工を加えると残留応力により磁化する事が有ると書かれていたました。 しかし、使用している材質がSUS304で同じ加工をしても同じ現象にはなりません。SUS321では磁化しやすくて、SUS304では磁化しにくい、何らかの要因が有るのでしょうか?

  • SUS304の熱処理と磁性について

    SUS304について教えてください。 SUS304を旋盤加工した後、応力除去のため熱処理をしています。 熱処理は900±10℃の炉に2時間入れた後、炉冷しています。 SUS304は非磁性材料として利用したいのですが、加工誘起変態によりマルテンサイトに変わる可能性があることは承知しています。 この熱処理条件でマルテンサイトに変態する可能性はあるでしょうか? SUS304の固溶化熱処理では1010~1050℃に加熱後、急冷というのが 一般的のようです。

  • マルテンサイト変態 sus304

    応力依存によるマルテンサイト変態を起こすsusで細くて堅いものをご存知でしょうか。

  • 鋼のマルテンサイト変態に関する質問です。

    鋼のマルテンサイト変態に関する質問です。 マルテンサイトに変態すると何故、硬化するのでしょうか? 結晶粒微細化、侵入個溶体が影響しているのでしょうか。 その他の要因も考えられます。 もし、複数の要因があれば、どの程度の割合で効いているのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • SUS304溶接後の固溶化熱処理

    材質:SUS304 外径:965.2mm 板厚:25.0mm 上記の溶接鋼管をメーカに発注したところ、 長手継手を溶接後、固溶化熱処理を施工すると連絡ありました。 しかし、過去に同メーカの別工場で製作した製品には 溶接後の固溶化熱処理は施工されていませんでした。 この場合、固溶化熱処理の施工を許可しても良いのでしょうか? また、オーステナイト系ステンレス鋼の溶接後の 固溶化熱処理の要否はどのように判断したら良いのでしょうか?

  • ステンレス鋼の加工誘起マルテンサイトについて

    ステンレス鋼の加工誘起マルテンサイトについての質問があります。 いくつかあるのですが 1,ステンレス鋼SUS304を溶体化処理した後に表面を旋盤などの工作機械で加工する、または、切断する等の場合でもマルテンサイトが発生しますか? 2,加工誘起マルテンサイトにもαマルテンサイトεマルテンサイトがあるらしいのですが違いについて教えてください。 3,αマルテンサイトは体心立方が面心立方に相変態するので発生するらしいのですが、εマルテンサイトはどういうメカニズムで発生するのですか? 本当に困っているので回答よろしくお願いします

  • ステンレス鋼の応力誘起マルテンサイトについて

    ステンレス鋼の加工誘起マルテンサイトについての質問があります。 いくつかあるのですが 1,ステンレス鋼SUS304を溶体化処理した後に表面を旋盤などの工作機械で加工する、または、切断する等の場合でもマルテンサイトが発生しますか? 2,加工誘起マルテンサイトにもαマルテンサイトεマルテンサイトがあるらしいのですが違いについて教えてください。 3,αマルテンサイトは体心立方が面心立方に相変態するので発生するらしいのですが、εマルテンサイトはどういうメカニズムで発生するのですか? 本当に困っているので回答よろしくお願いします

  • SUS304 固溶化熱処理

    SUS304で固溶化熱処理したものを使用したいのですが、固溶化熱処理していないものと、しているものの流通性は違いますか? 今までは固溶化熱処理していないものを使っていました。φ15×271とt5×22とt5×30の溶接構造です。 又、固溶化熱処理しているとJIS規格の引張強度があるみたいですが、していない場合は、どうなるのでしょうか?

  • ステンレス鋼の鋭敏化について

    素人な質問でなんですが、オーステナイト系ステンレス鋼の問題点として必ず鋭敏化の話が出てきます。 600度くらいで徐冷した際に粒界近傍のCrが炭化物となり、粒界付近のCr濃度が下がって腐食してしまうとの話ですが、 その理屈でしたらマルテンサイト系やフェライト系でも(たとえ温度は違えど)Cr欠乏層ができる鋭敏化は起こると思うのですが ステンレスや熱処理の本を見てもオーステナイト系の話しか出てきません。 マルテンサイト系やフェライト系では鋭敏化のような現象(Cr炭化物生成→粒界付近のCr欠乏層生成→腐食)は 起こるのでしょうか?