• ベストアンサー
  • 困ってます

SUS304ねじ込み管継ぎ手とSUS304パイプ…

SUS304ねじ込み管継ぎ手とSUS304パイプは溶接できるのでしょうか キッツやイノック製ステンレスねじ込み管継ぎ手(エルボやチー等) の材質はSCS13Aとなっていますが、これらとSUS304溶接管は通常の TIG溶接で溶接できるのでしょうか。 もし出来たとして、強度上の問題などが生じますか。 ご教授宜しくお願いいたします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数315
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

SCS13AとSUS304の成分はほぼ同じです(jisの規格上)ので溶接には特に問題はないかと思います。 ただし継手のSCSは鋳造品ですので管のSUS304に比べ組織がちょっと違うかもしれません(メーカーはそこらへんはきちんと造ってくれていると思いますが) ですから溶接は可能(普通にやってもらっていますが)だと思います。 回答1の方が言われているような問題点と溶接で熱がかかり組織が変化しそのため腐食するというようなことはあると思います。 組織変化での腐食はSUS304同士でもおこりますけどね。 底まで気を使わないといけない部品なら溶接後固溶化処理をするとかしないといけないと思います。(私の所はそこまで気を使いませんけど) 回答にも書きましたが、SCS13AとSUS304の成分はほぼ同じですが。 通常の鉄(たとえばS50C)と鋳物(たとえばFC250)では炭素量が大きく違っています。 それに組織自体も大きく違ってS50Cとかはパーライト+フェライトですが、FC250はセメンタイトが多く含まれて居ます(手元に資料が無いのでだいぶいい加減なことを書いていますが、組織が著しく違うのは確かです)また溶融温度も違います。 極端なことを言えばまったく別な金属(合金)だと思っていいと思います。 鉄鋳物でも炭素量の低いもの(この場合は鋳鋼といいますが)とS50C等は溶接できると思います。(S50Cくらいだと溶接熱で焼きが入るためあんまり溶接はしませんが) 鋳物がどんなものかとかは、いろいろ調査して勉強してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 やはり溶接はできるのですね。 ところで、鉄の鋳物のねじ込み継ぎ手と鉄のパイプはうまく溶接できないようですが、ステンレス鋳物と鉄の鋳物では何が違うのでしょうか? もしわかるようでしたら、お教え願えませんか。 宜しくお願いいたします。 追記いただき有難うございます。 鉄といっても、炭素量のちがいで別の合金と考えればよいのですね。 納得しました。 鋳物についてはまた勉強させていただきます。 詳しい説明本当に有難うございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

SUS304は鉄にマンガン、炭素、ニッケルを加えたものです。 従って、通常の鉄より、耐性があります。 所が、それを溶接で接続する場合、 鉛(Pb)で繋げる事は問題があると思います。 使用環境が分かりませんが、 溶接するよりは、 フランジ付きのSUSか 径を変更する場合は、ねじを切り、レジューサー等で 径を変更。 が良いのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございました

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

継手材質がSCS13Aということは全く知らずに、平気でTIG溶接をやっていました。 対象流体は海水ですが、特に問題はないようです。 ただし、電蝕や部分腐蝕が長期間にわたり問題となる部位では、できるだけネジ込みがよいのではないでしょうか。 私たちの場合、機器組み込み配管で仕上り寸法に制限が多いため、例えば吋半(40A)のエルボやチーズに2吋(50A)のニップルを溶接したりすることが多いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

溶接が出来るということがわかり一安心です。 有難うございました。

関連するQ&A

  • 配管継ぎ手

    50Aくらいまでのステンレスパイプ用の継ぎ手のことでお尋ねいたします。 ねじ込み式や溶接式でなく もっと簡便な 例えばワンタッチ式のパイプを継ぎ手に差し込んで連結するような 継ぎ手はないでしょうか? もしそのような継ぎ手を作っているメーカーがありましたら ご教示ください。

  • sus310とNAR-AH-4の異材溶接の割れに…

    sus310とNAR-AH-4の異材溶接の割れについて NAR-AH-4(オーステナイト系ステンレス 2t)でパイプ作製(半割れ溶接 溶接棒はwel tig AH-4使用) その後SUS310のブロックに溶接棒(WEL TIG 82) でtig溶接で内巻き溶接したところ溶接部のいたるところから割れが発生してしまいました。修復しようと割れ部分を削りとってもう一度肉盛りしましたが同じ結果になってしまいます。溶接棒が間違っているのでしょうか?また、この製品を修復する方法はないでしょうか?

  • パイプ柵エルボ

    公園のブランコの周りに設置されているパイプ柵です。32Aパイプ 出入りはエルボ、中間部はチーズ、コーナー部はエルボ+90度下向き下がり 3方向継ぎ手の構成にて手摺になっていますが、その中でコーナー部の3方向継ぎ手の購入先が判りません。鋼管配管関係、溶接用エルボ等で探して 観ましたが見つかりませんでした。公園施設、公園遊具関係だと思われます が伝がなく困っています。お判りの方がいましたら至急お教えください

  • 【TIG】パイプ付き合わせ溶接時に曲らないための…

    【TIG】パイプ付き合わせ溶接時に曲らないための手順 皆さんお世話になります。 sus304 t1.2x38mm のパイプ(ストレートとエルボ、切口90°)のピースを付き合わせで加棒tig溶接(バックシールド)を行い組立てます。形はバイクのマフラーのようなイメージです。 現在は角度を出しながら点付けのみで長さ500mm程まで繋ぎ合わせました。完成の約5分1の程でしょうか。 溶接はパイプ全周溶接で10箇所です。 ポジショナーはありません。 ここに来て疑問に思ったので質問させて頂きます。 点付けで形を完成させた後本付けなのか、ピースを一つづつ全周溶接をして歪みを考慮しながら角度を決めて進めていくかという事です。 完成品の両端は可能な限り任意の位置からズレないようにしたいです。 このような繊細な作業は慣れていないため悩んでおります。ケースバイケースでやり方は複数ありそうですが、一般的な手順としてはどのようになるでしょうか。

  • SUSパイプの先端加工について

    初めて質問します。 SUSパイプやインコネル管のパイプの片方の端を 試験管の様な形に丸く封をする様に加工したいのですが、インターネットで調べても出てきません。 多分溶接で付けると思うのですが。 材質はSUS304やインコネル管 t=2.0~3.0程です。 短尺の物なら出来る所はあるようですが、1m程にもなるとちょっとねぇ・・・という感じです。 使用方法は保護管として使おうかと思っています。 どなたか加工してくれる会社をご存知無いでしょうか? 宜しくお願いします。

  • Tig溶接

    Tig溶接に関して困っています。 今度、ロボットを入れパイプの溶接を行うのですが、作業エリアが狭くフィラーを使えません。 作業内容は、バーリングにパイプを差込みパイプの端面てはなく、胴側をTig溶接するという内容でフィラーを使わないとくびれてしまい強度に問題が出てしまいます。 そこでOリングをセット時にはめ込みそれをフィラーの代わりにしたいと思うのですが、材質SUS304 内径D6.0 t2.0 のOリングはどこで手に入れられますか? それかそれ以外に良い方法は有りませんか? ご教授願います。

  • ステンレスパイプの溶接

    ステンレスパイプ(DIA20mm 多分SUS304と思います)を重ねて溶接したいのですが 半田で溶接できますか?

  • SUS420J2とSUS304の溶接について

    タイトルの通りですが、  SUS420J2とSUS304の溶接は可能でしょうか?  溶接することにより、どちらかの材質の強度が極端に低下するとか考えられるのでしょうか?  また、SUS420J2とSUS630とSUS630とSUS304の溶接について、お願いします。

  • M14用SUS平ワッシャに、φ1のSUS針金を溶…

    M14用SUS平ワッシャに、φ1のSUS針金を溶接したいのですが。 M14用SUS平ワッシャに、φ1のSUS針金を溶接したいのですが可能でしょうか? [仕様] 安く作りたいので、ワッシャーに穴加工はしない。 500℃以上にさらされるので、ロウ付けは無理と思います。 溶接取付精度は±1mmの範囲です。 強度的には点付け程度で、平ワッシャーに3本の針金で脚を付け、 立たせる感じの物です。 M14なので、案外小さな物で、60個ぐらい作りたいです。 何溶接なら可能でしょうか? Tig溶接なら針金が溶け切れるでしょうか? なにか、良い加工方法、溶接方法ありましたら教えてください。 宜しくお願い致します。

  • sus溶接エルボの精度?

    ここを見つけて初めて書き込みます、修行僧です。 sus磨き溶接エルボとsusパイプをつなげて手摺や格子等を製作しているのですが、このエルボの径(精度)に大きいもので0,6mm 程度のばらつきがあるので、仕上げてもその違いからどうしても繋ぎ目が 目立ってしまい困っています。この様な物なのでしょうか?だとしたら どの様な施工をすれば良いのでしょうか?アドバイス頂けないでしょうか。  ちなみに現在使用しているメーカーはスチ@ルです。