• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

左ネジが使われる理由.

例えば、扇風機のプロペラを止めるネジは左ネジが使われています.モータ軸の回転方向は風下から見て時計回りです.恐らく、緩み防止対策と思いますが、どんな理屈で左ネジが使われているか具体的に教えていただけませんか? また、モータ軸とプロペラ間のバックラッシュに関係があるのでしょうか? 自動車のホイル部にも左ネジが使われていると聞きました.この場合、扇風機と異なり、ホイルは右にも左回りにも回転します.左右どちらが左ネジなのでしょうか?また、その理屈を教えていただけませんか? また、タイヤのハブ(スプライン伝動)をボルト1本で軸中心に締結する場合、 にも同じ考え方で良いでしょうか?

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数18604
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359

扇風機の羽根の回転方向が向かって右回転だとします。 羽根の締め付けボルトを固定した状態(スパナなどをかけて保持している)で 回転軸を回転方向(羽根が回る右方向)に回すと 右ネジだとボルトがゆるんでしまいますが、 左ネジだと自然と締まっていきますよね。 回転軸の軸芯でモノをボルトやナットひとつで固定する場合は 駆動がかかった瞬間に締め付けがゆるむのを防止するために 取り付けボルト、ナットを回転方向に回すとゆるむように設計されている場合がほとんどです。 自動車のホイールの締め付けは通常4本以上のボルトで 締め付けされていますので左ネジではありません。 F1などの一部の競技車両は1本締めですが 実車を確認したことないので判りかねます。 一部のオートバイで1本締めの場合おおむねホイールの前進回転方向に ナットを回すとゆるむようになっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々に回答ありがとうございました. 始動時のプロペラの慣性を考慮すればよいということですね? つまり、プロペラは止まっている状態を続けようとする. 同じ原理で考えれば、車軸も進行方向右側が左ネジでよいということになります.

関連するQ&A

  • 左ネジ

    昔乗っていた、マツダボンゴは左側(助手席側)のホイールナットが、 左ネジでした。 現在も、大型トラックは同様、左側は左ネジだそうです。 扇風機のように、回転軸の真ん中で固定なら、わかりますが、 ゆるみ止めの、メカニズムが?です。 ナットは、車軸を中心に公転していますが、 この場合も、左側はナットが、左に回ろうとする? メーカーが、やっているのですから、効果有りでしょうが、 私の頭ではいくら考えても?です。 自転車の左ペダル、グラインダーの砥石固定ナット等は、 わかりますが。

  • 扇風機のファンの取り付けのネジが逆向きの理由

    扇風機のを組み立てる時に、ファンを止めるネジは通常と逆の方向に回します。これは何故でしょうか。以前は、ファンが回る時にねじが緩んでしまうのを防ぐため、と聞きましたが、それならばファンのねじり方向とモーターの回転を逆向きにすればいいのでは、と思うのです。 よろしくお願いします。

  • ネジとナットの緩み防止について

    ネジとナットの緩みについて質問があります。 現在、モータの評価をしているのですがモータのブラケット(外郭)の上下合わせをネジとナットで行い、間だに座金とバネ座金を入れて緩み止めをしています。 使い方としては問題無いと思うのですが、振動試験の前後で回転トルク(緩んだ時点でのトルク)を比較したところ 試験前:0.6Nm ⇒ 試験後:0.5Nm に減少しておりました。 全く緩ませないという事は出来ないと思うのですが、果たしてこのトルクで問題が無いかどうかの基準が当方で判らないため判断に困っております。 例えば、ネジの呼び径とナットに対しての最低回転トルク等の規定がありましたら教えて頂きたいと思います。 また、その他にお気づきの点がありましたらご教授頂きたくお願い致します。 質問をした後に気づいたのですが、試験前の締め付けトルクも調べておかなければならなかったのかもしれないと。。。。 実際は、調べてなかったので、なんともかんとも。。。。。 ちょっと日を改めて、再試験が必要かもしれませんね。 まだまだ、未熟でした。 ただ、何かアドバイスありましたらお願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#230359

Y社製のバイクの右側バックミラーは左ネジです。右側に転倒したとき、右ネジだと締まる方向に力が掛かりネジ切れてしまいます。左ネジだとゆるむ方に力がかかるので破損防止です。もちろん、左側のミラーはおなじ理由で右ネジです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました. 緩み防止以外にも破損防止にもつかわれるのですね!?

  • 回答No.2
noname#230359

自転車のペダルの左足側は逆ねじを使ってクランクにねじ込まれています. また,クランクの軸(ボトムブラケット)にも逆ねじが使われています. (こちらは確か右側?) 細かい理屈はわかりませんが... ペダルを踏み込むと締まっていく方向にねじが切ってあると習いました. ご参考 http://kashmir.dnsalias.net/doc/rscrew.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました. こんなこと所にも緩み防止の対策が講じられているのですね!?

関連するQ&A

  • プロペラの風洞実験

    プロペラの風洞実験に関する質問です。 地面に固定されていてモーターで回転するプロペラを、その回転面に対して垂直な方向から見たとき(つまり回転するプロペラを横方向から見たとき)を考えてください。 いま、左(プロペラ前方とする)から風が流入したとします。そのときプロペラは左から右に力を受けると思うのですが、この力と大きさが同じで逆向きの力がこのプロペラが生み出す推力と考えていいのでしょうか?? また推力係数なるものが上述した推力によって計算で求まりますが、この推力係数って負の値って取るのでしょうか? 教えてください。よろしくお願いします。

  • サイドスラスト?

    こんにちは。物理的法則を勉強しています。 下記の飛行機は、プロペラ軸が左に傾いています。(写真の目線で) この場合、プロペラの回転方向は、同じく写真目線で、左回り(反時計回り)ということでしょうか。 http://ksa.axisz.jp/RC32-23.jpg

  • ナットの緩み防止について

    ナットの緩み防止について質問いたします。 現在下のマンガ(?)のようにダブルナットでシャフトに10個のロールを固定しています。シャフトの回転方向は右側より見てCCW(反時計)方向で右側の右ネジはM50、左側の左ネジはM55です。  軸端面        右ネジ   |||     ロール  左ネジ 最近、客先で右ネジだけが緩む不具合が多発しています。この設計の前は2個のナットとも右ネジを使用していたそうですが同じくナットが緩む不具合が発生し今の設計にしたとのことです。私は入社半年で、この構造は今は退職した前任者が設計したものです。 ここで質問 1、現在の構造は問題がある(おかしい)と思っていましたが、他にナットの緩み防止の方法を教えてください。   但し、このナットはメンテでよく客先で分解するところで、特殊工具や複雑な構造は避けたいと思っています。 2、今回緩んだ右ネジは締まり勝手になっているのに緩み、左ネジは揺るみ勝手になっているのに緩まなかった原因がわかりません。駆動方法は動力用モータを使用し、ブレーキは使用しておらず加速度は大きくありません。 以上よろしくお願いします。

  • モーターの選定

    下記の構造の機械を製作したいと思っています。 ・扇風機のようにモーターでプロペラを回す。(一定の速度) ・羽にブラシを着け、ブラシをネットに押し付けつつ回転させる。  (ネットは金属製で、付着したゴミを清掃するための装置です) マサツによる負荷トルクは5.88〔Nm〕です。 羽根(プロペラ)の直径は400〔mm〕です。 自分ではモーターはマブチモーター、シンクロナスモーターを検討しています。 どんなモーターかつ性能はどれくらい必要かを教えていただきたく思います。 よろしくお願いします。 補足します。 羽根の回転数は1000~2000〔rpm〕程度 また、回転数は一定で考えています。(可変しない) 電源はDC24Vです。 耐水、防塵要求は必要です。 情報不足ですいませんでした。 よろしくお願いします。 さらに補足します。 負荷を追加した状態での回転数は100〔rpm〕ぐらいまで小さくなるかと思います。 またACでも対応可能です。 (できればDCの方が接続しやすい) たびたびすいません。 よろしくお願いします。

  • 1Vを12Vにするには

    マブチモーターRS540SH(限界電圧12V 適正電圧7.2V 適正負荷19.6mN・m(200g・cm) 無負荷回転数15800r/min 適正負荷時の回転数14000r/min 適正負荷時の消費電流6.0A シャフト径3.17mm) 風車みたいにモーターにプロペラをつけ、扇風機で回して出力を測ったところ、1Vしかでませんでした。 どうにかして12Vにできませんか?

  • 自転車の逆ネジの理屈を知りたい

    ただ単に記憶が悪いからなのですが、自己理屈で失敗します。 左ペタルをメンテする時=乗車中 ベアリングが壊れて回転が渋くなった時を想像、クランクに対して「ゆるまないで締めこむ方向は右回りだから.........と思いきや逆ネジです」 BBでは左ワンを締めこんでガタを取ろうとする時「シャフトの回転から逆ネジが(連れて回っても)緩まないと思いきや、右ネジです(逆ネジは右ワン)」 自分の理屈付けが見当違いらしいのですが、理屈ありましたら教えてください。 チェーンを付けたままペタルを付ける作業の時はクランクを逆回転させて取り付けられる現状は便利ですが。

  • 扇風機の回転軸が回らなくなった

    扇風機のモーターのコイルを覆っている鋳物枠が壊れたため、修理に必要な部分をバラし修理後、再度組み直しをして運転スイッチを入れたら、バラす前に回転していた回転軸が回転しなくなってしまいました。前後2つのコイルをくっつける枠のネジを抜いた状態で、うなり音や振動がすることがあります。首振りは正常です。組み直しに問題はなかったと思うのですが、前後2つのコイルの枠を外したり、回転軸を抜いたりはしました。 直る方法がありましたら、どなたかお知恵をお貸しいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

  • 教えてください☆

    教えてください☆ 現在、東芝自動電気洗濯機AW-60GCを使っています。 今朝、洗濯をしようとして少し多めに洗濯物を入れました。 給水が終わり洗濯機が回り始めたのですが… プロペラ?に異変が… 左回りは回るのですが 右回りしません。 中の洗濯物・水が一定方向にしか回らない症状です。 モーター音の用なのは聞こえます。 焦ったので電源を切り手で回してみましたが同じでした。 一方は固く回らない症状。 仕方無く脱水にし洗濯槽の水を抜きました。 抜いている間にプロペラを 手で回してみたら 両回りともスッと回りました。 直ったかと思い 洗濯槽の洗濯物を 半分程にして 抜いた水の分を 追加。(一旦電源OFF) 再度、回りはじめましたがまた同じような症状がでます。 エラー表示はありません。 同じようにして また回りはじめました。 今は調子良く 左右回転で 回ってます。 これらの原因は なんでしょうか?

  • 低速回転時30から70RPM時のタイミングベルト…

    低速回転時30から70RPM時のタイミングベルト選定について タイミングベルト選定で困っています。 低速回転時(3070RPM)時の、タイミングベルト(ウレタンのT10)の選定は実際どのようにすればよろしいのでしょうか? 条件としましては、 最大トルク(トルク制限機能付き)16.7[Nm]のサーボモーター軸にT10の40歯(127.32mm)のプーリーがあり、34RPMで回転しています。従動側は24歯(76.39mm)で増速しています。アイドラは緩み側の内側から24歯であてています。 負荷は24時間運転の軽過重ベルトコンベアとします。 負荷側の実負荷トルクはバネバカリで図ったところ、直径43ミリに対して動き出すのに2kgfかかりました。このことから実負荷トルクは 0.4[Nm]と計算できますが(これは正しい?)、最悪の可能性を想定してモーターは最大トルク16.7[Nm]で運転せざる終えない状況と仮定します。(出力が大きいモーターを使用しているのは別の負荷も同時に動かしているからです) このばあい、ベルトに掛かる伝達張力(有効張力)は、U=(2×1000×16.7)÷(127.32)=262.33[N] となり、この張力に耐えうるベルトを選定すればよいと思うのですが、 これは正しい方法なのでしょうか。今ひとつわからないのは、この式では回転数が加味されて いないので静的な引っ張り合いのみなので心配です。 さらにこの条件で伝達中に必要な張力262.33[N]がわかっても、T10タイミングベルトにおける 許容張力値がカタログからはわからないの場合はどうやればよいのでしょうか。選定したメーカーのカタログでは基準幅あたりの伝動容量[W]と歯数と回転数を元に伝動容量が判る表になっていますが100RPM以下は記載されていません。また、仮にこの低速回転での伝動容量が判っても、以下の式     U=(19.1×10e6×P[kW])÷(ピッチ円径[mm]×回転数[rpm])で、有効張力を求めてこれをそのまま先の結果262.33[N]と比較してよいものなのかわかりません。(こちらの式では回転数も含まれるから) 結局のところ判らない事だらけなのですが、教えていただきたいことは、低速回転時のベルト計算の方法として、上記の手法でよいのか(回転数は無視した引っ張り合いによる)と上記条件下で必要なT10の幅を計算する方法です。 よろしくお願いします。

  • ヘリコプターに関してです。

    ヘリコプターに関してです。 以前、ヘリコプターのメイン・テールローターの関係を教えていただきました。ありがとうございます。両者の関係に関してはだいたい理解できました。 ここでギモンが湧いてきました。 メインローターが右回りなら、機体は作用反作用の法則で左回りになります。 左回りの機体の動きを打ち消すために、テールローターに働きで、右側から風を吸い込み、機体に当てることにより、機体を左回りに動かす働きを打ち消すと考えられます。 ギモン1 この場合は機体は左回りなのでテールローターは機体の右側から風を吸込み、機体に当てる働きが必要です。 テールローターは逆、つまり機体の左側から風を吸込み、左回りする機体をさらに加速させてしまう事はないのでしょうか。 ギモン2・シロウト考え1 メインローターが右回り→機体は左回り→機体を安定させる風が右から必要、メインローターが左回り→機体は右回り→機体を安定させる風が左から必要の2通りが考えられます。 私のシロウト考えですが、テールローターがメインローターが右、左のどちらに回るかを認識して風を吸込む、吐き出す方向を判断しているとは思えません。 テールローターが回る時、左右両側から風を吹き込み、左右両側から風を吹き出す事が可能で、メインローターが左右どちらの回転でも機体を安定させることが可能としか思えません。 追加シロウト考え2:もしそうだとすると、飛行機のプロペラも同じように前後から風を吸込み、前後から風を噴出していることになり、推力にはならない気がします。 と考えると、やはり、テールローターがメインローターが右、左のどちらに回るかを認識して風を吸込む、吐き出す方向を判断しているとも考えてしまうのですが。 ギモン1とギモン2・シロウト考え1、2の見解・ギモンに関しまして、ご存知の方教えていただくようお願いします。