• 締切済み
  • 暇なときにでも

NC旋盤での工具と回転方向

初めてNC旋盤を購入しました。 これから工具など買い揃えるのですが、 分からない事がありお教えくださると助かります。 1.センター穴加工について、 汎用旋盤では芯押し台にドリルチャックを付けセンタードリルを掴み加工してます。 NC旋盤では工具が沢山付けられるので刃物台に付けたいのですが、 一般的にNC旋盤でセンタードリルは刃物台、芯押し台どちらに付けるのが普通なのでしょうか。 また刃物台に取付けるならばドリルチャックで掴んでもいいのでしょうか。 (センタードリル用のコレットチャックのようなものがあるのでしょうか。) 2.外径、端面加工について、 汎用旋盤ではチャックは手前回転(正転)でバイトは右勝手で加工してます。 NC旋盤や工具のカタログを見ると左勝手で向こう回転(逆転)の写真をよく 見ますが、逆転に左勝手の方がチップが見えて加工中よく見えるとか そういう利点があるのでしょうか。 3.バイトホルダについて、 今は外形、端面兼用のバイトを使ってます。 カタログを見ると、外形バイトホルダ、端面バイトホルダとありますが 工具の取り付く向きが90度違うだけなのでしょうか。 以上3点です。 メーカーに聞いた所、工具に関してはよくわかりませんとの返事がありこちらで質問させて頂きました。 どうかご教授ください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数2097
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

>3.バイトホルダについて、 について、補足します 端面バイトホルダは、主に端面溝入れバイトなどを取り付けるときに使用します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教授ありがとうございます。 端面溝入れの加工は今の所ないですが、頭の中に入れておきます。 ありがとうございました。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

他は回答済みなので 3.そうです なぜ外形用とか端面用があるのでしょうか? それは一例ですがCNMGの80度は使いますが使っていない刃先がありますよね? これはもったいない、半分捨てるようなものです でその鈍角の刃先を使おうとすると外径、端面専用となるのです 刃先角度が大きいので粗挽き、断続に最適です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教授ありがとうございます。 以前80°のそのチップを使っておりました。 その時のバイトは鋭角側で外形、端面の切削をしておりました。 表裏合わせて4箇所しか使えずもったいないと思い、現在の変形六角径のものを使い出しました。 80°チップで鈍角側で加工するバイトもあるのですよね。考えが浅かったです。 段付軸で隅が一回で取れると思い鋭角側での加工しか考えておりませんでした。 勉強になりました。工具についてもっともっと情報を集めてみます。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

1 センター穴加工について NC旋盤でのセンターやドリル加工は全てターレット上の工具ホルダーで 加工します。芯押し台はNC制御できるものではないと思います。油圧で自動 的にプログラムで前進・後退させる程度のものでしょう。つまり切削量などは 制御できないのではないでしょうか?  センタードリルの場合、キーレスタイプのドリルチャックを使う場合と自動 盤等に使う、センタードリルをコレットで取り付ける場合があります。 2.外径、端面加工  NC旋盤は、大量の切り粉が出る為、下向きになるように回転をきめていま す。連続運転が出来ない一番の原因は切り粉(チップ化)を細かくチップ状に 分断するかで、工具寿命や製品の面荒さに影響を出てきます。  逆回転で行うメリットは、無いとは言えませんが、汎用旋盤に比べ10倍 以上の切りくずと大量の切削油をかけて切削を行うNCでは、刃先を見ている 余裕ないと思います。 3.バイトホルダー  三菱・タンガロイ・サンドビック等の有名メーカーの工具屋さんを至急呼んで 2時間ぐらい、教えてもらいましょう。  例えば外形バイトのチップも55°75°(?)45°(?)ぐらいはあり さらに、三角形や変形三角形などもあります。  90°向きが違うもので勝って違いで使えるものもありますが、使えるだけ で、実際の加工では、斜めに切り込む際、2番が当たる等の問題が出てしまい ます。  私の会社では、ターレット1(T1)では端面挽き。T2では右勝手の外形 の粗挽き、T3左粗 T4右仕上げ ・・・・T9センタードリル T10ドリル と言ったパーマネントツール化をして使ってみてはいかがでしょう。  こうすると、初心者ではプログラムと工具の間違いなどが軽減されます。    チップもコーティングなどがどんどん新しいものが発売されます。メーカー の情報を常に勉強して、最新の情報を入手してください。  切削速度など、どんどん早くなってますからね。  追伸:各県には雇用促進事業団ポリテクセンターで、NC旋盤(入門・応用)    国家検定受検などのコースが用意されています。1万位で受講できます。    でたいへん役立ちますので受けてください。     2~3年も実務をすれば、国家検定の2級ぐらいは合格できるレベル    にはなれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

1. >油圧で自動的にプログラムで前進・後退させる程度のものでしょう。 >つまり切削量などは制御できないのではないでしょうか? おっしゃる通り押し付け力で制御するタイプのようです。 よくよく考えてみれば芯押し台にセンタードリルで加工はナンセンスですね。 ありがとうございます。 2. 先ほどの方と同じく正転、右勝手だと切粉が下に落ちるという事ですね。 汎用ではドライ切削のみでした。 今回NC旋盤も初めてですが切削水をかけながらの加工も初めてになりますので よくよく考えてみます。 3. >斜めに切り込む際、2番が当たる等の問題が出てしまいます。 手前に傾く(左へ行くほど太くなる)テーパーしかした事がなく 工具取付の向きやチップの角度などよく検討してみます。 ちなみに今は外形、端面は変形した三角形のチップを使っています。 (80°六角形というものだと思います。) >ターレット1(T1)では端面挽き。T2では右勝手の外形の粗挽き、 >T3左粗 T4右仕上げ ・・・・T9センタードリル T10ドリル >と言ったパーマネントツール化をして使ってみてはいかがでしょう。 すごくわかりやすいと思いました。 汎用の方は工具が4本なので段取り変えが多く意識していませんでしたが 間違わないためにも工具の順番を決めておこうと思います。 >各県には雇用促進事業団ポリテクセンターで これについて調べてみます。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

こんにちわ。 どのタイプのNC旋盤かはわかりませんが、参考になれば! 1 センター穴について 多分タレット型の旋盤と思うのですが、座標点X0にしても芯高を調整しなければ多少ずれがありますので注意してください。ボーリングホルダーなどでも良いのですが、NC旋盤用のドリルチャックが出ているのでそちらでも良いかと。(注意)芯押し台にはNC旋盤はつけません。 2 バイトについて 切粉のハケの事を考えると、正転で右勝手で良いかと。切子が下に落ちる方が良いのでは?勝手がどちらでも加工中バイトの刃先はあまり見えませんよ。加工液が出ているので。 3 ホルダーについて カタログに載っている外形用・端面用はチップの刃の付いている部分が違います。通常NC旋盤では外形・端面の加工、荒加工1本。 外形・端面の加工、仕上げ1本です。 他の注意点。被削材によりますが、通常センターワークものをやるのでバイトはセンターにぶつからない角度のバイトを使います。 当社では、菱形のバイトです。 センターは回転が上がるのであれば、刃先が超硬のものをお勧めします。ハイスなどの鋼材ではすぐに焼けます。 当社ではあまりセンタードリルはNC旋盤では使いません。量産なら話は別ですが、単品なら汎用の方が早いので。 切削油は色々と出ていますが、手荒れ・ニオイなどを考慮して被削材に合ったものを選んでください。 参考になれば幸いです。他に解らないことがあればドンドン聞いてください。 ちなみに、NC旋盤を注文した時にメーカーに御社の加工物をテスト加工をしてもらえば、納入時にバイトも付いてきますよ。多少お金も掛かりますが。 超硬センターとは回転センターの事です。 長尺ワークを加工する場合です。 センタードリルのもみ付けは、汎用の旋盤みたいに多少のガタが無いと折れたりしますね。芯高の調整をしてください。 切削油ですが、油性はダメです。必ず引火します。 弊社とは被削材が違う為、’これ’と言うことは出来ませんが、どのあたりに重点を置くかに決まってきます。 油屋さんに聞いてみては?一応選定のサイトを入れておきます。 http://www.juntsu.co.jp/Lub-Guide/sessakuyu/sentei1.htm 12角のドラムですか?12角のタレット旋盤は工具干渉が出てくるので十分気おつけてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

1. 工具が12個取付られ回転する刃物台でした。 (これをおそらくタレットと言うのでしょうね。無知ですみません。) NC旋盤用のドリルチャックというものがあるのですね。 一度工具屋に問い合わせてみます。 2. 正転で右勝手ですと切粉が下に落ちるのですね。勉強になりました。 おっしゃる通り切削水を出しながらの加工なので見えませんよね。 切粉は上に飛んでカバーにバンバン当たるよりは下に飛ぶ方がいいですよね。 正転、逆転、よく考えてみます。 ありがとうございます。 3. 外径、端面の荒1本、仕上げ1本ですね。 ありがとうございます。 予定している材質はSUS304にセンター穴加工です。 刃先が超硬のセンタードリルがあるのですね。 この間センター加工中折れてしまい取るのに苦労しました。 工具屋に問い合わせてみます。 切削水は今の所、水溶性としか決めておりません。 素材としてはSUS304、SS400、S45C、アルミくらいです。 ありがとうございました。 選定サイトを見てみます。 少しずつ考えがまとまってきました。 ありがとうございました。

質問者からの補足

お言葉に甘えて質問があります。 >切削油は色々と出ていますが、手荒れ・ニオイなどを考慮して被削材に合ったものを選んでください。 素材はSUS304の外形切削、アルミは内外形(Uドリル→ボーリング)、SS400orS45Cは内外径切削です。 メーカーに聞いた所、ほとんどの所では水溶性の切削水が多く 油性は火災の恐れや加工後扉を開けると油がミストになっており それなりの対策が必要との事でした。 ですので今の所、水溶性で行こうと考えておりますが、 上記4種類の素材を1種類の切削水だけでまかなえるものはあるのでしょうか。 ちなみにクーラントのポンプは馬力アップしUドリルからも切削水が出るものです。 よろしくお願いします。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

答え! 1、刃物台に付けます。ドリルチャックでもかまいませんが。   丸棒を刃物台の穴に合わせて加工して、センタードリルが   入る穴をあけて、ホロセットなどで止める程度で良いです。   センタードリルはx座標0の中心にいかないとなりませんので   取り付ける刃物台から1番中心が出ている場所がベストです   ダイヤル等で確認してください。X0で全てが中心に行くことは   ありません。 2番 、私はチップの交換等を考えると自分から見える方向がベスト     だと思います。ただし汎用機と逆になりますので、工具の     流用が出来ないところが、デメリット!  3   外径、端面は同じ工具を使うのが常です。          以上 昨晩お答えさせていただいた者です。 追記します。端面と外形はの荒引きが一本同じく仕上げ1本と考えてください。どの様なチップ形状を選ぶかは、加工するワークの材質 等で工具屋さんと相談をされてください。 ※ ねじ切りに関しては外ネジ 、内ネジのホルダーは   チップが下向きになり(汎用と同じ物をさかさまに付ける)   ます。そして回転が他の加工の(端面、外形)逆になります。   そのままの回転で考えると左ネジが切れてしまいますよ。   注意してください。NC旋盤の形や、メーカーがわかりませんが   Uドリル(チップ式)を購入されると、汎用と格段の違いが   味わえます。45CであればΦ40位のUドリルで回転数800、送り0.1  で楽に穴が開きます。ただしUドリル先端から切削液が出ないと   だめですが。   私は8インチチャックですがΦ58までUドリルがあります。   オークマ、森精機は子のドリルが使えますし、剛性が十分です   ヤマザキでは力がなく使えないと聞いております。   がんばってください。        

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お早いお返事ありがとうございます。 1. ボーリングバーホルダが付属しているようなので お答え通りに丸棒にホーローセットでやってみます。 >X0で全てが中心に行くことはありません。 貴重なご意見ありがとうございます。 新品と言えど誤差はあるという事ですね。 2. 汎用機の工具は予備がなく最低限の数しかありません。 この際、新規に左勝手を買い揃えようと思っています。 3. >外径、端面は同じ工具を使うのが常です。 ありがとうございます。 汎用では外形を切削して刃物台を回転させずそのまま端面加工しており NCのほうでは、外形バイトホルダ、端面バイトホルダと区別してあったもので、 外径バイトホルダに外形、端面兼用バイトを取り付け、端面加工するのは非常識なのかと思いまして。 外径、端面兼用バイトでも端面加工のときは端面バイトホルダを使う方がいいのですよね。 どっち向きに工具がつくのかもわからないもので。 追加のご教授ありがとうございます。 端面、外径の荒が1本、仕上げ1本ですね。 今の汎用でもそのように使っていますので混乱せずにいけそうです。 今の所ネジ加工は予定にないですがよく考えて決めたいと思います。 Uドリル。 そう自分も期待している工具です。 楽しみにしております。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • NC旋盤

    森精機のドラム型NC旋盤の刃物台の芯高を調整したいのですが どなたか経験者いらっしゃいますか? センタードリル等の作業で芯にドリルがいきません。 オークマ制は経験がありますが、、、、 よろしくお願いいたします。

  • NC旋盤 チャックの振れ

     NC旋盤にてチャックに刃物台が衝突してチャック本体の振れが0.05mmあります。 取り付けボルトを緩めて芯を出そうとしましたがどうしても0.05mm以下にはなりません。  確かチャックは0.01~0.02mmくらいの振れにするとの認識ですが0.05や0.1あると今後、 加工したときどういった不具合になるのでしょうか?真円になれば問題ない気がするのですが。因みにミルホルダーにて端面や外周への穴あけもしている機械です。あまり問題にならなければそのまま使いたいのですが修理依頼するか悩んでいます。ご教授ください。

  • 汎用旋盤 ドリル穴あけ

    汎用旋盤初心者です、ドリル穴加工の際に困っている事があります。 材料45c 芯押し台でセンタードリルで下穴を開け、12mmのドリルを回転数65回転で加工していくとドリルが少しドリルチャックから空回りします。少しずつ追い込んで加工はできたのですが原因がわからず困っています。 説明不足で初歩的ですが考えられる原因がありましたら押して頂きたいです。

  • NC旋盤の回転数の求め方について

    ほとんど独学で無知なところがたくさんあると思いますが、どなたかご指導願います。 いままで、直径20mm前後の丸棒をピーターマンで加工していましたが、 直径100mm前後のブランクを、スクロールチャックでくわえて加工するNC旋盤をやるようになりました。 いままでの素材系とは回転数の感覚がだいぶ異なってとまどっています。 マシニングを使用時、回転工具などの回転数は、例えばSKなら、15000÷工具の円周、 のような計算式を聞いた事があるのですが、 片刃や中グリなどの刃物の、素材に対する回転数の求め方の目安みたいなものはあるのでしょうか? 条件にもよると思いますが、一般的なものでお願いします。

  • NC旋盤 シャフト物の加工について

    宜しくお願いします。 NC旋盤でφ25.4×420のシャフトの加工をφ28×425(黒皮)S45Cから加工をしています。 素材が若干?曲がっていて(多いもので1mm程度?)把握する所とセンタが芯ずれあり、そのままセンタを押して加工すると、曲がりを矯正して加工している為、センタを離すと当然曲がり(振れ)が出てしまいます。 はじめの時の工程では 1、素材の状態で短く掴み、端面にセンター穴をあける。 2、突き出し260程度(機械側のの芯間の限度)で掴んでセンターを押して加工。 振れがひどい状態。 現状は次の様な工程で加工しています。 ?、素材の状態で180程突き出し端面外径を加工。。 ?、削った外径を把握して、汎用旋盤で端面センタ穴加工。 ?、NC旋盤で削った外径を把握して、突き出し260程度でセンターを押して加工。 はじめよりは、振れは軽減したが多いと先端で0.03ほど振れるものがある。 シャフト物の加工経験が浅く未熟者ですが、一般的にどのように素材の曲がりを取って行くのでしょうか。

  • NC旋盤の工具長の取り方について

    プリセッターの付いていないNC旋盤の場合における、逆勝手のZ方向工具長の取り方を教えてください。 正勝手の工具長(Z方向)は、チャックに当たるまでの機械座標でとっていますが、逆勝手のバイトの場合はどの様にとればよいのか、いい方法が思いつきません。 御教授の程、宜しくお願い致します。

  • NC旋盤でのワークの芯出し方法

    汎用旋盤ではワークをスクロールチャックで緩くつかみダイヤルゲージを当てて手で回しながら高いところをプラスチックハンマーで叩いて芯出しすると聞いたことがありますがNC旋盤(油圧チャック)でもワークの芯出しはできるのでしょうか? 一度削ってあるワークを0.01ミリ内に芯出ししたいのですがチャック圧を緩めてワークをつかみ叩いて芯出しするのですか?NC旋盤でのワークの芯出し方法を具体的に教えて下さい。宜しくお願いいたします。

  • 簡易型NC旋盤について教えてください。

    いつもお世話になります。小さな機械加工工場で働いていますが 昨今 単品加工の旋盤品が多くなってきて タレット型のNC旋盤で段取りするくらいなら汎用旋盤でやったほうが早いと思います。 ところがお客さんの工場に行くと タキザワや大日などの簡易型 汎用機ベースのNC旋盤で どんどん加工しております。 そこで使ったことのある方に伺いたいのですが どのあたりが従来のタレット型に比べて便利なんでしょうか? 刃物台も4本しかつかないし 自動で回転するんでしょうか? 同じところに刃物の先が繰り返し 来るんでしょうか?などなど 生産性と使い勝手 について教えていただけると 幸いです。

  • NC旋盤機について

    お世話になります。 金属加工業に従事している者ですが、加工にあたり下記メーカーの切削工具をさがしております。 大変に困っておりますので、宜しくお願いいたします。  加工材…鋳金(PBC)   加工内容…TM30/P6(下穴φ25)を加工する。    NC旋盤機…オークマ製 LB2000EX   ※ ifanger(ドイツ)というメーカーより、上記NC旋盤機に合う刃物(チップ)とホルダーのセットは あるのでしょうか?    メーカーHPを見たのですが、カタログのドイツ語が読めません・・・  参考メーカーHP…http://www.ifanger.com  宜しくお願いいたします。  

  • NC旋盤のチャック開口範囲について

    NC旋盤のチャックの開閉についてなのですが… Φ30部分をチャッキングしたいのですが、端面にΦ50のツバ部分があるのです。Φ30でチャック位置をセットすると開く範囲が限られているため、Φ50が入らないので、困っています。(写真の黄色い線で切り落とすので、そこがツバになります) 汎用のチャックなら、大きく開いて、Φ50を入れた後、Φ30をつかめるのに、NC旋盤では、このような掴みかたは、出来ないでしょうか?または、何か方法、治具等ご存知無いでしょうか? カラーで掴む事も考えたのですが、カラーの肉厚が太いから、精度が出ないかな?とかも思いました(._.) Φ30を掴んでの内径加工をしたいと、考えてます(._.)