• 締切済み
  • すぐに回答を!

ステンレスSUS316Lのハロゲン化?電食?

初めての利用ですので至らない所はご指摘ください。 アルマイト工場のステンレス配管の腐食についての質問です。 メインは塩ビ配管ですがSUS316Lの配管を一部使用しております。 SUS配管と塩ビ配管の接合部のステンレス側の腐食が部分的に起こります 配管の接合はフランジを使用しております。 流体は硫酸5%の水溶液で圧力はかかっておりません。 機械設備としまして硫酸水槽にはDC40V2500Aの電気が流れております。 硫酸温度は10℃以下です。 フランジ部のSUS側のみに腐食が見られます。配管の肉厚がかなり薄くなっております。 フランジパッキンはゴムの箇所と、テフロンの所があり。テフロンパッキンのSUS側がよく腐食していると思われます。 テフロンが原因の腐食か、電気が原因の腐食かもわかりません。 下部の水槽はSUS316Lですが腐食はありません。 この腐食の判定および対策はどのようにしたら良いでしょうか。 コメントお願いします。 ご回答有難う御座います。 そしてコメント遅くなり大変申し訳ありませんでした。 この設備をもう少し細かく説明します。 メイン硫酸槽 5トン-   40v2500A オーバーフロー管  VP-65x2本(1本3m) フランジ接続   テフロンパッキン - ここのフランジ側の配管で漏水発生(フランジ首下300mm) 下部硫酸槽  1トン- フランジ接続   ゴムパッキン、 ポンプ     管径65A-3.7Kw 熱交換器 メイン硫酸槽 このような回路です。 設備周りは常に湿気を帯びております。 またすべて開放回路になっており外気に触れています。 この事からなにか判りましたら 今一度ご返答お願いいたします。 迅速な回答に対して遅い追記申し訳ありません。 最初のトラブルから1ヶ月がたちした。 いまだにはっきりとした答えは出ていません(会社の中でも) 電食? -確かにアースから一番遠い配管部分です。 流速摩擦=キャビテーションエロージョン・・・あってますか? -テフロンパッキでフランジとフランジの隙間が5mmほど空いています。 隙間腐食? -テフロンパッキンは合いフランジの当り面に2段の凸部がありまして隙間を作りやすいです。 アース -下部硫酸槽ステンレス製(SUS316L)底面が清水に浸かりアースされています。 これをアースといってよいのかは判りませんが・・・ そのほかアースと言える物はありません。 腐食部 -下部硫酸槽の上部に配管15cm(SUS316L)ほど配管がありその先に(SUS316L)フランジがあり、塩ビフランジで接合しています。 そこの配管SUS316Lの配管の肉厚が薄くなり漏水を起こしました。 思い当たる節が多すぎて何から手を付けたら良いか判りません。 次の工事を休み中に行う予定です -システムの大幅な改善は難しいので、 ? パッキンはゴムに戻す。 ? アース工事をしっかり行う また、何かわかることが有りましたら、宜しくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数159
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

腐食箇所が明示されていませんが文面からフランジ合い面と推察しました。合い面は隙間腐食を起こしやすく、浸透した硫酸は更に酸度を上げやすくなります。隙間腐食発生にはパッキン材料差も出てきます。これはミクロシールへの追従性とかパッキン成分が関係するようです。パッキンでの差がはっきりしているのであれば 疑ってみる必要がありますし、対策として実績ある(?)ゴムへの変更を試みるのもよいかもしれません。根本的には合い面への浸透が問題ですので酸に強い液体ガスケットを塗布すると従来パッキンでも大丈夫だと思います(適合する液状ガスケットはメーカーにご確認下さい)。合い面ではなく壁面腐食だとすると材料見直しをするか酸に強いテフロンコート当たりがよいのでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。また隙間腐食等まだ私の知らないことが多いこの世界ですので。 今後も質問の際にはよろしく尾お願いします。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

電極がどこにあるのかよくわかりませんが、アースから遠いところで電蝕しているのではありませんか。また、フランジ周辺は 流れによるキャビテーションエロージョンも おきやすいので、聴診器かねじ回しで 流れ音をきいてみてはいかがでしょうか。対策はインサートチューブや ネット挿入での整流など。 配管の腐食となると 厄介ですね。ステンレスのグレードを上げるか、コーティングか迷います。流速と管径でみて、レイノルズ数を計算して、乱流にならないように、整流板か、ネット挿入でいけるかもしれません。 まずは、ものに聞いてみて、(音をよく聞いて、)シューとかジャーとか 言わないようにできませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

迅速なご回答に対し遅い御礼遅くなり申し訳ありません。 大変参考になりました。またよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • ステンレス管の電食対策?

    排水処理施設のステンレス配管(SUS304 口径4インチ他 溶接 フランジ継ぎ手 埋設部も有り)に最近になって針で刺した様な穴が多数空き、微量の液がにじみ出す状態です。 たぶん、電気腐食と考えています。防食対策を是非教えてください。

  • 石英タンクについて

    王水(20%常温)を投入する槽(300*450*450H)をSUS304にPFAコーティングしたもので製作しておりましたが、耐薬的にもたず十数槽あった全てが侵されてしまいました。 そこで、今度は石英タンクでということなのですが、装置の構造上どうしても石英タンク下部にフランジをつけてそこから配管しないといけません。 そのときに ?石英槽の下部に石英でできたボルトを埋め込んでフランジ接続とする ?石英槽にバカ穴を開け、テフロン(耐薬はいけます)のボルトナットで相フランジと接続するの2通りが案としてありますが、 1、石英でボルトなど作れるのでしょうか? 2、石英(厚さ5mmで検討中ですが、その他実績あれば教えてください)の底板自体にボルトナットで締め付ける力が働きますが、パッキンなどの緩衝材を入れれば、そういった使用をされているところもあるのでしょうか。 3、その他石英に関する情報あれば教えてください。 以上お手数ですが、なるたけ早く回答いただけると幸いです。 槽の形状としては、石英に変更しようとしている内槽があり、外側にSUS製の間接加熱槽があります。ですから、隙間にお湯を入れて加熱すると言うものです。図中のTはパッキンをはさんで、間接槽と内槽をボルトで締結していると言う意味です。   ||     ||   ||     ||   ||     ||   ||     ||   ||_____||   |__T_  _T__|       |       |←PVDF配管(既存の配管:内槽下部からフランジ配管)

  • 配管腐食をチェックする方法を教えて!

    水道局の委託を受けて水道管の漏水調査をしている技術者ですが、漏水の起こる可能性の高い水道管についての検査方法について教えてください。 自分なりに調べたところでは非破壊検査という検査方法(エックス線・超音波・内視鏡)があるようですが、いずれも建築配管(建物の設備配管)に適用されている検査方法のようです。 知りたいのは (1)道路下の埋設配管の腐食についての検査方法 (2)腐食のほとんどは電気腐食(迷走電流・マクロセル腐食)であり  その検査手法 (3)現在の腐食度及び配管の残存寿命の算出方法 よろしくお願いします。

  • 造体のH鋼下部に配管を溶接したいです。

    冷熱設備屋です。鉄骨造の建物で、構造体のH鋼の下端(下部ウエブの下)に100ミリ位の配管を溶接し取付けたいのですが、問題はないでしょうか?構造計算必要になりますか?基準が載っているサイト等あれば教てください。 H鋼の下部、フランジとウエブの入隅部分に配管を溶接した場合も教えてください。 そもそも構造体のH鋼に溶接するのは、構造体にとって良くない事なのでしょうか? 詳しい方、教えてください。宜しくお願い致します。

  • 高温下でのガスシールについて

    配管の管フランジが、管とフランジごと800℃の高温下に置かれます。 外圧-内圧=8kPa(800mmAq)です。 SOx=Max350ppm,HCl=50ppm程度の腐食環境です。 しかも、酸化雰囲気、還元雰囲気の両方で運転されます。 良いガスケット、シール構造などありましたらお教えください。 現在は、金属包みのメタルガスケットを検討しているのですが、締付け必要面圧が高く、また、熱間時にボルト(SUS310Sを検討)の熱伸びがあるために締付け面圧が下がり漏れがあるのではないかと心配しています。フランジもSUS310Sを使用します。 また、ガスケットメーカーの計算書は冷間時のみであって、高温下に置かれた場合のガスケットの必要締付け面圧とボルトの張力などの計算はどのようにしたらよいでしょうか?

  • 異種金属腐食対策

    非常に素人的な質問で 申し訳ありません。 現在、SS製の大物部位に 腐食摩耗が見られました。 そこで 摩耗個所を一度削正し、その上にSUS板を 隙間が発生 しないように ボルトで取り付けたあとで 水等はいらないように SUS板外周を溶接し、最後にSUS板の上面を削正しようと 考えています。 この場合 SUS板とSS間で 異種金属腐食は発生しますで しょうか? 合わせて 腐食するのであれば 何か対策はありますでしょうか? SS材とSUS板でも 水等入らなければ 異種金属腐食は 発生しにくいのでは と考えて 上記としたのですが・・・。 申し訳ありませんが お知恵をお貸しください。 以上 よろしくお願いいたします。 ご多忙のところ 種々 ご回答頂き ありがとうございます。 若干 言い争いありますが その言い争いの中身も 小生には解っていない ところも多く、勉強になります。 申し訳ありませんが 追加で 質問させてください。 まだ小生理解できていないかもしれませんが、いずれにしても水を排除する ことが先決である と理解しました。 小生 何も理論を解らず 直感で・・内部に水が入ったらヤバそうだから SUS板を溶接で巻こう と思いました。 ただ・・”溶接部で腐食”って起こるのでしょうか?外周なので 水が かかる環境下にあります。溶接棒を何にしても SUSと溶接部 または SSと溶接部 の いづれかの間で 異種金属接合になり 腐食して しまわないでしょうか? ご回答頂いた中でグラッド鋼のお話もありましたが どうなのでしょうか? もし 起こるとすれば 溶接棒は何か 良いものがありますでしょうか? 実は 直近で 赤材を鍛造しており スケール関係が落ちてくるところに あるため 非常に高温下にさらされており かつ 鍛造プレスであるため 対象個所には 高荷重の圧縮がたちますので ゴム等の防水関係は困難と 感じています・・。 追加で 申し訳ありませんが よろしくお願いします。

  • 定量ポンプの周期性のある騒音について

    いつもお世話になっています。 昨年夏に、濃硫酸供給用として定量ポンプを設置しましたが年末から異音が発生しだしました。現状は ・濃流酸タンクから定量ポンプで送る ・配管系は流量に見合った配管径(25A 材質は不本意であったがSUS304) ・垂れ込み防止のため送り先に自動弁がついている ・ポンプ吸込み側にも自動弁がついている。 ・安全弁、アキュームレーター等は設置していない。 ・送り先で配管内に混合するが、当初塩ビのY管で接続したため熱で変形するトラブルがあり、対策としてテフロンチューブ(3/8)を配管内に挿入して薬注するように変更た。 その他トラブルとして、ポンプ吐き出しの圧力計(1MPa)がすぐ壊れてしまいます。 そこで、自分の見解としてはバルブの開閉のタイムラグをとっていない事、安全弁が付いていないこと等から、配管系の異常圧力が原因で不具合が起きているように感じています。  仮設として送り先で配管径が細くなり、尚且つ停止時には配管内に残留圧力があり、次回の運転時に高圧であるためポンプの弁体のボールがどうにかなっているのでは考えています。 定量ポンプに詳しいかたいらっしゃいましたらお教えください。

  • 等電位ボンディング アースバーの絶縁

    電気設備の設計をしています。 欧州向けで、一次電源が TN-S AC400 3φ、N、PEで PEのボンディングに関して教えていただきたいです。 制御盤に入ってくるPE線をプライマリーアース端子で受けて、そこから制御盤下部にメインのアースバーを置き、そこから設備内に30ほどのサブアースバーを接続しています。 サブアースバーには、各モーターのアース線やリモートボックスの筐体、中板、扉などが接続されています。 ご質問は、メインアースバーやサブアースバーは全て絶縁支持台で浮かす(絶縁)する予定ですが問題ありませんか?というより、機体やボックスの筐体(塗装面は剥がす)に直付けすると問題はありますか?

  • 大水槽のフランジ付近からの水漏れ対策

    某機械の付帯設備で容積1800リットルの鋼板製水槽があります。 水溶性ポリマー(アクリル酸ジメチルアミノエチル)を溶かす装置です。 同容積の槽が2つあり、隔壁1枚で仕切られている構造です。 (3.6klの槽の真ん中に隔壁があって仕切られているという意味です) 片側は水溶のための溶解槽となっており、その槽下に穴が開いていて 隣の槽に貫通、隣槽にはフランジが隔壁にボルト止めされ 150mm径塩ビ管が立ち上がり、いわばオーバーフロー管となっています。 (溶解槽槽下から隣の槽へパイプを経由して液体が移動する) 隣の槽=貯留槽です。 本来、この管は隔壁に溶接された鉄管だったのですが、 腐食により穴が明き、オーバーフロー管としての用を足さなくなり 補修工事で鉄管を隔壁面で切断して塩ビフランジ取り付け 90度エルボで上向きにし、塩ビ管を立ち上げました。 水漏れですが、恐らく隔壁に新たに開けたフランジ固定用ボルトを 付けるための「バカ穴」から漏れているものと推測しています。 このような場所に有効なパーツをご紹介頂ければと思っております。 フランジ~隔壁間にはフランジ用パッキンを ボルト首下とナット下にO-リングをセットしていますが 漏れています。 液ガスをたっぷり付けて取り付ければ止まりますか? 相当な水圧だと思われるので難儀しています。

  • 埋設水道管の外面が腐食でぼろぼろです。

    埋設水道管の外面が腐食でぼろぼろです。 材質を調べたいのですが、知恵を貸してください。 少し前に漏水の件で質問させて頂きましたが、 漏水調査の為に埋設水道管を掘ってみました。 家の外周は20Aのポリエチレン管+真ちゅうの継ぎ手で問題無いと思います。 問題は、そこから分岐して基礎を貫通して床下へ入る鋼管です。 外周は錆でぼろぼろで、肉が削げ落ちているところもあります。 接続ネジ部は水がにじみ出している所もあります。 ハウスメーカーは、配管材質を硬質塩化ビニルライニング鋼管SGP-VB(外周亜鉛メッキ)だといっています。 1.この鋼管は本当にSGP-VBなのでしょうか?   添付の写真では解り辛いかもしれませんが、ビニールテープと防食テープと思われるものが、   ネジ切り加工部でなく、パイプそのものに巻いてある所もあります。      これは、SGP-VC(外周処理なし)やSGP管の腐食をごまかす為?と勘ぐってしまいます。 2.そもそもSGP-VBは屋外用で、埋設用は外周もライニングしてあるSGP-VDを使うべき   だと思いますが、いかがでしょうか。 3.配管材質に関して、規定など無いのでしょうか? 4.また、床下配管は、部分的に結露防止がしてあったり、白い発泡体の片面が配管に載せた状態   だったり、中途半端な状態です。   塗装してあるところもあります。 端材を使用したのでしょうか? 5.ハウスメーカーは、この配管改修工事に35万円かかると言っています。   工事内容は、外周の埋設管、床下配管、器具接続、コンクリート叩き2mの斫りと復旧です。   そもそも、部材の選定ミス、手抜工事が原因だと思い、納得できません。 6.なお、漏水箇所は、公道と家屋の間の駐車場コンクリートの下だとハウスメーカーは言っており、   工事に、会員割引込みで10万円との事です。   これも、漏れの状況がはっきりしませんが、納得できません。    ◎その他の状況は、   新築:平成8年4月   ハウスメーカーによる注文住宅です。   構造?体(給水設備が含まれるかは不明)は20年補償をうたっています。 以上について、ご存知の方は教えてください。 宜しくおねがいします。